HOME > 教育概要

現任教育−個人のキャリア開発を支援するプログラムが整っています

大阪大学医学部附属病院看護部が求める看護師像

段階別教育-----阪大病院看護部が求める看護師を育てる教育

キャリア開発研修-----看護の専門性を高める教育

現任教育のトップへ ▲

現任教育の組織

教育実践室 教育担当
●集合教育
教育実践室 教育担当

教育担当副看護部長谷浦 葉子
教育担当看護師長堀井 菜緒子
教育担当副看護師長松本 留美  谷川 茜  南 薫
教育担当看護師  荒川 夏穂

教育委員会

教育委員:教育担当看護師長、教育担当副看護師長、看護師長、副看護師長、専門看護師、認定看護師

看護部キャリア開発センター(Nursing Career Center)

●現場教育(病棟、中央診療施設、外来などの部署)
教育担当副看護師長
プリセプターリーダー
プリセプター・サブプリセプター

現任教育のトップへ ▲

キャリア開発概念図

キャリア開発概念図
キャリア開発概念図についてー当院におけるキャリア開発プログラムの概要

段階別教育とキャリア開発研修の関係を示したものである
キャリア開発プログラムではこれまでの段階別教育を中心とした教育を看護師の基本的な能力開発と捉え、さらに目標管理と関連させることによって、個人のキャリア開発に主眼を置いたものとしている。図の中央部分はクリニカルラダー、図の右側は院内段階別教育I・IIキャリア開発センターにおける教育プログラムを示している

現任教育のトップへ ▲

クリニカルラダーとは

クリニカルラダーラダーレベルIV認定バッジ

看護師の臨床実践能力を段階別に示し、客観的に評価するもの


クリニカルラダーによる認定制度の目的
  1. 教育支援の基準にする
  2. 自己のキャリア開発の指標にする

クリニカルラダーの意義
  1. 看護師の臨床実践能力を高める
  2. 看護師としての将来像を明確化させる
  3. 患者中心とした看護の質の向上につなげる
  4. 個々の能力に応じた評価と目標設定、指導を行えるようにする(効果的な人材育成)
  5. 職業的な発達を教育的に支援する

クリニカルラダーの各レベルの到達目標
  レベル レベル レベル レベル
到達目標 到達目標 到達目標 到達目標
看護実践 指導のもとに記録用紙に沿った情報収集ができる 問題のある領域に絞って選択的に情報収集ができる 対象を、身体的、心理的、社会的側面から包括的に捉えることができる 状況の全体を瞬時に直観的に捉えることができる
基本的な看護学知識や医学的知識が習得できる 看護学知識や医学的知識を活用できる(コミュニケーション技術や面接技術も含む)
指導のもとに収集した情報から看護診断ができる 妥当性のある看護診断ができる 理論や経験的知識を活用し、個別性のある計画を立案できる 潜在する問題や力を予測し、多様なアプローチを組み入れた計画を立案できる
指導のもとに標準看護計画に基づいた計画を立案できる 標準看護計画に基づき優先度を考慮した計画を立案できる
指導のもとに計画に沿って実践できる 習熟した看護技術を活用し実践できる(救急蘇生の技術も含む) 専門領域の技術を活用し実践できる(緊急時の対応も含む) 知識・技術・経験を統合した実践ができる
基礎的な看護技術が正しく行える
指導のもとに日々のアセスメントとオ-ディットができる オーディットし必要に応じて標準看護計画を修正できる 患者の状況に応じて計画を変更し、実践できる
指導のもとに看護記録の基本原則を遵守した記録ができる 看護記録の基本原則を遵守し、看護過程を記録することができる 患者の潜在的なニーズを充足できる看護が実践できる
指導のもとに看護サマリ-を作成し、看護過程について振り返ることができる 看護サマリ-を作成し、看護過程を評価できる 自分の行った看護を評価し、フィードバックできる
指導のもとに必要に応じて継続看護につなげることができる 必要に応じて継続看護につなげることができる
教育 看護職者として基本的な知識、技術が習得できる 専門的な知識・技術が習得できる 自己のキャリア開発に取り組むことができる 専門性の高い知識・技術について教育できる
自分自身でできることとできないことがわかる 自己の課題を明確にできる
院内・部署での教育計画に主体的に参加できる 学生・後輩に対する指導ができる 学生・後輩の成長を促進する効果的な指導ができる 看護実践の役割モデルとなれる
教育的な関わりについて学ぶことができる 部署で必要な教育計画を立て実践・評価できる
管理 病院・看護部の理念・基本方針、部署の目標を理解し看護職者としての自覚を持つことができる 自己の目標管理ができる 部署で所属するグループの目標管理ができる 看護師長と共に部署の目標管理ができる
部署の特殊性と業務内容を理解できる 部署において問題意識を持つことができる 部署内での問題解決ができる 変革の推進者となることができる
安全管理を理解し各種マニュアルに沿って実施ができる 他職種・他部門との連携ができる 他職種・他部門との協働ができる 他職種・他部門との協働を推進することができる
指導のもとに院内の他職種・他部門との協働について理解し活用できる 指導のもとに職場環境・療養環境の調整ができる 職場環境・療養環境の調整ができる 効果的・効率的に職場環境、療養環境を調整できる
病院情報システムと看護支援システムが活用できる
研究   院外の学会に参加している 指導のもとに研究計画書が作成できる 研究の中心メンバーとしてスタッフとともに取り組むことができる
指導のもとに文献検索ができる 文献検索ができる 研究をまとめて院外で発表することができる
看護実践に活かすための文献を読むことができる 部署の看護実践・教育・管理に活用できる文献を部署に提示できる 研究成果を看護実践に活かすことができる
部署における研究の指導ができる

大阪大学医学部附属病院看護部 H23.3改訂