臨床研修のご案内
HOME > 臨床研修のご案内 > 研修プログラム

研修プログラム

大阪大学神経内科・脳卒中科における臨床研修

幅広い分野を経験できるローテート研修

幅広い分野を経験していただくため、大阪大学医学部附属病院神経内科・脳卒中科での研修に加え、他科研修やサブスペシャリティー研修を行っていきます。また大阪大学神経内科学の関連病院における一般神経内科研修も人数や希望により調整します。これらの関連病院が大阪北中部を中心に固まって存在しており、密接に交流していることも魅力のひとつです。

募集人員

当科での後期研修医の採用は1年間に若干名の予定です。

研修プラン

大阪大学では、神経救急から神経難病まですべての神経学的疾患について診断から治療まで研修していただき、日本神経学会の卒後研修到達目標に準じ「臨床神経全領域をカバーできる神経内科医の育成」をめざしています。すなわち神経内科医がその施設にたとえ一人であっても立派にやっていけるようになっていただくことを最低限の目標としています。そのために変性疾患、脳卒中、神経生理、神経病理といったサブスペシャリティーの研修もカリキュラムに組み込んでいます。さらに各個人の興味に応じて、脳神経外科、放射線科、救命センターなど、神経疾患を扱う他科での研修も行えるように配慮しています。

主に研修すべき事項

  • 神経学的診察にもとづく高位診断、鑑別診断
  • 神経救急(意識障害・脳卒中・てんかん重積・脳炎など)の処置と専門的治療
  • 神経変性疾患・神経免疫疾患・末梢神経疾患・筋疾患の専門的診断・治療
  • 脳卒中の急性期診断と治療および慢性期治療
  • 自律神経疾患の検査・診断・治療
  • 電気生理検査(脳波、誘発電位、筋電図、神経伝導検査)の施行と解釈
  • 神経画像検査の読影と施行(一部)(MRI, CT, SPECT, PET, 血管造影, 超音波検査など)
  • 神経病理検査(筋生検、末梢神経生検)の施行と解釈
  • 神経リハビリテーションについての適応と計画
  • 脳外科的加療の適応
  • 遺伝子診断の適応・説明
  • 医療福祉制度の理解と書類作成
Page Top