研究・業績

臨床研究グループ

神経内科学教室では、パーキンソン病を代表とする運動異常症を対象として、診断、治療法の開発のため、運動症状、非運動症状を網羅する臨床評価、 生化学的データ、画像データで構成されるデータベースを構築しています。臨床研究グループでは、主に、MRIなどの画像データを用いて、 これらの疾患でみられる多彩な神経症状が起こるメカニズムを研究しています。また、脳波などの脳機能計測技術を用いて、 神経変性疾患や脳卒中についての病態解明の研究もおこなっています。さらに、イップスなどのスポーツに関連する運動異常の病態解明、 治療法の開発に健康スポーツ科学講座とともに取り組んでいます。

研究紹介

パーキンソン病の運動症状、非運動症状の解明

パーキンソン病では、寡動や固縮、筋強剛などの運動症状以外にも、幻覚などの精神症状や便秘のような自律神経症状などの非運動症状も認めます。 また、転倒は、パーキンソン病で問題となる症状ですが、バランス障害という運動機能の問題だけでなく、注意など非運動症状も関わっていると考えられています。 実際、パーキンソン病においては、運動症状のみならず、このような非運動症状が、日常生活動作(activity of daily living:ADL)やquality of life(QOL) に大きく影響を与えることが明らかになってきました。そこで、我々は、安静時MRIや脳波計測を用いて、 どのような脳内ネットワークの異常がこれらの原因となっているかを研究しています。安静時機能的MRIやvoxel-based morphometry と呼ばれる微細な形態学的変化を捉える手法、脳波計測などを用いて、幻覚やパレイドリアなどの視覚認知異常に注目し、その発症メカニズムを研究しています。

ニューロモジュレーション手法を用いた神経疾患に対する新たな治療法の開発

近年、非侵襲的な手法で、中枢神経系の機能を賦活/抑制するニューロモジュレーションと呼ばれる技術が注目を集めています。ニューロモジュレーショ ン技術としては、反復経頭蓋磁気刺激(rTMS)、経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)などの脳刺激技術がよく知られています。その他、外的な刺激を用いな いニューロモジュレーション手法として、機能的脳画像技術を用いてリアルタイムでの脳活動を被験者に提示することで、随意的に脳活動を制御するニューロ フィードバックと呼ばれる方法も知られており、近年応用が盛んに行われています。(図1)  我々は、NIRSの脳活動測定技術を応用することで、世界に先駆けて、NIRSを用いたニューロフィードバック技術を開発し、その効果を報告しています。 この技術を用いることで、発症後3か月以降の脳卒中後片麻痺患者に対するリハビリテーション効果を高め、片麻痺の回復を促進する効果があることも報告して おり、新たなリハビリテーション介入の方法として注目を集めています。現在はパーキンソン病などの脳卒中以外の神経疾患での応用に向けて、関連病院などと 共同で研究を進めています。

職業的ジストニアの病態解明に関する研究

「ジストニア」は、筋肉や骨に異常がないにもかかわらず、全身あるいは体の一部がねじれたり、固まったり、ふるえたりして思い通りに動かない症状を指します。 遺伝子異常などで起こることもありますが、楽器演奏、書字、スポーツなど、職業で同じ動作を繰り返す人にも発症することがあり、「職業性ジストニア」と呼ばれます。 仕事や選手生命を脅かす重大な問題ですが、どれくらいの患者さんがその症状に悩んでいるか、あるいは症状に関係する原因は何なのか、医学的背景について十分な検討はなされていません。
 我々は、職業性ジストニアの実態調査を行うとともに、特にスポーツにおける運動障害(イップス)に注目し、健康スポーツ科学講座と共同で研究を行っています。 脳波計、筋電図、モーションキャプチャなどを用いて、運動時の動作測定と脳機能測定をリアルタイムに行うシステムを構築し、病態の解明に取り組んでいます。 (紹介ページ

メンバー紹介

  • 河野 悌司 大学院生
  • 平成13年卒 大阪大学
  • 大阪大学医学部附属病院、森之宮病院などで勤務
  • 認定内科医、総合内科専門医、神経内科専門医・指導医、脳卒中専門医、リハビリテーション科専門医・指導医
  • 梶山 裕太 大学院生
  • 平成22年卒 大阪大学
  • 大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センター、東大阪市立総合病院で勤務
  • 認定内科医、神経内科専門医
  • Gajanan Subhash Revankar 大学院生
  • ラジブ・ガンジー大学
  • ラジブ・ガンジー大学,ベルリン脳卒中研究センターなどで勤務
  • 中野 智仁 大学院生
  • 平成25年卒 大阪大学
  • 大阪大学医学部附属病院、箕面市立病院などで勤務
  • 認定内科医
  • 大原 真理子 大学院生
  • 平成25年卒 近畿大学
  • 大阪大学医学部附属病院、淀川キリスト教病院などで勤務
  • 認定内科医

最近の業績

Copyright © Department of Neurology, Osaka University Graduate School of Medicine. All Rights Reserved.