臨床研修のご案内
HOME > 臨床研修のご案内 > 研修プログラム

研修プログラム

大阪大学神経内科・脳卒中科における臨床研修

幅広い分野を経験できるローテート研修

幅広い分野を経験していただくため、大阪大学医学部附属病院神経内科・脳卒中科での研修に加え、他科研修やサブスペシャリティー研修を行っていきます。また大阪大学神経内科学の関連病院における一般神経内科研修も人数や希望により調整します。これらの関連病院が大阪北中部を中心に固まって存在しており、密接に交流していることも魅力のひとつです。

募集人員

当科での後期研修医の採用は1年間に若干名の予定です。

研修プラン

大阪大学では、神経救急から神経難病まですべての神経学的疾患について診断から治療まで研修していただき、日本神経学会の卒後研修到達目標に準じ「臨床神経全領域をカバーできる神経内科医の育成」をめざしています。すなわち神経内科医がその施設にたとえ一人であっても立派にやっていけるようになっていただくことを最低限の目標としています。そのために変性疾患、脳卒中、神経生理、神経病理といったサブスペシャリティーの研修もカリキュラムに組み込んでいます。さらに各個人の興味に応じて、脳神経外科、放射線科、救命センターなど、神経疾患を扱う他科での研修も行えるように配慮しています。

主に研修すべき事項

  • 神経学的診察にもとづく高位診断、鑑別診断
  • 神経救急(意識障害・脳卒中・てんかん重積・脳炎など)の処置と専門的治療
  • 神経変性疾患・神経免疫疾患・末梢神経疾患・筋疾患の専門的診断・治療
  • 脳卒中の急性期診断と治療および慢性期治療
  • 自律神経疾患の検査・診断・治療
  • 電気生理検査(脳波、誘発電位、筋電図、神経伝導検査)の施行と解釈
  • 神経画像検査の読影と施行(一部)(MRI, CT, SPECT, PET, 血管造影, 超音波検査など)
  • 神経病理検査(筋生検、末梢神経生検)の施行と解釈
  • 神経リハビリテーションについての適応と計画
  • 脳外科的加療の適応
  • 遺伝子診断の適応・説明
  • 医療福祉制度の理解と書類作成

研修プログラム

<初期研修>

神経内科研修は初期研修の段階から始まっており、研修期間中に「適切な神経学的診察法」および「診察所見から鑑別診断を考えるプロセス」の体得が必要です。初期研修は当科関連病院で行なっておりますので、ご相談ください。また初期研修を神経内科部門のない病院で終えられた先生方も、後期研修を当科関連病院で行なっていただければ十分な技術が身につきますので、ご相談ください。

<後期研修>

後期研修前半1年目は大阪大学医学部附属病院または関連病院で入院患者の主治医として頭痛、脳卒中、パーキンソン、脳炎、髄膜炎といったcommon diseaseから稀な疾患まで、また神経救急から難病の慢性期医療・呼吸などの全身管理、リハビリテーションなど幅広く経験していただきます。2年目は神経生理や神経病理などのサブスペシャリティーについて手技や知識を深め、他科研修として脳神経外科や放射線科、精神科などを一定期間、選択研修できるようプログラムが組まれています。

後期研修後半は大学病院または関連病院においてチーフレジデントとしてさらに研鑽を積んでいただきます。また早期から研究を志したい方は大学院進学という選択肢もあります。

大阪大学での研修スケジュールの一例を示します。

サブスペシャリティー研修(3ヶ月ごと)

神経病理研修

当科の関連施設では神経内科医が筋や末梢神経組織の採取を行い、病理診断は神経病理グループ(隅Gリーダー)が中心となり、病棟や関連病院からの依頼を年間30−40件受けて行っています。剖検脳についてもbrain cuttingから組織標本の作製・病理診断までを行い、定期的にCPC(臨床病理検討会)を開催しています。日本神経学会の専門医カリキュラムで必須項目になっている神経病理研修が、専門スタッフの元で出来るのも当教室の特徴のひとつであり、3ヶ月の研修でCPCでの症例発表を目指します。

神経放射線研修

放射線科脳神経グループにて、頭部MRI(約80件/週)、脊髄・脊椎MRI(約20件/週)、頭部CT(約90件/週)の撮影計画、読影に従事していただき、画像コントラストの機序、MRIの原理、各種パルスシーケンスの原理と臨床応用について学んでいただきます。

またティーチングファイルや実際の臨床例から特定の疾患の画像について研修します。

週1回のカンファレンスでは臨床画像の見直し、教育的な論文の発表をしています。3ヶ月で中枢神経領域のCT/MRIの基礎を会得することを目標にします。

神経生理研修

電気生理検査(脳波、筋電図、神経伝導検査、誘発電位など)の施行と解釈を、神経生理グループ(高橋Gリーダー)が指導します。それぞれ年間100−300例の症例を行なっています。また、ボツリヌス毒素による、眼瞼痙攣・片側顔面痙攣の治療に加え、痙性斜頸などの筋電図下での治療の指導も行なっています。認定医試験に十分対応できる基礎を習得します。また脳卒中グループ(北川Gリーダー)が、中心となり心血管超音波検査(年間600例以上)を行います。

他科研修

脳外科、精神科など神経内科に関連した他科での研修を行います。主として希望により選択する科を選定します。この選択は、他科との調整が必要になりますのでご了解ください。

<認定医・専門医>

まず神経学会専門医(神経内科専門医)を取得してください。(なおその受験資格として認定内科医が必要です)

認定内科医 卒後3年
神経内科専門医 卒後6年

さらなるサブスペシャリティーとして、

  • 脳卒中学会専門医
  • リハビリテーション科専門医
  • てんかん専門医
  • 臨床神経生理学会認定医
  • 臨床遺伝専門医
  • 頭痛専門医
  • 脳神経血管内治療専門医

などの取得も目指していただきます。

関連病院での後期研修

大阪大学神経内科学の関連病院では、各病院の特性を生かした後期研修を行っています。関連病院ネットワークとして研修支援システムがありますのでご参照ください。

Page Top