大阪大学大学院医学系研究科疼痛医学寄附講座

  • 2015.12.15
    • 当講座の寒が第8回日本運動器疼痛学会において「安静時fMRIによる上肢CRPS患者における感覚運動ネットワークの検討」と題する発表をおこない、学会奨励賞最優秀賞を受賞しました。
  • 2015.11.10
  • 2015.9.1
    • 当講座教授の柴田が責任著者、助教の寒が共著者の論文 "Pain-Related Brain Activity Evoked by Active and Dynamic Arm Movement: Delayed-Onset Muscle Soreness as a Promising Model for Studying Movement-Related Pain in Humans" がPain Medicine誌に掲載されました。論文はこちらからご覧いただけます。
  • 2015.7.27
  • 2015.7.4
    • 当講座の寒が第37回日本疼痛学会において「中枢機能障害性疼痛患者における大脳皮質/大脳辺縁系と下行性疼痛抑制系との機能連関:安静時fMRIによる検討」と題する発表をおこないました。