LDLアフェレーシスを受けられる患者さんへ | 大阪大学腎臓内科

LDLアフェレーシスを受けられる患者さんへ

LDLアフェレーシスとはどのようなものですか?

LDLは、low density lipoproteinの略で、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールの代表的成分です。LDLアフェレーシスとは、血液を体内から体外へ出し、血球成分と血漿成分を分離したのち、血漿成分に含まれるプラスに荷電したLDLコレステロールを、マイナスに荷電したビーズに吸着させることで取り除いた後、再び体内に戻す治療法です。もともとLDLを取り除くことを目的に開発された治療法ですが、LDLのほかにも、プラスに荷電した炎症を悪化させる物質や血液を固まらせる物質、血管を収縮させる物質、血管から蛋白がしみ出やすくなる物質などを吸着し取り除くことが報告されています。

LDLアフェレーシスをおこなうのはどのような場合?

LDLアフェレーシスの保険適応が認められている病気で、無条件でLDLアフェレーシスが適応可能なものは、

(1) 家族性高コレステロール血症(FH)ホモ接合体

です。条件付きで適応可能なものは、

(2) 家族性高コレステロール血症(FH)ヘテロ接合体

(3) 薬物治療に反応しない閉塞性動脈硬化症

(4) 薬物治療に反応しないネフローゼ症候群のなかでも巣状糸球体硬化症(FGS:focal glomerular sclerosis)

です。

LDLアフェレーシスはどのようにおこなわれるのでしょうか?

LDLアフェレーシスを行うには1分間に約100ミリットルの血液を透析回路に循環させる必要があります。これだけの血液量を確保するための、血液の取り出し口をブラッドアクセスといいます。通常、頚部や大腿部の太い静脈に管(カテーテル)を挿入してブラッドアクセスとします。動脈を針で刺しておこなうこともあります。いずれの手技も重篤な合併症発症の危険を伴いますが、この手技なしではLDLアフェレーシスは行えないことを御理解ください。

LDLアフェレーシスを行う場所は病院2階の血液浄化部です。カテーテルを通して取り出された血液は、ポンプを使って血漿分離器を循環した後、体に戻ります。血漿分離器で分離された血漿は、マイナスに荷電したビーズが詰まったLDL吸着カラムを循環した後、体に戻ります。

LDLアフェレーシスは血液を体外循環させますので、その際に血液が固まらないようにする薬を使用する必要があります。また、施行中の2〜3時間は担当医の指示に従って安静にして頂く事になります。病院スタッフがLDLアフェレーシス中の患者様の状態を十分に観察しており、適宜必要な処置を行います。患者様もLDLアフェレーシス施行中に何らかの症状がおこりましたら、遠慮なくおっしゃって下さい。

LDLアフェレーシス終了時には、透析回路内の血液をもどしてからカテーテルを清潔に閉鎖して、次回のLDLアフェレーシスに備えます。

LDLアフェレーシスは、1回行うだけでは効果が限られていますので、患者さんの病気に応じて、保険適応の範囲内で複数回行い、効果を判定します。

LDLアフェレーシスの合併症や危険性はなんですか?

LDLアフェレーシス中に、

(1) 出血

(2) 血圧低下

(3) 不整脈

(4) 頭痛

(5) 嘔気

(6) 嘔吐

(7) かゆみ・発疹などのアレルギー反応

(8) 呼吸困難

がおこることがあります。出血の部位や程度・血圧低下の程度・不整脈の種類によっては命にかかわる場合もあります。かゆみ・発疹などのアレルギー反応は、放置すると呼吸困難や血圧低下の原因となりますので自覚されれば、必ずおっしゃって下さい。アレルギー反応に対して、ステロイドや抗ヒスタミン剤などの薬剤を投与させていただく場合もあります。高血圧や腎炎の治療に用いられるACE阻害薬との併用により、血圧低下や浮腫を発症する危険があるため、LDLアフェレーシスの前にはACE阻害薬の内服を中止していただくのが原則となります。

 

何かご不明な点等があれば、担当医にお尋ねください。