患者様へのご案内
トップに戻る 教室紹介 患者様へのご案内 入局希望・見学の方 関連病院 平地会


はじめて受診される方へ
外来日程
外来のご紹介
妊婦外来
胎児外来
生殖医療センター(女性)
腫瘍外来
放射線治療外来
UAE外来
思春期外来
健康維持外来
総合周産期母子医療センター
治療成績
臨床研究
外来の紹介

生殖医療センター(女性)


一般の不妊・不育治療から体外受精・胚移植および顕微受精などの高度生殖医療、また、妊娠前カウンセリングや医学的適応による妊孕性温存まで含めて総合的に不妊治療を行っています。

まず精液検査、ホルモン検査、子宮卵管造影検査、子宮鏡検査、超音波検査などを実施して、総合的に不妊原因の検索を行います。

男性因子が見つかった場合には当院の泌尿器科と協力して治療を行います。

排卵因子が原因の場合には内服さらには注射による排卵誘発を行います。必要に応じて卵胞モニターを行います。

卵管因子が原因の場合には、必要があれば体外受精・胚移植などを行います。

子宮内の病変が疑われる場合には子宮鏡やMRIによる検査ならびに治療を行います。。

 不妊症、不育症における薬剤使用の際の費用は、保険病名の付いている方のみ、対象薬剤が保険扱いとなり、それ以外は自費負担となります。

原因不明の場合には治療を段階的に進めるとともに年齢や卵巣機能などを考慮して、体外受精を含む高度生殖医療まで積極的に進めます。いずれの患者さんにも検査・治療のもつ意義と副作用について十分に説明し、納得して頂いた上で治療に当たるようにしています。


当科で行っている代表的な生殖技術は以下のようなものです。

体外受精・胚移植(IVF-ET)
胚(初期胚・胚盤胞)移植
顕微授精(ICSI)
受精卵の凍結保存
卵子・卵巣の凍結保存

我々は、様々な疾患(内科疾患、臓器移植後など)を持たれている方にも、総合病院ならではの他科との集学的治療を行いながら、出来るだけ妊娠のチャンスを増やす方法を探索しています。また、手術治療を含めた外科的治療を要する可能性のある不妊疾患(子宮奇形、子宮筋腫などの腫瘍、子宮頚管狭窄など)に対しても、外科的治療が本当に必要か再度検討の上、必要があれば積極的に施行しています。がんの治療や他の疾患により早期の卵巣機能不全が予想される患者様には、医学的適応により妊孕性を温存するように取り組んでおります。以上のような、高度の治療を提供することが大学病院における生殖医療センターの使命の一つであると考えております。

まず、受診された方にカウンセリングを行い、根拠(エビデンス)に基づいた情報を提供した上で他の診療科、及び当科産科チームとの協議の上、治療方針を立てていきます。妊娠確認後は引き続き当院の産科外来で継続的な管理を行います。

料金やシステム等についてのお問い合わせは電話ではお受けしかねます。
当外来は原則として初回は一般産婦人科を受診して頂く事としておりますので、初診の方は2回目以降のご予約となります。
金曜日の生殖医療センター再診枠は月曜受診後の方のみとさせていただきます。




医学部付属病院のホームページもご参照下さい

 

Copyright(c) 2006 OSAKA UNIVERSITY HOSPITAL DIVISION OF OBSTETRICS and GYNECOLOGY All rights Reserved