アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 当科の紹介 > 業績 |平成」22年度|

教授挨拶

◆平成22年度◆
| 総説(書籍) | 総説(雑誌) | 原著(邦文) | 原著(英文) | 講演 | 学位取得者 | 目次へ戻る |
総説(書籍)

1.正常な骨・軟骨  大薗恵一
大薗恵一,田中弘之,山中良孝 編,骨の病気と付き合うには ─本人と家族のために─改訂版,メディカルレビュー社,p. 12-16,2010.

2.ビタミンD欠乏性くる病  大薗恵一
大薗恵一,田中弘之,山中良孝 編,骨の病気と付き合うには ─本人と家族のために─改訂版,メディカルレビュー社,p. 326-328,2010.

3.低フォスファターゼ症  大薗恵一
国分正一,岩谷 力,落合直之,沸淵孝夫 編,今日の整形外科治療指針 第6版,医学書院,p. 266,2010.

4.低リン血症性くる病  大薗恵一
国分正一,岩谷 力,落合直之,沸淵孝夫 編,今日の整形外科治療指針 第6版,医学書院,p. 267,2010.

5.身長・体重の異常   大薗恵一
五十嵐隆,石井栄三郎 編,小児科臨床ピクシス24 『症状別 検査の選び方・進め方』,中山書店,p. 174-177,2011.

6.代謝・内分泌疾患・染色体異常 ─くる病─  大薗恵一
児玉浩子,玉井 浩,清水俊明 編,小児臨床栄養学,診断と治療社,p. 274-278,2011.

7.栄養指導 ─小児科医─   橘真紀子,三善陽子
児玉浩子,玉井 浩,清水俊明 編,小児臨床栄養学,診断と治療社,p. 412-414,2011.

8.新生児・未熟児 ─感染症対策─   和田和子
五十嵐隆 監修,総合小児科診療のための小児科学レビュー2010 ─最新主要文献と解説─,総合医学社,p. 274-276,2010.

9.骨形成不全症とは   平井治彦,大薗恵一
大薗恵一,田中弘之,山中良孝 編,骨の病気と付き合うには ─本人と家族のために─改訂版,メディカルレビュー社,p. 158-165,2010.

10.酵素診断   酒井規夫
五十嵐隆,高柳正樹 編,小児科臨床ピクシス23 『見逃せない先天代謝異常』,中山書店,p. 119-121,2010.

11.ポンペ病   酒井規夫
五十嵐隆,高柳正樹 編,小児科臨床ピクシス23 『見逃せない先天代謝異常』,中山書店,p. 232-234,2010.

12.発達障害の子どもの理解と関わり方入門 広汎性発達障害・ADHDの幼児期から学童期の支援  永井利三郎
永井利三郎 監修,荒木田美香子,伊藤美樹子,奥野裕子,酒井佐枝子,藤原千惠子 編,大阪大学出版会,2010.

13.疾患ごとのケトン食 ─てんかん─  下野九理子
藤井達哉 編,永井利三郎編集協力,ケトン食の基礎から実践まで ~ケトン食に関わるすべての方へ~,診断と治療社,p. 74-90,2010.

14.成長・発達 ─運動機能・精神の発達─  下野九理子,永井利三郎
児玉浩子,玉井 浩,清水俊明 編,小児臨床栄養学,診断と治療社,p. 6-9,2011.

総説(雑誌) ↑上へ戻る

1.リン利尿ホルモンFGF23と骨代謝   大薗恵一
CLINICAL CALCIUM ─特集 小児の骨・関節疾患─,20(6):74-81,2010.

2.低ホスファターゼ症の病態と新規治療法   大薗恵一
CLINICAL CALCIUM ─特集 遺伝子異常と骨系統疾患─,20(8):72-79,2010.

3.Wntシグナルと骨粗鬆症 ─偽性神経膠腫症候群─   大薗恵一
CLINICAL CALCIUM ─特集 サイトカインと骨疾患─,20(10):72-77,2010.

4.注目すべき新機軸 ─Bone-Kidney axis─   大薗恵一
日本小児腎臓病学会雑誌,23(2):105-110,2010.

5.周産期のカルシウム・リン・ビタミンD代謝   大薗恵一
日本未熟児新生児学会雑誌,23(1):50-54,2011.

6.よくある子どもの骨の病気 ─O脚,X脚はどうしてなるか─   大薗恵一
チャイルドヘルス ─21世紀の子どもの保健と育児を支援する雑誌─,14(2):16-20,2011.

7.小児がん経験者と晩期内分泌障害   三善陽子,大薗恵一
小児内科,42(4):627-631,2010.

8.小児における超音波検査の実際   清原由起,西川正則※,大薗恵一
臨床と研究,87(5):98-102,2010.

9.小児における静脈・経腸栄養 ─小児の造血幹細胞移植─
曹 英樹※,上原秀一郎※,大植孝治※,太田秀明,福澤正洋※ 
日本臨床 静脈・経腸栄養(第3版)基礎・臨床研究のアップデート,68(増刊号):574-577,2010.

10.Hirschsprung病類縁疾患に対するシンバイオティクスの有用性
清原由起,中長摩利子※,高橋琢也※,位田 忍※,窪田昭男※
静脈経腸栄養,25(4):27-31,2010.

11.Hirschsprung病類縁疾患におけるMRシネグラフィー
長谷川泰浩,清原由起,位田 忍※,池田佳世,川原央好※,窪田昭男※,西川正則※
小児外科,42(7):749-755,2010.

12.リン代謝異常 ─発達とリン代謝異常 未熟児くる病─   和田和子
腎と透析,69(2):221-223,2010.

13.周産期医療と倫理 ─18トリソミーが疑われた症例─    和田和子
日本周産期・新生児医学会雑誌,46(4):1037-1038,2010.

14.どんな異常も見逃さない! 産科急変のシグナルとベスト対応 ─新生児 溶血性疾患─   和田和子
ペリネイタルケア,2011(新春増刊):213-217,2011.

15.大学医学部での母乳教育の現状と今後の課題   荒堀仁美
小児科,51(8):1081-1086,2010.

16.母乳育児のメリットと母乳だけで育てる場合の注意点   荒堀仁美,大薗恵一
月刊母子保健,613:10,2010.

17.アセスメント力アップ! 正常? 異常? にもう迷わない新生児の観察ポイント─出生時に必ず観察すべきポイントは?新生児蘇生法を中心に─   荒堀仁美,村上聖女※
ペリネイタルケア,29(12):1118-1124,2010.

18.周産期医療がめざすディベロップメンタルケア 胎児期からはじめる発達支援─分娩直後からの母子(児)同室(解説/特集)
坂野公彦,北島博之※
周産期医学,40(5):609-613,2010.

19.どんなときに心筋・心膜疾患を疑うか   小垣滋豊
小児内科,42(5):685-688,2010.

20.先天性心疾患に伴うPAH治療の進歩 ─Eisenmenger症候群とFontan循環不全への挑戦  小垣滋豊
医学のあゆみ,233(7):527-531,2010.

21.小児心臓移植 ─世界と日本の現状   小垣滋豊
医学のあゆみ,234(11):1037-1042,2010.

22.エストロゲンと肺高血圧症   市森裕章,小垣滋豊,大薗恵一
循環器内科,68(2):161-166,2010.

23.疾患に対する薬剤の選び方・使い方と注意 ─くる病   難波範行
小児内科 『必携 小児の薬の使い方』,42(増刊号):683-686,2010.

24.FGF23関連低リン血症   難波範行
小児科臨床,63(6):11-17,2010.

25.骨系統疾患の分類と遺伝子異常   難波範行
CLINICAL CALCIUM ─特集 遺伝子異常と骨系統疾患─,20(8):11-17,2010.

26.ビタミンD欠乏症   三浦弘司,難波範行,大薗恵一
小児科臨床,63(6):7-10,2010.

27.低リン血症の原因・病態・治療   藤原 誠,難波範行,大薗恵一
腎と透析,69(2):177-182,2010.

28.先天代謝異常症を見逃さない ─肝脾腫大   酒井規夫
小児内科,42(7):1126-1129,2010.

29.小児神経疾患の新しい予防・治療 小児神経疾患と予防接種   永井利三郎
小児神経学の進歩,39:45-54,2010.

30.子どものてんかんとQuality of Life (QOL)  永井利三郎
Epilepsy,4(1):29-34,2010.

31.てんかん治療Update 研究と臨床の最前線 ─最新・てんかん診療動向 心理・社会的研究─
てんかんをもつ子どもとその家族の包括的支援を考える ─QOLとレジリエンスの視点から 永井利三郎
医学のあゆみ,232(10):1092-1097,2010.

32.広汎性発達障害   毛利育子
生産と技術,62(4):65-68,2010.

33.小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群 ─骨格構造と肥満─ 谷池雅子,加藤久美※
The Lung perspectives,18(3):37-40,2010.

34.睡眠障害の最新の知識 睡眠障害臨床の基礎知識 ─子どもの睡眠障害の疫学─   谷池雅子,毛利育子,加藤久美※
臨床精神医学,39(5):525-530,2010.

35.疾患に対する薬剤の選び方・使い方と注意 ─睡眠関連疾患─ 谷池雅子,加藤久美※,毛利育子
小児内科 『必携 小児の薬の使い方』,42(増刊号):788-792,2010.

36.水痘・帯状疱疹対策 山岸義晃
INFECTION CONTROL ─臨床ですぐ使える感染対策エビデンス集+現場活用術─,2010(春季増刊号):107-109,2010.

37.任意接種ワクチンと定期化に向けての展望
水上智之※,岡田雅彦※,新庄正宜※,星野 直※,山岸義晃,堤 裕幸※
小児科臨床,64(3):504-508,2011.

原著(邦文) ↑上へ戻る

1.小児救急の広域化が後送病院小児科勤務医のモチベーションに及ぼす影響~豊能広域こども急病センター後送病院 小児科勤務医のQOLに関する多変量解析~
山本威久※,松岡太郎※,松崎香士※,植村 隆※,牧 一郎※,玉井 浩※,大薗恵一
日本小児救急医学会雑誌,9(3):38-47,2010.

2.小児がんに対するWT1ペプチドワクチン療法
太田秀明,橋井佳子
小児がん,47(2):263-267,2010.

3.神経芽腫におけるIDRFの概念
米田光宏※,西川正則※,上原秀一郎※,井上雅美※,三谷泰之※,野瀬恵介※,中井 弘※,川原央好※,窪田昭男※,中山雅弘※,大植孝治※,太田秀明,福澤正洋※,河 敬世※
小児外科,42(6):627-632,2010.

4.全身状態不良により化学療法の減量を行ったPRETEXT IV肝芽腫の1切除例
上原秀一郎※,楠木重範,山中宏晃※,上野豪久※,佐藤恵実子,橋井佳子,太田秀明,大植孝治※,福澤正洋※
小児がん,47(3):466-470,2010.

5.周産期医療と倫理 出生前診断についてのアンケート報告   
和田和子
日本周産期・新生児医学会雑誌,46(4):1029-1031,2010.

6.重症染色体異常症例に対する周産期ケア 当院における13-,18-trisomy症例の出生前診断時期と治療方針選択に関する検討
神山雅史※,荒堀仁美,和田和子,臼井規朗※,谷 岳人※,金川武司※,福澤正洋※
日本周産期・新生児医学会雑誌,46(4):1192-1194,2010.

7.幼児死亡小票調査からみた医療提供体制の課題
藤村正哲※,楠田 聡※,渡辺 博※,櫻井淑男※,青谷裕文※,松浪 桂,米本直裕※
日本小児科学会雑誌,114(3):454-462,2010.

8.先天性心疾患に対する心肺同時移植の周術期管理   
小垣滋豊
日集中医誌,17(4):468-470,2010.

9.小児期・青年期小児心臓移植後患者19例の臨床像
石田秀和,小垣滋豊,市森裕章,成田 淳,内川俊毅,前川 周,松本明香,岡田陽子,大薗恵一
日本小児科学会雑誌,115(1):62-68,2011.

10.発達障害児の養育者が求める支援 ─堺市質問紙調査より─
村田絵美※,山本知加※,加藤久美※,福田祥子※,毛利育子,永井利三郎,谷池雅子
小児保健研究,69(3):402-414,2010.

11.他者のこころを知る ─赤ちゃんがみせる他者理解のきざし─   
實藤和佳子※,谷池雅子
脳21,13(2):15-20,2010.

12.日本版幼児睡眠質問票の開発
清水佐知子※,加藤久美※,毛利育子,下野九理子,大野ゆう子※,谷池雅子
小児保健研究,69(6):803-813,2010.

13.睡眠ポリグラフィにおけるプレパレーションの試み ~発達障害児における効果~
村田絵美※,加藤久美※,毛利育子,谷池雅子
臨床睡眠,4(4):517-523,2010.

14.第3回子どもの眠り研究会報告   
神山 潤※,谷池雅子
脳と発達,42(3):220-223,2010.

15.第4回子どもの眠り研究会報告   
谷池雅子,神山 潤※,加藤久美※
脳と発達,43(2):126-127,2011.

原著(英文) ↑上へ戻る

1.Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation with reduced intensity conditioning for a child with recurrent anaplastic large cell lymphoma.
Ohta H,Kusuki S,Yoshida H,Sato E,Hashii Y,Ozono K
Int J Hematol,92(1):190-193,2010.

2.Wnt Signaling in Bone.
Kubota T,Michigami T※,Ozono K
Clin Pediatri Endocrinol,19(3):49-56,2010. (review)

3.Pediatric myeloid/ NK cell precursor lymphoma/ leukemia expressing T/ NK immunophenotype markers.
Hashii Y,Okuda T,Ohta H,Ozono K,Hara J※
Int J Hematol,91(3):525-529,2010.

4.Retropharyngeal neuroblastoma in an infant:management without surgery.
Matsumura R,Ohta H,Kusuki S,Yoshida H,Sato E,Hashii Y,Uehara S※,Oue T※,Fukuzawa M※,Ishida H※,Ozono K
J Pediatr Hematol Oncol,32(4):e160-e163,2010.

5.Septic pulmonary embolism from Staphylococcus haemolyticus during neutropenia.
Sato E,Ikeda K,Yoshida H,Kusuki S,Hashii Y,Ohta H,Ozono K
Pediatr Int,52(2):e121-e124,2010.

6.Cutaneous symptoms in a patient with cardiofaciocutaneous syndrome and increased ERK phosphorylation in skin fibroblasts.
Terao M※,Sakai N,Higashiyama S※,Kotobuki Y※,Tanemura A※,Wataya-Kaneda M※,Yutsudo M※,Ozono K,Katayama I※
Br J Dermatol,163(4):881-884,2010.

7.WT1 peptide immunotherapy for cancer in children and young adults.
Hashii Y,Sato E,Ohta H,Oka Y※,Sugiyama H※,Ozono K
Pediatr Blood Cancer,55(2):352-355,2010.

8.Establishment of sandwich ELISA for soluble alpha-Klotho measurement: Age-dependent change of soluble alpha-Klotho levels in healthy subjects.
Yamazaki Y※,Imura A※,Urakawa I※,Shimada T※,Murakami J※,Aono Y※,Hasegawa H※,Yamashita T※,Nakatani K※,Saito Y※,Okamoto N※,Kurumatani N※,Namba N,Kitaoka T,Ozono K,Sakai T※,Hataya H※,Ichikawa S※,Imel EA※,Econs MJ※,Nabeshima Y※
Biochem Biophys Res Commun,398(3):513-518,2010.

9.Late-onset differentiation syndrome in a child with acute promyelocytic leukemia.
Yoshida H,Matsumura R,Sato E,Hashii Y,Ohta H,Ozono K
Int J Hematol,92(2):409-411,2010.

10.Signaling of extracellular inorganic phosphate up-regulates cyclin D1 expression in proliferating chondrocytes via the Na+/Pi cotransporter Pit-1 and Raf / MEK / ERK pathway.
Kimata M※,Michigami T※,Tachikawa K※,Okada T※,Koshimizu T※,Yamazaki M※,Kogo M※,Ozono K
Bone,47(5):938-947,2010.

11.Clinical aspects and adrenal functions in eleven Japanese children with X-linked adrenoleukodystrophy.
Miyoshi Y,Sakai N,Hamada Y,Tachibana M,Hasegawa Y,Kiyohara Y,Yamada H,Murakami M,Kondou H,Kimura-Ohba S,Mine J※,Sato T※,Kamio N※,Ueda H※,Suzuki Y※,Shiomi M※,Ohta H,Shimozawa N※,Ozono K
Endocr J,57(11):965-972,2010.

12.Elevated Bone Turnover in an Infantile Patient with Mucolipidosis II; No Association with Hyperparathyroidism.
Otomo T,Yamamoto T※,Fujikawa Y※,Shimotsuji T※,Ozono K
Clin Pediatr Endocrinol,20(1):7-12,2011.

13.Hypophosphatasia now draws more attention of both clinicians and researchers: a commentary on Prevelance of c.1559delT in ALPL,a common mutation resulting in the perinatal (lethal) form of hypophosphatasias in  Japanese and effects of the mutation on heterozygous carriers.
Ozono K,Michigami T※
J Hum Genet,56(3):174-176,2011. (comment)

14.Hemophagocytosis after bone marrow transplantation for JAK3-deficient severe combined immuno-deficiency.
Hashii Y,Yoshida H,Kuroda S,Kusuki S,Sato E,Tokimasa S,Ohta H,Matsubara Y※,Kinoshita S※,Nakagawa N※,Imai K※,Nonoyama S※,Oshima K※,Ohara O※,Ozono K
Pediatr Transplant,14(8):e105-e109,2010.

15.Kaposiform hemangioendothelioma arising in the deltoid muscle without the Kasabach-Merritt phenomenon.
Tamai N※,Hashii Y,Osuga K※,Chihara T※,Morii E※,Aozasa K※,Yoshikawa H※
Skeleyal Radiol,39(10):1043-1046,2010.

16.Allogeneic hematopoietic stem cell transplantation against recurrent rhabdomyosarcoma.
Ohta H,Hashii Y,Yoshida H,Kusuki S,Tokimasa S,Yoneda A※,Fukuzawa M※,Inoue N※,Hara J※,Kusafuka T※,Ozono K
J Pediatr Hematol Oncol,33(1):e35-e38,2011.

17.Flow cytometric analysis of de novo acute myeloid leukemia in childhood: report from the Japanese Pediatric Leukemia/ Lymphoma Study Group.
Ohta H,Iwamoto S※,Kiyokawa N※,Tsurusawa M※,Deguchi T※,Takase K※,Fujimoto J※,Horibe K※,Komada Y※
Int J Hematol,93(1):135-137,2011.

18.Involvement of Aberrant Glycosylation in Thyroid Cancer.
Miyoshi E※,Ito Y※,Miyoshi Y
J Oncol,2010:816595,2010

19.Both FGF23 and extracellular phosphate activate Raf/ MEK/ ERK pathway via FGF receptors in HEK293 cells.
Yamazaki M※,Ozono K,Okada T※,Tachikawa K※,Kondou H,Ohata Y,Michigami T※
J Cell Biochem,111(5):1210-1221,2010.

20.Prenatal diagnosis of fetal intracranial hemorrhage in pregnancy complicated by idiopathic thrombocytopenic purpura.
Koyama S※,Tomimatsu T※,Sawada K※,Kanagawa T※,Isobe A※,Taniguchi Y※,Wada T※,Kimura T※,Arahori H,Kitabatake Y,Wada K
Prenat Diagn,30(5):489-491,2010.

21.Chordin-induced lineage plasticity of adult SVZ neuroblasts after demyelination.
Jablonska B※,Aguirre A※,Raymond M※,Szabo G※,Kitabatake Y,Sailor KA※,Ming GL※,Song H※,Gallo V※
Nat Neurosci,13(5):541-550,2010.

22.Birth Length is a Predictor of Adiponectin Levels in Japanese Young Children.
Nishihara M※,Sonoda M※,Matsunami K,Yanagihara K※,Yonemoto N※,Ida S※,Namba F※,Shimomura I※,Yanagihara I※,Waguri M※
J Pediatr Endocrinol Metab,23(9):913-920,2010.

23.The prognostic factors and the outcome of primary isolated fetal ascites.
Nose S※,Usui N※,Soh H※,Kamiyama M※,Tani G※,Kanagawa T※,Kimura T※,Arahori H,Nose K※,Kubota A※,Fukuzawa M※
Pediatr Surg Int,2011 Feb 5.[Epub ahead of print]

24.Effect of Ventricular Volume Before Unloading in a Systemic Ventricle Supporting the Fontan Circulation.
Adachi I※,Ueno T※,Ichikawa H※,Kagisaki K※,Ide H※,Hoashi T※,Kogaki S,Ohuchi H※,Yagihara T※,Sawa Y※
Am J Cardiol,107(3):459-465,2011.

25.Clinical features of the complete closure of the ductus arteriosus prenatally.
Ishida H,Inamura N※,Kawazu Y※,Kayatani F※
Congenit Heart Dis,6(1):51-56,2011.

26.Overexpression of endothelin-1 and endothelin receptors in the plmonary arteries of failed Fontan patients.
Ishida H,Kogaki S,Ichimori H,Narita J,Nawa N,Ueno T※,Takahashi K,Kayatani F※,Kishimoto H※,Nakayama M※,Sawa Y※,Beghetti M※,Ozono K
Int J Cardiol,2011 Feb 26.[Epub ahead of print]

27.Circulating Levels of Soluble α-Klotho Are Markedly Elevated in Human Umbilical Cord Blood.
Ohata Y,Arahori H,Namba N,Kitaoka T,Hirai H,Wada K,Nakayama M※,Michigami T※,Imura A※,Nabeshima YI※,Yamazaki Y※,Ozono K.
J Clin Endocrinol Metab,96(6):e943-e947,2011.

28.Decrease in serum FGF23 levels after intravenous infusion of pamidronate in patients with osteogenesis imperfecta.
Kitaoka T,Namba N,Miura K,Kubota T,Ohata Y,Fujiwara M,Hirai H,Yamamoto T※,Ozono K
J Bone Miner Metab,2011 Feb 23.[Epub ahead of print]

29.Pathology of the first autopsy case diagnosed as mucolipidosis type III α/β suggesting autophagic dysfunction.
Kobayashi H※,Takahashi-Fujigasaki J※,Fukuda T※,Sakurai K※,Shimada Y※,Nomura K※,Ariga M※,Ohashi T※,Eto Y※,Otomo T,Sakai N,Ida H※
Mol Genet Metab,102(2):170-175,2011.

30.Retrospective review of Japanese sudden unexpected death in infancy: The importance of metabolic autopsy and expanded newborn screening.
Yamamoto T※,Tanaka H※,Kobayashi H※,Okamura K※,Tanaka T※,Emoto Y※,Sugimoto K※,Nakatome M※,Sakai N,Kuroki H※,Yamaguchi S※,Matoba R※
Mol Genet Metab,102(4):399-406,2011.

31.Clinicogenetical features of a Japanese patient with giant axonal neuropathy.
Akagi M,Mohri I,Iwatani Y,Kagitani-Shimono K,Okinaga T,Sakai N,Ozono K,Taniike M
Brain Dev,2011 Feb 26.[Epub ahead of print]

32.Coexistence of TDP-43 and tau pathology in neurodegeneration with brain iron accumulation type 1 (NBIA-1,formerly Hallervorden-Spatz syndrome).
Haraguchi T※,Terada S※,Ishizu H※,Yokota O※,Yoshida H※,Takeda N※,Kishimoto Y※,Katayama N※,Takata H※,Akagi M,Kuroda S※,Ihara Y※,Uchitomi Y※
Neuropathology,2011 Jan 30.[Epub ahead of print]

33.A survey for Japanese pediatrician on vaccination of children with neurological disorders.
Tanabe T※,Tagawa T※,Arai H※,Imaishi H※,Uno R※,Tanaka J※,Nagai T,Nishida M※,Awaya Y※,Maekawa K
Pediatr Int,2011 Feb 22.[Epub ahead of print]

34.Effectiveness of modified parent training for mothers of children with Pervasive Developmental Disorder on parental confidence and children's behavior.
Okuno H※,Nagai T,Sakai S※,Mohri I,Yamamoto T※,Yoshizaki A※,Kato K,Tachibana M,Iwasaka H※,Taniike M
Brain Dev,33(2):152-160,2011.

35.One-month-old infants show visual preference for human-like feature.
Sanefuji W※,Yamamoto T※,Mohri I,Taniike M
Letters on Behavioral Science,2(1):5-8,2011.

36.Two genetic variants of CD38 in subjects with autism spectrum disorder and controls.
Munesue T※,Yokoyama S※,Nakamura K※,Anitha A※,Yamada K※,Hayashi K※,Asaka T※,Liu H※,Jin D※,Koizumi K※,Islam M※,Huang J※,Ma W※,Kim U※,Kim S※,Park K※,Kim D※,Kikuchi M※,Ono Y※,Nakatani H※,Suda S※,Miyachi T※,Hirai H※,Salmina A※,Pichugina Y※,Soumarokov A※,Takei N※,Mori N※,Tsujii M※,Sugiyama T※,Yagi K※,Yamagishi M※,Sasaki T※,Yamasue H※,Kato N※,Hashimoto R※,Taniike M,Hayashi Y※,Hamada J※,Suzuki S※,Ooi A※,Noda M※,Kamiyama Y※,Kido M※,Lopatina O※,Hashii M※,Amina S※,Malavasi F※,Huang EJ※,Zhang J※,Shimizu N※,Yoshikawa T※,Matsushima A※,Minabe Y※,Higashida H※
Neurosci Res,67(2):181-191,2010.

37.Estimation Method of Cortical Dysplasia Degree Using Neural Network in Pediatric Brain MR Images.
Kawakami N※,Kobashi S※,Kuramoto K※,Kitamura YT※,Kagitani-Shimono K,Imawaki S※,Taniike M,Hata Y※
SCIS&ISIS 2010,1399-1402,2010.

38.Human herpesvirus 6 encoded glycoprotein Q1 gene is essential for virus growth.
Tang H※,Kawabata A※,Yoshida M※,Oyaizu H,Maeki T※,Yamanishi K※,Mori Y※
Virology,407(2):360-367,2010.

講演↑上へ戻る

第45回 日本小児腎臓病学会学術集会 特別講演:10.07.02-03,大阪
1. 注目すべき新機軸 ─Bone-Kidney axis─ 大薗恵一

府立急性期・総合医療センター病診連携研修会 小児科疾患診療ネットワーク:10.07.08,大阪
2. 胎児・新生児期の成長を考える 大薗恵一

International Forum of Child Intractable Diseases 招待講演:10.07.17-18,東京
3. Growth retardation and its treatment in patients with achondroplasia/hypochondroplasia or osteogenesis imperfect. 
大薗恵一

第28回 日本骨代謝学会学術集会 シンポジウム:10.07.21-23,東京
4. 小児のビタミンD欠乏症 大薗恵一

第20回 日本尿路結石症学会学術集会 特別講演:10.08.27-28,大阪
5. 成長軟骨帯の生物学とその異常 大薗恵一

第57回 日本小児保健学会 教育講演:10.09.17,新潟
6. 骨系統疾患のトータルマネージメント 大薗恵一

第55回 日本未熟児新生児学会学術集会 教育講演:10.11.05-07,神戸
7. 周産期のカルシウム・リン・ビタミンD代謝 大薗恵一

第55回 日本未熟児新生児学会学術集会 教育セミナー:10.11.05-07,神戸
8. 胎児・新生児期の成長とその異常 大薗恵一

第3回 骨と内分泌代謝研究会 招待講演:10.11.12,東京
9. 骨系統疾患から明らかとなった骨生物学 大薗恵一

厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)ホルモン受容機構異常に関する調査研究:11.01.14,東京
10. 小児低リン血症性くる病の治療に関する全国調査と自験例における解析 難波範行,大薗恵一

女性医療従事者のワークライフバランスの実現を目指して 公開講座:10.05.08,東京
11. いま何が求められているのか ~女性医療従事者支援に必要なもの~ 

小児保健学会でのアンケート結果から 三善陽子
第33回 近畿小児がん研究会 公開シンポジウム:11.02.26,神戸
12. 小児がん経験者の長期フォローアップにおける内分泌学的晩期合併症 三善陽子

第1回 新生児蘇生法 専門コースインストラクター養成講習会 大阪大学医学部附属病院:10.05.08,吹田
13. 新生児蘇生法 和田和子,荒堀仁美

第1回 新生児蘇生法 一次コース講習会 清水産婦人科:10.06.21,宝塚
14. 新生児蘇生法 荒堀仁美

すくすく子ども健康フォーラム大阪:10.07.03,大阪
15. 小さく生まれた子どもの健康を見守るために 和田和子

第46回 日本周産期・新生児医学会学術集会 インタラクティブシンポジウム :10.07.11-13,神戸
16. 胎児診断と倫理 出生前診断についてのアンケート 和田和子

第1回 新生児蘇生法 一次コース講習会 中村産婦人科:10.07.18,宝塚
17. 新生児蘇生法 荒堀仁美

第1回 新生児蘇生法 一次コース講習会 ホーカベレディースクリニック:10.10.10,福井
18. 新生児蘇生法 荒堀仁美

CREST/さきがけ iPS細胞研究領域 合同シンポジウム:11.01.14,東京
19. 染色体異常症候群における合併症の発症メカニズムの解明 北畠康司

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)レクチャー:11.01.15,京都
20. Unraveling the pathogenic mechanisms of complications in chromosomal abnormalities 北畠 康司

第2回 大阪大学iPS細胞臨床研究シンポジウム:11.01.27,大阪
21. 臨床の現場から基礎研究へ iPS細胞による小児疾患の病態解明 北畠 康司

大阪府池田保健所 心臓疾患児講演会:10.08.25,池田
22. 心臓疾患児の日常生活とより安全な集団生活のために 小垣滋豊

第54回 大阪小児循環器談話会 指定講演:10.12.18,大阪
23. 改正臓器移植法施行後の現状 ~小児心・心肺移植適応症例~ 小垣滋豊

第7回 研修医のための小児救急・新生児勉強会 小児救急セミナー1:11.01.22,大阪
24. 新生児期に見逃してはいけない先天性心疾患 小垣滋豊

大阪府医師会 学校保健・循環器講習会:11.02.16,大阪
25. この症例から考える学校管理(その2) 小垣滋豊

International Symposium on Pediatric Endocrinology Official ICE 2010 Satellite Symposium:10.04.01,東京
26. Growth in Skeletal Dysplasias Namba N

若手医師のための熊本小児内分泌懇話会:10.05.21,熊本
27. くる病・骨軟化症 ─最近の話題─ 難波範行

第45回 日本小児腎臓病学会学術集会:10.07.02-03,大阪
28. 小児腎疾患における骨病変 平井治彦

第15回 小児内分泌専門セミナー:10.08.20,神戸
29. カルシウム・リン代謝 難波範行

骨系統疾患 学術講演会:10.11.05,秋田
30. 骨系統疾患診療の実際 難波範行

第10回 大阪小児内分泌勉強会:10.11.11,大阪
31. 新生児期のカルシウム代謝異常 難波範行

第41回 九州小児内分泌談話会:11.02.05,福岡
32. 甲状腺ホルモントランスポーターと甲状腺ホルモン作用の局所制御 難波範行

第4回 千葉県酵素補充療法研究会:10.07.09,千葉
33. ムコ多糖症に対する酵素補充療法と造血幹細胞移植の比較について 酒井規夫

第3回 日本ポンペ病研究会:10.07.26,東京
34. .乳児型,小児型ポンペ病の疾患評価法について 酒井規夫

第52回 日本先天代謝異常学会総会 シンポジウム2:10.10.23,大阪
35. 先天性代謝異常症マス・スクリーニングのこれから、マス・スクリーニングにおける遺伝カウンセリング 
酒井規夫

大塚製薬 職員研修会:10.05.14,吹田
36. てんかんの基礎知識 永井利三郎

てんかん協会大阪支部 専門職のためのてんかんの医療講演会:10.06.12,大阪
37. てんかんを持つ子どもと家族のサポート ~抗てんかん薬の知識も含めて~ 永井利三郎

第2回 関西障害者歯科臨床研究会:10.06.19,大阪
38. 発達障がいのある子どもの特性と支援の考え方 永井利三郎

大阪私立学校保健会 保健主事・養護教諭部合同研修会:10.07.16,大阪
39. てんかんを持つ子どもの治療と学校生活 永井利三郎

堺市発達障害児支援セミナー:10.08.25,堺
40. 乳幼児期のけいれん 下野九理子

箕面支援学校 研修会:10.09.03,箕面
41. 子どものてんかんとその支援について ~抗てんかん薬の知識も含めて~ 永井利三郎

日本てんかん協会兵庫県支部 てんかん県民講座:10.10.11,西宮
42. てんかんをもつ子どもの生活と支援 永井利三郎

池田市手をつなぐ親の会 母親教室:10.11.10,池田
43. てんかんと思春期の関連について 下野九理子

石橋保育所 池田市保育所研修:10.11.18,池田
44. 子どものひきつけとその対応 永井利三郎

大阪府発達障害指導員養成研修事業・保健師研修 発達障害の早期発見・支援に関する研修会:11.01.17,大阪
45. 発達障害の早期徴候の見立て 永井利三郎
46. PARSの実際 永井利三郎

池田保健所 小児訪問看護に関わる講演と意見交換会:11.01.22,池田
47. 医療的ケアの必要な障害児の支援についての考え方 永井利三郎

イーケプラ発売記念講演会:11.02.02,長崎
48. てんかんを持つ子どもの支援 ~発達課題とQOLの視点から~ 永井利三郎

尼崎市立小田高校 1年生スーパーサイエンスコース授業:11.02.07,尼崎
49. ヒトがヒトであることとは? 永井利三郎

大阪府立大和川高校 職員研修:11.02.10,大阪
50. アスペルガー障害について 永井利三郎

豊中市医師会 学校医研修会:11.03.12,豊中
51. 発達障害の早期診断と対応 永井利三郎

第3回 NPO法人特別支援教育ネットワーク『がじゅまる』シンポジウム:11.03.21,大阪
52. 感覚過敏について 永井利三郎

第118回 メンタルケア・スペシャリスト養成講座:10.06.12,大阪
53. 子どもにおける睡眠と発達 谷池雅子

平成22年度 全国国立大学法人助産師教育専任教員会議:10.06.24,大阪
54. 発達障害の科学的理解を目指して 谷池雅子

平成22年第1回 阪神ブロック市町保健師研究会 :10.06.25,川西
55. 幼児の広汎性発達障害について ~保健師が聞きたい!母へのサポートの仕方~ 橘 雅弥

保育所職員研修:10.07.02,藤井寺
56. 発達と睡眠 毛利育子

平成22年度 大阪府内の知的障がい者福祉関係職員に対する第2回機関研修会:10.09.02,大阪
57. 発達障がいの医学的理解 ~最新の潮流~ 毛利育子

第74回 日本心理学会大会:10.09.20,吹田
58. 発達臨床における医学と心理学の連携 谷池雅子

堺市教育課題研修 初任者・発展研修:10.10.19,堺
59. 広汎性発達障害の特性と対応 毛利育子

第16回 日本保育園保健学会:10.10.30,大阪
60. 発達障害の科学的な理解を目指して 谷池雅子

熊本睡眠研究会 専門医向セミナー:10.12.08,熊本
61. 乳幼児不眠症に関して 谷池雅子

第119回 メンタルケア・スペシャリスト養成講座:10.12.12,大阪
62. 子どもにおける睡眠と発達 谷池雅子

堺市小児科医会総会:11.03.05,堺
63. 堺の子どもの発達支援をサポートして 谷池雅子

大阪保健医療大学 第2回研修講座:11.03.05,大阪
64. 発達障害研究の現在 毛利育子

武蔵野大学附属幼稚園 講演会:11.03.08,三鷹
65. こどもの眠りを大切にしよう 谷池雅子

学位取得者↑上へ戻る

1.吉田之範
Very short gastroesophageal acid reflux during the upright position could be associated with asthma in children.
Allergology International:58(3):395-410,2009.
取得年月日:2010年10月27日

2.安達昌功
Compound heterozygous mutations of cytochrome P450 oxidoreductase gene(POR)in two patients with Antley-Bixler syndrome.
Am J Med Genet A:2004 Aug 1:128A(4):333-339
取得年月日:2011年3月25日

3.北岡太一
Decrease in serum FGF23 levels after intravenous infusion of pamidronate in patients with osteogenesis imperfecta.
J Bone Miner Metab:29(5):598-605,2011.
取得年月日:2011年3月25日