大阪大学大学院医学系研究科
English
分子病態生化学
HOME
Department of Molecular Biology and Biochemistry, Graduate School of Medicine, Osaka University
研究内容紹介
HOME > 研究内容紹介

概要

私達は、蛋白質や脂質等の分子間の相互作用が細胞内外の情報の変換を制御するという視点に立って研究を行い、シグナル伝達経路による細胞の増殖や分化、運動等の制御機構の一端を明らかにしてきました。現在は、特にHedgehogやFGF、TGF-β等と共に動物の発生や臓器の形成に必須であるWntとそのシグナル経路に着目しています。これまでの知見を基に、Wntシグナルネットワークによる多彩な細胞応答の分子機構を明らかにして、その破綻が疾患の病態とどのように関わるかを理解することに主眼をおいて研究を続けています。今後は、Wnt関連ノックアウトマウスを用いながら、個体レベルでより多角的な解析を行う予定です。On-goingの主な研究内容は次の通りです。

Wntシグナルと癌 詳細
Wntと増殖因子シグナルによる上皮形態形成更新 詳細
Wntシグナルによる細胞機能制御 詳細
Wntシグナルによる炎症応答制御 詳細
Wntシグナルの選択的活性化機構 詳細
上皮細胞におけるWntの極性分泌制御 詳細
ページの先頭へ
大阪大学大学院医学系研究科 分子病態生化学
ADDRESS 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2 TEL 06-6879-3410 FAX 06-6879-3419 akikuchi molbiobc.med.osaka-u.ac.jp
Copyright (c) Department of Molecular Biology and Biochemistry, Graduate School of Medicine, Osaka University. All Rights Reserved.