〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2

ホーム > 学生・研修医の方へ > 医局員募集 > 医局員募集に関する情報

阪大眼科への招待

教育・研修について

大阪大学眼科の特徴

医局員募集

医局員募集に関する情報

FAQ

メッセージ

研修医からメッセージ

研修医の1年間

留学記

医局員の声

眼科学教室チャンネル

眼科研修プログラム

はじめに

眼科専門医を標榜する眼科臨床医を育成するためのプログラムとして、眼科臨床医として欠くことのできない基礎知識、臨床知識、検査・診療技術、顕微鏡手術技術を習得することを目標とします。本プログラムは4年間で構成されており、本プログラム終了後(卒後6年終了後)には、日本眼科学会認定眼科専門医試験の受験資格を取得することができます。

●研修目標
患者に対する心構えや態度の修練とともに、眼科専門医として必要な知識と技能を習得することを目的とし、さらに、医の倫理・チーム医療を実践するとともに、患者さんやご家族との信頼ある人間関係の構築を研修目標としています。

●研修内容

1. 臨床医に求められる基本的な診療に必要な知識・技能・態度の修得

2. 眼科臨床に必要な基礎的知識、 眼科診療技術、検査技術、治療技術の習得

3. 症例検討会、眼科集談会、各種専門学会等での活発な学術発表と、それに関連した論文執筆

●指導体制
専門研修の初めとして、集中講義により外来研修、病棟研修、手術室研修の概略を教育します。その後実際に、外来診療、病棟診療において、指導医から実地に指導を受けます。担当する手術患者については手術場で指導医の管理のもと、局所消毒の習得や手術介助を行い、局所麻酔法や、眼科手術における基本的術式の理解と研修を行います。

関連病院

本プログラムは以下の7種です。
角結膜
緑内障
白内障
網膜硝子体・ぶどう膜
屈折矯正・斜視・弱視
神経眼科・眼窩・眼付属器
他科診療連携
各プログラムの詳細は、PDFをご覧ください。
→各プログラム到達目標

また、指導医は回診やカンファレンスを通して、疾患の病態と治療法について教育します。また適宜、抄読会や学会発表を通して、掘り下げた教育を行います。専門クリニックを2か月単位で回ることにより、1年終了後には一通りの疾患に対する基本知識と考え方が身につくようになります。
2年目からは外来診療、病棟診療、手術、学会発表に主体的に参加させ、指導医のもとさらに掘り下げた教育を行い、眼科専門医として必要な知識と技能を習得させます。

年間、月間、週間プログラムのスケジュール概要/評価方法

詳細は、PDFをご覧ください。
→年間、月間、週間プログラムのスケジュール概要/眼科研修医の研修成果評価方法

当科の見学希望や
入局に関する質問などございましたら、
右記連絡先までご連絡ください。
尚、患者さんからのお問い合わせや
他のご要件に対する御返事は致しかねますのでご遠慮ください。

〒565-0871 吹田市山田丘2-2、E7
大阪大学医学部眼科学教室
若林 卓/高 静花
Tel: 06-6879-3456
Fax: 06-6879-3458
Email: edu@ophthal.med.osaka-u.ac.jp

前の画面に戻る

Copyright © Department of Ophthalmology, Graduate School of Medicine, Osaka University. All Right Reserved.

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2