急性・重症患者看護領域

私たちは、クリティカルケアの現場を中心に活動しています。 ベッドサイドで一緒に働く看護師の実践力向上に寄与することが私たちの使命です。
生命の危機的な状態にある患者さんと家族を支えるために、看護師には様々な役割が求められるので、負担も大きいかもしれません。 しかし、クリティカルケア領域で患者さんが過ごす1日は、その後の患者さんの人生を左右しかねない貴重な時間であり、看護師が提供するケアの重要性に気付かされます。 一所懸命にケアを積み重ね、患者さんと家族の喜びや哀しみをわかちあえる、そのような医療の現場を作っていくことが、看護師の負担をやわらげてくれるのではないかと考えます。
高度先進医療を推進する当院は、一般病棟にも重症患者さんが数多く入院されているので、重症患者ケアについての相談も受け付けています。 院内でのCPRの質向上の取り組みや治療方針の共有などで多職種との協働を推進することも大事な役割です。