大阪大学大学院医学系研究科疼痛医学寄附講座

業績

icon_bl_06.png

【原著・著書】

1. Shibata, M., Wakisaka, S., Inoue, T., Shimizu, T., Yoshiya, I.: The effect of electroconvulsive treatment on thermal hyperalgesia and mechanical allodynia in a rat model of peripheral neuropathy. Anesth Analg 86:584-7,1998

2. Koyama T, Arakawa Y, Shibata M, Mashimo T, Yoshiya I: Effect of barbiturate on central pain: difference between intravenous administration and oral administration. Clin J Pain 14:86-88,1998

3. Shibata, M., Nakao, K., Galer, B. S., Shimizu, T., Taniguchi, H., Uchida, T.: A case of reflex sympathetic dystrophy (complex regional pain syndrome, type I) resolved by cerebral contusion. Pain 79:313-5,1999

4. Saitoh Y, Shibata M, Sanada Y, Mashimo T: Motor cortex stimulation for phantom limb pain. Lancet 353:212,1999

5. , T., Shibata, M., Wakisaka, S., Inoue, T., Mashimo, T., Yoshiya, I.: Intrathecal lithium reduces neuropathic pain responses in a rat model of peripheral neuropathy. Pain 85:59-64.,2000

6. Saitoh Y, Shibata M, Hirano S, Hirata M, Mashimo T, Yoshimine T: Motor cortex stimulation for central and peripheral deafferentation pain. Report of eight cases. J Neurosurg 92:150-155,2000

7. Shibata, M., Abe, K., Jimbo, A., Shimizu, T., Mihara, M., Sadahiro, S., Yoshikawa, H., Mashimo, T.: Complex regional pain syndrome type I associated with amyotrophic lateral sclerosis. Clin J Pain 19:69-70.,2003

8. Saitoh Y, Kato A, Ninomiya H, Baba T, Shibata M, Mashimo T, Yoshimine T: Primary motor cortex stimulation within the central sulcus for treating deafferentation pain. Acta Neurochir Suppl 87:149-152,2003

9. Inoue T, Takenoshita M, Shibata M, Nishimura M, Sakaue G, Shibata SC, Mashimo T: Long-lasting effect of transcutaneous electrical nerve stimulation on the thermal hyperalgesia in the rat model of peripheral neuropathy. J Neurol Sci 211:43-47,2003

10. Suzuki T, Amata M, Sakaue G, Nishimura S, Inoue T, Shibata M, Mashimo T: Experimental neuropathy in mice is associated with delayed behavioral changes related to anxiety and depression. Anesth Analg 104:1570-1577, table of contents,2007

11. Sumitani M, Shibata M, Iwakura T, Matsuda Y, Sakaue G, Inoue T, Mashimo T, Miyauchi S: Pathologic pain distorts visuospatial perception. Neurology 68:152-154,2007

12. Sumitani M, Rossetti Y, Shibata M, Matsuda Y, Sakaue G, Inoue T, Mashimo T, Miyauchi S: Prism adaptation to optical deviation alleviates pathologic pain. Neurology 68:128-133,2007

13. Nakae A, Nakai K, Tanaka T, Takashina M, Hagihira S, Shibata M, Ueda K, Mashimo T: Serotonin2C receptor mRNA editing in neuropathic pain model. Neurosci Res 60:228-231,2008

14. Sumitani M, Miyauchi S, McCabe CS, Shibata M, Maeda L, Saitoh Y, Tashiro T, Mashimo T: Mirror visual feedback alleviates deafferentation pain, depending on qualitative  aspects of the pain: a preliminary report. Rheumatology (Oxford) 47:1038-1043,2008

15. Nakae A, Nakai K, Tanaka T, Hagihira S, Shibata M, Ueda K, Masimo T: The role of RNA editing of the serotonin 2C receptor in a rat model of oro-facial neuropathic pain. Eur J Neurosci 27:2373-2379,2008

16. Uematsu H, Sumitani M, Yozu A, Otake Y, Shibata M, Mashimo T, Miyauchi S: Complex regional pain syndrome (CRPS) impairs visuospatial perception,whereas post-herpetic neuralgia does not: possible implications for supraspinal mechanism of CRPS. Ann Acad Med Singapore 38:931-936,2009

17. Sumitani M, Shibata M, Sakaue G, Mashimo T: Development of comprehensive diagnostic criteria for complex regional pain syndrome in the Japanese population. Pain 150:243-249,2010

18. Ali M, Saitoh Y, Oshino S et al. Differential efficacy of electric motor cortex stimulation and lesioning of the dorsal root entry zone for continuous vs paroxysmal pain after brachial plexus avulsion. Neurosurgery 2011; 68: 1252-1257

19. Uematsu H, Shibata M, Miyauchi S et al. Brain imaging of mechanically induced muscle versus cutaneous pain. Neurosci Res 2011; 70: 78-84

20. Maeda L, Ono M, Koyama T et al. Human brain activity associated with painful mechanical stimulation to muscle and bone. J Anesth 2011; 25: 523-530

1.住谷昌彦、柴田政彦、齋藤洋一、前田倫、松田陽一、阪上学、井上隆弥、吉峰俊樹、真下節. CRPS患者は眼-手協調運動が障害されている PAIN RESEARCH 2007;22:71

2.松田陽一、恒藤暁、井上隆弥、阪上学、住谷昌彦、安部剛志、松田留美子、上林卓彦、柴田政彦、真下節. がん性疼痛治療におけるガバペンチンの効果 日本ペインクリニック学会誌 2007;14:344

3.前田倫、柴田政彦、齋藤洋一、中田まゆ、藤中俊之、重松明芳. トリプタンが有効な頭痛で発見された海綿静脈洞部・硬膜動静脈瘻の1症例 日本ペインクリニック学会誌 2007;14:330

4.阪上学、安部剛志、住谷昌彦、松田陽一、井上隆弥、上林卓彦、柴田政彦、眞下節. ニュークレオプラスティ(高周波椎間板減圧術)治療、3症例の予後についての検討 日本ペインクリニック学会誌 2007;14:287

5.井上隆弥、安部剛志、住谷昌彦、古瀬洋一、阪上学、上林卓彦、松田陽一、柴田政彦、真下節. 漢方治療が有効であった慢性会陰部痛4症例の検討 日本ペインクリニック学会誌 2007;14:363

6.前田倫、柴田政彦、真下節、小山哲男、住谷昌彦、大城宜哲、中田まゆ、岩倉健人. 骨・筋肉への圧痛による脳内活動の変化 fMRIを用いて PAIN RESEARCH 2007;22:96

7.柴田政彦. 採血副作用としてのRSD 日本輸血細胞治療学会誌 2007;53:644-645

住谷昌彦、宮内哲、柴田政彦、眞下節. 神経因性疼痛の基礎と臨床 幻肢と幻肢痛とは? 日本臨床麻酔学会誌 2007;27:S127

8.多田仁彦、柴田政彦. 診療に対する満足度を取り入れた新しい外来患者評価スケールを求めて 日本ペインクリニック学会誌 2007;14:319

9.住谷昌彦、上林卓彦、植松弘進、松田陽一、阪上学、井上隆弥、前田倫、柴田政彦、眞下節. 大阪大学医学部附属病院における集学的ペインセンター(疼痛医療センター)の設立 日本ペインクリニック学会誌 2007;14:317

10.安部剛志、住谷昌彦、松田陽一、阪上学、井上隆弥、上林卓彦、柴田政彦、眞下節. 長時間の鈍的圧迫によって生じた末梢神経損傷後疼痛5症例の検討 日本ペインクリニック学会誌 2007;14:371

11.柴田政彦. CRPSに関する最新の知見 日本手の外科学会雑誌 2008;25:S160

住谷昌彦、植松弘進、安部剛、松田陽一、阪上学、井上隆弥、上林卓彦、柴田政彦、真下節. CRPSの運動機能障害は高次脳機能由来か?(1例の上肢運動解析) 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:46

12.柴田政彦、住谷昌彦、阪上学、眞下節. CRPSの基礎と臨床 我国の臨床データ解析に基づいたCRPS判定指標 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:243

13.柴田政彦、住谷昌彦、阪上学、眞下節. CRPSの疾患概念と治療についての考え方 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:229

14.柴田政彦、住谷昌彦、松田陽一、阪上学、井上隆弥、真下節. 運動麻痺の反対側に痛みを生じた頸椎症性頸髄症の1例 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集 2008;:S79

井上隆弥、安部剛志、松村陽子、住谷昌彦、阪上学、上林卓彦、松田陽一、柴田政彦、真下節. 経皮的コルドトミー(PCC)が有効であった胸膜中皮腫の1症例 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:44

15.住谷昌彦、植松弘進、柴田政彦、押野悟、齋藤洋一、眞下節. 幻肢を準客観的に評価する方法の開発 PAIN RESEARCH 2008;23:77

16.住谷昌彦、宮内哲、柴田政彦、齋藤洋一、眞下節. 幻肢痛と鏡療法 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:253

17.谷昌彦、宮内哲、柴田政彦、齋藤洋一、眞下節、山田芳嗣. 腫瘍幻肢病のメカニズムと治療 日本整形外科学会雑誌 2008;82:S755

18.住谷昌彦、植松弘進、松田陽一、阪上学、井上隆弥、柴田政彦、眞下節. 神経障害性疼痛スクリーニングツールPainDETECT日本語版の有用性(症例報告) 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:386

19.柴田政彦. 神経障害性疼痛に関する最近の話題 神経障害性疼痛の臨床像 日本臨床麻酔学会誌 2008;28:S170

20.住谷昌彦、柴田政彦、眞下節、山田芳嗣. 神経障害性疼痛に関する最近の話題 本邦におけるCRPSの判定指標 日本臨床麻酔学会誌 2008;28:S172

21.植松弘進、眞下節、柴田政彦、井上隆弥、阪上学、松田陽一、松村陽子、上林卓彦、松田留美子、安部剛志. 脊髄硬膜外刺激(SCS)と末梢神経刺激(PNS)の併用が有効であった外傷性末梢神経損傷後疼痛の1症例 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:380

23.上林卓彦、住谷昌彦、植松弘進、安部剛志、松田陽一、阪上学、井上隆弥、柴田政彦、眞下節. 脊髄損傷後疼痛2例に対するガバペンチンの使用経験 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:18-20

24.上林卓彦、住谷昌彦、植松弘進、安部剛、松田陽一、阪上学、井上隆弥、柴田政彦、真下節. 脊髄損傷後疼痛に対するガバペンチンの使用経験 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:47

25.住谷昌彦、柴田政彦、齋藤洋一、八木澤瑞穂、眞下節. 遷延性疼痛の高次運動機能への影響 デサントスポーツ科学 2008;:160-166

26.小寺智子、柴田政彦、林行雄、真下節. 全身麻酔中に冠動脈スパズム、VTが一過性に生じた1症例 麻酔 2008;57:250

27.松田陽一、柴田政彦、住谷昌彦、植松弘進、前田倫、大城宜哲、小山哲男、井上隆弥、阪上学、真下節. 遅発性筋肉痛(DOMS)における脳内活動の変化 fMRIによる検討 PAIN RESEARCH 2008;23:95

28.阪上学、松村陽子、松田留美子、松田陽一、住谷昌彦、井上隆弥、柴田政彦、眞下節. 椎間板高周波熱凝固法(IDET)治療の予後についての検討 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:327

29.柴田政彦. 痛覚と痛み 疼痛は脳が知覚し、疼痛行動は脳から生じる(Pain is perceived by the brain, pain behavior is originated from the brain) 神経化学 2008;47:211

30.松田陽一、柴田政彦、井上隆弥、阪上学、松村陽子、松田留美子、植松弘進、上林卓彦、眞下節. 非がん性慢性疼痛に対する強オピオイド投与についての後方視的検討 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:370

31.井上隆弥、安部剛志、住谷昌彦、阪上学、松村陽子、松田陽一、柴田政彦、眞下節. 慢性会陰部痛10症例における漢方薬の有効性について 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:383

32.松村陽子、柴田政彦、松田陽一、松田留美子、阪上学、井上隆弥、安部剛志、上林卓彦、眞下節. 慢性腰痛の増強をきっかけに悪性腫瘍が発見された2症例 日本ペインクリニック学会誌 2008;15:298

33.住谷昌彦、柴田政彦、山田芳嗣. 【神経障害性疼痛】 痛みの基礎 疼痛の分類・疫学 Clinical Neuroscience 2009;27:490-493

34.柴田政彦、住谷昌彦、眞下節. 【神経障害性疼痛】 疼痛疾患 CRPS Clinical Neuroscience 2009;27:528-529

35.松村陽子、柴田政彦、松田陽一、松田留美子、阪上学、井上隆弥、安部剛志、上林卓彦、真下節. セルジンガー法で硬膜外脊髄刺激電極を入れ替えた症例 日本ペインクリニック学会誌 2009;16:27-29

36.荻原正洋、奥田泰久、安部洋一郎、井関雅子、大瀬戸清茂、岡本健一郎、加藤敦子、柴田政彦、伊達久、田邉豊、津崎晃一、橋爪圭司、羽尻裕美、平川奈緒美、細川豊史、溝淵知司、山上裕章. ペインクリニック治療指針改訂第二版利用状況アンケート結果 日本ペインクリニック学会誌 2009;16:30-37

37.柴田政彦. 脊髄障害性疼痛 日本脊椎脊髄病学会雑誌 2009;20:360

38.柴田政彦. 本邦の臨床データ解析に基づいた複合性局所疼痛症候群(CRPS)の判定指標 日本整形外科学会雑誌 2009;83:S79

39.柴田政彦 【神経障害性疼痛の基礎と臨床】 神経障害性疼痛としてのCRPSの病態と治療 治療 CRPSの病態と治療. ペインクリニック(0388-4171) 2009.10;30(別冊秋);S359-S368,2009

40.柴田政彦、住谷昌彦、阪上学、真下節: 難治性疼痛、とくにCRPSの診断と治療. 自律神経(0288-9250) 2010.02;47(1);24-26,2010

41.植松弘進、柴田政彦、松村陽子、松田陽一、阪上学、井上隆弥、真下節: 当院における脊髄障害性疼痛症例の検討. PAIN RESEARCH(0915-8588) 2010.03;25(1);19-25,2010

42.植松弘進、柴田政彦、大城宜哲、松田陽一、坂上学、井上隆弥、眞下節: 脳機能画像における痛覚認知機構の解析 筋由来の痛みと皮膚由来の痛みの比較検討. PAIN RESEARCH(0915-8588) 2010.07;25(2);81,2010

43.植松弘進、柴田政彦、花田留美、松田陽一、阪上学、井上隆弥、真下節: 脳機能画像における痛覚認知機構の解析 筋由来の痛みと皮膚由来の痛みの比較検討. 日本慢性疼痛学会プログラム・抄録集 2010.02;39;64,2010

44.柴田政彦、住谷昌彦 精神障害性疼痛診療ガイドブック7.心理療法-心理面への配慮 南山堂 p110-112 2010.4.10

45.柴田政彦 機能的脳神経外科(難治性疼痛医療における心理社会的側面への配慮の重要性)機能神経外科学会 Vol.49 No.2 2010

46.柴田政彦、住谷昌彦、眞下節 麻酔科学レクチャー ペインクリニックQ&A Q23CRPSの診断と病態、治療 総合医学社 2011.2.2  p757-762

47.柴田政彦 調剤と情報 特集・医師から学ぶ慢性の痛みvol.17 no.2 p27-29(163-165) 2011.2

48.柴田政彦、植松弘進 週刊 日本医事新報(複合性局所疼痛症候群の診断と治療)no.4539 2011.4.23 p72-78

49.柴田政彦 脊椎脊髄ジャーナル特集・痛みとしびれのサイエンスー基礎と臨床(第1章・痛みの概念と分類)三輪書店脊椎脊髄 245318-323,2011 2011.5.25

米延策雄、菊池臣一、柴田政彦 長引く・頑固な・つらい痛みの薬物療法2011 CBR 2011.5

50.柴田政彦 ペインクリニック(Q&A)真興交易() vol.32 no.6 2011.6 p935-937

51.柴田政彦 Practice of Pain Management Interview&talk 疼痛医療センター メディカルレビュー社 p46-53 Vol.2 No.2 2011.6

52.柴田政彦、菊池啓、福井弥己郎、三木健司Mebio関節疾患における疼痛治療を考える メディカルレビュー社p.111-118 Vol.28 No.8 2011

53.柴田政彦 PAIN Lab ペイン・ラボ 厚労省「慢性の痛み」をめぐる動き SCRコミュニケーションズ 2011 Vol.10 p2-3

54.柴田政彦 大阪府内科医会会誌 慢性の痛みの診かたと治療 大阪府内科医会会誌Vol.20 No.2 Oct.2011 p167-170

55.柴田政彦、安達友紀、宮田敬一、中江文 催眠学研究 催眠による認知的評価と痛みの変化に関する研究 日本催眠医学心理学会2011.10 p14-22

56.柴田政彦、住谷昌彦、真下節 慢性疼痛 CRPSをめぐる最新の話題 日本催眠医学心理学会Vol.53 No.1.2  2011.10 p15-20

57.柴田政彦 整形・災害外科 痛みのメカニズムと評価 金原出版2011.10 p1455-1461

58.柴田政彦 神経障害性疼痛 臨床から見た 神経障害性疼痛の病気 克誠堂出版2011.11.13 p77-82

59.柴田政彦 Practice of Pain Management痛みの心理学 Book Review メディカルレビュー社 

Vol.2 No.4 2011 P70-71

60.柴田政彦 大阪保険医協会 一歩踏み込んだ痛みの診療 テキスト p1-6 2011.2.25

61.柴田政彦、植松弘道 臨床と研究 複合性局所疼痛症候群 大道学館出版Vol.89 No.2 2012 p47-52

62.柴田政彦、中江文、松田陽一、齋藤洋一、貴島晴彦、三木健司、柏井将文、史賢林、横江勝、坂井孝司、加藤直樹、村井扶、眞下節 ペインクリニック Vol.33 No.3 2012 p435-438

63.柴田政彦 運動器の痛みをとる・やわらげる CRPSの痛みp66 Ca2+チャネルα2δリガンド(プレガバリン)はどのように使用すればよいですか?p133 メディカルレビュー社 2012

64.柴田政彦 膝・大腿部の痛み g集学的アプローチ 南江堂 p31-32 2012

65.細野昇、矢吹省司、柴田政彦 肩こり メディカルレビュー社 Vol.3 No.2 p4-14 2012

【その他】

1.柴田政彦 今日のストレス明日の病気<20> 夕刊フジ 2011/06/01

2.柴田政彦 名医はこの人ブラックジャックを探せ<20> 夕刊フジ 2011/06/03

3.柴田政彦 慢性の痛み 目指す総合治療 読売(朝刊)2011/10/23

4.柴田政彦 慢性の痛みどう対処?福島民友・琉球新報・宮崎日日新聞・山梨日日新聞・沖縄タイムス・中部経済新聞・神奈川新聞・愛媛新聞・東奥日新聞・南日本新聞・静岡新聞・千葉新聞2011/11/272011/12/6 

5.柴田政彦 慢性痛 中国新聞(広島)2012/4/13夕刊 

6.柴田政彦 NHKお医者さん名鑑 主婦と生活社 p71 2012

7.柴田政彦 「医学講座」「難治性疼痛患者の診療」ラジオNIKKEI 2012.5.24