病理診断とは?

       

病理診断とは...

      病理診断とは、患者さんより採取された材料について病理学的に評価する行為のことです。
    
    具体的には、胃カメラのような検査や手術により採取された組織標本について、
     ・ 癌や良性腫瘍かどうか。
     ・ 病変の拡がりはどうか。手術の場合は病変が取り切れているかどうか。
     ・ 腫瘍が薬剤の標的となるような蛋白を持っているか。
    等を組織をプレパラートにし、顕微鏡で観察することにより評価します。

     病理診断は、医師・歯科医師にのみ許可された医行為です。
    病理診断は、その結果がその後の患者さんの治療方針に大きく影響する等大きな責任を
    伴う業務であり、通常、専門的なトレーニングを積み認定された病理専門医が行います。
      

>> 後期研修の案内

>> 附属病院病理部における具体的な業務内容の紹介

>> 臨床科と合同で行っている各カンファランスの紹介

>> 関連病院の紹介