研究紹介
HOME研究紹介 > 中枢神経回路の修復を促進する抗体治療薬の実用化
中枢神経回路の修復を促進する抗体治療薬の実用化

本研究の最終目標は、脊髄損傷(外傷性及び非外傷性)による神経症状を改善する分子標的治療薬を開発し、臨床応用を実現することである。脊髄損傷、脳血管障害、脳外傷などにより、いったん傷害を受けた中枢神経系機能は回復せず、有効な治療法はいまだ存在しない。研究開発代表者はこれまで、損傷した神経回路の再生を制御する因子を同定し、その分子メカニズムを明らかにした。得られた基礎研究成果を基盤として、企業との共同研究により、ヒトへ投与するための分子型である抗RGMヒト化モノクローナル抗体の創製を行った。この抗RGM抗体はRGMの作用を抑制した。脊髄損傷ラットに当該抗体を局所投与したところ、顕著な運動機能の改善および損傷した軸索の再生を認めた。成体アカゲザルの脊髄損傷モデルにおいても、当該抗体は運動機能、特に巧緻運動の顕著な改善、および損傷した軸索の再生をもたらした。さらにRGMの神経細胞への作用の分子機序を明らかにし、薬効の科学的基盤を確立した。

平成31年に医師主導臨床試験を開始する予定である。このため本研究開発においては、ヒト化抗RGMモノクローナル抗体の非臨床試験、治験薬製造、治験準備を進める。

  • 平成29-31年度 橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズB 「中枢神経回路の修復を促進する抗体治療薬の実用化」(研究代表者:山下俊英) 平成29年度:6999.2万円
  • 平成21-25年度 研究成果最適展開支援事業 A-STEP 本格研究開発(シーズ育成) 「中枢神経回路の修復を促進する抗体治療薬の実用化」(研究代表者:山下俊英)
  • 平成21-23年度 重点地域研究開発推進プログラム(育成研究) 「濃度勾配性因子をターゲットとした脊髄損傷治療薬の開発」(研究代表者:山下俊英)
  • 平成17-21年度 保健医療分野における基礎研究推進事業 「再生阻害シグナルの制御による中枢神経再生誘導薬の創製」(研究代表者:山下俊英)
ページの先頭へ