大阪大学・呼吸器内科(8研)
大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学
Dept. of Respiratory Medicine, Allergy and Rheumatic Disease, Graduate School of Medicine, Osaka University.
HOME
臨床研究
HOME臨床研究 > 慢性閉塞性肺疾患の血清中エクソソームの解析
慢性閉塞性肺疾患の血清中エクソソームの解析
1.研究の対象
2012年4月以降に「慢性閉塞性肺疾患の血清中エクソソームの解析」という研究題目に対する同意を頂いている慢性閉塞性肺疾患、対照肺疾患の患者さん
2.研究目的・方法
慢性閉塞性肺疾患には喫煙が関係することはわかっていますが、それ以外の詳しい原因はわかっていないため、早期の診断法や根本的な治療法がありません。そこで、慢性閉塞性肺疾患の患者さんの血液中のエクソソーム(エクソソームは細胞から分泌される小胞で、タンパクやmicroRNAを含み、免疫や癌など様々な生命現象に関係していることがわかってきています)を健常者や他の肺疾患の患者さんと比較して調べることにより、慢性閉塞性肺疾患の原因を明らかにし、早期の診断法の開発による発症予防や、治療法の開発へとつなげてゆきたいと考えています。
3.研究に用いる試料・情報の種類
慢性閉塞性肺疾患、対照肺疾患の患者さん、および健常の方から、血液10mlを新たに採取させていただきます。血液から血清を分離し、さらにエクソソームを単離し、エクソソームに含まれるタンパクやmicroRNAを調べて比較します。この研究は2019年8月30日までを予定しています。
4.外部への試料・情報の提供
共同研究機関へは郵送、電子的配信等で試料・情報の提供を行います。
5.研究組織
大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学 武田 吉人
東京大学大学院 新領域創成科学研究科
ファンクショナルプロテオミクスセンター
植田 幸嗣
医薬基盤研究所プロテオームリサーチプロジェクト 朝長 毅
6.お問い合わせ先

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲内で、研究計画書及び関連資料を閲覧することが出来ますのでお申出下さい。また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先:
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学
研究責任者 武田 吉人
連絡先電話番号:06-6879-3833

研究代表者:
大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学 武田 吉人

研修医募集
大学院生募集
ご寄附のお願い
このページの先頭へ
大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学 呼吸器内科(8研) / 大阪大学医学部附属病院 呼吸器内科
Copyright (c) Respiratory Medicine, Allergy and Rheumatic Disease, Graduate School of Medicine, Osaka University. All Rights Reserved.