先進融合医学共同研究講座
  1. トップ
  2. 先進融合医学共同研究講座
  3. 業績2008年

業績

業績年度別一覧

2008年 業績

発表論文 英文

一般

  • Nishikawa T, Hagihara K, Serada S, Isobe T, Matsumura A, Song J, Tanaka T, Kawase I, Naka T, Yoshizaki K.
    Transcriptional complex formation of c-Fos, STAT3, and Hepatocyte NF-1α is essential for cytokine-driven C-reactive protein gene expression.
    J Immunol. 2008 Mar 1;180(5):3492-501. pubmed
  • Kuwahara Y, Shima Y, Kawai M, Hagihara K, Hirano T, Arimitsu J, Narazaki M, Ogata A, Tanaka T, Kawase I, Ogiwara A.
    What kind of durometer is best suited for the assessment of skin disease in systemic sclerosis?
    Arthritis Rheum. 2008 Apr 15;59(4):601.pubmed
  • Kuwahara Y, Shima Y, Shirayama D, Kawai M, Hagihara K, Hirano T, Arimitsu J, Ogata A, Tanaka T, Kawase I.
    Quantification of hardness, elasticity and viscosity of the skin of patients with systemic sclerosis using a novel sensing device (Vesmeter): a proposal for a new outcome measurement procedure.
    Rheumatology (Oxford). 2008 Jul;47(7):1018-24.pubmed

発表論文 和文

一般

  • 萩原圭祐. 抗IL-6レセプター抗体 MEDICAL TECHONOLOGY 36, 39-46, 2008.

漢方

  • 有光潤介、萩原圭祐、井上隆弥、岸田友紀、西田愼二: リウマチ性多発筋痛症に対して漢方治療が有効であった2例.漢方研究6, 2-3, 2008
  • 中西美保、蔭山充、中井恭子、志馬千佳、福井弥己郎、野坂修一、西田慎二:難治性の帯状疱疹後神経痛(PHN)に対する桂枝加朮附湯エキス剤と修治附子末Nとの比較.痛みと漢方、18,40-43、2008
  • 中西美保、蔭山充、中井恭子、志馬千佳、福井弥己郎、野坂修一、西田愼二:柴胡桂枝湯と大黄牡丹皮湯の併用が著効した肛門部痛の85才女性.日本東洋心身医学研究、23、42-45、2008

学会・講演

一般

  • 萩原圭祐、河合麻理、桑原裕祐、平野亨、有光潤介、嶋良仁、緒方篤、楢崎雅司、田中敏郎、川瀬一郎. IL-6阻害治療の転写調節レベルでの作用機序-ヒトC反応性蛋白(CRP)と血清アミロイドA(SAA)の転写調節機序の解析結果を踏まえて。 第52回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2008.4.札幌.
  • 桑原裕祐、萩原圭祐、河合麻理、平野亨、有光潤介、嶋良仁、緒方篤、楢崎雅司、田中敏郎、川瀬一郎.ボセンタン薬効の多角的試み-サーモグラフィーおよびデルモスコピーで末梢循環障害の著明な改善を認めた肺高血圧症・レイノー症状合併強皮症の一例。第52回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2008.4.札幌.
  • 河合麻理、萩原圭祐、桑原裕祐、平野亨、有光潤介、嶋良仁、緒方篤、楢崎雅司、田中敏郎、川瀬一郎.吸収不良症候群を伴う膠原病性肺高血圧症にボセンタンを含めた集中治療が有効であった2症例。第52回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2008.4.札幌.
  • 寺部文隆、萩原圭祐、河合麻理、平野亨、有光潤介、嶋良仁、緒方篤、楢崎雅司、田中敏郎、川瀬一郎.抗TNFα療法が関節リウマチの動脈硬化に与える影響についての検討。第52回日本リウマチ学会総会・学術集会. 2008.4.札幌.

漢方

  • 萩原圭祐、河合麻理、有光潤介、西田愼二. 吸収不良症候群を伴う膠原病性肺高血圧に対しボセンタンと附子理中湯が奏功した2症例. 第59回日本東洋医学会学術総会. 2008.6. 仙台.
  • 有光潤介、萩原圭祐、大谷安司、尾崎和成、井上隆弥、岸田友紀、西田愼二. 化学物質過敏症に対して漢方治療が有効であった1例. 第59回日本東洋医学会学術総会. 2008.6. 仙台.
  • 有光潤介:「大阪大学における漢方診療と現状」、主催:ツムラ7月、大阪
  • 有光潤介、萩原圭祐、大谷安司、尾崎和成、中西美保、井上隆弥、岸田友紀、西田愼二、吉川秀樹. エキス製剤ではコントロール困難であったレイノー現象に対して、当帰四逆加呉茱萸生姜湯加減が著効した1 例. 第18 回漢方治療研究会. 2008.9. 千葉.
  • 有光潤介、萩原圭祐、大谷安司、尾崎和成、中西美保、井上隆弥、岸田友紀、西田愼二. 西洋医学的治療ではコントロール困難であったSLEに対して、漢方薬が有効であった一例. 平成20年度日本東洋医学会関西支部例会. 2008.10. 大阪.
  • 萩原圭祐、有光潤介、大谷安司、尾崎和成、中西美保、井上隆弥、岸田友紀、西田愼二.生物製剤不応となった関節リウマチ患者に半夏瀉心湯合六君子湯が奏功した一例. 平成20年度日本東洋医学会関西支部例会. 2008.10. 大阪.
  • 尾崎和成、有光潤介、萩原圭祐、大谷安司、中西美保、井上隆弥、岸田友紀、森下竜一、西田愼二. 認知症高齢者の洞不全症候群に対して、五苓散エキス製剤が奏効した一症例. 平成20年度日本東洋医学会関西支部例会. 大阪、2008.10
  • 有光潤介、西田愼二、萩原圭祐、河合麻理、平野亨、桑原裕祐、楢崎雅司、緒方篤、田中敏郎. ステロイド抵抗性SLEに対して、漢方薬が有効であった一例. 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会. 2008.10. 東京.
  • 中西美保、蔭山充、中井恭子、有光潤介、井上隆弥、岸田友紀、萩原圭祐、大谷安司、尾崎和成、西田愼二:原因不明の呼吸困難・咽頭閉塞感に“奔豚湯(肘後方)”が著効した1症例、日本東洋医学会関西支部例会、大阪、2008.10
  • 大谷安司、有光潤介、中西美保、井上隆弥、尾崎和成、萩原圭祐、岸田友紀、西田愼二:肺癌化学療法中の好中球減少に対する人参養栄湯の有効性の検討、日本東洋医学会関西支部例会、大阪、2008.10
  • 清水健太郎、有光潤介、井上隆弥、中西美保、岸田友紀、萩原圭祐、大谷安司、尾崎和成、西田愼二:重症SIRS患者での腸管蠕動不全に対する大黄の効果、日本東洋医学会関西支部例会、大阪、2008.10、
  • 有光潤介:「女性のための漢方セミナー ~気になる体の不調、これって更年期?~」、主催:毎日新聞社、11月、大阪
  • 有光潤介:「漢方治療のABC -女性特有の病気を中心に-」、主催:大阪市・大阪大学、11月、大阪
  • 有光潤介:消化器疾患の漢方治療、研修医のための大阪大学医学部漢方医学セミナー、吹田、2008.12
  • 中西美保:女性疾患の漢方治療、研修医のための大阪大学医学部漢方医学セミナー、吹田、2008.12