患者様へのご案内
トップに戻る 教室紹介 患者様へのご案内 入局希望・見学の方 関連病院 平地会


はじめて受診される方へ
外来日程
外来のご紹介
妊婦外来
胎児外来
生殖医療センター(女性)
腫瘍外来
放射線治療外来
UAE外来
思春期外来
健康維持外来
総合周産期母子医療センター
治療成績
臨床研究
はじめて受診される方へ

産科受診の患者の皆様へのお知らせ

ここ最近の大阪府下などでの産婦人科施設の縮小、撤退に伴い、産科・婦人科ともに当院に受診される患者の皆様が増加しておりますが、我々スタッフ一同は一人でも多くの方々のお役に立てるよう日々研鑽を積み、誠心誠意診療にあたらせていただいております。

当院では従来から人的な面、設備面からも悪性疾患の方々が多く受診され、その性格上、悪性疾患、症状の強い患者の皆様に優先的に手術をお受けいただかざるを得ないという事情がありました。しかし悪性疾患の皆様にも止むを得ず2ヶ月程度待機していただく必要が度々生じており、大変ご迷惑をおかけしておりました。そこで院内院外各方面のご協力をいただき、関連病院との連携の強化、手術枠数増加などが可能となり、これまでのような長期間お待ちいただく状況は改善されてきております。
最近では良性疾患治療の主役となってきた内視鏡下手術も積極的に受け入れています。

大阪大学産婦人科では多くの専門医が術前の検討会において一人一人入念に検討し、世界的に認められている最善の医療を提供できるよう努力しております。婦人科での手術に関して、御質問等がございましたら、御遠慮なくスタッフまたは主治医に御相談下さい。

婦人科診療科長  木村 正
診療局長  澤田 健二郎
婦人科病棟医長  冨松 拓治




産科受診の患者様へのお知らせ

VBAC(帝王切開後の経腟分娩)取り扱い中止のお知らせ

当院ではこの10年、帝王切開後の経腟分娩(VBAC)を扱って参りました。しかし昨今、周産期医療を取り巻く条件の悪化、総合周産期センター化により当院への重症例の搬送が急増してまいりました。その一方、産科病棟担当医、麻酔科医師の不足は深刻化しております。中央手術部においても日中11列手術体制の確立、臓器移植症例への対応などの問題が生じております。これら諸条件のため、現状ではVBACから緊急帝王切開への移行に際して従来通りの安全性を常時担保できなくなりつつあると判断いたしました。関連各科と協議いたしましたが、今後当院の産科病棟医、麻酔科医の数が安定し、VBACの安全性が確保できるまでの期間、暫定的にVBAC取り扱いを休止させていただく、との結論に達しました。
ただし、以下の症例についてはVBAC体制の下、経腟分娩を考慮する対象とさせていただきます。
1. 当科で以前にVBACを成功したことのある症例。(他院でのVBAC症例を除く)
2. 当科で筋腫核出術を試行し、内膜破綻がなかった症例。
3. 他院で筋腫核出術を施行し、内膜破綻がなかったことが保障されている症例。
4. 妊娠22週未満の中期中絶。

上記以外の既往帝王切開症例については、原則的に予定帝王切開で対応させていただきます。また、その際は特段のリスク因子がない限り前回帝王切開をしていただいた施設での分娩をお願い申し上げます。医療環境が整い、VBACを再開できる時期が参りましたらお知らせ致します。以上、ご報告申し上げるとともに何卒ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

妊婦さんを御紹介頂く先生方へ
胎児外来に妊婦さんを御紹介頂く場合、事前に産科診療グループ(周産期研究室)に御連絡を頂ければ幸いです。
連絡先:06(6879)5440

なお、特に合併症のない妊婦さんの分娩も取り扱っております。詳しくは(リンク)へ。

産科診療科長  木村 正
診療局長  澤田 健二郎
産科病棟医長  遠藤 誠之





はじめに
産婦人科外来では一般外来(1診・2診)と専門外来で構成されています。
一般外来は月曜日から金曜日の午前と午後に、1診及び2診で行なっております。
外来担当表には担当医師の名前が入っております。
専門外来は、それぞれの領域の専門医が担当しております。

はじめて受診される方へ

初診受付は午前8時30分から11時までとなっております。
受診される方は、1階2番カウンターの初診受付で手続きされた上で、
3階の産婦人科外来にお越し下さい。
受診される際は出来るだけ紹介状を持参してください。
(本病院は特定機能病院のため、初診で紹介状を持参されない場合は
診察料に5,250円が加算されます。)


受診の流れ


初診の方(初めて受診された方、前回の受診から6ヶ月以上過ぎている方)は、紹介状の有無に関わらず、問診表にあなたのご容体について記入いただき、予診室にて医師が問診を行います。
その後、担当医師により問診後、必要に応じて内診を行います。
症状に応じて先に内診をさせていただく場合もあります。
最後に担当医師により診察・説明後、次回診察の予約をとり診察終了となります。


待時間について

初診は、受診手続きをされてから診察が終了するまで時間がかかります。
次回からの診察は受診時間の予約ができますので、待ち時間は短くなります。
ただし、予約をお持ちの方でも、緊急時の診察や処置のために、
予約時間が遅れることもありますのでご了承ください。


再診の方へのお願い

前回の受診から6ヶ月以上すぎている方は初診扱いとなります。
再度問診表に現在の症状等を記入していただいた後、スタッフが問診を行います。


その他

当院は医学部附属病院であり、また研修指定病院となっておりますので、
外来および入院中の診療に際して、医学部学生および臨床研修医が立ち会わせて
いただきます。

ご協力とご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


プライバシー保護の観点から、医療・診療内容の
電話・メールでのお問い合わせはいたしかねます。



 

Copyright(c) 2006 OSAKA UNIVERSITY HOSPITAL DIVISION OF OBSTETRICS and GYNECOLOGY All rights Reserved