阪大消化器内科のご紹介・スタッフ紹介

学内講師


阪森 亮太郎(さかもり りょうたろう)
消化器内科学 学内講師

卒業年 平成11年
   スタッフ一覧に戻る
認定医・専門認定医、指導医、評議員など

日本内科学会:認定医、総合内科専門医、指導医、JMECCインストラクター
日本消化器病学会:専門医、指導医、近畿支部評議員
日本肝臓学会:専門医、西部会評議員
日本消化器内視鏡学会:専門医、指導医
その他:日本医師会認定産業医、日本膵臓学会会員、日本癌学会会員、American Gastroenterological Association会員、American Association for the Study of Liver Diseases会員、American Association for Cancer Research会員、日本救急医学会認定ICLSインストラクター

専門分野と研究テーマ

専門分野:消化器病学
研究テーマ:肝臓の生体防御機構の研究、腸管の発生・分化・発癌メカニズムの解明

自己紹介

阪大では肝臓について、留学先のUniversity of Pennsylvania、Rutgers Universityでは消化管について研究してきました。

消化器内科を選んだ理由

多臓器にわたり、Common diseaseからTerminal stageまで幅広い疾患に関わることができるため。