若手薬剤師の声

平成25年度 入院調剤室

現在は、入院調剤室で主に入院患者さんの薬の調剤を行っています。調剤室では、効率よく動くことが求められますが、その中でも薬剤の知識や患者さんの病態を考えながら調剤することが重要になります。最初はわからないことばかりで不安が大きかったのですが、熱心に指導してくださる先輩が多く、日々勉強になります。薬剤師の基礎となる調剤の技術や知識を習得するのに、とても恵まれた環境だと感じています。まだまだ業務をこなすのに精一杯ですが、疑義紹介を通して、患者さんへの誤投薬を防ぐことが出来た時など、やりがいを感じます。他の部署への応援もあるので、今後は、抗がん剤の混合調製など新しい業務も習得したいと思います。これからたくさん勉強して、経験も積み、患者さんや他のスタッフに信頼される薬剤師になることが私の目標です。

平成25年度 薬品試験室 配属

私は薬品試験室に配属されており、主に抗がん剤の混合調製・レジメン監査を行っています。 抗がん剤を扱うことは初めのうちは怖い印象もありましたが、今では薬剤部内の安全な設備で正しい調製方法を身につけることができました。 また、レジメン内容について医師と情報交換をする度に薬剤師としてのやりがいを強く感じます。 さらに病棟業務にも携わっています。私は人と話すことが好きなので、看護師さんや患者さんと会話していく中でだんだん仲良くなっていけることがうれしく、病棟に行くのが楽しいです。薬について逆にいろいろ教えてもらえることも多くあり勉強になります。 私は、薬剤部内はもちろん病棟でも人と人との関わりを大切にしてみんなから慕われる薬剤師になれるようこれからも頑張りたいと思います。

平成25年度 入院調剤室 配属

私は入院処方を調剤・監査する入院調剤室に配属になり、日々の業務では薬の知識だけではなく効率よく動くための考え方など社会人としての基本的なスキルも学ぶことができました。薬剤師の先生は教育熱心な方ばかりで、薬のこと業務のことで分からないことは、多くの先生方に教えていただきました。目標となる先生方とこれからもたくさん関わって、自分を伸ばしていきたいと思います。また同期が多いことも仕事を続けるのに大事なことです。仕事の辛さを一番理解してくれるのは一緒に働き始めた同期であり、ここまで頑張れたのもお互いに励まし合ってきたからだと思います。他に仕事終わりに飲みに行ったり、休みに旅行したりと本当に同期は大事な存在です。
 私は現在、調剤をメインに仕事をしていますが、将来は病棟に上がって直接患者さんに関わり、他の医療従事者と一緒に働きたいと考えています。そして今はその準備期間だと考えています。阪大病院は診療科も薬の種類も多く、また希少疾病の患者さんもいらっしゃるためどんな方角の勉強もできる環境です。これからも目標を高く持って、様々な領域に興味を持ち、薬剤師として成長していきたいと思います。

平成25年度 外来院調剤室 配属

『日本屈指の大病院で自分の力を伸ばしたい。』私が阪大病院で働くことを決めた理由です。そして今、その選択が間違いではなかったこと感じています。 配属された外来調剤室は、薬の調剤はもちろんのこと、抗がん剤の調製、治験業務、在宅療養物品の取り扱いなど、幅広い業務をこなすことが求められる部署です。さらに相手が外来患者さんであるため、いかにミス無く、患者さんの待ち時間を減らすことができるかが重要になってきます。最初は先輩方のスピードについていけず心が折れそうになったこともありました。ですが先輩方の厳しくも温かい指導のおかげで正しい知識と迅速な調剤技術を身につけることができ、今では周りの状況を見て今自分が何をすべきかを考えられるようにもなってきました。 大学病院ならではの多くの症例に触れることができ、わからないことがあれば先輩に質問するだけでなく、その疑問を解消できるだけの充実したDI室もある。そんな恵まれた環境で薬剤師としての第一歩を踏み出せたことを、非常に幸せに思っています。

平成25年度 病棟薬剤室 配属

私は現在、悪性腫瘍に対する手術や化学療法を 主に行っている病棟へ行かせて頂き、病棟業務を行っています。持参薬確認から始まり、ハイリスク薬説明、レジメン監査、薬剤管理指導、退院時薬剤指導、他職種からの相談応需、カンファレンス参加など、病棟業務は様々です。最初は患者さんとお話することにも緊張していましたが、頑張って治療をこなされて いる患者さんから私の方が元気を頂くことが多く、薬剤師として出来ることをもっと拡げていきたいと思う原動力になっています。 また、医師・看護師からの相談にもしっかり答えられるか不安でしたが、日々自分の知らない新しい事にぶつかっていくことで、一つ一つを知識として積み重ねていきたいと思います。

ページ上部へ