がん看護領域

阪大病院では、がん看護に関連する複数のCNSとCNが活動しています。 緩和ケアチーム専従看護師は院内の横断的な活動をしていますが、他のCNS、CNは部署に所属し、患者さんのケアやスタッフの教育といった場面でその専門性を発揮しています。 また、部署に所属する傍らで、理学療法士、作業療法士とともにがんリハビリテーションにとりくんでいるCNSもいます。
今、私達は、がん患者さんのケアに専心する気持ちを大切にしながら、院内で活用してもらえるリソースナースになることを目的にがんばっています。
自分達がもつがん看護の専門性をよりどころとして、阪大病院のがん患者さんのケアができることはとても有意義なことだと感じます。