患者様へ

研究ご協力のお願い

大阪大学 神経内科・脳卒中科では、以下のような研究を実施しております。
もし、研究の対象となる方ご本人・ご家族の方で、「参加したくない」(研究の対象から外してほしい)と思われる方は、それぞれの研究問い合わせ担当者までご連絡ください。たとえ参加をお断りになられても、不利益を受ける事はありません。また、同意した後に、いつでも同意を撤回することができます。同意の撤回を希望される場合は、それぞれの研究問い合わせ担当者、又は外来担当医師までお申し出くださいますようお願い申し上げます。但し、すでに研究結果を学会・論文にて公表されている場合は、データを破棄できない場合があります。

お申し出が無い場合は、各研究への参加について同意していただいたものとして、研究の対象とさせていただきますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

当科で筋萎縮性側索硬化症やその他の神経変性疾患と診断された方へ

当院で筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病類縁疾患、アルツハイマー病、多系統萎縮症などの神経変性疾患及び中心として、広く難治性の神経・筋疾患で 当院で病理解剖を受けられた方、 胸腺腫にて当院で胸腺を摘出された方、病理解剖を受けられ、「患者さんの検体を研究、医学教育目的に使用させていただくことについてのお願い」に同意いただいた方へ

当院で難治性神経・筋疾患の診断のために筋生検を受け、「患者さんの検体を研究、医学教育目的に使用させていただくことについてのお願い」に同意いただいた方へ

大阪大学医学部附属病院神経内科・脳卒中科にご通院の患者様ならびにご家族の皆様へ

大阪大学医学部附属病院で病理解剖(開頭)を受けられた方のご家族の皆様へ

遺伝学的検査により筋強直性ジストロフィーと当院で診断された方へ

研究方法の変更のお知らせと、同意撤回方法について(*New*2020.5.11)

当院に脳卒中で入院していた方へ

当院で植込み型心電計留置を行った方へ

当院で経皮的脳血栓回収術を行った方へ

当院でLVAD離脱手術を行った方へ

当院に腫瘍合併脳梗塞で入院しておられました方へ

当科に急性期脳梗塞で入院しておりました方へ

当科に一過性全健忘で入院しておりました方へ

当科で骨格筋CTやMRIを撮影された筋疾患の方へ

当科でパーキンソン病、多系統萎縮症、レビー小体型認知症、進行性核上麻痺、大脳皮質基底核変性症、線条体黒質変性症、レム睡眠行動異常症、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症と診断された方へ

当科でパーキンソン病、多系統萎縮症、レビー小体型認知症、ハーラーボーデン・スパッツ病、進行性核上麻痺、大脳皮質基底核変性症、線条体黒質変性症と診断された方へ

筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病類縁疾患、アルツハイマー病、多系統萎縮症などの神経変性疾患を中心として、広く難治性の神経・筋疾患で大阪大学医学部附属病院で病理解剖を受けられた方のご家族の皆様へ

筋炎、ミオパチー、筋ジストロフィー、運動ニューロン病、ニューロパチーなど難治性神経・筋疾患で大阪大学医学部附属病院で筋生検を受けられた方へ

20歳以上のパーキンソン病の特定疾患申請のための個人調査票を当院で記載している全ての患者さんへ

当科で周期性四肢麻痺やミオトニー症候群の遺伝子診断を受けられた方へ

当科で遺伝性パーキンソン病と診断された方へ

当科で筋萎縮性側索硬化症と診断された方へ

当科でCTやMRIを撮影された肢帯型筋ジストロフィーの方へ

脳卒中センターにおける病院内診療情報を用いた網羅的臨床研究(承認番号16104)

「Sema4Aおよび関連分子による多発性硬化症の病態解明」に関する研究

骨格筋メッセンジャーRNAの発現解析による神経・筋疾患の病態解明研究

筋強直性ジストロフィー患者の心電図の経時的分析による致死性不整脈の因子分析とデバイス適応の検討研究

膠原病患者における脳血管障害の多施設共同観察研究

Copyright © Department of Neurology, Osaka University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.