研究紹介|大阪大学 癌免疫研究室

研究内容

癌免疫研究室では、
1.生体における、がん細胞に対する免疫応答解析
2.発癌機構の解明
3.癌ワクチンの臨床応用(WT1ペプチド癌ワクチン)
の3つを支柱として研究活動を行っています。

これまでの本研究室における関連実績はこちらのリンクをご参照ください。

1.生体における、がん細胞に対する免疫応答解析

本研究の背景には、
(1)癌細胞に存在するある種のタンパク質(その多くは正常細胞の増殖や分化にも重要な役割を担っています)は癌抗原、つまり癌細胞であることの目印として機能し得ること

(2)その目印としての癌抗原は細胞内に存在するものであっても、その一部がペプチド断片となってMHC(ヒトではHLA)分子とともに細胞表面に提示され、Tリンパ球に認識されること、
などが明らかになったことが挙げられます。

我々は、我々の研究室で見いだした「WT1タンパクが多くの造血器腫瘍や固形癌で高発現している」という研究結果に着目し、そのWT1を標的とした癌免疫療法(WT1ペプチド癌ワクチン)の開発に着手し、それに関する研究成果を積み重ねてきており、今では実際に臨床の場で癌患者さんや白血病患者さんに、そのWT1ペプチド癌ワクチンを投与するまでになっています(3でもう少し詳しく述べます)。

また、WT1を発現する癌細胞に対する生体の免疫応答をモデルとし、癌免疫に関する基礎的研究を種々の観点から行っています。
さらに、最近では、腫瘍細胞と免疫細胞の関わりの中で重要な働きを持つ分子を同定し、そして、その分子に対する抗体を作成することにより、将来的に癌免疫応答の制御に結びつける試みも行っています。


2.発癌機構の解明

本研究も、1.で述べたWT1に注目し、それを中心に行っています。

WT1タンパクは癌細胞のみならず造血幹細胞などの正常細胞にも発現しており、正常細胞の増殖や分化に重要な働きを担っています。

「そのWT1の発現が低下するべきところで低下せず高発現を持続すること」、あるいは「WT1遺伝子が他の遺伝子と結合し、それらの機能異常を生じること」などが白血病や固形癌の発生に重要な役割を演じており、WT1は発癌においてKeyとなるもののひとつであるという作業仮説のもとに、分子レベル、細胞レベル、動物レベルでこれらを実証しつつあります。

さらに研究を進めて「発癌」という現象のメカニズムの本質に迫りたいと思っています。また、発癌メカニズムの一端が明らかになれば、逆にそこから、正常細胞の増殖や分化の調節機構の解明に大いに役立つのではないでしょうか?


3.癌ワクチンの臨床応用(WT1ペプチド癌ワクチン)

多くの造血器腫瘍や固形癌で発現しており、また、発癌において根源的・重要な役割をはたしていると考えられるWT1遺伝子(研究1、2を参照して下さい)を標的とした癌免疫療法、つまり、WT1ペプチド癌ワクチン療法を、実際の臨床の場で行っています。

これは、我々自身の独創的な基礎研究の成果をtranslational researchとして臨床の場に応用したものです。白血病細胞の減少、腫瘍退縮、長期の病勢安定化の観察された患者さん、さらには、この治療法により治癒したのではないかと考えられる患者さんを経験しています。基礎研究から期待できる臨床結果を実感することができ、スタッフ一同、医師として、研究者として、喜びと誇りを感じています。

より効果的で安全な癌免疫療法の確立を目指しており、現在の癌ワクチンに科学的根拠に基づいた改良を加えるための基礎研究を行っています。