研究紹介
HOME研究紹介 > 神経回路修復医学の創成
神経回路修復医学の創成
科学研究費補助金 基盤研究(S)
平成29-33年度
「神経回路修復医学の創成」
研究代表者: 山下俊英
平成25-29年度
「中枢神経回路の障害と修復を制御する生体システムの統合的研究」
研究代表者: 山下俊英
研究課題概要

脳血管障害、脳・脊髄の外傷などの局所中枢神経障害、高次脳機能障害、神経障害性疼痛などの神経疾患においては、神経系のみならず免疫系、脈管系、様々な臓器からなる生体システムに時空間的変化をきたし、病態が形成される。本研究では、中枢神経回路の障害、その後の修復過程を、生体システムの機能ネットワークの観点から解析し、生体システムの時空間ダイナミクスによる一連の過程の制御機構の統合的解明に取り組む。特に、「神経系と各臓器」の連関による制御機構を見いだすことを本研究の到達目標とする。中枢神経回路障害と機能回復の過程を、生体システム全体のダイナミクスとして捉え、神経系と各システムの連関を統合的に解析することで、中枢神経回路障害における生体の動作原理を明らかにする。

基盤研究(S)進捗評価結果の開示

ページの先頭へ