平田 多佳子 Takako Hirata

研究内容
 白血球と血管内皮細胞との接着を媒介するセレクチンとその糖鎖リガンド(図1)に焦点を当てて、炎症、免疫反応、動脈硬化、腫瘍などさまざまな疾患や病態において見られる白血球浸潤の分子機構を明らかにしていきたいと思っています。特に、PSGL-1を介する白血球―血管内皮細胞相互作用の制御機構についてPSGL-1欠損マウスなどを用いて解析を進めています。
 2004年4月からは大阪大学21世紀COEプログラム『感染症学・免疫学融合プログラム』のメンバーとして、『T細胞のエフェクタ−組織への移住の分子機構解明と制御』に取り組んでいます。病態の制御につながる基本原理を明らかにしていきたいと思っています。


図1 白血球と血管内皮細胞との接着を媒介するセレクチンとその糖鎖リガンド

文献
Hirata, T., Furie, B.C., and Furie, B.: P-, E-, and L-selectin mediate migration of activated CD8+ T lymphocytes into inflamed skin. J. Immunol. 169, 4307-4313, 2002.

Hirata, T., Merrill-Skoloff, G., Aab, M., Yang, J., Furie, B. C., and Furie, B.: P-selectin glycoprotein ligand 1 (PSGL-1) is a physiological ligand for E-selectin in mediating Th1 lymphocyte migration. J. Exp. Med. 192, 1669-1676, 2000.

Yang, J.*, Hirata, T.*, Croce, K.*, Merrill-Skoloff, G., Tchernychev, B., Williams, E., Flaumenhaft, R., Furie, B. C., and Furie, B. (* equal contribution): Targeted gene disruption demonstrates that P-selectin glycoprotein ligand 1 (PSGL-1) is required for P-selectin-mediated but not E-selectin-mediated neutrophil rolling and migration. J. Exp. Med. 190, 1769-1782, 1999.



 
 Home研究内容メンバー研究業績In Vivo Veritas沿革行事免疫学講義リンク研究室内専用
大阪大学Home医学系研究科Home