大阪大学・呼吸器内科(8研)
大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学
Dept. of Respiratory Medicine, Allergy and Rheumatic Disease, Graduate School of Medicine, Osaka University.
HOME
臨床研修内容・診療実績
HOME > 臨床研修内容・診療実績
研修内容
(1) 呼吸器疾患の診断と治療
肺癌、間質性肺炎、呼吸器感染症、気管支喘息などすべての呼吸器疾患の診断と治療を習得できます。肺癌では、標準治療を基本として臨床試験やワクチン療法など先進的治療も経験できます。興味深い症例の学会や雑誌での発表を奨励しており、原稿作成や講演の指導もします。
(2) 胸部 X 線読影の基本習得
内科診療の基本である胸部X線をはじめとして、胸部CTの読影も習得できます。基本に加え、呼吸器科医としての進んだ読影も学習可能です。
(3) 緩和医療
疼痛を持つがん患者さんの症状緩和も大事な役割です。肺癌や慢性呼吸器疾患の終末期の全人的緩和医療も経験できます。
診療内容について
人工呼吸管理から肺癌の臨床試験など、多彩な診療を行っています。各分野を得意とする指導医が多数います。
大学病院でしか経験できない疾患(稀少疾患や移植症例など)が多数あります。
呼吸器外科、放射線科呼吸器グループと密に連携を図りながら、エビデンスに基づいた質の高い医療を提供しています。
各種研究会の開催、参加により、学習、研鑽を行っています。
診療実績(入院)
<平成25年度呼吸器内科入院患者内訳>
呼吸器内科入院患者内訳
  • 肺がんは日本人の癌死因の1位となっており、呼吸器内科でも肺がん症例が治療入院の過半数を占めています。
    小細胞肺がんや手術不能の小細胞肺がんの症例に対し、国内外の成績を速やかに取り入れて、最新でもっとも効果の期待できる治療(化学療法、放射線療法、あるいは両者の併用療法)を行っています。
    さらに当科は、肺がんに対する新しいプロトコールを用いた多施設共同研究や大阪大学独自の臨床試験を実施しています。
  • 間質性肺炎は、肺の実質に起こる一般的な肺炎とは異なり、肺の間質を炎症場所とする診断・治療の難しい疾患です。呼吸器内科では、画像診断により間質性肺炎の疑われる症例については、積極的に気管支鏡による肺生検を行い、症例によっては呼吸器外科の協力を得て胸腔鏡手術を用いた生検を行い、正確な組織診断ともっとも有効な治療法(ステロイドや免疫抑制剤)の選択に努めています。
  • 再興感染症やSARS、インフルエンザなど、呼吸器感染症の診断と治療も重要性を増してきています。
    呼吸器内科では、肺炎症例に対しては日本呼吸器学会のガイドラインに基づいた治療を目指しています。
  • COPDは2020年までに世界の死亡原因の第三位になるとWHOが予想しており、日本においても患者が増加してきています。また、慢性呼吸不全で酸素療法を必要とする、COPDや間質性肺炎、肺癌症例には、地域医療と連携して在宅酸素療法を推進し、QOLの向上に努めています。
診療実績(外来)
<呼吸器内科年度別外来患者数推移>
呼吸器内科年度別外来患者数推移
初期研修中に習得を目指す知識と手技
  • 胸部画像診断の基本的知識の習得
    胸部単純レントゲン写真読影
    胸部CT読影
  • 呼吸、循環管理
  • 悪性腫瘍の管理(診断から治療方針決定、化学療法、疼痛管理、ターミナルケア)
  • 感染症の管理(抗生物質の使い方)
  • 気管支鏡検査
  • 侵襲的な検査・治療手技
    胸腔ドレナージ、胸膜生検
認定医の取得
  • 内科学会認定医取得
  • 気管支学会認定施設:気管支内視鏡認定医
  • 呼吸器学会認定施設:認定専門医
当科認定医、専門医 (平成21年現在)
  • 日本内科学会(認定医 14 名、専門医 1 名)
  • 日本呼吸器学会認定施設(専門医 10 名、指導医 3 名)
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設(気管支鏡専門医 3 名、指導医 2 名)
  • 日本臨床腫瘍学会(暫定指導医 1 名)
  • がん治療認定医 2 名
[日本呼吸器学会専門医の申請をする際の条件]
  • 申請時において4年以上継続して本学会の会員であること。
  • この規則により認定された認定施設において、本学会所定の研修カリキュラムに従い、日本内科学会認定内科医資格取得した年度も含めて3年以上、呼吸器病学の臨床研修を行い、これを終了した者。
  • 非喫煙者であること。
大阪大学 呼吸器内科は下記の認定を受けています。
  • 日本内科学会教育指定施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会(旧気管支鏡学会)認定施設
研修医募集
大学院生募集
ご寄附のお願い
このページの先頭へ
大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫アレルギー内科学 呼吸器内科(8研) / 大阪大学医学部附属病院 呼吸器内科
Copyright (c) Respiratory Medicine, Allergy and Rheumatic Disease, Graduate School of Medicine, Osaka University. All Rights Reserved.