患者様へのご案内
トップに戻る 教室紹介 患者様へのご案内 入局希望・見学の方 関連病院 平地会


はじめて受診される方へ
外来日程
外来のご紹介
妊婦外来
胎児外来
生殖医療センター(女性)
腫瘍外来
放射線治療外来
UAE外来
思春期外来
健康維持外来
総合周産期母子医療センター
治療成績
臨床研究
外来の紹介

健康維持外来


日本人女性の平均寿命は85歳を越え、多くの女性は極めて長い閉経後の期間を過ごさねばなりません。閉経後あるいは卵巣摘出後には、更年期症状を初めとして、骨量減少、コレステロール値上昇、動脈硬化などが進行します。

我々の施設では年間約200例の婦人科悪性腫瘍手術を行っており、その多くの症例で治療後に卵巣機能の廃絶を認めております。健康維持外来では、それらの患者さんの骨の問題、更年期症状に焦点をあてて、最善の解決策を提案しています。

骨量に関しては、dual energy X-ray absorptiometry(DXA)を用いて、正確に腰椎及び大腿骨頸部の骨密度を測定しています。また骨代謝マーカーを定期的に採血し、治療薬の効果判定を正確に行っております。

閉経後女性の更年期症状・骨量・コレステロール値・乳癌および血栓症のリスクに応じて、ホルモン補充療法(hormone replacement therapy: HRT)、低用量HRT、数々の骨粗しょう症治療薬、スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害剤)、漢方薬などを使い分けるテーラーメイド医療を実践しております。






 

Copyright(c) 2006 OSAKA UNIVERSITY HOSPITAL DIVISION OF OBSTETRICS and GYNECOLOGY All rights Reserved