教室紹介
HOME > 教室紹介 > 教室の歴史

教室の歴史

大阪大学神経内科教室のあゆみ

1989年に医学部附属病院診療科として神経内科が設置され、第二内科教授の垂井清一郎先生を併任教授、同内科神経グループを診療科として診療が始 まりました。

1991年初代専任教授として米国Mayo Clinicより柳原武彦先生を迎え、第一内科脳循環グループの一部と第三内科神経グループが合流し新たな神経内科学教室としてスタートしました。これに より脳循環代謝、生化学、遺伝、免疫、病理、高次脳というような現在の研究体制の原型ができあがりました。

2000年佐古田三郎先生が第二代教授に就任され、「神経内科・脳卒中科」という診療科として、研究だけではなく臨床も含め旧第一内科、第二内科、 第三内科の寄り合い所帯の融合が進み、神経内科学講座としての基礎が固まりました。

2011年第三代教授として北里大学より望月秀樹先生を迎え、これまでの20年間で築いてきた神経内科講座に新たな息吹を吹き込み、現在自由闊達な 雰囲気の中医局員全員が更なる向上を目指しているところです。

大阪大学大学院医学系研究科 神経内科学
Page Top