入院調剤室

入院調剤室は、入院患者さんに対する内外用薬と注射薬の調剤業務、及び消毒剤など処置に用いる薬剤を供給しています。

当院では薬剤部部門システムと病院情報システムがオンラインで接続されており、医師の処方情報を調剤業務に活用することで安全かつ迅速な調剤業務を実施しています。処方せん調剤では、薬剤師は医師の処方内容について薬学的観点よりチェックし、疑問点があれば医師に確認し問題点があれば処方変更を依頼してから調剤しています。調剤された薬剤は、別の薬剤師がもう一度処方チェックをするとともに、薬剤が処方せんどおり調剤されているか再確認しています。最終的にお薬の使用に必要な情報などを付加して患者さん一人ひとりに適したお薬を作り上げ、病棟へ搬送しています。

内外用薬調剤では、散薬、水薬および外用薬の計量調剤に監査システムを導入し、計量調剤における薬剤間違いや調剤量間違いの防止に努めています。 また、定期処方は服用タイミング毎に1回量包装し、配薬時や内服時の間違いがない様サポートしています。

最終監査 調剤されたお薬は一包一包すべて薬剤師の目で確認します。

注射薬調剤では、注射薬自動払い出し装置を2台配置し、迅速な業務を遂行するとともに患者さんの1回施用毎に調剤することにより院内の医療安全に貢献しています。注射薬は患者さんの症状変化に伴って処方内容が変更されることが多いため、個人処方による調剤以外に病棟で使用頻度の高い薬剤を定数配置しています。

入院調剤室は、薬学部実務実習生の調剤実習や研修生に対する調剤技術の教育の場としての役割も担っています。調剤は薬剤師の基本技術であり、職員の指導のもと、質の高い調剤技術を身につけることができるように環境を整えています。

ページ上部へ

外来調剤室

外来調剤室では外来患者さんに関わる様々な業務を行っています。全ての業務において薬剤等の安全性の確保はもとより、患者サービスの観点から待ち時間を短縮することも重要な課題であり、そのためにも業務の作業手順を見直し効率的なシステムを構築することを心がけています。

調剤業務

大阪大学病院では院外処方せん発行を行っており、発行率は98%前後で推移しています。また、院外処方せん発行にともない、院外保険薬局からの疑義照会をファクシミリで受け付けています。外来調剤室では、保険などの関係で院外処方できない、あるいは当院で治験を行われるなど一部の患者さんの調剤を行っています。

外来化学療法

外来調剤室では抗がん剤の混合調製を行っており、その件数は年々増加しています。化学療法を受けられる患者さんのレジメンの確認について、医師や看護師と連携し安全な抗がん剤治療の提供に努めています。また混合調製は室外排気型の安全キャビネットを使用することで薬剤の無菌性と調製者の安全性を保っています。

在宅療養器材

在宅療養指導管理を受けておられる患者さんに対しては、医師の指示により関連器材を交付しています。在宅器材には類似したものや機種間の適合の確認を必要とするものが多く、交付時には器材名や数量を患者さんと一つずつ確認してお渡ししています。

ページ上部へ

オンコロジーセンター室

概要

近年、がんに対する化学療法(分子標的治療を含む)の進歩は目覚ましく、化学療法で治療されるがん患者数は著しく増加しています。また、化学療法の安全な実施や適切な副作用のマネージメントには高い専門性が求められます。 オンコロジーセンター棟のコンセプトは、がん化学療法をハイボリュームかつ安全に実施すること、そして、棟内で血液検査・診察・治療のすべてを一括して実施し患者さんの利便性の向上に資することです。オンコロジーセンター棟の1階には、採血室と診察室があり患者さんは殆ど待ち時間なしに採血を受け、続いて専門医による診察を受けることができます。その後、2階あるいは3階に移動して化学療法を受けることになります。2階と3階には化学療法専用のベッドとリクライニングシートが合わせて42床設置され、1日に80名程度の患者さんを治療することが可能です。4階には、化学療法剤の調製に特化した抗がん剤調製室を有し薬剤師が抗がん剤調製を行います。 また、4階には、がん患者・家族相談室、AYA(Adolescence and Young Adult)世代ルーム、患者サロンを、5階にはがん登録室を設け、がん診療連携拠点病院としての機能の充実にも努めます。さらに、4階には今後発展すると予測される遺伝性腫瘍の遺伝子診断に不可欠な遺伝子カウンセリングを実施する部屋を設け、また、5階には会議室を設置し、定期的にキャンサーボード、緩和ケア研修会、患者交流会等を開催しています。

抗がん剤調製

平成27年9月7日より、オンコロジーセンター棟の運用開始に伴い、外来調剤室で担当していた外来化学療法に対する抗がん剤混合調製と、試験室で担当していた入院患者に対する抗がん剤混合調製の業務を一元化しました。

オンコロジーセンター棟の4階に位置し、抗がん剤専用調製室(抗がん剤専用調製室面積:25.84㎡)を設置し、安全キャビネットを4台(作業室有効寸法幅:1600mm×3(室外排気型)、1000mm×1(室外排気型))有しています。薬剤師が防護服を着用し、安全キャビネットを利用して安全性の高い調製を行っています。

調製済み抗がん剤は、調製時に輸液表面に抗がん剤が付着している恐れがあるため、 ビニル袋に入れてからバックシーラー(右写真)で封入しています(封入する薬剤師は、抗がん剤調製は行わず、最終監査を担当しています)。 これにより、薬剤部から各病棟へ搬送する際にも安全に取り扱えます。

レジメン監査

抗がん剤が安全に患者さんに投与されるために、治療計画(レジメン)に基づき、投与量や投与間隔の確認を行っています。また、吐き気止めなどの抗がん剤の副作用に対する薬剤が適切に処方されているかどうかの確認も行います。投与される患者さんの臨床検査値から、減量や中止の必要性がある場合もあるので、それらの確認も必要です。混合調製後の抗がん剤の安定性の観点から、投与時間や輸液の種類、保存方法などの提案をする場合もあります。

レジメン監査の様子

抗がん剤の安全な投与のために、処方チェックを行っています。血液腫瘍内科や小児科は複雑なレジメンが多く、とても気を使います。 特に小児科は、調製方法も細かく設定されるので、確認事項が多く大変です。

抗がん剤は、がん細胞だけではなく正常な細胞にも影響があるため、調剤や混合調製を行う薬剤師はもちろん、がん治療を行う医療従事者にも抗がん剤の被曝が問題となっています。薬の専門家である薬剤師が薬剤部内の安全キャビネットで抗がん剤調製を行うことにより、病棟での抗がん剤による環境汚染を防ぎ、医療従事者の安全性にも貢献しています。

レジメン登録については、登録を希望する各診療科から雛型を受け取り、その内容について薬剤師側の観点からの意見等を交え、議論を重ねます。その後薬剤師が電子カルテ上でレジメンを仮登録し、診療科責任医師の最終的な確認後に正式登録しています。

外来患者に対するレジメン監査は、オンコロジーセンター室の担当者が実施し、入院患者に対するレジメン監査は、病棟専任担当者が実施しています。問い合わせ内容や調製方法などの確認事項は、薬剤部内のイントラネット上で登録し、薬剤部員は誰でも閲覧できるようになっています。通常、初回抗がん剤治療導入は、入院での施行が原則となっているため、病棟専任担当者が外来時のレジメン監査担当者と情報を共有することで、その後の抗がん剤治療を引き継ぐことが可能となります。

病棟薬剤業務

実践教育

抗がん剤の取り扱いや調製についての教育にも力を注いでおり、薬学部学生の実務実習や薬学部卒後研修生、当院の新人教育など、抗がん剤調製時の陰圧操作などについて、実践的に教育しています。

薬品管理室

病院内で使用される薬品の購入を一手に任されたうえで、品質および安全性を確保し、病院内の需要に対して良質な薬品を迅速に供給することを任務としている部署です。この目的を達成するために薬品卸売販売業者から薬品を購入し、適正な在庫管理・品質管理を行うとともに在庫薬品の出納(製造番号・使用期限をシステムで管理)および保管に万全を期しています。万一、メーカーから品質に関して自主回収などの不利益な報告があった場合、出納システムより製造番号との照合をはかり、速やかに回収・他部署への連絡等に対処していくことも薬品管理室の業務です。

現在、当院では内服薬・外用薬・注射薬、製剤原料など合わせて約2,100種類の薬品を採用しています。このうちには大学病院ならではの希少疾患治療薬も多数在庫しています。 病院経営の観点からは、後発医薬品の採用や、定期的に使用量をトレースして使用量からの採用見直しも検討しています。

また、災害拠点病院として、大規模災害発生初期の薬品供給体制の確保や、感染症アウトブレイクに備えた薬剤を備蓄・在庫しています。

ページ上部へ

薬務室

薬務室は、庶務業務、医療用麻薬の管理、薬剤部が担当する委員会の事務業務等を行い、薬剤部の各部署が連携して円滑に運用できるように調整する部署です。

医療用麻薬管理

麻薬管理者(薬剤部長)の指揮監督下で管理補助業務を行っています。医療用麻薬の購入、廃棄処理、帳簿作成等の管理を行い、医療用麻薬の適正管理に努めています。他職種への適正管理についての指導等も重要な業務です。近年は新しい医療用麻薬の登場に伴い採用品目が増加しており、麻薬管理業務は一層重要となっています。また、手術部、集中治療部、高度救命救急センターの定数配置麻薬の管理も行っています。

庶務業務

職員や研修生の業務管理及び人事管理的な事務手続きや、物品や備品の購入と管理及び修理、郵便物の受領や病院内へ発信する文書の作成、各種統計資料を作成して病院資料とする他、様々な調査機関や学会からのアンケート調査への協力等を行っています。近年チーム医療の必要性が増していることにより、薬科大学、他施設、各種団体からの見学依頼も多く、その受け入れ計画、案内、説明等も行っています。

他職種への講義

研修医向け:麻薬や向精神薬などの規制医薬品の取扱い
新人看護師:薬剤の取扱い、特長、注意点、インシデント事例

薬剤部内の勉強会

薬剤部内で行われる勉強会等の取りまとめや、各種認定・専門資格の取得に対するサポートも行っています。

薬剤部が担当する委員会

薬事委員会:新規採用医薬品および削除医薬品の審議、情報提供等
医薬品安全管理委員会:医療事故防止のための回覧、講習会の開催等

ページ上部へ

薬品情報管理室〔DI(Drug Information)室〕

医薬品が、安全かつ有効に使用されるために

医薬品は人体に直接投与され、しかも微量で生理機能に大きな影響を与えるので、臨床の場においてこれを安全に、かつ最大の効果があらわれるように使うためには、医薬品に関する情報が医療関係者や患者さんに適切に提供され、十分理解されることが必須の条件となります。医薬品は情報と一体となってはじめてその目的が達成できると言えるのです。 このため、DI室では、医薬品を適正に使用するための医薬品情報を収集・管理し、情報提供を行っています。

医薬品情報の収集・管理

製薬企業担当者(MR)によるヒアリングや、随時提供される情報は、医薬品ごとに一つのファイルにまとめて50音順にキャビネット内へ保管し、誰もが迅速に、全ての情報を閲覧できる体制をとっています。

医薬品の情報提供

院内の医療スタッフからの問い合わせに随時対応する他、定期的に印刷物を発行・配布して情報提供を行っています。「大阪大学医学部附属病院医薬品集」は採用医薬品の添付文書情報などをもとに編集したA6版ポケットサイズの院内医薬品集で、本編と追補版を交互に毎年発刊しています。また医薬品の採用削除があればその都度「医薬品に関する通知」を作成して通知している他、「Drug Information News」として採用医薬品の適正使用情報や効能効果追加などの添付文書改訂情報、および厚生労働省発行の医薬品・医療機器等安全性情報などをまとめて月に1回程度発行配布しています。

薬剤部内での情報共有

薬剤師が対応した問合せ内容とその回答については、収集した資料等とともに医薬品ごとのファイル内に保管する他、電子媒体への記録も行っています。この記録は薬剤部内LANにて各室からアクセスできるようになっているので、同じ問い合わせに迅速に回答することが可能です。

また、定期的に病棟担当薬剤師とのカンファレンスを行っており、DI室からは新たに収集した薬品情報を、病棟担当薬剤師からは実際の使用感や、有害事象の有無等が報告されます。このカンファレンスの記録も部内各室の端末から閲覧することができます。

医薬品による副作用情報

医薬関係者は、医薬品や医療機器による副作用・感染症・不具合を知ったときは,厚生労働大臣へ報告しなければならないことが医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められています。薬剤部では院内で発生した医薬品による副作用情報を収集し、製薬企業や厚生労働省に報告しています。

院内ホームページでの情報提供

DIWindow(最新添付文書検索閲覧システム)

最新添付文書を検索閲覧できるシステム( DI Window )を構築しているほか、医薬品安全関連情報の掲載や、DI室からの各種配布文書のバックナンバーなどを閲覧できるようにしています。DI室では、これらシステムの維持管理や、病院情報システム(電子カルテ)上の薬品マスタの管理も行っており、近年のDI業務にはシステムの知識も必要となっています。

ページ上部へ

病棟薬剤室

病棟担当薬剤師は医師、看護師、その他の医療従事者と共に医療チームの一員として、入院患者さんの薬物治療をサポートしています。 患者さんのベッドサイドで薬物アレルギー・副作用歴、薬物相互作用などの確認や、薬の使用方法、注意事項、効果などの説明をしたり、医師、看護師に医薬品情報提供を行うことによって、有効で安全な治療が行われるよう努めています。副作用を未然に防止することや患者さんが安心して治療を受けていただけるように薬に関する質問や不安に対して説明を行うことも重要な役割です。

お薬の説明
患者さん向けの講義
患者さん向けの講義

糖尿病教室や心不全教室では薬物療法の講義を担当しており、テキストやスライドを用いて薬の説明を行っています。

また、手術室には専属の薬剤師が常駐しており、麻酔薬を始め緊急性の高い医薬品の品質や在庫の適正な管理を行っています。

手術部サテライト

病棟薬剤業務は平成26年3月より病棟薬剤業務実施加算を算定開始しています。オンコロジーセンター室と連携し、合計23病棟に専任薬剤師を配置し、病棟において持参薬管理やレジメン管理、薬品管理業務を中心に薬物療法の有効性・安全性の向上に寄与しています。その他、総合周産期母子医療センター、小児科・小児外科、集中治療部、血液・腫瘍内科病棟にて抗がん剤以外の注射薬の混合調製業務にも関わっています。

またチーム医療の推進として各科のカンファレンスへ積極的に参加したり、入院患者を対象とした糖尿病教室や心不全教室では薬物療法の講義を担当しています。各科のカンファレンス以外にも薬品情報管理室と専任薬剤師とのカンファレンスも定期的に行い薬剤師間の情報共有も強化しています。

ページ上部へ

製剤室

製剤室は病院内の小さな製薬工場のような役目を果たしています。そこで調製されるお薬には、患者さんの処方箋を効率よく合理的に調剤するために、処方される頻度の高いお薬を予め一回服用量に合わせて小分けをしたり、複数の薬品を混合したものがあります(常用院内製剤)。また、国内では販売されていない医師の依頼によるオリジナルのお薬(特殊製剤)も調製しており、これら、病院内で独自に調製され、その病院でのみ使用されるお薬は院内製剤と総称されます。院内製剤としては注射剤、点眼剤、錠剤、カプセル剤、粉薬(顆粒剤)、水薬、軟膏、消毒剤などあらゆる形のお薬を調製しています。 阪大病院の院内製剤にはのちに製薬会社によって市販されるようになった医薬品も数多くあります。特殊製剤の中には医薬品として認められていないものがありますが、治療上不可欠なものとして医師の責任のもと患者さんに使用されています。

製剤例
クリーンベンチ操作
散薬予製剤の分包

製剤室では製剤するにあたり、常に心がけていることは『清潔』、『正確』、『安全』の3項目です。製剤は製薬工場同様、クリーンな環境で行われます。部屋の中は常に陽圧に保たれ、外の汚れた空気が入らないようにされ、部屋の空気はHEPAフィルタといわれる粒子径0.3μm以上の塵埃、細菌を99.97%除去できるフィルタを通して供給されており、この環境は室温、湿度とともに0.3μm以上の粒子数がカウントされ、24時間監視モニターを行うことで、クリーン環境が維持されていることを保証しています。作業者はこの中で専用の作業着、帽子、マスク、手袋を着用し製剤を行い、院内製剤には製剤室で毎日数百リットル製造される蒸留水が用いられています。部屋の清掃は複数種の消毒薬を使用して製剤室担当者が自ら定期的に行っています。

24時間環境監視モニター
TPN調製

製剤を行うにはいつ、誰が、何を、どうしたかが調製記録として残されます。使用した薬品の製造ロット番号も記録されます。複数の人間が相互にチェックをすることによって作業が正確に行われます。また、記録は製剤室オリジナルのシステムでコンピュータ管理され、いつでも内容を確認することができます。

初めて製剤する薬品に関しては使用に対する安全性と作業性に配慮し、有効で質の高い製剤を調製するために原料の品質確認や、製造の方法など十分な検討がなされ、特に特殊製剤の場合は倫理性も含めた製剤計画を医師と十分に協議します。 製剤室は製剤を通じて医療の質と患者さんのQOL向上に務めています。

―製剤室での実習内容―
    ①注射剤混合調製
    • 高カロリー輸液予製剤
    • 高カロリー輸液とは
    • 調製工程について・・・
      調製記録、払い出し表、監査1、調製、監査2
      メイラード反応、遮光バック
    • クリーンベンチの使用方法説明(準備とベンチ構造について)
    • シリンジの使い方・・・輸液バックの混注口消毒、バイアル薬品の溶解・一定量秤取、 アンプルの開封方法・一定量秤取
    • 配合変化について
    • 予製剤の調製の流れについて
    • 病棟サテライトでの混合調製業務について
    ②製剤実習
    • 一般製剤・・・1品目~3品目
    • 無菌製剤・・・1品目~3品目
    • アンプルの溶閉体験
    ③講義・説明
    • 製剤室業務について
    • 環境管理:クリーンエリア、クリーンルーム、空気清浄度、消毒薬清掃、環境測定
      製剤管理:GMP順守の考え方
    • 特殊製剤について
    • 特殊製剤依頼から調製に至るまでの過程、薬剤師としての考え方
      例)WT1ペプチドワクチン、HVJ-E注射剤、AG30外用剤、リポソーム製剤など
    • ビデオ・DVD鑑賞
    ④清掃実習
    • 一般製剤室または無菌製剤室の清掃
    • 消毒薬について
研修風景1 研修風景2
ページ上部へ

治験薬管理室

治験薬管理室(旧薬歴情報管理室)は企業治験、医師主導治験、臨床試験に関わる試験薬の管理業務を行っています。治験とは、新たに発売するお薬の製造承認の申請や既に発売されているお薬の効能・用量の追加等の申請に必要なデータの収集を目的とした臨床試験のことです。世界的にみても薬剤師が治験薬を管理・調剤することにより治験の質の向上が認められると認知されており、薬剤部でも積極的に参画しています。薬剤部では治験薬管理室が中心となり、治験実施科の医師や未来医療開発部と協力してより質の高い治験の実施に向けて日々業務を遂行し、また安全管理のための体制の確保に努めています。
当院での治験に興味のある方は未来医療開発部のホームページ(http://www.dmi.med.osaka-u.ac.jp/)もご覧ください。

ページ上部へ

生体薬物情報管理室

主な業務として血中薬物濃度モニタリングおよび感染制御部や他の診療科と共同で基礎と臨床の両面から試験研究業務を行っています。

血中薬物濃度モニタリング(Therapeutic Drug Monitoring:TDM)業務について

TDMとは、薬物の副作用を軽減させ、効果的に使用するために血中薬物濃度を測定して、患者様に個別化した投与量や投与方法を決定することです。現在、生体薬物情報管理室では主に抗菌剤(バンコマイシン、テイコプラニン、アミノグリコシド系抗菌剤)の薬物動態解析を行い、適切な投与法、投与量を医師に提案しています。 また、抗がん剤、免疫抑制剤、抗菌剤など自動分析システムで測定できない薬剤については高速液体クロマトグラフシステム(LC/MS装置)を使用して、新しい分析方法の開発に取り組んでいます。

LC/MS分析装置

主な試験研究業務内容

論文

ページ上部へ