教授より挨拶

       
   

                                                                                                                                                                                                           大阪大学には豊富な関連医療機関があり、比較的多くの病理医が働いておりますが、日本全国規模では、病理医、病理研究者は圧倒的に数が足りま せん。病理専門医は全国でもわずか二千名程度しかいないのが現状です。病理診断の質の均てん化をはかり、病理医、病理研究者を教育、育成できる体制を整 え、地域全体、ひいては日本全体の医療に貢献したいと思っております。

 当教室は人体病理・実験病理を二本の柱として、病理診断業務・病理学研究を行っております。阪大医学部附属病院の病理診断を一手に引き受け日々の診断を 行い、疾患の病理組織診断の質の向上に努めています。また、近年では遺伝子解析を用いた診断にも積極的に取り組んでいます。また、教室の病理学研究のメイ ンテーマを腫瘍幹細胞とし、形態変化の底に流れる病的機序の解明にも取り組んでいます。

 病理診断、病理学研究に興味のある方、私たちと一緒に仕事をしてみませんか?
経験年数や年齢は不問。やる気があればそれだけで結構です。少しでも興味を持っていただけたならば、是非一度、我々の教室のドアをお叩きください。

  
                  病態病理学講座 教授・附属病院病理部 部長

                                  森井 英一