先進融合医学共同研究講座
  1. トップ
  2. 先進融合医学共同研究講座
  3. 業績2017年

業績

業績年度別一覧

2017年 業績

発表論文 英文

一般

  • Kousuke Ebina, Makoto Hirao, Jun Hashimoto, Keisuke Hagihara, Masafumi Kashii, Kazuma Kitaguchi, Hozo Matsuoka, Toru Iwahashi, Ryota Chijimatsu, Hideki Yoshikawa, Assessment of the effects of switching oral bisphosphonates to denosumab or daily teriparatide in patients with rheumatoid arthritis, J Bone Miner Metab, DOI:10.1007/s00774-017-0861-4, 201708.

漢方

  • Keisuke Hagihara, and Abbreviation of Kampo Formulations Group, Shuji Yakubo, and Committee for Vocabulary in the Japan Society for Oriental Medicine & Takao Namiki, Traditional & Kampo Medicine, Abbreviation of kampo formulations and basic terminology in kampo medicine, Traditional & Kampo Medicine, 4:2, 65-88, DOI:10.1002/tkm2.1078, 201709.
  • Yusei Takemoto, Shoya Inaba, Lidan Zhang, Kousuke Baba, Keisuke Hagihara, So-ichiro Fukuda, An herbal medicine, Go-sha-jinki-gan(GJG), increases muscle weight in severe muscle dystrophy model mice, Clinical Nutrition Experimental, 2017, in press

学会・講演

一般

  • 萩原圭祐、「癌ケトン食治療の可能性について」、第37回日本食品・機械研究会年次大会、2017.06、大阪

漢方

  • 萩原圭祐、「漢方補腎薬の新展開 故きを温ねて抗サルコペニア効果を知る」、第34回泌尿器科漢方研究会学術集会、2017.06、東京
  • 山本浩一、磯谷幸宏、萩原圭祐、「六君子湯はグレリンシグナルを介してテリパラチド誘発悪心を改善する」、第35回日本骨代謝学会学術集会、2017.07.27-29、福岡
  • 萩原圭祐、「心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学」、再発性多発軟骨炎(RP)患者会 第6回総会・医療講演会、2017.07.29、愛知
  • 萩原圭祐、「心と体のレジリエンス(回復力)を高める漢方医学~漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について~」、第45回茨城県つよう医学研究会学術講演会、2017.07、茨城
  • 萩原圭祐、「フレイル・サルコペニア対策での漢方医学の役割―牛車腎気丸の分子薬理機序について―」、第34回和漢医薬学会学術大会ランチョンセミナー1、2017.08.26、福岡
  • 萩原圭祐、「心と体のレジリエンスを高める漢方医学漢方補腎薬の抗サルコペニア効果について」第1回リハビリテーション医学会秋季学術集会、2017.10.28、大阪