大学院生募集 | 大阪大学腎臓内科

大学院生募集

大阪大学では、内科学講座の再編に伴い、老年・腎臓内科学講座から、腎臓内科学講座が独立することが決まりました(現在教授募集中です)。

後期研修を終了し、とりあえず目の前の患者さんの役に立てる一人前の腎臓専門医になったら、今度は目の前に患者さんのみならず、腎臓病に苦しむ世界中の患者さんの役に立つ事を目指して、大学院へ進学するというのも、腎臓内科専門医として魅力的な選択肢の一つです。興味がある方は、kidney@kid.med.osaka-u.ac.jpに御連絡下さい。

発生 Autophagy Treg/CD28 糸球体腎炎 CKD-MBD

基礎研究のすすめ

基礎研究とは、実験室で行う研究です。臨床研究では患者様ひとりひとりのバリエーションが科学的検証のさまたげとなりますが、実験室では、検証したい事柄以外の条件を統一できますので、いつどこで誰が行っても再現できる結果が得られるはずです。私共の研究テーマは、他の研究者の追随でなく、きわめて独自性が高く、かつ研究価値の高いものばかりです。当研究室が世界の腎疾患研究パイオニアとして存在感を示す原動力です。生命の不思議をつまびらかにすることが目的ではなく、基礎研究からつみあげて新規治療法の開発に結実させることが目的です。

臨床研究のすすめ

臨床研究とは、実際の患者様、すなわち実際の病気を研究対象として検査データを科学的に解析することによって病気の本質を見極め、よりよい治療法や診断技術を開発する研究です。臨床医学の根幹をなすもので、科学的な目を通して診療することにより、全く新しい治療概念や技術を見いだすきっかけとなります。慣習的に常識と思われていても科学的に正しいと証明されていないことを再検証する場合も臨床研究が必要です。