大阪大学大学院医学系研究科免疫制御学

2015年12月2日 第3回IBD合同カンファレンス(炎症性腸疾患治療学、消化器内科、外科、免疫制御学)を開催しました。

 

2015年11月27日 香山尚子(助教)の総説がJ. Biochem.に掲載されました。

 

2015年11月6日 Prof. Andreas DIEFENBACH (Mainz Univ) によるセミナーを開催しました。

 

2015年10月23日 前田悠一(呼吸器免疫アレルギー内科・大学院生D4)が日本臨床免疫学会で最優秀ポスター賞を受賞しました。
 

 

2015年10月23日 國澤研究室(医薬基盤・健康・栄養研究所)との合同セミナーを開催しました。

 

2015年10月16日 Anunya Opasawatchai(留学生)とChiao-Ching Hsu(大学院生)の歓迎会を開催しました。

 

2015年10月1日 Anunya Opasawatchai(D3: Mahidol Univ, Thailand)が6か月の研修を開始しました。Frontier Lab@OsakaUによる留学です。

 

2015年10月1日 Chiao-Ching Hsu(D1秋入学)が研究室に加わりました。

 

2015年9月29日 Prof. Yihai Cao (Karolinska Institute)のセミナーに参加しました。
 

 

2015年8月21日 倉川尚(特任助教)の歓送会、蔵重大樹(大学院生)の歓迎会を開催しました。

 

2015年8月1日 蔵重大樹(呼吸器免疫アレルギー内科・大学院生)が研究室に加わりました。

 

2015年7月3日 第3回IBD合同カンファレンス(炎症性腸疾患治療学、消化器内科、外科、免疫制御学)を開催しました。

 

2015年6月29日 Prof Ruslan Medhitov & Prof Akiko Iwasaki (Yale Univ) のセミナーに参加しました。
 

 

2015年6月5日 國澤研究室(医薬基盤・健康・栄養研究所)との合同セミナーを開催しました。

 

2015年4月30日 第2回IBD合同カンファレンス(炎症性腸疾患治療学、消化器内科、外科、免疫制御学)を開催しました。

 

2015年4月1日 Shih Han Tsai(大学院生)が特任助教に就任しました。

 

2015年3月25日 第1回IBD合同カンファレンス(炎症性腸疾患治療学、消化器内科、外科、免疫制御学)を開催しました。IBD合同カンファレンスでは、大阪大学医学部で炎症性腸疾患の基礎研究・臨床研究・治療に携わるメンバーが参集し、教室の垣根を取り払い、炎症性腸疾患の克服を目指して定期的に議論を重ねていきます。
 

 

2015年3月25日 Shih Han Tsai(大学院生)が修了・山村賞を受賞しました。

 

2015年2月18日 Shih Han Tsai(大学院生)の論文が Immunity に掲載されました。また、妹さんのイラストが表紙を飾りました。

 

2015年2月1日 第43回日本免疫学会学術集会でShih Han Tsai(大学院生)がベストプレゼンテーション賞を受賞しました。


ホーム サイトマップ