先進融合医学共同研究講座
  1. トップ
  2. 先進融合医学共同研究講座
  3. 業績2020年度

業績

業績年度別一覧

2020年 業績

発表論文

一般

  • Keisuke Hagihara,Katsufumi Kajimoto,Satoshi Osaga,Naoko Nagai,Eku Shimosegawa,Hideyuki Nakata,Hitomi Saito,Mai Nakano,Mariko Takeuchi ,Hideaki Kanki,Kuriko Kagitani-Shimono,Takashi Kijima,Promising Effect of a New Ketogenic Diet Regimen in Patients with Advanced Cancer,Nutrients,12(5), https://doi.org/10.3390/nu12051473, 2020/05

漢方

  • Ryota Imai,Shoichiro Horita,Yuko Ono,Keisuke Hagihara,Masaru Shimizu,Yuko Maejima,and Kenju Shimomura,Goshajinkigan, a Traditional Japanese Medicine, Suppresses Voltage-Gated Sodium Channel Nav1.4 Currents in C2C12 Cells, Bio Research Open Access,Vol.9No.1, https://doi.org/10.1089/biores.2019.0034, 2020/04
  • Shiying Jiang, Kousuke Baba, Tatsusada Okuno, Makoto Kinoshita, Chi-Jing Choong, Hideki Hayakawa, Hiroshi Sakiyama, Kensuke Ikenaka, Seiichi Nagano, Tsutomu Sasaki, Munehisa Shimamura, Yoshitaka Nagai, Keisuke Hagihara & Hideki Mochizuki  ,Go-sha-jinki-Gan Alleviates Inflammation in Neurological Disorders via p38-TNF Signaling in the Central Nervous System, Neurotherapeutics,Volume 17 Issue 2, https://doi.org/10.1007/s13311-020-00948-w, 2020/10/20

総説

  • 萩原圭祐.CRPなどの急性期蛋白の産生機序.臨床検査.Vol.64(9);938-945.2020/09
  • 中野 真依、梶本 勝文、萩原 圭祐.サルコペニア・フレイル対策における漢方の役割.Progress in Medicine.40:913~918.2020/09

学会

  • 萩原圭祐. 融合医学によるフレイル・サルコペニア対策について. 第62回日本老年医学会学術集会漢方Geriatric レクチャー. web開催. 2020/8/5
  • 萩原圭祐. 癌ケトン食療法患者の血糖値と予後の関係についての検討. 第58回日本癌治療学会学術集会. 国立京都国際会館(Web). 2020/10/22
  • 萩原圭祐. 次世代中医学を目指して:我々は何をすべきなのか?. 第10回日本中医学会学術総会.web開催. 2020/11/22
  • 萩原圭祐. 融合医学によるフレイル・サルコペニア対策について. KAMPO Web Seminar. web開催. 2020/12/7
  • 萩原圭祐. 総合病院精神科における漢方薬の使用経験・ 不眠症状に効果が期待できる漢方薬と養生に関して(座長). 第2回大阪大学漢方ネットワークセミナー. 阪大病院14階会議室・Web(ハイブリッド). 2020/12/15

著書

  • 萩原圭祐. 「基本がわかる 漢方医学講義」代表的な漢方薬 八味地黄丸:第3章2-6(分担執筆). 119-124. 日本漢方医学教育協議会(編). 羊土社. 2020/12/15

メディア

Web

  • 「癌ケトン食治療コンソーシアム」研究成果  進行性がん患者で新しいケトン食療法による有望な結果 ~国際科学雑誌Nutrientsで発表~.日本経済新聞. 2020/07

学術新聞

  • 癌ケトン食療法の現状と課題.PEN栄養ニューズ. 2020/11/1