研究紹介
HOME研究紹介 > ヒト化RGM抗体の開発と臨床試験情報
ヒト化RGM抗体の開発と臨床試験情報

さまざまな中枢神経障害による神経症状からの回復を目標として、中枢神経回路の修復を促進する治療薬の開発が進められている。Repulsive Guidance Molecule (RGM)は免疫系細胞やグリア細胞に発現し、神経回路の再生を抑制するタンパク質である。また複数のシグナル伝達を制御することで免疫制御や細胞死の惹起にも働くなど多様な機能を有し(図1)、脊髄損傷や脳卒中、多発性硬化症、視神経脊髄炎、パーキンソン病、網膜疾患などの病態を増悪させることが示唆されている。RGMを標的とする治療薬は、神経疾患に共通する病態である「壊れた神経回路」を修復させる効果を発揮することにより、多くの神経疾患に適応できると考えられる(図2)。近年、RGMの研究者コミュニティの連携が図られ、研究は加速している(図3)。私たちは2005年より田辺三菱製薬株式会社と共同でヒト化RGM中和抗体の開発を行い、2011年に抗体開発を完了した(図4)。その後、非臨床試験を2018年に完了し、2019年に脊髄損傷を対象とした臨床試験に進んでいる。今後は複数の中枢神経疾患に対するこの薬剤の治療効果の検証を進める予定である。

本研究開発に関連する基礎研究の概説

http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/molneu/researchp1.html

  • 日本で健康成人を対象とするMT-3921の第1相臨床試験を開始(2019年4月)
  • MT-3921について 脊髄損傷患者さんを対象とする第1相臨床試験計画を米国FDAに提出(2019年8月)
    http://www.med.osaka-u.ac.jp/archives/19030
ページの先頭へ