感染管理領域

感染管理認定看護師は、院内感染サーベイランスをはじめ、感染管理教育、感染防止技術、職業感染防止、コンサルテーション、ファシリティマネジメントなど様々な活動を行っています。 感染管理認定看護師に特化した能力である院内感染サーベイランスでは、施設の感染対策の評価や実施した対策の効果を測定し、より質の高い感染防止対策の実施へつなげていきます。
各部署には感染管理リンクナースが任命され、部署の感染に関する問題解決や改善に一緒に取り組んでいます。 また、看護部の教育実践室と連携し、教育プログラムの中で感染防止技術の教育も行っています。
感染管理は患者さんや面会者、全ての医療従事者、事務員、清掃員などの外部委託業者、学生など施設に出入りするすべての人が対象です。 病院という施設の中で感染対策を考えなくてもいい部署はありません。 阪大病院には感染制御部という中央診療施設があり、感染管理認定看護師は感染制御部に所属し、施設の感染管理を横断的に行っています。