アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 当科の紹介 > 業績 | 平成19年度|

教授挨拶

◆平成19年度◆
| 総説(書籍) | 総説(雑誌) | 原著(邦文) | 原著(英文) | 講演 | 学位取得者 | 目次へ戻る |
総説(書籍)

1.副甲状腺機能低下症  大薗恵一
五十嵐 隆 編,小児科診療ガイドライン ─ 最新の診療指針 ─,総合医学社,p. 325-327,2007.

2.低フォスファターゼ症  大薗恵一
日本整形外科学会小児整形外科委員会 編,骨系統疾患マニュアル 改訂第2版,南江堂,p. 116-117,2007.

3.くる病,腎性骨異栄養症  大薗恵一
佐地 勉,有阪 治,大澤真木子,近藤直実,竹村 司 編,講義録 小児科学,株式会社メジカルビュー社,p. 267-269,2008.

4.骨形成不全症,骨粗鬆症  大薗恵一
佐地 勉,有阪 治,大澤真木子,近藤直実,竹村 司 編,講義録 小児科学,株式会社メジカルビュー社,p. 270-271,2008.

5.副甲状腺機能低下症,偽性副甲状腺機能低下症  大薗恵一
佐地 勉,有阪 治,大澤真木子,近藤直実,竹村 司 編,講義録 小児科学,株式会社メジカルビュー社,p. 303-305,2008.

6.副甲状腺機能亢進症  大薗恵一
佐地 勉,有阪 治,大澤真木子,近藤直実,竹村 司 編,講義録 小児科学,株式会社メジカルビュー社,p. 306-307,2008.

7.くる病  大薗恵一
山口 徹,北原光夫,福井次矢 編,今日の治療指針 ─ 私はこう治療している─,医学書院,p. 1039-1040,2008.

8.小児疾患 新生児肝炎  虫明聡太郎
山口 徹,北原光夫,福井次矢 編,今日の治療指針 2007,医学書院,p. 964-965,2007.

9.Caffey病  三善陽子,中島滋郎
日本整形外科学会小児整形外科委員会 編,骨系統疾患マニュアル 改訂第2版,南江堂,p. 90-91,2007.

10.新生児疾患  和田和子
講義録 小児科学,株式会社メジカルビュー社,p. 158-171,2007.

11.新生児仮死  和田和子
山口 徹,北原光夫,福井次矢 編,今日の治療指針 2007,医学書院,p. 922,2007.

12.拘束型心筋症 治療と予後  小垣滋豊
磯辺光章,松崎益徳 編,新心臓病プラクティス10 心筋症を識る・診る・治す,文光堂,p. 243-247,2007.

13.低フォスファターゼ症  大薗恵一,窪田拓生
越智隆弘 編,最新整形外科学体系,骨系統疾患 代謝性骨疾患,中山書店,p. 276-279,2007.

14.偽性上皮小体機能低下症  大薗恵一,難波範行
越智隆弘 編,最新整形外科学体系,骨系統疾患 代謝性骨疾患,中山書店,p. 292-296,2007.

15.遺伝学的検査とスクリーニング  酒井規夫,他(翻訳)
生命倫理百科事典,2007.〔原書 「Encyclopedia of Bioethics, 3rd edition」(Macmillan) 〕

16.シスチノーシス シアル酸蓄積症  酒井規夫
小児科学第3版,p. 507-508,2008.

17.小児の在宅生活支援のための医療的ケアマニュアル  永井利三郎,服部英司※
大阪府医師会

18.神経疾患を持つ小児に対する予防接種ガイドブック  
粟屋 豊※,伊予田邦昭※,栗原まな※,永井利三郎 診断と治療社

19.初心者のためのフィジカルアセスメント ─ 救急保健管理と保健指導 ─  
永井利三郎,荒木田美香子※,池添志乃※,石原昌江※,津島ひろ江※ 東山書房

20.Pathophysiological role of L-PGDS in neurological disorders.  
Taniike M,Mohri I  Research Signpost,(ed. by Ragolia, L.),169-186,2008.

総説(雑誌) ↑上へ戻る

1.カルシウム感知受容体遺伝子異常と副甲状腺機能低下症  大薗恵一
日本内科学会雑誌,96(4):702-706,2007.

2.偽性副甲状腺機能低下症Ⅰa型におけるGsα遺伝子異常  大薗恵一
CLINICAL CALCIUM,17(8):1214-1219,2007.

3.低ホスファターゼ症の治療  大薗恵一
CLINICAL CALCIUM,17(10):1600-1606,2007.

4.潜伏感染ウイルスによる血液疾患 移植後の再活性化  橋井佳子
最新医学・別冊 新しい診断と治療ABC,46:164-173,2007.

5.プレドニン(プレドニゾン)による早期治療反応性で予後予測ができるのですか?  橋井佳子
小児内科,39(12):2172-2177,2007.

6.小児化学療法の輸液  橋井佳子
腎と透析,63(増刊号):408-413,2007.

7.小児の急性肝不全  虫明聡太郎,藤澤知雄※,乾あやの※,市田隆文※,須磨崎亮※
肝胆膵,55(2):337-358,2007.

8.急性肝不全6 小児  須磨崎亮※,乾あやの※,位田 忍※,長田郁夫※,松井 陽※,虫明聡太郎
治療学,41(4):358-362,2007.

9.よく遭遇する内分泌疾患診療のための基本知識:学童期思春期にみられる甲状腺疾患  
三善陽子,大薗恵一
小児科診療,70(10):1653-1660,2007.

10.症候からみた小児の診断学:悪心(気持ちが悪い)  三善陽子,大薗恵一
小児科診療,70(増刊号):39-41,2007.

11.症候から診た小児の診断学:肝腫大  別所一彦,虫明聡太郎
小児科診療,70(増刊号):457-460,2007.

12.早熟な子とおくてな子,何が問題か  大薗恵一,三善陽子
小児保健研究,66(2):171-173,2007.

13.てんかんと誤診される副甲状腺機能低下症  三善陽子,大薗恵一
小児内科,39(5):729-732,2007.

14.早老症 Mandibuloacral dysplasiaにおける新規遺伝子変異  
三善陽子,谷池雅子,難波範行,赤木幹弘※,大薗恵一
内分泌・糖尿病科,25(6):621-627,2007.

15.子宮内感染症  和田和子
周産期医学,37(増刊号):603-606,2007.

16.サイトメガロウイルス感染症への対応  和田和子
小児科診療,70(4):651-653,2007.

17.Wntシグナルと骨量維持機構  窪田拓生,大薗恵一
医学のあゆみ,221(1):63-66,2007.

18.ビタミンD依存症  窪田拓生,大薗恵一
骨粗鬆症治療,6(3):221-225,2007.

19.KIGS Publications  大薗恵一,長谷川奉延※
ホルモンと臨床,55:71-79,2007.

20.くる病  窪田拓生,大薗恵一
小児科,48(11):1657-1662,2007.

21.疾患に伴う脆弱性骨折 遺伝性疾患  北岡太一,大薗恵一
THE BONE,21(2):199-203,2007.

22.大腿骨頭壊死症の遺伝子解析  藤岡幹浩※,新井祐志※,栗林正明※,中島滋郎,久保俊一※
CLINICAL CALCIUM,17(6):894-900,2007.

23.尿路結石と原発性副甲状腺機能亢進症  大幡泰久,山本威久※,大薗恵一
総合臨床,57(3):516-519,2008.

24.ムコ脂質症  酒井規夫
骨系統疾患マニュアル 改訂第2版,126-127,2007.

25.ムコリピドーシス  酒井規夫
小児内科,39(増刊号):505-507,2007.

26.糖原病での高尿酸血症,高脂血症,高血圧に対する治療薬と治療基準  酒井規夫
小児内科,40(増大号):310-311,2008.

27.困難を抱えつつも母親のグループに勢い  
荒木田美香子※,永井利三郎,遠藤淑美※,酒井佐枝子※,奥野裕子※
健康な子ども,9:4-5,2007.

28.自閉症の子どもにあった環境を整える ─ノースカロライナ大学TEACCHプログラムの研修報告─  
荒木田美香子※,永井利三郎,奥野裕子※
健康な子ども,10:4-5,2007.

29.高機能,アスペルガー症候群の子ども達のための治療と教育の研修プログラム  
荒木田美香子※,永井利三郎,奥野裕子※
健康な子ども,11:4-5,2007.

30.クラスメートが発達障害を理解するための取り組み  荒木田美香子※,永井利三郎,奥野裕子※
健康な子ども,12:4-5,2007.

31.養護教諭が知っておくべき特別支援教育のすべて ─ 特別支援が必要な子どもたちと,向き合うために ─
永井利三郎,荒木田美香子※,奥野裕子※,高間さとみ※
健康な子ども,1:29-33,2008.

32.子どもの心の発達に支援できる人材育成をめざす新しい学部教育の試み
永井利三郎,阿曽洋子※,荒木田美香子※,伊藤美樹子※,大塚敏子※,奥野裕子※,遠藤淑美※,酒井佐枝子※,高間さとみ※,新家一輝※,新田紀枝※,藤原千惠子※,横川しのぶ※
脳21,10(3):25-31,2007.

33.小児中枢神経疾患の画像診断 ─Neuronal ceroid lipofuscinosis─  富永康仁
小児内科,39(増刊号):493-496,2007.

34.小児中枢神経疾患の画像診断 ─ 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症 ─  森田祥子,松岡太郎※
小児内科,39(増刊号):545-547,2007.

35.小児中枢神経疾患の画像診断 ─ 脊髄小脳変性症 ─  星野奈津子,下野九理子,沖永剛志,今井克美※
小児内科,39(増刊号):548-552,2007.

36.子どもの睡眠時無呼吸症候群  加藤久美
チャイルドヘルス,10(9):12-13,2007.

37.レストレス・レッグズ症候群  毛利育子
チャイルドヘルス,10(9):14-15,2007.

38.発達障害児における睡眠障害  谷池雅子
チャイルドヘルス,10(9):16-17,2007.

原著(邦文) ↑上へ戻る

1.小児病棟での病室改修工事におけるアスペルギルス感染予防対策
橋井佳子,楠木重範,滝沢祥子,時政定雄,虫明聡太郎,太田秀明,大薗恵一
日小血会誌,21(2):84-87,2007.

2.RIST後再発に対してドナーリンパ球輸注による再寛解導入に成功した急性骨髄性白血病の乳児例
楠木重範,佐野弘純,滝沢祥子,時政定雄,橋井佳子,太田秀明,原 純一※,大薗恵一
日小血会誌,21(3):125-129,2007.

3.初発時stageⅠで再発をきたした卵巣若年性顆粒膜細胞腫(juvenile granulosa cell tumor:JGCT)の一例
滝沢祥子,河本浩二,楠木重範,時政定雄,橋井佳子,太田秀明,草深竹志※,米田光宏※,福澤正洋※,原 純一※,大薗恵一
小児がん,45(1):41-45,2008.

4.胃原発diffuse large B-cell lymphomaの2小児例
太田秀明,伊集院育子,滝沢祥子,楠木重範,時政定雄,橋井佳子,米田光宏※,福澤正洋※,大薗恵一
小児がん,45(1):46-50,2008.

5.再発Wilms腫瘍2例に対する大量化学療法
楠木重範,滝沢祥子,時政定雄,橋井佳子,太田秀明,米田光宏※,福澤正洋※,草深竹志※,原 純一※,大薗恵一
小児がん,45(1):61-65,2008.

6.小児腫瘍性疾患治療後患者の晩期障害の現状
三善陽子,太田秀明,時政定雄,難波範行,橋井佳子,惠谷ゆり,虫明聡太郎,大薗恵一
日本内分泌学会雑誌,83(suppl):190-193,2007.

7.胆道閉鎖症術後の肺高血圧症
木村拓也※,井原欣幸※,佐々木隆士※,長谷川利路※,上野豪久※,小垣滋豊,虫明聡太郎,福澤正洋※
小児外科,40(1):72-77,2008.

8.表皮母斑様の皮疹を呈した小児皮膚筋炎
高橋祐史※,樽谷勝仁※,佐野栄紀※,片山一朗※,沖永剛志,富永康仁,矢野登志恵※
皮膚病診療,29(5):575-578,2007.

9.病(後)児保育における利用者とそのかかわりに関する活動
高橋清子※,永井利三郎,稲田 浩※,塩見正司※,高田慶応※,藤丸李可※,木野 稔※,里村憲一※,鈴木美智子※,田辺卓也※,田川哲三※
保育と保健 (Japanese Journal of Well-being for Nursery-schollers),13(2):42,2007.

10.てんかん接種基準案による前方視的アンケート調査(最終報告)─ 難治なけいれん発作をもつ小児に対する予防接種実施に関する多施設共同調査 ─
伊予田邦昭※,粟屋 豊※,松石豊次郎※,永井利三郎,田辺卓也※,栗原まな※,山本克哉※,前川喜平※
脳と発達,39(6):456-458,2007.

保育所における気になる子どもの特徴と保育上の問題点に関する調査研究
池田友美※,郷間英世※,川崎友絵※,山崎千裕※,武藤葉子※,尾川瑞季※,永井利三郎,牛尾禮子※
小児保健研究,66(6):815-820,2007.

11.育児期にある母親の育児満足感に影響する因子 ─ 子育て不安の認識の有無による違い ─
藤井加那子※,永井利三郎
小児保健研究,67(1):10-17,2007.

12.フォンタン型手術後の子どもの「生活機能」の検討 ─ 保護者へのインタビューより ─
吉川彰二※,永井利三郎,小垣滋豊,福嶌教偉※
小児保健研究,67(2):315-321,2007.

原著(英文) ↑上へ戻る

1.Successful allogeneic stem cell transplant for leukocyte adhesion deficiency using an adjusted busulfan-containing regimen.
Yoshimoto A,Hashii Y,Kashiwagi H,Koizumi M,Tokimasa S,Fujisaki H,Ohta H,Hanai N※,Ozono K,Hara J※
Pediatr Transplant,11(4):453-455,2007.

2.Near-maximal expansions of hematopoietic stem cells in culture using NUP98-HOX fusions.
Ohta H,Sekulovic S※,Bakovic S※,Eaves CJ※,Pineault N※,Gasparetto M※,Smith C※,Sauvageau G※,Humphries RK※
Exp Hematol,35(5):817-830,2007.

3.A case of persistent hyperinsulinemic hypoglycemia of infancy: Successfully managed with subcutaneous octreotide injection and nocturnal intravenous glucose supply.
Murakami M,Mushiake S,Kashiwagi H※,Etani Y,Miyoshi Y,Ozono K
Clinical Pediatr Endocrinol,16(3):75-80,2007.

4.Clin phenotype and endocrinological investigations in a patient with a mutation in the MCT8 thyroid hormone transporter.
Namba N,Etani Y,Kitaoka T,Nakamoto Y,Nakacho M※,Bessho K,Miyoshi Y,Mushiake S,Mohri I,Arai H※,Taniike M,Ozono K
Eur J Pediatr,2007 Sep 25.

5.Wnt/Lrp/beta-catenin signaling suppresses adipogenesis by inhibiting mutual activation of PPARgamma and C/EBPalpha.
Kawai M,Mushiake S,Bessho K,Murakami M,Namba N,Kokubu C※,Michigami T※,Ozono K
Biochem Biophys Res Commun,16;363(2):276-282,2007.

6.Successful living related liver transplantation in a case with biliary atresia associated with corrected transposition of the great arteries.
Kimura T※,Hasegawa T※,Ihara Y※,Mushiake S,Kogaki S,Dono K※,Fukuzawa M※
Pediatr Transplant,11(5):540-542,2007.

7.The Rab8 GTPase regulates apical protein localization in intestinal cells.
Sato T※,Mushiake S,Kato Y※,Sato K※,Sato M※,Takeda N※,Ozono K,Miki K※,Kubo Y※,Tsuji A※,Harada R※,Harada A※
Nature,19;448(7151):366-369,2007.

8.Hepatitis C virus infection and interferon therapy in patients with Down syndrome.
Miyoshi Y ,Tajiri H※,Okaniwa M※,Terasawa S※,Fujisawa T※,Iizuka T※ ,Ozono K
Pediatrics international,50(1):7-11,2008.

9.Sonographic femur length to trunk cross area ratio : prediction of fetal outcome in 30 cases in which micromelia was suspected.
Arahori H,Tamura A,Wasada K,Shimoya K,Wada K,Murata Y,Ozono K
J Obstet Gynaecol Res,33(3):248-253,2007.

10.Hypoxia induces alteration of bone morphogenetic protein receptor signaling in pulmonary artery endothelial cell.
Takahashi K,Kogaki S,Matsushita T※,Nasuno S,Kurotobi S※,Ozono K
Pediatr Res,61(4):392-397,2007.

11.A novel system of assessing myocardial recovery during left ventricular support : Report of a case.
Hoashi T※,Matsumiya G※,Sakata Y※,Kogaki S,Sawa Y※
Surg Today,38(2):154-156,2008.

12.Modulated Inflammation by Injection of High-Mobility Group Box 1 Recovers Post-Infarction Chronically Failing Heart.
Takahashi K,Fukushima S※, Yamahara K※,Yashiro K※,Shintani Y※,Coppen RS※,Salem KH※,Brouilette WS※,Yacoub HM※,Suzuki K※
Circulation,118[suppl 1]:106-114,2008.

13.A Factor Underlying Late-Phase Arrhythmogenicity After Cell Therapy to the Heart.
Coppen RS※,Fukushima S※,Shintani Y※,Takahashi K, Varela-Carver A※,Salem H※,Yashiro K※,Yacoub HM※,Suzuki K※
Circulation,118[suppl 1]:138-144,2008.

14.A case of primary hyperparathyroidism in childhood found by a chance hematuria.
Ohata Y,Yamamoto T※,Kitai Y,Mizoguchi Y※,Iwaki M※,Sumi K※,Fujikawa Y※,Koga M※,Sugao H※,Shimotsuji T※,Ozono K
Clin Pediatr Endocrinol,16(1):11-16,2007.

15.Genetic association of a polymorphism of the cAMP-responsive element binding protein-binding protein with steroid-induced osteonecrosis after kidney transplantation.
Tamura K,Nakajima S※,Hirota Y※,Takahashi KA※,Fujioka M※,Kubo T※,Iwatani Y※,Ozono K
J Bone Miner Metab,25(5):320-325,2007.

16.Hereditary hypophosphatemic rickets with hypercalciuria : a study for the phosphate transporter gene typeⅡc and osteoblastic function.
Yamamoto T※,Michigami T※,Aranami F※,Segawa H※,Yoh K※,Nakajima S※,Miyamoto K※,Ozono K
J Bone Miner Metab,25(6):407-413,2007.

17.Involvement of nuclear factorⅠtranscription/replication factor in the early stage of chondrocytic differentiation.
Uchihashi T※,Kimata M※,Tachikawa K※,Koshimizu T※,Okada T※,Ihara-Watanabe M※,Sakai N,Kogo M※,Ozono K,Michigami T※
Bone,41(6):1025-1035,2007.

18.Solitary congenital granular cell lesion of the tongue.
Senoo H※,Iida S※,Kishino M※,Namba N,Aikawa T※,Kogo M※
Oral Pathol Oral Radiol Endod,104(1):e45-e48,2007.

19.ApoB C7623T polymorphism predicts risk for steroid-induced osteonecrosis of the femoral head after renal transplantation.
Hirata T※,Fujioka M※,Takahashi KA※,Arai Y※,Asano T※,Ishida M※,Kuribayashi M※,Akioka K※,Okamoto M※,Yoshimura N※,Satomi Y※,Nishino H※,Fukushima W※,Hirota Y※,Nakajima S※,Kato S※,Kubo T※
J Orthop Sci,12:199-206,2007.

20.Low molecular weight phenotype of apolipoprotein (a) is a risk factor of corticosteroid-induced osteonecrosis of the femoral head after renal transplant.
Hirata T※,Fujioka M※,Takahashi KA※,Arai Y※,Asano T※,Ishida M※,Akioka K※,Okamoto M※,Yoshimura N※,Satomi Y※,Nishino H※, Hirota Y※,Nakajima S※,Kato S※,Kubo T※.
J Rheumatol,34:516-522,2007.

21.PTH/cAMP/PKA signaling facilitates canonical Wnt signaling via inactivation of glycogen synthase kinase-3β in osteoblastic Saos-2 cells.
Suzuki A※,Ozono K,Kubota T,Kondou H※,Tachikawa K※,Michigami T※
J Cell Biochem,104(1):304-317,2008.

22.Novel mutations of the GLA gene in Japanese patients with Fabry disease and their functional characterization by active site specific chaperone.
Shimotori M※,Maruyama H※,Nakamura G※,Suyama T※,Sakamoto F※,Itoh M※,Miyabayashi S※,Ohnishi T※,Sakai N,Wataya-Kaneda M※,Kubota M※,Takahashi T※,Mori T※,Tamura K※,Kageyama S※,Shio N※,Maeba T※,Yahagi H※,Tanaka M※,Oka M※,Sugiyama H※,Sugawara T※,Mori N※,Tsukamoto H※,Tamagaki K※,Tanda S※,Suzuki Y※,Shinonaga C※,Miyazaki J※,Ishii S※,Gejyo F※
Hum Mutat,29(2):331,2008.

23.Peripheral neuropathy in the twitcher mouse: accumulation of extracellular matrix in the endoneurium and aberrant expression of ion channels.
Kagitani-Shimono K,Mohri I,Yagi T※,Taniike M,Suzuki K※
Acta Neuropathol,115(5):577-587,2008.

24.Restless legs syndrome (RLS) : An unrecognized cause for bedtime problems and insomnia in children.
Mohri I,Kato-Nishimura K,Tachibana N※,Ozono K,Taniike M
Sleep Med,9(6):701-702,2008.

25.Lipocalin-type prostaglandin D synthase/beta-trace is a major amyloid beta-chaperone in human cerebrospinal fluid.
Kanekiyo T,Ban Tk※,Aritake K※,Huang ZL※,Qu WM※,Okazaki I※,Mohri I,Murayama S※,Ozono K,Taniike M,Goto Y※,Urade Y※
Proc Natl Acad Sci USA,104(15):6412-6417,2007.

26.Neuronal intranuclear hyaline inclusion disease with rapidly progressive neurological symptoms.
Mano T※,Takizawa S※,Mohri I,Okinaga T,Shimono K,Imai K※,Taniike M,Ozono K,Fujimura H※
J Child Neurol,22(1):60-66,2007.

27.Hematopoietic prostaglandin D synthase and DP1 receptor are selectively upregulated in microglia and astrocytes within senile plaques from human patients and in a mouse model of Alzheimer disease.
Mohri I,Kadoyama K※,Kanekiyo T,Sato Y※,Kagitani-Shimono K,Saito Y※,Suzuki K※,Kudo T※,Takeda M※,Urade Y※,Murayama S※,Taniike M
J Neuropathol Exp Neurol,66(6):469-480,2007.

28.Early induction of neuronal lipocalin-type prostaglandin D synthase after hypoxic-ischemic injury in developing brains.
Taniguchi H,Mohri I,Okabe-Arahori H,Kanekiyo T,Kagitani-Shimono K,Wada K,Urade Y※,Nakayama M※,Ozono K,Taniike M
Neurosci Lett,420(1):39-44,2007.

29.Prostaglandin D2 protects neonatal mouse brain from hypoxic ischemic injury.
Taniguchi H,Mohri I,Okabe-Arahori H,Aritake K※,Wada K,Kanekiyo T,Narumiya S※,Nakayama M※,Ozono K,Urade Y※,Taniike M
J Neurosci,27(16):4303-4312,2007.

30.Body weight reduction by CPAP treatment in a bedridden patient.
Kato-Nishimura K,Taniike M,Tachibana N※
Sleep Med,9(2):207-208,2008 Mar.

31.Varicella-Zoster Virus Glycoprotein M Homolog is Glycosylated, Expressed on the Viral Envelope, and Functions in Viral Cell-to-Cell Spread.
Yamagishi Y,Sadaoka T※,Yoshii H※,Somboonthum P※,Imazawa T※,Nagaike K※,Ozono K,Yamanishi K※,Mori Y※
Journal of Virology,82(2):795-802,2008.

講演↑上へ戻る

第173回 大阪小児科学会:07.04.07,大阪
1. 血清カルシウム(Ca)・リン(P)値の異常とその原因 大薗恵一

第5回 宮崎代謝内分泌研究会:07.04.11,宮崎
2. 骨代謝疾患の最近の知見 大薗恵一

健康フォーラム:07.06.02,大阪
3. 成長曲線から見える子どもの変化 大薗恵一

第23回 徳島小児内分泌代謝研究会:07.06.30,高松
4. 骨形成に異常をきたす疾患について 大薗恵一

平成19年度 兵庫県小児科医定時総会:07.07.14,神戸
5. 成長障害の診断と治療 大薗恵一

第3回 岡山運動器疾患研究会:07.09.26,岡山
6. 骨形成の分子学的理解とその異常 大薗恵一

奈良県立医科大学特別講義:07.10.23,奈良
7. 骨代謝とビタミンD 大薗恵一

第11回 Bone Research Joint Meeting:07.11.20,吹田
8. ビタミンDとカルシウム,リン代謝の最新の知見 大薗恵一

第13回 徳島内分泌研究会:07.11.30,徳島
9. 小児科からみたCa・P代謝異常症 大薗恵一

第49回 日本小児血液学会・第23回 日本小児がん学会学術集会:07.12.14-16,仙台
10. 小児がん経験者のQOLを守る ─ 小児内分泌医の立場から 大薗恵一

第45回 成長ホルモン研究会:08.02.02,名古屋
11. 成長障害に対する小児科医のアプローチ法 大薗恵一

大阪大学歯学部特別講義:08.03.07,吹田
12. Ca・P代謝の調節機構とその異常症 大薗恵一

北海道真菌感染症研究会:07.11.09,札幌
13. 小児免疫力低下時の真菌感染症 ─ 10年間のめざましい進歩について 橋井佳子

大阪府養護学校教員教育研修会:07.04.16,大阪
14. 小児の生体肝移植 ─ 術前・術後のケアについて ─ 虫明聡太郎

第3回 遷延性意識障害者の会:07.04.30,大阪
15. 重症心身障害者の栄養管理 虫明聡太郎

第23回 吹田小児医療談話会: 07.06.09,吹田
16. 小児生活習慣病について 三善陽子

第6回 大阪小児内分泌勉強会:07.10.11,大阪
17. 甲状腺 三善陽子

吹田市立博物館講演会:08.02.10,大阪
18. 子供の健康いまむかし 子どもにもしのびよるメタボリック症候群 三善陽子

子どもの健康セミナー キティちゃんといっしょにお勉強:08.03.16,大阪
19. うちの子 大きいの? 小さいの? ─子どもの身長と健康のお話 三善陽子

第10回 小児心血管分子医学研究会:08.01.11,東京
20. 肺血管における性ホルモンの役割 小垣滋豊

第1回 大阪先天性心血管懇話会:08.03.01,大阪
21. HLHS術後の心室機能 ─ RV-PA conduit vs. bilateral PAB ─ 小垣滋豊

日中先天性代謝異常症研究会 2007:07.05.25-27,北京
22. Methods for enzyme determination required for clinical diagnosis of lysosomal storage diseases
and glycogen storage diseases.酒井規夫
23. Recent advance of diagnosis and treatment for lysosomal diseases. 酒井規夫

大阪新生児研究会:07.06.16,大阪
24. 周産期医療における遺伝カウンセリング 酒井規夫

子どもの成長・発達勉強会プログラム ─ 子どもの「こころ」と「からだ」健康フォーラム ─:07.06.02,大阪
25. 発達障害の理解と対応 永井利三郎
26. 子どもとその保護者を支援する専門職の方へのメッセージ 下野九理子

第6回 全国LD親の会公開フォーラム:07.06.17,大阪
27. スタートした特別支援教育の現状と課題:発達障害の子どものへの支援 ─医療,保健のとりくみ─ 
永井利三郎

豊中市障害児保育保護者講演会:07.06.25,豊中
28. 発達障害への理解 永井利三郎

平成19年度 箕面市学校保健会総会・講演会:07.07.04,箕面
29. 学校で支援が必要な子どもたちへの理解とその対応 永井利三郎

第43回 日本小児循環器学会シンポジウム 「小児の心臓移植」:07.07.04-06,東京
30. 子どもの虐待と脳死 永井利三郎

関西特別教育ネットワーク 第7回 オープンセミナー「これからの特別支援教育」~連携!医療と保健室~
:07.07.15,大阪
31. 特別支援教育と連携 永井利三郎

刀根山養護学校研修会:07.07.31,大阪
32. 小児のてんかんについて 沖永剛志

伊丹市医師会学術講演会:07.08.02,伊丹
33. 予防注射の副反応の現状と今後の課題 永井利三郎

平成19年度 肢体不自由教育研修,盲・聾・養護学校新任教員研修,新任養護学級・新任通級指導担当教員研修
:07.08.30,大阪
34. 肢体不自由児の医学的基礎理解について 永井利三郎

第41回 日本てんかん学会:07.11.01-02,福岡
35. シンポジウム 学校生活を支える 永井利三郎

箕面市立第三中学校校内研修会:07.11.26,箕面
36. 「医療的ケア」の基本認識について ~教職員としてどう考えるか~ 永井利三郎

トピナ錠 発売記念講演会:07.12.01,大阪
37. 新しい抗てんかん薬と小児てんかん 永井利三郎

和歌山てんかん研究会:08.01.26,和歌山
38. てんかんを持つ子どもの支援の考え方 ~家族支援の立場から~ 永井利三郎

吹田市児童部職員研修 ─ 子ども交流センターのオープンを記念して ─:08.02.15,大阪
39. 障害を持つ子どもの家族への支援について 永井利三郎

子どものこころの分子統御機構研究センター研究連絡会:08.02.21,大阪
40. GPプログラムの実施状況 永井利三郎

平成19年度 大阪障害児の教育研究会:08.02.23,大阪
41. 特別支援教育と発達障害 永井利三郎

平成19年度 大阪府医師会「小児の在宅医療研究会」:08.02.27,大阪
42. 学校における医療的ケアに関するアンケート(学校医) 永井利三郎

第45回 大阪小児保健研究会:07.05.19,大阪
43. 発達と睡眠 谷池雅子

金沢大学COEセミナー 講演:07.06.25,金沢
44. 大阪大学と子どもの支援 谷池雅子

第49回 日本小児神経学会総会:07.07.05-07,大阪
45. ワークショップ 小児発達の面から小児医療を考える「広汎性発達障害児における睡眠障害」 谷池雅子
46. 日本小児神経学会公開シンポジウム 発達障害の新たなる展開 ~脳機能の観点から療育・臨床へ~
「発達障害研究の潮流」 谷池雅子

平成19年度 西宮市健康教育研究会:07.08.02,西宮
47. 子どもの健康的な生活習慣(早寝 早起き 朝ごはん)を考える 谷池雅子

革新脳科学COE・金沢大学大学院医学系研究科脳医科学専攻・十全医学会合同シンポジウム:07.09.09,金沢
48. 子どもの睡眠と発達 加藤久美

京都国際社会福祉治療教育講座:07.10.02,京都
49. 広汎性発達障害の診断と理解 「幼児期の広汎性発達障害について」 毛利育子

京都国際社会福祉治療教育講座:07.10.09,京都
50. 広汎性発達障害の診断と理解 「睡眠から発達障害を考える」 谷池雅子

西宮市立鳴尾東小学校保健委員会:08.01.18,西宮
51. 子どもの生活習慣を睡眠から考える ~身体と脳の成長・発達にむけて~ 加藤久美

東大阪市保健所 小児の健康教育担当者のための講演会:08.03.10,東大阪
52. 子どもの健康な生活習慣に重要な睡眠 ~睡眠の小児の発達~ 加藤久美

第43回 小児外科学会近畿地方会 市民公開講座:07.08.25,大阪
53. 第2部 小児によくある症状への対処法「発熱」 山岸義晃

学位取得者↑上へ戻る

1.鈴木 朗
PTH/cAMP/PKA signaling facilitates canonical wnt signaling via inactivation of glycogen synthase kinase-3β in osteoblastic saos-2 cells.
J Cell Biochem,104(1):304-317,2008.
取得年月日:2008年2月20日 (大阪府立母子保健総合医療センター 環境影響部門)

2.田村京子
Genetic association of a polymorphism of the cAMP-responsive element binding protein-binding protein with steroid-induced osteonecrosis after kidney transplantation.
J Bone Miner Metab,25(5):320-325,2007.
取得年月日:2008年3月25日 (保健学専攻 生体情報科学)