血小板減少の原因          

     血小板は骨髄で造られている

     再生不良性貧血、抗癌剤の後、放射線被爆の後、など

     抗血小板抗体があると血小板を早期に壊す。

     代表的な疾患が特発性血小板減少性紫斑病

     服用している薬により血小板が壊されることもある。

     肝硬変、巨大脾腫などの時、血小板が脾臓に集まってしまう。

     そのため血小板が減少する。

     血小板と抗凝固剤が反応して血小板が凝集してしまう。

     そのため血小板数を測定すると血小板がないようにみえる。

     生体内では抗凝固剤がないので血小板は凝集していない。