アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 当科の紹介 > 業績 | 平成21年度|

教授挨拶

◆平成21年度◆
| 総説(書籍) | 総説(雑誌) | 原著(邦文) | 原著(英文) | 講演 | 学位取得者 | 目次へ戻る |
総説(書籍)

1.副甲状腺などカルシウム代謝に関与する臓器の発生・分化  大薗恵一
日本小児内分泌学会 編,小児内分泌学,診断と治療社,p. 419−422,2009.

2.カルシウム・リン代謝調節と骨代謝  大薗恵一
日本小児内分泌学会 編,小児内分泌学,診断と治療社,p. 422−425,2009.

3.くる病   大薗恵一
日本小児内分泌学会 編,小児内分泌学,診断と治療社,p. 436−439,2009.

4.その他のくる病  大薗恵一
日本小児内分泌学会 編,小児内分泌学,診断と治療社,p. 443−446,2009.

5.骨系統疾患  大薗恵一
藤枝憲二 編,小児内分泌疾患鑑別診断チャート,診断と治療社,p. 22−23,2009.

6.副甲状腺機能低下症  大薗恵一
藤枝憲二 編,小児内分泌疾患鑑別診断チャート,診断と治療社,p. 108−110,2009.

7.原発性副甲状腺機能亢進症  大薗恵一
藤枝憲二 編,小児内分泌疾患鑑別診断チャート,診断と治療社,p. 111−112,2009.

8.家族性低リン(P)血症性くる病  大薗恵一
下条文武 監修,内山 聖 富野康日己 今井裕一 編,専門医のための腎臓病学,医学書院,p. 575−578,2009.

9.小児の脱水  大薗恵一
金澤一郎 永井良三 編,今日の診断指針 第6版,医学書院,p. 29−31,2010.

10.治療による障害(急性期)の理解と対応 ─内分泌系  三善陽子,大薗恵一
丸 光惠 石田也寸志 監修,ココからはじめる小児がん看護,へるす出版,p. 185−192,2009.

11.How to pick up biliary atresia from neonatal/ infantile cholestatic liver disease : Investigation of 82 laparotomy patients.  虫明聡太郎
松井 陽 編,Biliary Atresia,講談社出版,p. 53−57,2009.

12.新生児慢性肺疾患の診療指針  和田和子
藤村正哲 監修,田村正徳 森臨太郎 編,第三章 一般管理薬物療法予防1 水分輸液管理,メディカ出版,p. 66−69,2009.

13.動脈管開存症  小垣滋豊
永井良三 総監修,循環器研修ノート,診断と治療社,p. 635−637,2009.

14.大動脈右心短絡疾患  小垣滋豊
永井良三 総監修,循環器研修ノート,診断と治療社,p. 638−640,2009.

15.副甲状腺機能亢進症  難波範行
日本小児内分泌学会 編,小児内分泌学,診断と治療社,p. 425−429,2009.

16.副甲状腺機能低下症  難波範行
日本小児内分泌学会 編,小児内分泌学,診断と治療社,p. 429−436,2009.

17.ライソゾーム病3:Meet the Expert  酒井規夫
日本先天代謝異常学会 編,症例から学ぶ先天代謝異常症,診断と治療社,p. 178−180,2009.

18.ライソゾーム病3:症例41 ─歩行障害を主訴とした2歳6ヶ月女児  濱田悠介,酒井規夫
日本先天代謝異常学会 編,症例から学ぶ先天代謝異常症,診断と治療社,p. 181−183,2009.

19.ライソゾーム病3 : 症例42 ─心因性視力障害としてフォローされていた男児  大友孝信,酒井規夫
日本先天代謝異常学会 編,症例から学ぶ先天代謝異常症,診断と治療社,p. 184−186,2009.

20.小児の薬物動態の特徴を例をあげて説明せよ  永井利三郎
渡辺康裕 編,集中講義薬理学,メディカルビュー社,p. 142−143,2009.

21.Restless legs症候群  毛利育子
Clinical Neuroscience 睡眠とその障害 ─特異な睡眠,中外医学社,p. 176−178,2009.

22.国際分類/睡眠関連呼吸障害群 ─睡眠呼吸障害  加藤久美,毛利育子,谷池雅子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 42−45,2010.

23.国際分類/睡眠関連運動異常群 ─レストレス・レッグズ症候群  毛利育子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 72−75,2010.

24.国際分類/睡眠関連運動異常群 ─歯ぎしり  加藤隆史※,加藤久美
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 76−79,2010.

25.国際分類/睡眠関連運動異常群 ─律動性運動異常症  加藤久美,立花直子※
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 80−83,2010.

26.発達障害児における睡眠障害  谷池雅子,加藤久美,毛利育子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 121−123,2010.

27.睡眠関連運動異常症/呼吸障害 ─いびき・無呼吸・寝ぐずり  加藤久美,毛利育子,谷池雅子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 152−155,2010.

28.呼吸障害 ─アデノイド・口蓋扁桃摘出術後のいびき,多動  加藤久美,毛利育子,谷池雅子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 156−159,2010.

29.呼吸障害 ─肥満,日中の過眠,集中力低下,衝動性  谷池雅子,加藤久美,毛利育子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 160−161,2010.

30.過眠症 ─保育所での居眠り  毛利育子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 162−164,2010.

31.概日リズム障害 ─昼夜逆転,発達の遅れ  谷池雅子,加藤久美,毛利育子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 165−167,2010.

32.睡眠関連運動異常症 ─頭痛  加藤久美,毛利育子,谷池雅子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 168−171,2010.

33.その他:てんかん ─中途覚醒(重症心身障害児)  加藤久美,下野九理子,毛利育子,谷池雅子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 172−175,2010.

34.その他:発達障害 ─学校での居眠り  加藤久美,毛利育子,谷池雅子
五十嵐隆 編,神山 潤 専門編集,小児科臨床ピクシス14 睡眠関連病態,中山書店,p. 180−182,2010.

35.心内膜炎・心外膜炎  山岸義晃
五十嵐隆 編,尾内一信 専門編集,小児科臨床ピクシス11 抗菌薬・抗ウイルス薬の使い方,中山書店,p. 200−203,2009.

総説(雑誌) ↑上へ戻る

1.致死性骨異形成症  大薗恵一
小児科診療 ─小児の症候群,72(増刊号):478,2009.

2.低ホスファターゼ症  大薗恵一
小児科診療 ─小児の症候群,72(増刊号):479,2009.

3.軟骨無形成症・軟骨低形成症  大薗恵一
小児科診療 ─小児の症候群,72(増刊号):480,2009.

4.小児の低リン血症とFGF23  大薗恵一
小児科,50(10):1551−1559,2009.

5.お子さんが小柄である事が気になったら  大薗恵一
ふたば,73:16−23,2009.

6.カルシトニン・CGRPと骨  大薗恵一
CLINICAL CALCIUM ─特集 ホルモンと骨粗鬆症─,19(7):29−34,2009.

7.小児の骨発達とその異常  大薗恵一
日本小児科学会雑誌,113(12):1779−1788,2009.

8.すくすく育て,こころとからだ:親と子の対話を内分泌学からみてみると  大薗恵一
小児保健研究,69(2):173−176,2010.

9.ビタミンD依存性くる病  三善陽子,大薗恵一
小児内科 ─小児疾患診療のための病態生理2,41(増刊号):575−578,2009.

10.Frasier症候群  三善陽子,大薗恵一
小児科診療 ─小児の症候群,72(増刊号):322,2009.

11.Denys-Drash症候群  三善陽子,大薗恵一
小児科診療 ─小児の症候群,72(増刊号):372,2009.

12.Pediatric post-transplant lymphoproliferative disorder after cardiac transplantation.
Ohta H,Fukushima N※,Ozono K
Int J Hematol,90(2):127−136,2009.

13.学童・思春期のやせ・栄養不良へのアプローチ  山田寛之,虫明聡太郎
小児内科,41(9):1301−1305,2009.

14.すくすく育て,こころとからだ:子どもの健康なからだを育む  三善陽子
小児保健研究,69(2):230−236,2010.

15.新生児医療の最前線:新生児サイトメガロウイルス感染症のスクリーニング  和田和子
Neonatal Care,22(6):553−556,2009.

16.周産期医療の現状と問題点  和田和子
周産期医学,39(9):1272−1275,2009.

17.周産期相談 318 お母さんへの回答マニュアル「Q223・Q224・Q229」  和田和子
周産期医学,39(増刊号):552・554・562−563,2009.

18.内分泌代謝科専門医をめざすセルフトレーニング 問題と解説  難波範行
ホルモンと臨床,58(特別増刊号):62−63・207−214,2010.

19.Krabbe病  酒井規夫
小児内科 ─小児疾患診療のための病態生理,41(増刊号):454−457,2009.

20.ムコリピドーシスⅡ型・Ⅲ型  大友孝信,酒井規夫
小児内科 ─小児疾患診療のための病態生理,41(増刊号):475−478,2009.

21.てんかん患者の日常生活指導  永井利三郎
小児内科,41(3):419−426,2009.

22.Q&A:てんかんの病態や発作時の対応について教えてください  永井利三郎
健康教室 養護教諭のための教育実践に役立つQ&A集Ⅲ,60(10):32−34,2009.

23.「こんな場合にはどうやって対処すればいいの?」多くの先生がお困りの特別支援教育を取り上げました! ─他校の事例とその解説  永井利三郎,奥野裕子※
健,38(5):19−24,2009.

24.発達障害支援体制と小児神経科医  永井利三郎
脳と発達,41(5):324,2009.

25.てんかんをもつ子どもへの包括的な支援を考える  永井利三郎
てんかん研究,27(1):1−2,2009.

26.子どものてんかんとQuality of Life(QOL)  永井利三郎
Epilepsy,4:37−42,2009.

27.レストレスレッグズ症候群  橋本奈津子,毛利育子,谷池雅子
小児科診療 ─小児の症候群,72(増刊号):205,2009.

原著(邦文) ↑上へ戻る

1.日本人小児の悪性腫瘍患者におけるノギテカン(ハイカムチン(R))の薬物動態
橋井佳子,田中千賀※,池宮美佐子※,石井武文※,倭 和美※,太田秀明,大杉夕子※
小児がん,46(3):343−348,2009.

2.臍帯血移植後のM-CSFによる造血回復
佐藤恵実子,橋井佳子,原 純一※,太田秀明
今日の移植,23(1):29−32,2010.

3.Pena−Shokeir phenotype 剖検例の臨床病理学的検討
橘真紀子,松岡圭子※,桑江優子※,中山雅弘※,北島博之※,末原則幸※
大阪府立母子保健総合医療センター雑誌,25(1):8−12,2009.

4.小児の劇症肝不全における劇症化の診断と予知に関する検討
虫明聡太郎,別所一彦,位田 忍※,須磨崎亮※,乾あやの※,長田郁夫※,松井 陽※
日本小児科学会雑誌,114(1):64−72,2010.

5.脳幹部海綿状血管腫による睡眠異常を呈した1例
下野九理子,加藤久美,北井征宏,新谷 研,富永康仁,沖永剛志,毛利育子,谷池雅子,大薗恵一
脳と発達,41(5):349−352,2009.

6.ガンマグロブリン療法が著効した難治性てんかん性スパスムの一例
北井征宏,池田 妙,岩谷祥子,新谷 研,富永康仁,下野九理子,沖永剛志,永井利三郎,大薗恵一
大阪てんかん研究会雑誌,20(1):13−19,2009.

7.ケトン食療法を行なった歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症の1例
富永康仁,岩谷祥子,北井征宏,橋本奈津子,新谷 研,下野九理子,沖永剛志,永井利三郎,大薗恵一
大阪てんかん研究会雑誌,20(1):27−32,2009.

8.学校医・園医の現状と問題点に関する意識調査 大阪小児科医会勤務医部会「病気を持った子どもの教育・保育問題委員会」:
藤丸季可※,稲田 浩※,木野 稔※,里村憲一※,塩見正司※,鈴木美智子※,高田慶応※,田川哲三※,田辺卓也※,永井利三郎
日本小児科学会雑誌,113(9):1431−1435,2009.

9.フェニトイン注射薬の使用実態調査─日本てんかん学会評議員・会員を対象としたアンケート調査─
日本てんかん学会薬事委員会:
大澤真木子※,井上有史※,亀山茂樹※,加藤天美※,松浦雅人※,永井利三郎,大塚頌子※,渡辺雅子※
てんかん研究,27(1):51−58,2009.

10.肢体不自由養護学校における看護師と養護教諭の役割に関する調査
池田友美※,郷間英世※,永井利三郎,武藤葉子※,牛尾禮子※
小児保健研究,68(1):74−80,2009.

11.精神科における広汎性発達障害日本自閉症協会評定尺度(PARS)思春期・成人期尺度の有用性についての予備的検討
橋本亮太※,大井一高※,福本素由己※,高村明孝※,毛利育子,谷池雅子,武田雅俊※
精神医学,51(12):1197−1203,2009.

12.WS-1 妊婦新型インフルエンザワクチン接種による母児への感染防御効果の評価プロトコール
佐藤晶論※,菱木はるか※,山岸義晃,大石智洋※,西村直子※,山口真也※
小児科臨床 ,63(2):350−355,2010.

原著(英文) ↑上へ戻る

1.Risk factors for neurological complications in complete hemolytic uremic syndrome caused by Escherichia
coli O157.
Yamamoto T※,Satomura K※,Okada S※,Ozono K
Pediatr Int,51(2):216−219,2009.

2.Wnt signaling in bone metabolism.
Kubota T※,Michigami T※,Ozono K
J Bone Miner Metab,27(3):265−271,2009.

3.Oncogenic nucleoporin CAN/Nup214 interacts with vitamin D receptor and modulates its function.
Miyauchi Y※,Sakaguchi N※,Okada T※,Makishima M※,Ozono K,Michigami T※
J Cell Biochem,106(6):1090−1101,2009.

4.Severe arterial hypertension:a possible complication of McCune-Albright syndrome.
Ohata Y※,Yamamoto T※,Mori I,Kikuchi T※,Michigami T※,Imanishi Y※,Satomura K※,Ida S※,Ozono K
Eur J Pediatr,168(7):871−876,2009.

5.Ex vivo-expanded donor CD4+ lymphocyte infusion against relapsing neuroblastoma: a transient graft
−versus− tumor effect.
Yoshida H,Kusuki S,Hashii Y,Ohta H,Morio T※,Ozono K
Pediatr Blood Cancer,52(7):895−897,2009.

6.Antifungal prophylaxis with micafungin in patients treated for childhood cancer.
Kusuki S,Hashii Y,Yoshida H,Takizawa S,Sato E,Tokimasa S,Ohta H,Ozono K
Pediatr Blood Cancer,53(4):605−609,2009.

7.Identification of severe combined immunodeficiency by T-cell receptor excision circles quantification using neonatal guthrie cards.
Morinishi Y※,Imai K※,Nakagawa N※,Sato H※,Horiuchi K※,Ohtsuka Y※,Kaneda Y※,Taga T※,Hisakawa H※,Miyaji R※,Endo M※,Oh-Ishi T※,Kamachi Y※,Akahane K※,Kobayashi C※,Tsuchida M※,Morio T※,Sasahara Y※,Kumaki S※,Ishigaki K※,Yoshida M※,Urabe T※,Kobayashi N※,Okimoto Y※,Reichenbach J※,Hashii Y,Tsuji Y※,Kogawa K※,Yamaguchi S※,Kanegane H※,Miyawaki T※,Yamada M※,Ariga T※,Nonoyama S※
J Pediatr,155(6):829−833,2009.

8.Outcome of childhood acute lymphoblastic leukemia with induction failure treated by the Japan Association of Childhood Leukemia Study(JACLS)ALL F-protocol.
Suzuki N※,Yumura-Yagi K※,Yoshida M※,Hara J※,Nishimura S※,Kudoh T※,Tawa A※,Usami I※,
Tanizawa A※,Hori H※,Ito Y※,Miyaji R※,Oda M※,Kato K※,Hamamoto K※,Osugi Y※,Hashii Y,
Nakahata T※,Horibe K※ for the Japan Association of Childhood Luekemia Study (JACLS)
Pediatr Blood Cancer,54(1):71−78,2010.

9.Loss-of-function Additional sex combs like 1 mutations disrupt hematopoiesis but do not cause severe myelodysplasia or leukemia.
Fisher CL※,Pineault N※,Brookes C※,Helgason CD※,Ohta H,Bodner C※,Hess JL※,Humphries RK※,Brock HW※
Blood,115(1):38−46,2010.

10.A case of congenital bone marrow failure with radio-ulnar synostosis.
Yoshida H,Hashii Y,Okuda T,Kusuki S,Sato E,Inoue A※,Kawakami C※,Yabe M※,Ohta H,Ozono K
Int J Hematol,91(2):331−332,2010.

11.Pediatric post-transplant lymphoproliferative disorder after cardiac transplantation.
Ohta H,Fukushima N※,Ozono K
Int J Hematol,90:127-136,2009.

12.A case of pediatric virilizing adrenocortical tumor resulting in hpothalamic−pituitary activation and central precocious puberty following surgical removal.
Miyoshi Y,Oue T※,Oowari M※,Soh H※,Tachibana M,Kimura S,Kiyohara Y,Yamada H,Bessho K,Mushiake S,Homma K※,Hasegawa T※,Sasano H※,Ozono K
Endocr J,56(8):975−982,2009.

13.Increased type 3 iodothyronine deiodinase activity in a regrown hepatic hemangioma with consump-tive hypothyroidism.
Bessho K,Etani Y※,Ichimori H,Miyoshi Y,Namba N,Yoneda A※,Ooue T※,Chihara T※,Morii E※,Aoki T※,Murakami M※,Mushiake S,Ozono K
Eur J Pediatr,169(2):215−221,2010.

14.Peginterferon alpha-2b and ribavirin for the treatment of chronic hepatitis C in Japanese pediatric and young adult patients : a survey of the Japan Society of Pediatric Hepatology.
Tajiri H※,Inui A※,Kiyohara Y,Suzuki M※,Kagimito S※,Etani Y※,Shimizu T※,Fujisawa T※
Eur J Gastroenterol Hepatol,21(11):1256−1260,2009.

15.Steroid pulse therapy for protein-losing enteropathy after the Fontan operation.
Hoashi T※,Ichikawa H※,Ueno T※,Kogaki S,Sawa Y※
Congenit Heart Dis,4(4):284−287,2009.

16.Bone marrow mononuclear cells reduce myocardial reperfusion injury by activating the Pl3K/Akt survival pathway.
Lovell JM※,Yasin M※,Lee LK※,Cheung KK※,Shintani Y※,Collino M※,Sivarajah A※,Leung K※,Takahashi K,Kapoor A※,Yaqoob MM※,Suzuki K※,Lythgoe FM※,Martin J※,Munroe BP※,Thiemermann C※,Mathur A※
Atherosclerosis,213:67-76,2010.

17.A Japanese male patient with ‘fibular aplasia, tibial campomelia and oligodactyly’ : an additional case report.
Kitaoka T,Namba N,Kim JY※,Kubota T,Miura K,Miyoshi Y,Hirai H,Kogo M※,Ozono K
Clin Pediatr Endocrinol,18(3):81−86,2009.

18.【大阪小児先進医療研究会 優秀学術論文賞】
Inhibition of autophagosome formation restores mitochondrial function in mucolipidosisⅡandⅢskin fibroblasts.
Otomo T,Higaki K※,Nanba E※,Ozono K,Sakai N
Mol Genet Metab,98(4):393−399,2009.

19.Pathogenesis of leukodystrophy for Krabbe disease : molecular mechanism and clinical treatment.
Sakai N
Brain Dev,31(7):485−487,2009.

20.Localized donor cells in brain of a Hunter disease patient after cord blood stem cell transplantation.
Araya K,Sakai N,Mohri I,Kagitani-Shimono K,Okinaga T,Hashii Y,Ohta H,Nakamichi I※,Aozasa K※,Taniike M,Ozono K
Mol Genet Metab,98(3):255−263,2009.

21.Sleep disordered breathing in childhood-onset acid maltase deficiency.
Nabatame S※,Taniike M,Sakai N,Kato-Nishimura K,Mohri I,Kagitani-Shimono K,Okinaga T,Tachibana N※,Ozono K
Brain Dev,31(3):234−239,2009.

22.A pilot study on the changes in immunity after ACTH therapy in patients with West syndrome.
Ohya T※,Nagai T,Araki Y※,Yanagawa T※,Tanabe T※,Iyoda K※,Kurihara M※,Yamamoto K※,Masunaga K※,Iizuka C※,Nagamitsu S※,Yamashita Y※,Awaya Y※,Maekawa K※,Matsuishi T※,Research Group on Adverse Effects of Vaccination in Patients with Neurological Disorders
Brain and Development,31(10):739−743,2009.

23.Advance in genetic study of pervasive developmental disorder.
Hashimoto R※,Yasuda Y※,Nishimura A※,Yamamori H※,Ohi K※,Fukumoto M※,Takamura H※,Takahashi H※,Mohri I,Ito A※,Taniike M,Matsumoto N※,Takeda M※
J Brain Sci,35:13,2009.

24.A feasible approach to the assessment and treatment of pervasive developmental disorders in children.
Mohri I
J Brain Sci,35:14−18,2009.

25.Inhibition of prostaglandin D synthase suppresses muscular necrosis.
Mohri I,Aritake K※,Taniguchi H,Sato Y※,Kamauchi S※,Nagata N※,Maruyama T※,Taniike M,Urade Y※
Am J. Path,174(5):1735−1744,2009.

26.Septic arthritis and acute hematogenous osteomyelitis in childhood at a tertiary hospital in Japan.
Yamagishi Y,Togawa M※,Shiomi M※
Pediatr Int,51(3):371−376,2009.

講演↑上へ戻る

スプリングセミナー:09.05.15-17,大阪
1. How much fat is ideal for insulin sensitivity? 大薗恵一

第207回 日本小児科学会宮城地方会:09.06.27,仙台
2. ビタミンD欠乏症について ―再興と再考─ 大薗恵一

第18回 秋田県内分泌研究会:09.07.03,秋田
3. 小児の骨疾患に関する最近の話題 大薗恵一

メルクセローノ サイゼン学術講演会:09.09.19,東京
4. 子どもの成長を見守る 大薗恵一

第12回 静岡県小児内分泌研究会:09.09.26,静岡
5. このような症例では骨系統疾患を疑いましょう 大薗恵一

第51回 日本先天代謝異常学会総会:09.11.05-07,東京
6. フローチャート式 低カルシウム血症の鑑別診断 大薗恵一

第70回 臨床内分泌代謝懇話会:09.12.19,東京
7. 小児ビタミンD欠乏とミネラル代謝異常 大薗恵一

第40回 九州小児内分泌談話会:10.02.06,福岡
8. くる病をめぐる新展開 大薗恵一

第4回 生殖・発達内分泌研究会:10.02.13,東京
9. 周産期,小児期のカルシウム・リン代謝の新展開 大薗恵一

第4回 埼玉北西部骨代謝研究会:10.02.18,埼玉
10. ビタミンD欠乏症の臨床的課題 大薗恵一

厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)ホルモン受容機構異常に関する調査研究 
平成21年度研究報告会:10.01.15,東京
11. 周産期におけるリン代謝の検討 難波範行,大薗恵一

第327回 脂溶性ビタミン総合研究委員会:10.03.05,東京
12. 小児のビタミンD欠乏症に関する実態調査 三浦弘司,大薗恵一

第46回 日本小児外科学会学術集会・市民公開講座:09.06.06,大阪
13. 代表的な小児がん・血液腫瘍 太田秀明

第25回 日本小児がん学会:09.11.27-29,浦安
14. 小児がんに対するWT1ワクチン療法 太田秀明

第51回 日本小児血液学会:09.11.27-29,浦安
15. 小児血液領域における真菌感染症とその治療 ~実際の使用経験から~ 橋井佳子

胆道閉鎖症の子どもを守る会:09.08.30,西宮
16. 胆道閉鎖症と肝移植の諸問題 別所一彦

第183回 大阪小児科学会 シンポジウム:09.09.27,大阪
17. 小児がん経験者の長期フォローアップ 三善陽子

第56回 日本小児保健学会 市民公開講座:09.10.29-31,大阪
18. すくすく育て ─こころとからだ:子どもの健康なからだを育む 三善陽子

第56回 日本小児保健学会 市民公開講座1:09.10.31,大阪
19. すくすく育て ─こころとからだ:よい眠りと子どもの健やかな育ち 加藤久美

第11回 大阪新生児研究会:09.06.06,大阪
20. 臍帯・胎盤・羊膜組織からの人工多能性幹細胞(iPS細胞)をもちいた小児難病の病態解析とその展望
北畠康司

第45回 日本周産期・新生児医学会 インタラクティブシンポジウム:09.07.13,名古屋
21. 周産期・新生児領域での医師確保と人的資源の有効活用 医師の確保:大学病院にできること 和田和子

神奈川県新生児医療連絡会:09.09.08,横浜
22. 未熟児網膜症に対する抗VEGF抗体治療の可能性 荒堀仁美

伊丹市医師会学術講演会:09.10.01,伊丹
23. 人工多能性幹細胞(iPS細胞)をもちいた小児難病の病態解明とその展望 北畠康司

京都南東部小児科懇話会:09.11.05,京都
24. 先天性サイトメガロウイルス感染症のトピックス 和田和子

久留米大学小児科 Ground Rounds:09.11.20,久留米
25. 女性医師が働き続けるために 和田和子

第54回 日本未熟児新生児学会 日本未熟児新生児学会 日本新生児看護学会合同シンポジウム: 09.11.29,横浜
26. 新生児専門医と新生児集中ケア認定看護師の将来展望 新生児標榜と新生児専門医制度 和田和子
27. パネルディスカッション 未熟児網膜症 未熟児網膜症に対する抗 VFGF抗体治療の可能性 荒堀仁美

6th World Scientific Symposium on Pulmonary Hypertension:09.06.21,東京
28. Endothelin receptor antagonist for the treatment of high pulmonary vascular resistance associated with
congenital heart disease. 小垣滋豊

第39回 大阪大学阪神地区小児科勉強会:09.09.10,大阪
29. 症例に学ぶ小児循環器疾患のピットフォール 小垣滋豊

筑波大学セミナー:09.10.30,つくば
30. 肺動脈内皮細胞におけるエストロゲンの効果は酸素濃度により逆転する 市森裕章

西宮市医師会 学校心臓健診勉強会:10.02.25,西宮
31. 3次検診に至る症例から学ぶ 小児循環器疾患のピットフォール 小垣滋豊

糖尿病・メタボリックセミナー:09.05.12,吹田
32. 小児の糖尿病 ─小児科における治療方針と今後の課題─ 難波範行

Nordiscience forum 2009 シンポジウム:09.05.30,京都
33. 水・電解質異常 ─診療に役立つ専門医からのアドバイス─ Ca異常症の診断と治療 難波範行

第21回 大阪大学医学部附属病院 小児医療センターセミナー:09.06.03,吹田
34. 小児の糖尿病 難波範行

第27回 日本骨代謝学会学術集会:09.07.23-25,大阪
35. リン代謝(小児疾患を含めて) 難波範行

第11回 病気療養児の教育研修会:09.07.29,吹田
36. 小児の腎疾患 平井治彦

こどもの成長を考えるフォーラムin Osaka ─成長ホルモン治療の歩み─:09.08.01,大阪
37. 軟骨無形成症,軟骨低形成症に対する成長ホルモン療法の治療成績 難波範行

KIGS/KIMS Japan National Conference 2009:09.08.29,東京
38. GH投与時のリン代謝の検討(第2報) 難波範行

厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)
低フォスファターゼ症の個別最適治療に向けた基礎的・臨床的検討:09.10.31,大阪
39. やさしい骨と歯の話 小児科の立場から 難波範行

第20回 日本成長学会学術集会:09.11.14,鳥取
40. 小児の成長と骨 難波範行

小児成長研究:09.07.25,東京
41. リソゾーム病の診断と治療法の最前線 ─蓄積病を疑うべきとき─ 酒井規夫

第3回 国際リソゾーム病シンポジウム Seminar for Patients and Families 2:09.09.26-27,名古屋
42. ファブリー病 酒井規夫

第51回 日本先天代謝異常学会総会 シンポジウム:09.11.05-07,東京
43. 先天性代謝異常症の遺伝カウンセリング「副腎白質ジストロフィーの遺伝カウンセリング」 酒井規夫

第112回 日本小児科学会学術集会 教育講演:09.04.17-19,奈良
44. Immunization for children with neuronal deseases. 永井利三郎

第51回 日本小児神経学会総会 夜間集会:09.05.28-30,米子
45. 痙性斜頸に対するボツリヌス治療による呼吸への効果 下野九理子

第8回 全国LD親の会全国フォーラム:09.06.21,大阪
46. 学校教育段階における連携の現状:課題・展望 
─個別の教育支援計画の活用に向けて─ 医療の立場から 永井利三郎

堺市立保健担当者研修会:09.07.16,堺
47. 障害児保育と医療的ケアの問題 永井利三郎

豊中支援学校教育講演会:09.07.17,豊中
48. 発達障害児の特性とその対応について 永井利三郎

東大阪市教職員研修会:09.07.28,東大阪
49. 発達障害児の特性とその対応について 永井利三郎

日本てんかん協会主催 てんかん基礎講座:09.07.31,東京
50. 抗てんかん薬の副作用 永井利三郎

特別支援教育セミナー in 関西:09.08.04,大阪
51. 地域における医療的ケアの現状と課題について 永井利三郎

日本てんかん協会主催 てんかん基礎講座:09.08.05,大阪
52. 抗てんかん薬の副作用 永井利三郎

Glucose transporter-1 異常症家族会:09.08.08,名古屋
53. Glucose transporter-1 異常症について 下野九理子

色素性乾皮症親の会(ふれっくるの会)総会:09.08.22,神戸
54. 色素性乾皮症と呼吸障害 下野九理子

箕面支援学校 医療的ケア研修会:09.09.02,箕面
55. 医療的ケアの実際 永井利三郎

池田市保育所(園)職員研修会:09.11.12,池田
56. 保育所障がい児保育の現状と今後の課題 永井利三郎

池田市保育研修会:09.11.17,池田
57. ダウン症に関する指導および講義 永井利三郎

日本小児神経学会 小児神経セミナー:09.11.22,大阪
58. 小児神経疾患と予防接種 永井利三郎

てんかんエキスパート勉強会:09.12.17,高知
59. てんかん薬物治療における最近の話題 永井利三郎

大阪府発達障がいの早期発見・早期支援に関する研修会:10.01.15,大阪
60. 発達障がいの早期徴候の見立てと支援 ~ペアレントトレーニングなどを用いて 永井利三郎

障害児保育講演会:10.01.24,大阪
61. 発達障がいの考え方と支援の実際 ~ペアレントトレーニングなどを用いて 永井利三郎

医療的ケアを必要とするこどもの公開講座:10.02.06,吹田
62. 大阪における小児の在宅医療の現状 永井利三郎

てんかん相談支援者研修会 in 近畿:10.02.14,西宮
63. てんかんについて ~てんかんの基礎知識を中心に 永井利三郎

吹田市学校保健会:10.02.18,吹田
64. 発達障がいをもつ子どもの保護者との連携について 永井利三郎

NPO法人特別支援教育ネットワーク「がじゅまる」シンポジウム:10.03.22,大阪
65. 発達障がいの理解 ~感覚について考える 永井利三郎

第181回 大阪小児科学会:09.04.04,大阪
66. 小児科医からみた広汎性発達障害 谷池雅子

第20回 大阪大学医学部附属病院 小児医療センターセミナー:09.04.15,吹田
67. 小児医療センターでの自閉症診療の取り組み 毛利育子

障害をともに考えるセミナー:09.04.29,堺
68. 発達障がいとは? 毛利育子
69. 堺市の発達障がい支援研究報告 ─発達障がい支援に必要なこと 加藤久美

堺市保育士対象研修会:09.05.22,堺
70. 発達障害の理解と対応について 加藤久美

平成21年度吹田市保育所職員研修会:09.06.09,吹田
71. 睡眠と発達 毛利育子

第36回 日本脳科学会総会 シンポジウム:09.06.12,金沢
72. 大阪大学子どものこころの発達研究センターにおける発達障害診療の取り組み 毛利育子

平成21年度近畿肢体不自由児通園施設連絡協議会 教育講演:09.06.20,大阪
73. 睡眠障害について 毛利育子

第26回 小児神経筋疾患懇話会 推薦講演:09.08.22,東京
74. プロスタグランジンD2合成阻害剤による筋壊死抑制 毛利育子,谷池雅子

もっと知りたい発達障害:09.09.13,堺
75. 堺市・大阪大学発達障害児支援研究 研究報告 加藤久美,山本知加※

大阪大学大学院大阪大学・金沢大学・浜松医科大学 連合小児発達学研究科開設記念シンポジウム: 09.10.03,浜松
76. 神経基盤に基づいた発達障害臨床を目指して 毛利育子

第8回 日本健康行動科学学会:09.10.03,大阪
77. 自閉症スペクトラムにおける神経発達 谷池雅子

日本小児科学会女性医師再研修プログラム:09.10.24,大阪
78. 発達障害の治療 up to date 毛利育子

第5回 群馬気道疾患研究会:09.11.14,前橋
79. 小児科と睡眠時呼吸障害 谷池雅子

メンタルケア協会講習会:10.01.09,大阪
80. 子どもにおける発達と睡眠 谷池雅子

堺市職員研修会:10.01.27,堺
81. 子どもの眠りについて ~堺市の子どもの実態から学ぶ~ 加藤久美

第9回 山口県睡眠障害研究会:10.02.18,山口
82. 子供の睡眠障害と発達 谷池雅子

第7回 日本小児栄養研究会・第34回 日本臨床栄養協会近畿地方会合同学術集会:10.03.06,京都
83. 睡眠時無呼吸症候群 谷池雅子

International Conference on Social Brain : Autism and Neuroethics:10.03.24,金沢
84. 発達障害支援について 毛利育子

公開講座「発達障害 ~勇気と希望を持つために,みんなができること~」:10.03.27,大阪
85. 発達障害研究の潮流 毛利育子

園・学校保健勉強会:10.03.27,大阪
86. 学校医・園医の立場で発達障害を診る 谷池雅子

学位取得者↑上へ戻る

1.河津由紀子
Prediction of therapeutic strategy and outcome for antenatally diagnosed pulmonary atresia/stenosis with intact ventricular septum.
Circ J,72(9):1471-1475,2008.
取得年月日:2009年7月13日

2.新谷 研
Localized Donor Cells in Brain of a Hunter disease Patient after Cord Blood Stem Cell Transplantation .
Mol Genet Metab:98(3):255-263,2009.
取得年月日:2009年8月24日