患者様へのご案内
トップに戻る 教室紹介 患者様へのご案内 入局希望・見学の方 関連病院 平地会


はじめて受診される方へ
外来日程
外来のご紹介
妊婦外来
胎児外来
生殖医療センター(女性)
腫瘍外来
放射線治療外来
UAE外来
思春期外来
健康維持外来
総合周産期母子医療センター
治療成績
臨床研究
外来の紹介

腫瘍外来

婦人科腫瘍に関する専門外来で、特に子宮頸部細胞診(子宮がん検診)で異常が指摘された症例に対するコルポスコピー検査(生検)を専門的に行っています。生検標本は病理医とのカンファレンスにてその診断を行い、的確な治療方針の決定に努めております。担当医は当番制ですが、婦人科腫瘍の専門医(日本臨床細胞診学会指導医、婦人科腫瘍学会専門医)が責任を持って指導に当たっています。

前癌病変に対しては円錐切除術やCO2レーザー蒸散法などの局所治療(子宮温存)を行い、また早期癌の治療に際しても、妊孕性(妊娠できる可能性)を温存すること希望される場合には病状を十分に検討し、可能であれば妊孕性を温存できる治療を行っています。







 

Copyright(c) 2006 OSAKA UNIVERSITY HOSPITAL DIVISION OF OBSTETRICS and GYNECOLOGY All rights Reserved