阪大病院遺伝子診療部
来談を希望される皆様へ
 1.診療のご案内
 2.スタッフ紹介
 3.業務の内容
 4.リンク
 5.アクセス
医療関係者の皆様へ
平成29年度大阪大学医学部附属病院アニュアルレポート 遺伝子診療部
 
 

 
 
アクセス

    ライン
    顔 部長/臨床遺伝専門医(神経内科)望月秀樹

    役職:遺伝子診療部長、神経内科学主任教授、神経内科・脳卒中科診療部長
    専門:神経内科、パーキンソン病、遺伝子治療、再生医療
    専門医:臨床遺伝専門医、日本神経学会認定医、日本内科学会認定医、日本認知症学会専門医、日本医師会認定産業医
    毎月第2月曜日:家族性パーキンソン病外来(予約制)

    ライン
    顔 副部長/臨床遺伝専門医・指導医(小児科)酒井規夫

    香川県出身の小児科医。専門は先天代謝異常症、先天異常。小児科では神経代謝/臨床遺伝グループのチーフ。特にライソゾーム病の診断、治療が専門。趣味は天文学、映画鑑賞。
    ライン
    顔 副部長/臨床遺伝専門医(神経内科)髙橋正紀

    神経内科医でもあり、筋ジストロフィーなどの遺伝性神経筋難病を専門としております。遺伝子解析や病気のメカニズムの研究のほかに、希少難病 患者さんと医療者とのコミュニケーション向上などにも積極的に取り組んでいます。気軽にお話していただけるよう心がけております。

    ライン
      外来医長/臨床遺伝専門医(神経内科)中森雅之

    神経内科医で、神経筋疾患が専門です。よりよいカウンセリングをさせていただけるよう頑張ります。

    ライン
     

    医員/(小児科)山本賢一

    2015年に小児科専門医を取得し、現在小児内分泌領域、遺伝子疾患領域の勉強をさせていただいております。 受診される患者さまと共に道を作っていきたいと思っております。

    ライン
     

    医員/(産婦人科)岡田愛子

    産婦人科専門医として主に出生前検査を担当しております。 実際にたくさんの妊婦さんを診察してきた経験を活かして、 ご夫婦の不安や疑問に思う気持ちに対して寄り添いながら、 わかりやすい説明を心がけています。 どうぞ、お気軽にお越しください。

    ライン
     

    医員/(産婦人科)祝小百合

    はじめまして、産婦人科医の祝です。産婦人科のなかでも、主に産科領域の出生前検査を担当しております。 面談に来られるご夫婦は、それぞれに不安や心配な気持ち、疑問を抱いていることと思います。 妊婦さんやそのご家族さんのお気持ちに寄り添いながら、ちょっとしたことでも気兼ねなくお話ししていただけるような場になるよう努めています。 どうぞ、お気軽にお越しください。
    ライン
     

    医員/(神経内科)早野絵梨

    神経内科医で一般神経疾患診察に従事しております。 患者様に寄り添う医療の実践を目指し精進する所存です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

    ライン
     

    医員/(神経内科)瀬川翔太

    神経内科医として全般的に診療しておりますが、現在遺伝子領域の勉強もさせて頂いています。 遺伝に関する様々な不安や悩みなどございましたらお気軽にお越しください。

    ライン
    顔 認定遺伝カウンセラー 佐藤友紀

    はじめまして。遺伝カウンセラーの佐藤です。
    電話受付から面談当日、そして面談が終わってからも、皆さんの不安や心配なお気持ちに寄り添いながら、さまざまなお手伝いをさせていただきます。

    遺伝に関して気になっていることがあれば、“こんなことでも相談できるのかしら?”と思うようなことでも、まずはお気軽に電話でお問い合わせください。あなたが気がかりに思っていることについて、一緒に考えていきましょう。
    ライン
    顔 認定遺伝カウンセラー 米井歩

    はじめまして、遺伝カウンセラーの米井歩です。遺伝子診療部では、遺伝カウンセリングを通して、あなたやご家族のお話をゆっくりお聴きし、分からないこと、悩んでいること、不安なことなど、一緒に考えていきたいと思います。どんな小さなことでも、まずはお気軽にお問い合わせください。いつでもお待ちしております。

 



<来談を希望される皆様へ>|診療のご案内スタッフ紹介業務の内容リンクアクセス
ホーム
Copyright(C)2012- 大阪大学医学部附属病院遺伝子診療部 All rights reserved.