アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 当科の紹介 > 業績 | 平成20年度|

教授挨拶

◆平成20年度◆
| 総説(書籍) | 総説(雑誌) | 原著(邦文) | 原著(英文) | 講演 | 学位取得者 | 目次へ戻る |
総説(書籍)

1.くる病  大薗恵一
大関武彦,近藤直美 編,小児科学 第3版,医学書院,p. 537-540,2008.

2.副甲状腺機能低下症  大薗恵一
高久史磨,尾形悦郎,黒川 清 編,臨床内科学 第9版,p. 797-801,2008.

3.カルシウム代謝,ビタミンD代謝など生化学的側面からみた骨代謝の理解  大薗恵一
田中弘之 編,小児の骨の発達とその異常性,診断と治療社,p. 28-33,2008.

4.代謝性骨疾患 低ホスファターゼ症  大薗恵一
田中弘之 編,小児の骨の発達とその異常性,診断と治療社,p. 178-181,2008.

5.大学院および医学博士について  大薗恵一
金子一成,田原卓浩,渡辺 博 編,研修ノートシリーズ 小児科研修ノート,診断と治療社,p. 48-49,2009.

6.低Ca血症・副甲状腺機能低下症  難波範行
大関武彦,近藤直実 編,小児科学 第3版,医学書院,p. 1511-1514,2008.

7.シスチノーシス,シアル酸蓄積症  酒井規夫
大関武彦,近藤直実 編,小児科学 第3版,医学書院,p. 507-508,2008.

8.大阪大学現代的教育ニーズ取り組み支援プログラム 平成20年度 報告書Ⅲ  永井利三郎 他
大阪大学医学部保健学科,2009.

9.髄膜炎を疑う場合,項部硬直はどれくらいあてになるか?  山岸義晃
真部 淳, 上村克徳 編,小児科研修の素朴な疑問に答えます,メディカル・サイエンス・インターナショナル,p. 42-43,2008.

10.細菌性髄膜炎患者に抗痙攣薬や浸透圧利尿薬などの予防投与は必要か?  山岸義晃
真部 淳, 上村克徳 編,小児科研修の素朴な疑問に答えます,メディカル・サイエンス・インターナショナル,p. 209-211,2008.

総説(雑誌) ↑上へ戻る

1.骨粗鬆症予防に重要なカルシウム摂取  大薗恵一
小児科診療,71(6):1005-1010,2008.

2.こどもの骨と軟骨はどのように成長するか  大薗恵一
CLINICAL CALCIUM ─特集 メタボリックシンドロームと骨─,18(5):118-124,2008.

3.副甲状腺機能低下症  大薗恵一
小児内分泌疾患 鑑別診断チャート,7:12-14,2008.

4.原発性副甲状腺機能亢進症  大薗恵一
小児内分泌疾患 鑑別診断チャート,7:15-16,2008.

5.低リン血症性疾患の病態と治療 ─クル病/骨軟化症を含めて─  大薗恵一
THE BONE,22(6):747-751,2008.

6.PHHI(persistent hyperinsulinemic hypoglycemia of infancy)
新時代の糖尿病学(4)─病因・診断・治療研究の進歩─  大薗恵一,三善陽子
日本臨床,66(増刊号9):688-693,2008.

7.小児における甲状腺疾患の早期診断・治療  大薗恵一,三善陽子
日本医事新報,4394:57-62,2008.

8.尿路結石と原発性副甲状腺機能亢進症  大幡泰久,山本威久※,大薗恵一
総合臨床,57(3):516-519,2008.

9.小児疾患診療のための病理生理 Ⅶ,感染症−53 真菌感染症  橋井佳子
小児内科 2008,40(増刊号):1230-1235,2008.

10.急性肝不全  虫明聡太郎
小児内科,40(増刊号):571-576,2008.

11.特集 小児がん治療の晩期障害と対策 小児がん治療後長期フォローアップの現状  
三善陽子,太田秀明,虫明聡太郎,大薗恵一
小児外科,40(6):697-702,2008

12.【周産期脳障害の原因とその予防】 周産期脳障害の要因 先天感染症と脳障害(解説/特集)  和田和子
周産期医学,38:659-662,2008.

13.【この1冊で扱い方から看護のポイントまでわかるNICUでよく使うME機器】心拍・呼吸モニター(解説/特集)   荒堀仁美
Neonatal Care,1341-4577(2008春季増刊):186-196,2008.

14.【周産期救急そのときどうする!? 明日にでも起こりうる69の危機に立ち向かう】新生児編
チアノーゼ,まず何をする? 先天性心疾患ほか 呼吸循環障害(解説/特集)  荒堀仁美
ペリネイタルケア,0910-8718(2009新春増刊):197-200,2009.

15.脳の発達異常と精神疾患  神谷 篤※,北畠康司,澤 彰※
BRAIN and NERVE,60(4):445-452,2008.

16.拘束型心筋症  小垣滋豊
小児内科,40(増刊号):425-428,2008.

17.海外渡航による心臓移植の問題点  小垣滋豊
小児科,49(13):1953-1959,2008.

18.予防接種と神経副反応  永井利三郎,沖永剛志
小児科,49(4):455-462,2008.

19.発達障害をもつ子どもの現状とこれからの課題  永井利三郎
阪大ニューズレター,40:11,2008.

20.てんかん患者の日常生活指導  永井利三郎
小児内科,41(3):419-426,2009.

21.課題をもつ子どもの“こころの支援”を考える  永井利三郎
International Epilepsy News,168,2009.

22.神経発達の面から小児睡眠医療を考える  谷池雅子
脳と発達,40(3):235-237,2008.

23.発達障害と睡眠 ─睡眠のメカニズムと睡眠障害への対応  谷池雅子
月刊 発達教育,10:4-7,2008.

24.Restless legs症候群  毛利育子
Clinical Neuroscience,27(2):176-180,2009.

25.子どものPSG検査のコツ  加藤久美
ねむりと医療,1(2):100-101,2008.

26.寝付きの悪い子供とあきらめていたら・・・  加藤久美
Cadetto,1(Spring):44,2009.

27.小児のPSGの実施と解析  杉田淑子※,加藤久美,谷口充孝※
睡眠医療,3:60-66,2009.

28.HHV-7関連皮膚疾患の診断と治療ヘルペス感染症 ─その診断と治療─  山岸義晃,森 康子※
Monthly Book Derma,147:83-88,2008.

29.連載・感染症エッセンシャル(2)~臨床薬剤師が知っておくべき感染症の基礎知識~
ワクチンと院内感染対策  山岸義晃,朝野和典※
医薬ジャーナル,45(3):985-991,2009.

原著(邦文) ↑上へ戻る

1.JPLTのプロトコールに従って術前化学療法を施行した新生児肝芽腫の1例
大植孝治※,山中宏晃※,谷 岳人※,上原秀一郎※,米田光宏※,楠木重範,時政定雄,橋井佳子,太田秀明,福澤正洋※
小児がん,45(3):307-311,2008.

2.マススクリーニング施行世代の神経芽腫分布特性 ─1歳代臨床発見例の検討から─
米田光宏※,井上雅美※,大植孝治※,太田秀明,窪田昭男※,河 敬世※,中山雅弘※,福澤正洋※
小児外科,40(9):976-980,2008.

3.同種造血幹細胞移植後の小児患者におけるワクチン接種の現状 ─小児白血病研究会(JACLS)におけるアンケート調査─
梅田雄嗣※,太田秀明,茶山公祐※,力石 健※,石田宏之※,渡邊修大※,松本公一※,原 純一※,鈴木信寛※
日小血会誌,22(5/6):340-346,2008.

4.胆道閉鎖症術後の肺高血圧症
木村拓也※,井原欣幸※,佐々木隆士※,長谷川利路※,上野豪久※,小垣滋豊,虫明聡太郎,福澤正洋※
小児外科,40(1):72-77,2008.

5.フォンタン型手術後の子どもの「生活機能」の検討 保護者へのインタビューより
吉川彰二※,永井利三郎,小垣滋豊,福嶌教偉※
小児保健研究,67(2):315-321,2008.

6.小児期肥大型心筋症全国調査結果
西川俊郎※,佐地 勉※,唐澤賢祐※,寺井 勝※,市田蕗子※,塚野真也※,小垣滋豊,
日本小児循環器学会学術委員会「小児期肥大型心筋症調査委員会」
日本小児循環器学会雑誌,24(4):572-574,2008.

7.肺移植待機期間中に非侵襲的陽圧人工呼吸を施行した原発性肺高血圧症の1症例
井口直也※,西村匡司※,内山昭則※,藤野裕士※,南 正人※,小垣滋豊,真下 節※
麻酔,57(9):1153-1156,2008.

8.小児心臓・肺移植適応例の実態調査から
小野安生※,福嶌教偉※,高室基樹※,田村真通※,小林俊樹※,中西敏雄※,安田東始哲※,津田悦子※,小垣滋豊,脇 研自※,石川司朗※,日本小児循環器学会臓器移植委員会ワーキンググループ
日本小児循環器学会雑誌,24(6):677-680,2008.

9.治療抵抗性の二次性副甲状腺機能亢進症児に対するマキサカルシトール静注治療の試み
北岡太一,三浦弘司,窪田拓生,難波範行,平井治彦,中島滋郎※,大薗恵一
大阪CAPD研究会会誌,p. 17-22,2008.

10.血清FGF23値測定によるX連鎖性低リン血症性くる病(XLH)の治療の最適化  
難波範行,窪田拓生,北岡太一,大薗恵一
財団法人成長科学協会,31:159-161,2008.

11.『園・学校保健における病気を持った子供と医師のかかわりについて』アンケート調査結果
藤丸李可※,稲田 浩※,木野 稔※,里裏健一※,塩見正司※,鈴木美智子※,高田慶応※,田川哲三※,田邉卓也※,永井利三郎
大阪小児科医会会報,146:15-21,2008.

12.乳幼児期発症のてんかん性脳症を呈するグルコース輸送担体1異常症(Glut-1異常症)における診断及び臨床的研究
柳原恵子※,今井克美※,永井利三郎,柳原 格※
てんかん治療研究振興財団研究年報,19:95-98,2008.

13.小児科医院の診察場面における乳幼児の啼泣と医療者・母親の乳幼児に対する援助の関係
藤原千惠子※,宮野遊子※,絹巻 宏※,日野利治※,藤井 位※,山入高志※,寺田春郎※,永井利三郎
外来小児科,11(3):252-258,2008.

14.脳幹部海面状血管腫に合併した睡眠異常
下野九理子,北井征宏,沖永剛志,加藤久美,毛利育子,谷池雅子
脳と発達,2009(in press).

15.対側病変を有する左半球広範性皮質形成異常に伴った難治性West症候群のてんかん外科治療
青天目信※,下野九理子,沖永剛志,今井克美※,神尾範子※,最上友紀子※,新谷研,貴島晴彦※,加藤天美※,永井利三郎,大薗恵一
大阪てんかん研究会雑誌,19:45-55,2008.

16.線条体壊死で発症したグルタル酸尿症Ⅰ型の1例
青天目信※,荒井 洋※,田川哲三※,酒井規夫
特殊ミルク情報,44:13-15,2008.

17.レストレス・レッグズ症候群 ─まだ認知されていない小児の不機嫌・睡眠異常の原因─
毛利育子,加藤久美,下野九理子,立花直子※,大薗恵一,谷池雅子
脳と発達,40(6):473-477,2008.

18.WS-1『小児呼吸器感染症診療ガイドライン2007』の問題点について
五百井寛明※,藤井光弘※,山岸義晃,山口真也※,要藤裕孝※
小児科臨床,62(1):132-135,2009.

原著(英文) ↑上へ戻る

1.Lrp6 hypomorphic mutation affects bone mass through bone resorption in mice and impairs interaction with Mesd.
Kubota T,Michigami T※,Sakaguchi N※,Kokubu C※,Suzuki A※,Namba N,Sakai N,Nakajima S※,Imai K※,Ozono K
J Bone Miner Res,23(10):1661-1671,2008.

2.The molecular mechanism underlying Roberts syndrome involves loss of ESCO2 acetyl-trans-ferase activity.
Gordillo M※,Vega H※,Trainer AH※,Hou F※,Sakai N,Luque R※,Kayserili H※,Basaran S※,Skovby F※,Hennekam RC※,Uzielli ML※,Schnur RE※,Manouvrier S※,Chang S※,Blair E※,Hurst JA※,Forzano F※,Meins M※,Simola KO※,Raas‐Rothschild A※,Schultz RA※,McDaniel LD※,Ozono K,Inui K※,Zou H※,Jabs†EW※
Hum Mol Genet,17(14):2172-2180,2008.

3.Clinical usefulness of measurement of fibroblast growth factor 23 (FGF23) in hypophosphatemic patients : proposal of diagnostic criteria using FGF23 measurement.
Endo I※,Fukumoto S※,Ozono K,Namba N,Tanaka H※,Inoue D※,Minagawa M※,Sugimoto T※,Yamauchi M※,Michigami T※,Matsumoto T※
Bone,42(6):1235-1239,2008.

4.A favorable response to steroid therapy in a child with drug-associated acute vanishing bile duct syndrome and skin disorder.
Tajiri H※,Etani Y※,Mushiake S,Ozono K,Nakayama M
J Paediatr Child Health,44(4):234-236,2008.

5.Causes and Differential Diagnosis of Hypocalcemia−Recommendation Proposed by Expert Panel Supported by Ministry of Health,Labour and Welfare,Japan.
Fukumoto S※,Namba N,Ozono K,Yamauchi M※,Sugimoto T※,Michigami T※,Tanaka H※,Inoue D※,Minagawa M※,Endo I※,Matsumoto T※
Endocr J,55(5):787-794,2008.

6.Involvement of the lysophosphatidic acid-generating enzyme autotaxin in lymphocyte-endothelial cell interactions.
Nakasaki T※,Tanaka T※,Okudaira S※,Hirosawa M※,Umemoto E※,Otani K※,Jin†S※,Bai Z※,Hayasaka H※,Fukui Y※,Aozasa K※,Fujita N※,Tsuruo T※,Ozono K,Zoki J※,Miyasaka M※
Am J Pathol,173(5):1566-1576,2008.

7.Umbilical cord-blood transplantations from unrelated donors in patients with inherited metabolic diseases : Single-institute experience.
Tokimasa S,Ohta H,Takizawa S,Kusuki S,Hashii Y,Sakai N,Taniike M,Ozono K,Hara J※
Pediatr Transplant,12(6):672-676,2008.

8.Endocrinological analysis of 122 Japanese childhood cancer survivors in a single hospital.
Miyoshi Y,Ohta H,Hashii Y,Tokimasa S,Namba N,Mushiake S,Hara J※,Ozono K
Endocr J,55(6):1055-1063,2008

9.Severe mandibuloacral dysplasia caused by novel compound heterozygous ZMPSTE24 mutations in two Japanese siblings.
Miyoshi Y,Akagi M※,Agarwal AK※,Namba N,Kato-Nishimura K,Mohri I,Yamagata M※,Nakajima S※,Mushiake S,Shima M※,Auchus RJ※,Taniike M,Garg A※,Ozono K
Clin Genet,73(6):535-544,2008.

10.Intermittent oral trimethoprim/sulfamethoxazole on two non-consecutive days per week is effective as Pneumocystis jiroveci pneumonia prophylaxis in pediatric patients receiving chemotherapy or hematopoietic stem cell transplantation.
Ohata Y,Ohta H,Hashii Y,Tokimasa S※,Ozono K,Hara J※
Pediatr Blood Cancer,52(1):142-144,2009.

11.Oncogenic nucleoporin CAN/Nup214 interacts with vitamin D receptor and modulates its function.
Miyauchi Y※,Sakaguchi N※,Okada T※,Makishima M※,Ozono K,Michigami T※
J Cell Biochem,106(6):1090-1101,2009.

12.WT1 (Wilms tumor 1) peptide immunotherapy for childhood rhabdomyosarcoma:a case report.
Ohta H,Hashii Y,Yoneda A,Takizawa S,Kusuki S,Tokimasa S,Fukuzawa M※,Tsuboi A※,Murao A※,Oka Y※,Oji Y※,Aozasa K※,Nakatsuka S※,Sugiyama H※,Ozono K
Pediatr Hematol Oncol,26(1):74-83,2009.

13.Sleep disordered breathing in childhood‐onset acid maltase deficiency .
Nabatame S※,Taniike M,Sakai N,Kato-Nishimura K,Mohri I,Kagitani-Shimono K,Okinaga T,Tachibana N※,Ozono K
Brain and Development,31:234-239,2009.

14.Severe arterial hypertension : a possible complication of McCune-Albright syndrome.
Ohata Y,Yamamoto T※,Mori I,Kikuchi T※,Michigami T※,Imanishi Y※,Satomura K※,Ida S※,Ozono K
Eur J Pediatr,2008 Oct 29:[Epub ahead of print]

15.Pediatric post-transplant diffuse large B cell lymphoma after cardiac transplantation.
Kusuki S,Hashii Y,Fukushima N※,Takizawa S,Tokimasa S,Kogaki S,Ohta H,Tsuda E※,Nakagawa A※,Ozono K
Int J Hematol,89(2):209-213,2009.

16.MucolipidosisⅡ and Ⅲalpha/beta : mutation analysis of 40 Japanese patients showed genotype-phenotype correlation.
Otomo T,Muramatsu T※,Yorifuji T※,Okuyama T※,Nakabayashi H※,Fukao T※,Ohura T※,Yoshino M※,Tanaka A※,Okamoto N※,Inui K※,Ozono K,Sakai N
J Hum Genet,54(3):145-151,2009.

17.A case series of children with high-risk metastatic neuroblastoma treated with a novel treatment strategy consisting of postponed primary surgery until the end of systemic chemotherapy.
Hashii Y,Kusafuka T※,Ohta H,Yoneda A※,Osugi Y※,Kobayashi Y※,Fukuzawa M※,Hara J※
Pediatr Hematol Oncol,25(5):439-450,2008.

18.Dumbbell‐shaped Ewing's sarcoma family of tumor of thoracic spine in a child.
Uehara S※,Oue T※,Yoneda A※,Hashii Y,Ohta H,Fukuzawa M※
Pediatr Surg Int,24(8):953-955,2008.

19.Abnormal computed tomography findings among children with viral gastroenteritis and symptoms mimicking acute appendicitis.
Tajiri H※,Kiyohara Y,Tanaka T※,Etani Y※,Mushiake S
Pediatric Emergency Care,24(9):601-604,2008.

20.Three pediatric patients with fever-induced recurrent severe hypertransaminasemia and coagulopathy with transient hepatic steatosis.
Bessho K,Murakami M,Kiyohara Y,Ozono K,Mushiake S
World Cong Pediatr Gastroenterol Hepato Nutr,113-117,2008.

21.Molecular and clinical findings and their correlations in Silver-Russell syndrome : implications for a positive role of IGF2 in growth determination and differential imprinting regulation of the IGF2-H19 domain in bodies and placenta.
Yamazawa K※,Kagami M※,Nagai T※,Kondoh T※,Onigata K※,Maeyama K※,Hasegawa T※,Hasegawa Y※,Yamazaki T※,Mizuno S※,Miyoshi Y,Miyagawa S※,Horikawa R※,Matsuoka K※,Ogata T※
J Mol Med,86(10):1171-1181,2008.

22.Efficacy of intravitreal injection of bevacizumab for severe retinopathy of prematurity : a pilot study.
Kusaka S,Shima C,Wada K,Arahori H,Shimojyo H,Sato T,Fujikado T
Br J Ophthalmol,92(11):1450-1455,2008.

23.Neuronal activity-induced gadd45b promotes epigenetic DNA demethylation and adult neurogenesis.
Ma DK※,Jang MH※,Guo JU※,Kitabatake Y,Chang ML※,Pow-Anpongkul N※,Flavell RA※,Lu B※,Ming GL※,Song H※
Science,323(5917):1074-1077,2009.

24.A novel system of assessing myocardial recovery during left ventricular support : Report of a case.
Hoashi T※,Matsumiya G※,Sakata Y※,Kogaki S,Sawa Y※
Surg Today,38(2):154-156,2008.

25.Long-term clinical outcome of atrial isomerism after univentricular repair.
Hoashi T※,Ichikawa H※,Fukushima N※,Ueno T※,Kogaki S,Sawa Y※
J Card Surg,24(1):19-23,2009.

26.Donor cell-type specific paracrine effects of cell transplantation for post-infarction heart failure.
Shintani Y※,Fukushima S※,Varela-Carver A※,Lee J※,Coppen RS※,Takahashi K,Brouilette WS※,Yashiro K※,Terracciano MNC※,Yacoub HM※,Suzuki K※
J Mol Cell Cardiol,47:288-295,2009.

27.Clinical phenotype and endocrinological investigations in a patient with a mutation in the MCT8 thyroid hormone transporter.
Namba N,Etani Y※,Kitaoka T,Nakamoto Y※,Nakacho M※,Bessho K,Miyoshi Y,Mushiake S,Mohri I,Arai H※,Taniike M,Ozono K
Eur J Pediatr,167(7):785-791,2008.

28.Management of and prophylaxis against status epilepticus in children with severe myoclonic epilepsy in infancy (SMEI ; Dravet syndrome)-A nationwide questionnaire survey in Japan.
Tanabe T※,Awaya Y※,Matsuishi T※,Iyoda K※,Nagai T,Kurihara M※,Yamamoto K※,Minagawa K※,Maekawa K※
Brain & Development,30:629-635,2008.

29.Peripheral Neuropathy in the twitcher mouse : accumulation of extracellular matrix in the endoneuriuand and aberrant expression of ion channels.
Kagitani-Shimono K,Mohri I,Yagi T※,Taniike M,Suzuki K※
Acta Neuropathol,115:577-587,2008.

30.Examination of non-restrictive and non-invasive sleep evaluation technique for children using difference images.
Okada S※,Ohno Y※,Goyahan U※,Kato-Nishimura K,Mohri I,Taniike M
Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc,1:3483-3487,2008.

31.Restless legs syndrome(RLS): an unrecognized cause for bedtime problems and insomnia in children.
Mohri I,Kato-Nishimura K,Tachibana N※,Ozono K,Taniike M
Sleep Med,9(6):701-702,2008.

32.Efficacy of the patient monitoring method by difference image processing during sleep.
Okada S※,Ohno Y※,Yahan G※,Wang Y※,Kato-Nishimura K,Mohri I,Taniike M
Japanese J of Applied IT Healthcare,3(2):85-95,2008.

33.Human herpesvirus-6 induces MVB formation and virus egress occurs via an exosomal release pathway.
Mori Y※,Koike M※,Moriishi E※,Kawabata A※,Huamin Tang※,Oyaizu H,Uchiyama Y※,Yamanishi K※
Traffic, 9(10):1728-1742,2008.

34.Septic arthritis and acute hematogenous osteomyelitis in childhood at a tertiary hospital in Japan.
Yamagishi Y,Togawa M※,Shiomi M※
Pediatr Int,51(3):371-376,2008.

講演↑上へ戻る

スプリングセミナープログラム:08.05.31,大阪
1. PHHIの理解を深めるために ─PHHI Guideline and beyond─ 大薗恵一

第41回 発育異常研究会:08.06.14,大阪
2. Kallmann症候群の分子機序 大薗恵一

第86回 小児科学会島根地方会:08.06.22,島根
3. 小児の骨の発育と病気 大薗恵一

第46回 枚方・交野小児懇話会(3・1会):08.07.05,大阪
4. くる病の診断と治療 ─日本の現状をふまえて─ 大薗恵一

日本内分泌学会 第26回 内分泌代謝学サマーセミナー:08.07.11,名古屋
5. 骨形成の分子メカニズム ─病態解析を通じて 大薗恵一

神戸大学小児科大学院講義:08.10.14,神戸
6. カルシウム・リン代謝の新知見 大薗恵一

骨髄バンク推進月間関連行事 医療講演会・相談会:08.10.18,沖縄
7. 移植後の内分泌機能に関して 大薗恵一

第26回 日本骨代謝学会学術集会:08.10.29-31,大阪
8. FGF23とリン代謝異常症 大薗恵一
9. Canonical Wnt経路と骨代謝 道上敏美※,窪田拓生,鈴木 朗※,大薗恵一

第21回 北野小児科学術講演会:08.11.22,大阪
10. 代謝性骨疾患の臨床ABC 大薗恵一

第76回 京都内分泌同好会プログラム:09.02.28,京都
11. 小児科からみたカルシウム・リン代謝 大薗恵一

第8回 岩手骨代謝研究会:09.03.05,岩手
12. 小児科領域における骨疾患診療の進歩 大薗恵一

第25回 日本小児肝臓研究会シンポジウム:08.07.19,東京
13. 劇症肝炎の今後の展望 虫明聡太郎

第2回 難病医療相談会:08.08.31,西宮
14. 胆道閉鎖症医療の現状と課題、そして早期発見・早期診断への提言 虫明聡太郎

第1回 訪問看護実務者研修会:09.03.06,吹田
15. ─小児の訪問看護の充実をめざして─ 「小児の病態・生理について」 虫明聡太郎

第1回 豊能小児科医会研究会:08.07.19,大阪
16. 子供の成長障害の診断・治療のイロハ 三善陽子

思春期診療フォーラム:08.11.06,大阪
17. 思春期における問題点とその対処 思春期早発症に対するLH-RHアナログ製剤投与の意義 
三善陽子

東大阪市小児慢性特定疾患療育指導講演会:09.01.08,大阪
18. クレチン症・甲状腺機能低下症について 三善陽子

第33回 遺伝カウンセリングリフレッシュセミナー <口唇裂・口蓋裂の遺伝カウンセリング> :09.01.10,大阪
19. 口唇裂・口蓋裂をともなう症候群 別所一彦

院内学級 校内学習会:08.06.13,大阪
20. 拡張型心筋症について 小垣滋豊

第44回 日本小児循環器学会学術総会:08.07.03,福島
21. State of the Art 心筋症・心筋炎 小垣滋豊

平成20年度 病気療養児教育研修会:08.07.30,大阪
22. 心筋疾患をもつ児のよりよい学校生活をめざして 小垣滋豊

特別支援教育セミナー in 関西 2008:08.08.04,大阪
23. 病気をもつ子どもの元気を育む ~地域で安全で楽しい学校生活や日常生活ができるために
心臓病の場合 小垣滋豊

肺高血圧症 新たな治療戦略:08.08.09,大阪
24. 経口シルデナフィルを用いた先天性心疾患に関連する肺高血圧治療の試み 小垣滋豊

CHD-PH学術講演会:08.09.11,大阪
25. 肺高血圧におけるエンドセリンの役割をめぐって 小垣滋豊

第44回 日本移植学会総会 サテライトシンポジウム:08.09.20,大阪
26. 心臓移植における小児科医の役割 小垣滋豊

平成20年度 学校保健・循環器講習会:08.10.29,大阪
27. 慢性心不全をめぐって 心疾患をもった子どもたち ─最新治療から学校管理まで 小垣滋豊

東大阪市小児慢性特定疾患療養指導講演会:09.03.09,大阪
28. 川崎病のフォローアップについて 小垣滋豊

第39回 近畿小児腎臓病研究会 教育講演:09.03.28,大阪
29. 生体におけるカルシウム代謝 ─カルシウム感知受容体の役割について─ 平井治彦

第7回 大阪小児内分泌勉強会 講演:08.07.03,大阪
30. オンライン勉強会デモ ─外性器発育不良例─ 難波範行

第13回 小児内分泌専門セミナー:08.08.22-23,神戸
31. 講義5「カルシウムリン代謝」 難波範行

第42回 日本小児内分泌学会学術集会 シンポジウム「小児内分泌の進歩と治療」:08.10.02-04,鳥取
32. 小児期の骨粗鬆症とその治療 ─最近の話題─ 難波範行

第26回 日本骨代謝学会学術集会 ミニシンポジウム8「(あり方委員会企画)骨代謝異常症の診断治療Update」
:08.10.29-31,大阪
33. Skeletal Dysplasias ─国際分類と治療への展望 難波範行,大薗恵一

厚生労働科学研究費補助金(難治疾患克服研究事業)ホルモン受容機構異常に関する調査研究平成20年度研究報告会
: 09.01.30,東京
34. 低リン血症性くる病におけるFGF23の診断的意義 難波範行,大薗恵一

第38回 大阪大学阪神地区小児科勉強会(OHP勉強会)特別講演: 09.03.05,兵庫
35. 成長障害 ─日常診療で目にする(かもしれない?)骨系統疾患─ 難波範行

堺市保育課研修会:08.05.20,堺
36. 障害児保育の現状と課題 永井利三郎

Goyan(高陽市)小学校プロジェクト 第1回国際シンポジウム:08.05.23,韓国
37. School Health Project in Japan 永井利三郎

豊中市障害児保育講座:08.06.27,豊中
38. 発達障害への理解 永井利三郎

保育士・幼稚園教諭・保健師勉強会:08.08.18,堺
39. 発達障害児の理解と対応 永井利三郎

平成20年度 支援教育地域支援事業北河内ブロック 支援教育講演会:08.08.28,門真
40. 支援を必要とする子どもへの医療からのアプローチ 永井利三郎

大阪大学医学部保健学会現代GP発達障害シンポジウム:08.08.31,吹田
41. 地域連携の中での発達障害支援(日本,韓国,米国) 永井利三郎

第37回 大阪大学阪神地区小児科勉強会(OHP):08.09.18,尼崎
42. 発達障害の考え方と診かた 永井利三郎

平成20年度 療育相談指導事業:08.11.30,伊丹
43. ダウン症児に対する療育相談指導 永井利三郎

豊中市民生委員・児童委員研修会:08.12.04,豊中
44. 軽度発達障害の理解と対応 永井利三郎

箕面養護学校研修会:08.12.04,箕面
45. 睡眠と障害 永井利三郎

特別支援教育講座:08.12.05,大阪
46. 特別支援教育と医療 永井利三郎

第1回 メープル・クリニック・セミナー:08.12.21,大津
47. 高機能広汎性発達障害(アスペルガー障害)の最新医学情報 永井利三郎

豊中支援学校 教育講演会:08.12.24,豊中
48. 先天異常に基づく障害をもつ子どもの理解 永井利三郎

東大阪市若江中学校ブロック 特別支援教育研修講演会:09.01.16,東大阪
49. 発達障害の考え方と対応について 永井利三郎

第32回 日本てんかん外科学会:09.01.22-23,東京
50. てんかん外科と地域医療 ~小児科から見た観点 永井利三郎

NPO法人特別支援教育ネットワーク『がじゅまる』第1回 シンポジウム:09.03.20,大阪
51. 発達障害「それぞれの立場から・・・」 永井利三郎

第1回 和歌山てんかん勉強会:09.03.26,和歌山
52. てんかん診療における最近の話題 永井利三郎

メンタルケア・スペシャリスト養成講座:08.07.05,大阪
53. 発達と睡眠 谷池雅子

第22回 阪神小児科懇話会:08.07.26,西宮
54. 小児科医から見た広汎性発達障害 谷池雅子

長岡京市教育支援センター教育講演会:08.08.04,長岡京
55. 子どもの睡眠と影響 谷池雅子

大阪大学医学部保健学科 現代GP発達障害シンポジュウム:08.08.31,豊中
56. 地域連携の中での発達障害支援(日本・韓国・米国)発達障害の脳科学研究の進歩 谷池雅子
57.大阪大学・堺市5歳児発達相談の取り組み 加藤久美

市民公開講座:08.10.19,大阪
58. 子どものこころと睡眠 谷池雅子

保健所保健師看護師研修会:09.01.09,大阪
59. 発達と睡眠 ─子どもの睡眠が発達に及ぼす影響について 谷池雅子

メンタルケア協会講演会:09.01.10,大阪
60. 子どもにおける睡眠と発達 谷池雅子

大阪自閉症研究会 第18回自閉症診療セミナー:09.02.26,大阪
61. ─広汎性発達障害,アスペルガー症候群を理解するために─
(大阪府発達障害医師養成研修事業)広汎性発達障害の神経発達 谷池雅子

住吉区小児科医会: 09.03.14,大阪
62. 正常? 異常? 外来で気になる子どもたち ─広汎性発達障害、睡眠を中心に─ 毛利育子

大阪大学医学部附属病院 小児医療センターセミナー:08.04.30,吹田
63. 睡眠ポリグラフィ(PSG)とCPAP,NPPV 加藤久美

大阪府立茨木支援学校 PTA研修会:08.09.29,茨木
64. 子どもの健康と睡眠 ─障害を有する子どもに視点をあてて─ 加藤久美

堺市子育て支援部保育課:08.11.11,堺
65. 子どもの健康な生活習慣に重要な睡眠 加藤久美

大阪府立泉北高等支援学校 平成20年度公開研修会:08.12.11,堺
66. 「H19年度 堺市の発達障害児支援の実情に関するアンケート調査結果報告」と 「障害児(者)にとっての睡眠の重要性」 加藤久美

長岡京市新田保育所育児講座:09.03.03,長岡京
67. 子どもの健康な生活習慣に重要な睡眠 ─睡眠不足の子どもへの影響とは─ 加藤久美

社会人医学教育セミナー:09.03.27,吹田
68. 小児科領域にみられる睡眠障害とその治療 加藤久美

学位取得者↑上へ戻る

1.窪田拓生
Lrp6 Hypomorphic Mutation Affects Bone Mass Through Bone Resorption in Mice and Impairs Interaction With Mesd.
J Bone Miner Res:23(10):1661-1671,2008.
取得年月日:2008年7月18日

2.中崎多恵
Involvement of a lysophosphatidic-acid generating enzyme autotaxin in lymphocyte-endothelial cell interactions.
Am J Pathol:173(5):1566-1576,2008.
取得年月日:2008年10月31日