現在取り組み中の研究テーマ

研究期間中


●薬物応答遺伝子の遺伝子型に基づく薬物治療法の検証および確立のための臨床薬理学研究
●個別化適正投与を目指した肺がん患者における抗がん剤の薬物動態の検討
●パクリタキセル過敏症に対するアプレピタント・デキサメタゾン併用の影響に関する調査
●がん疼痛に対するオピオイド鎮痛薬の服薬指導の実態調査
●エルロチニブと制酸剤の相互作用に関するレトロスペクティブな研究
●フェンタニル速放性製剤の使用実態調査
●個別化適正投与を目指した消化器がん患者におけるドセタキセル薬物動態の検討
●食道がんに対するDCF(ドセタキセル・シスプラチン・フルオロウラシル)療法における好中球減少リスク因子に関する検討
●カペシタビンにおける手足症候群リスク因子に関する検討
●スニチニブにより引き起こされる高血圧の時系列解析
●リツキシマブによるinfusion reactionの発現状況調査とリスク因子の検索
●肺がん化学療法における制吐療法の有効性に関する検討
●医療用麻薬を使用する患者の意識変化に関するアンケート調査
●医薬品適正使用・安全性の評価を目的とした継続的調査研究

ページ上部へ