アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 当科の紹介 > 業績 | 平成23年度|

教授挨拶

◆平成23年度◆
| 総説(書籍) | 総説(雑誌) | 原著(邦文) | 原著(英文) | 講演 | 学位取得者 | 目次へ戻る |
総説(書籍)

1.治療総論 大薗恵一
五十嵐隆 編,小児科学 改訂第10版,文光堂,p. 71-81,2011.

2.副甲状腺機能低下症 大薗恵一
五十嵐隆 編,小児科診療ガイドライン ―最新の診療指針― 第2版,総合医学社,p. 378-380,2011.

3.ネフローゼ症候群 大薗恵一
大関武彦 編,ステロイドハンドブック2011,協和企画,p. 65-68,2011.

4.小児の特発性血小板減少性紫斑病 大薗恵一
大関武彦 編,ステロイドハンドブック2011,協和企画,p. 68-70,2011.

5.カルシウム,リン代謝とその異常 大薗恵一
日本小児腎臓病学会 編,小児腎臓病学,診断と治療社,p. 70-75,2012.

6.くる病 大薗恵一
山口 徹,北原光夫,福井次矢 編,今日の治療指針 私はこう治療している,医学書院,p. 1188,2012.

7.原発性副甲状腺機能亢進症 大薗恵一
大関武彦,古川 漸,横田俊一郎,水口 雅 編,今日の小児治療指針 第15版,医学書院,p. 237-238,2012.

8.Pediatric Natural Killer Cell Malignancy. Hashii Y
Mariastefania Antica 編,Acute Leukemia,INTECH,p. 277-294,2011.

9.保健 三善陽子,大薗恵一
佐地 勉,竹内義博,原 寿郎 編,ナースの小児科学 改訂5版,中外医学社,p. 79-88,2011.

10.新生児のモニタリング 和田和子
大関武彦,古川 漸,横田俊一郎,水口 雅 編,今日の小児治療指針 第15版,医学書院,p. 128,2012.

11.小児心臓移植―小児の心臓移植後管理 小垣滋豊
松田 暉 監,布田伸一,福嶌教偉 編,心臓移植,シュプリンガー・ジャパン,p. 405-411,2011.

12.心臓移植―小児科 小垣滋豊
吉川純一 監,伊藤 浩,高梨秀一郎,松宮護郎,渡辺弘之,大門雅夫 編,今日の心臓手術の適応と至適時期,文光堂,p. 365-369,2011.

13.循環器疾患―起立性調節障害 小垣滋豊
大関武彦,古川 漸,横田俊一郎,水口 雅 編,今日の小児治療指針 第15版,医学書院,p.496-497,2012.

14.生化学的診断法(酵素診断,化学分析) 酒井規夫
衛藤義勝 編,ライソゾーム病 ―最新の病態,診断,治療の進歩―,診断と治療社,p. 75-77,2011.

15.クラッベ病 酒井規夫
衛藤義勝 編,ライソゾーム病 ―最新の病態,診断,治療の進歩―,診断と治療社,p. 177-179,2011.

16.マンノシドーシス(α,β) 酒井規夫
衛藤義勝 編,ライソゾーム病 ―最新の病態,診断,治療の進歩―,診断と治療社,p. 210-211,2011

17.ムコリピドーシス 酒井規夫
遠藤文夫,山口清次,高柳正樹,深尾敏幸,酒井規夫 編,先天異常症Diagnosis at a glance,診断と治療社,p. 18-21,2011.

18.脂質蓄積症3,症例13 酒井規夫
遠藤文夫,山口清次,高柳正樹,深尾敏幸,酒井規夫 編,先天異常症Diagnosis at a glance,診断と治療社,p. 36-37,2011.

19.遺伝相談(遺伝カウンセリング) 酒井規夫
佐地 勉 編,ナースの小児科学,中外医学社,p. 103,2011.

20.ムコリピドーシスⅡ・Ⅲ型 大友孝信,酒井規夫
折井忠夫 編,ムコ多糖症UPDATE,イーエヌメディックス,p. 175-177,2011.

21.ムコリピドーシスⅡ・Ⅲ型 大友孝信
衛藤義勝 編,ライソゾーム病 ―最新の病態,診断,治療の進歩―,診断と治療社,p. 218-222,2011.

22.フコシドーシス 赤木幹弘
衛藤義勝 編,ライソゾーム病 ―最新の病態,診断,治療の進歩―,診断と治療社,p. 208-209,2011.

23.フコシドーシス 赤木幹弘,福島久雄
折井忠夫 編,ムコ多糖症UPDATE,イーエヌメディックス,p. 159-160,2011.

24.脳性まひ 下野九理子
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 8-9,2011.

25.発達障害 下野九理子
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 10-11,2011.

26.頭部外傷 永井利三郎,貴島晴彦※
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 12-14,2011.

27.海馬硬化症 下野九理子
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 15-16,2011.

28.神経皮膚症候群 沖永剛志
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 24-25,2011.

29.脳形成異常 下野九理子
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 26-29,2011.

30.染色体異常 沖永剛志
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 30-34,2011.

31.遺伝子異常 沖永剛志
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 35-38,2011.

32.代謝性疾患 永井利三郎
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 39-44,2011.

33.ミトコンドリア病 永井利三郎
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 45-47,2011.

34.てんかんではない発作性のエピソード 永井利三郎
社団法人日本てんかん協会 編,永井利三郎 監,てんかんと基礎疾患てんかんを合併しやすい,いろいろな病気,社団法人日本てんかん協会,p. 66,2011.

35.ケトン食の基礎から実践まで ~ケトン食に関わるすべての方へ~ 永井利三郎
藤井達哉,永井利三郎 編,診断と治療社,2011.

36.学校保健 永井利三郎
佐地 勉 編,ナースの小児科学,中外医学社,p. 96-103,2011.

総説(雑誌) ↑上へ戻る

1.主要な生体調節臓器としての骨 大薗恵一
生産と技術,63(3):77-82,2011.

2.第32回アメリカ骨代謝学会(ASBMR)印象記 道上敏美※,大薗恵一
成長 代謝,2(3):4-6,2011.

3.小児とビタミンD 大薗恵一
THE BONE,25(3):105-110,2011.

4.子どもの骨・関節疾患―診断と治療 大薗恵一
総合臨床,60(10):2151-2152.2011.

5.現代の栄養欠乏としてのビタミンD欠乏 大薗恵一
Vitamins (Japan),86(1):28-31,2012.

6.小児低血糖症における新知見 大薗恵一
糖尿病,54(12):883-885,2011.

7.悪性腫瘍に対するWT1ペプチドワクチン治療 ―特に,造血器腫瘍に焦点をあてー 岡 芳弘※,坪井昭博※,西田純幸※,保仙直毅※,中田 潤※,橋井佳子,前田哲生※,尾路祐介※,熊ノ郷淳※,杉山治夫※
臨床血液,52(5):235-242,2011.

8.【がんペプチドワクチン療法の進歩と課題】 同種造血幹細胞移植後の難治性小児血液腫瘍患者におけるWT1ペプチドワクチンを用いた免疫療法
橋井佳子,松村梨紗,吉田寿雄,宮下恵実子,太田秀明※,坪井昭博※,尾路祐介※,保仙直毅※,岡 芳弘※,大薗恵一,杉山治夫※
Biotherapy,25(6):851-856,2011.

9.先天性・遺伝性腎疾患 先天奇形症候群 Frasier症候群 三善陽子,大薗恵一
腎臓症候群(第2版)上 ―その他の腎臓疾患を含めて― 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,17:407-409,2012.

10.症候性・非症候性肝内胆管低形成症 清原由起,虫明聡太郎※
小児内科,l43(6):1046-1049,2011.

11.新生児 溶血性疾患 和田和子
ペリネイタルケア 新春増刊:213-217,2011.

12.未熟児網膜症に対する新しい試み 荒堀仁美
小児内科,43(7):1244-1248,2011.

13.性ホルモンと肺高血圧症 小垣滋豊,大薗恵一
Heart View,16(4):69-73,2012.

14.Highly sensitive cardiac troponin-Ⅰin congenital heart disease. Kogaki S
Circ J,75(9):2056-2057,2011.

15.先天性・遺伝性腎疾患 先天奇形症候群 Denys-Drash症候群 平井治彦,大薗恵一
腎臓症候群(第2版)上 ―その他の腎臓疾患を含めて― 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,17:403-406,2012.

16.初経前後の骨発育のスパート 難波範行,大薗恵一
CLINICAL CALCIUM ―特集 女性のライフサイクルにおける骨・Ca代謝―,21(9):33-39,2011.

17.カルシウム感知受容体における病態 難波範行,大薗恵一
臨床検査,55(10):973-978,2011.

18.偶然見つかった低カルシウム血症 難波範行
小児科診療,75(3):427-433,2012.

19.可溶型α"Klotho濃度測定の意義 大幡泰久,大薗恵一
季刊 腎と骨代謝,25(1):41-46,2012.

20.小児てんかんの薬物療法 沖永剛志,永井利三郎
Modern Physican,32(3):315-318,2012.

21.顔面神経麻痺 沖永剛志
小児疾患の診断治療基準,小児内科,44増刊号:2012.

22.気になる主訴・症状と鑑別診断 ―神経症状から考える:けいれん 富永康仁,永井利三郎
小児・思春期診療最新マニュアル日本医師会雑誌特別号 生涯教育シリーズ:82, 2012.

23.気になる主訴・症状と鑑別診断 ―神経症状から考える:失神 木村志保子,永井利三郎
小児・思春期診療最新マニュアル 日本医師会雑誌特別号 生涯教育シリーズ,82, 2012.

原著(邦文) ↑上へ戻る

1.高用量GH治療によるターナー症候群の治療効果:ターナー症候群GH治療共同研究(TRC)の7年間の治療経験
田中敏章※,五十嵐裕※,大薗恵一,大山建司※,小川正道※,長田久雄※,鬼形和道※,神崎 晋※,河野 斉※,清野佳紀※,高橋弘昭※,田島敏広※,立花克彦※,田中弘之※,西 美和※,長谷川奉延※,藤枝憲二※,藤田敬之助※,堀川玲子※,横谷 進※,依藤 亨※
日本成長学会雑誌,17(1):9-15,2011.

2.小児救急医療に従事する医師のやりがいについての調査報告
山本威久※,原 納晶※,笠原 勝※,大薗恵一
日本小児科学会雑誌,115(4):814-819,2011.

3.小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査(第1報)
石田也寸志※,山口悦子※,堀 浩樹※,本郷輝明※,圀府寺美※,久川浩章※,吉成みやこ※,栗山貴久子※,岡田周一※,太田秀明,八木啓子※,堀部敬三※,原 純一※
日本小児学会雑誌,115(5):918-930,2011.

4.小児急性リンパ芽球性白血病患児・家族のQOLアンケート調査(第2報)
石田也寸志※,山口悦子※,本郷輝明※,堀 浩樹※,吉成みやこ※,栗山貴久※,圀府寺美※,久川浩章※,岡田周一※,太田秀明,八木啓子※,原 純一※,堀部敬三※
日本小児学会雑誌,115(5):931-942,2011.

5.副腎白質ジストロフィーの日本人男児11例における副腎機能解析
三善陽子,酒井規夫,池田佳世,長谷川泰浩,橘真紀子,清原由起,山田寛之,近藤宏樹,濱田悠介,木村志保子,里 龍晴※,峰 淳史※,神尾範子※,鈴木保宏※,塩見正司※,太田秀明※,下澤伸行※,大薗恵一
日本内分泌学会雑誌,87:83-85,2011.

6.小児保健分野で働く女性を取り巻く職場環境・家庭環境と出産・育児・復帰支援体制
三善陽子,竹宮孝子※,前川貴伸※,和田友香※,守本倫子※,成田雅美※,大薗恵一,堀川玲子※
小児保健研究,71(1):60-66,2012.

7.難治性スパスムに対し左大脳半球機能的離断術が有効であった症候性West症候群の一例
岩谷祥子,下野九理子,東 純史,池田 妙,木村志保子,富永康仁,沖永剛志,貴島晴彦,加藤天美,永井利三郎,大薗恵一
大阪てんかん研究会雑誌,22:1-8,2011.

8.頸部の筋緊張亢進に伴う異常姿勢における呼吸障害に対するA型ボツリヌス毒素療法の効果
橋本奈津子,下野九理子,富永康仁,北井征宏,池田 妙※,沖永剛志,谷池雅子,大薗恵一
脳と発達,44(1):13-18,2012.

9.臨地実習中における感染症対応システム構築とその活用(解説)
永井利三郎,河上智香※,石井豊恵※,荒尾晴惠※
看護教育,5(4):296-303,2011.

10.顔ならわかる 4ヵ月児が示す自己理解
實藤和佳子※,山本知加※,毛利育子,谷池雅子
基礎心理学研究,29(2):207,2011.

11.広汎性発達障害児における他者の見えの理解
福田祥子※,岡本真彦※,加藤久美※,村田絵美※,山本知加※,毛利育子,谷池雅子
発達研究,25:135-148,2011.

原著(英文) ↑上へ戻る

1.Circulating levels of soluble alpha-Klotho are markedly elevated in human umbilical cord blood.
Ohata Y,Arahori H,Namba N,Kitaoka T,Hirai H,Wada K,Nakayama M※,Michigami T※,Imura A※,Nabeshima Y※,Yamazaki Y※,Ozono K
J Clin Endocrinol Metab,96(6):E943-E947,2011.

2.A Male Patient with Humoral Hypercalcemia of Malignancy(HHM) with Leukocytosis Caused by Cutaneous Squamous Cell Carcinoma Resulting from Recessive Dystrophic Epidermolysis Bullosa.
Miura K,Umegaki N※,Kitaoka T,Kubota T,Namba N,Etani Y※,Hirai H,Kogaki S,Nakajima S※,Takahashi Y※,Tamai K※,Katayama I※,Ozono K
Clin Pediatr Endocrinol,20(3),65-71,2011.

3.Decrease in serum FGF23 levels after intravenous infusion of pamidronate in patients with osteogenesis imperfecta.
Kitaoka T,Namba N,Miura K,Kubota T,Ohata Y,Fujiwara M,Hirai H,Yamamoto T※,Ozono K
J Bone Miner Metab,29(5):598-605,2011.

4.Elevated Bone Turnover in an Infantile Patient with Mucolipidosis Ⅱ; No Association with Hyperparathyroidism.
Otomo T,Yamamoto T※,Fujikawa Y※,Shimotsuji T※,Ozono K
Clin Pediatr Endocrinol,20(1):7-12,2011.

5.Hypophosphatasia now draws more attention of both clinicians and researchers: a commentary on Prevalence of c. 1559delT in ALPL, a common mutation resulting in the perinatal (lethal) form of hypophosphatasias in Japanese and effects of the mutation on heterozygous carriers.
Ozono K,Michigami T※
J Hum Genet,56(3):174-176,2011.(commentary)

6.Overexpression of endothelin-1 and endothelin receptors in the pulmonary arteries of failed Fontan patients.
Ishida H,Kogaki S,Ichimori H,Narita J※,Nawa N,Ueno T※,Takahashi K,Kayatani F※,Kishimoto H※,Nakayama M※,Sawa Y※,Beghetti M※,Ozono K
Int J Cardiol,159(1):34-39,2012.

7.Clinicogenetical features of a Japanese patient with giant axonal neuropathy.
Akagi M,Mohri I,Iwatani Y,Kagitani-Shimono K,Okinaga T,Sakai N,Ozono K,Taniike M
Brain Dev,34(2):156-162 ,2012.

8.Anthracyclines for acute lymphoblastic leukemia in a child with congenital long QT syndrome.
Sasase S※,Yoshida H,Matsumura R,Miyashita E,Hashii Y,Ohta H※,Maekawa S※,Kogaki S,Ozono K
Int J Hematol,93(6): 802-805,2011.

9.Major role of apolipoprotein B in cycloheximide-induced acute hepatic steatosis in mice.
Murakami M※,Bessho K※,Mushiake S※,Kondou H,Miyoshi Y,Ozono K
Hepatol Res,41(5): 446-454,2011.

10.LEOPARD-type SHP2 mutant Gln510Glu attenuates cardiomyocyte differentiation and promotes cardiac hypertrophy via dysregulation of Akt/GSK-3β/β-catenin signaling.
【日本小児循環器学会YIA受賞】
Ishida H,Kogaki S,Narita J※,Ichimori H,Nawa N,Okada Y※,Takahashi K,Ozono K
Am J Physiol Heart Circ Physiol,301(4),H1531-1539,2011.

11.Long-term observation of absence of REM sleep caused by pontine cavernous hemangioma.
Kagitani-Shimono K,Kato-Nishimura K※,Okinaga T,Mohri I,Tachibana N,Ozono K,Taniike M
Sleep Med,12(10):1045-1046,2011.

12.SLC2A1 gene analysis of Japanese patients with glucose transporter 1 deficiency syndrome.
Hashimoto N,Kagitani-Shimono K,Sakai N,Otomo T,Tominaga K,Nabatame S※, Mogami Y※, Takahashi Y※,Imai K※,Yanagihara K※,Okinaga T,Nagai T,Taniike M,Ozono K
J Hum Genet,56(12):846-851,2011.

13.WT1 peptide vaccination following allogeneic stem cell transplantation in pediatric leukemic patients with high risk for relapse: successful maintenance of durable remission.
Hashii Y,Sato-Miyashita E※,Matsumura R,Kusuki S※,Yoshida H,Ohta H※,Hosen N※,Tsuboi A※,Oji Y※,Oka Y※,Sugiyama H※,Ozono K
Leukemia,26(3):530-532,2012.

14.Hematopoietic stem cell transplantation with reduced intensity conditioning from a family haploidentical donor in an infant with familial hemophagocytic lymphohistocytosis.
Ohta H※,Miyashita E,Hirata I※,Matsumura R,Yoshida H,Hashii Y,Higashiura T※,Yasumi T※,Murata Y※,Heike T※,Yang X※,Kanegane H※,Ohara O※,Ozono K
Int J Hematol,94(3):285-290,2011.

15.Flow cytometric analysis of de novo acute lymphoblastic leukemia in childhood:report from the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group.
Iwamoto S※,Deguchi T※,Ohta H※,Kiyokawa N※,Tsurusawa M※, Yamada T※,Takase K※,Fujimoto J※,Hanada R※,Hori H※,Horibe K※,Komada Y※
Int J Hematol,94(2):185-192,2011.

16.Lichen planus-type chronic graft-versushost disease complicated by mucous membrane pemphigoid with positive anti-BP180/230 and scleroderma-related autoantibodies followed by reduced regulatory T cell frequency.
Hanafusa T※,Azukizawa H※,Nishioka M※,Tanemura A※,Murota H※,Yoshida H,Sato E, Hashii Y,Ozono K,Koga H※,Hashimoto T※,Katayama I※
Eur J Dermatol,22(1):140-142,2012.

17.Hemophagocytosis after bone marrow transplantation for JAK3-deficient severe combined immunodeficiency.
Hahii Y,Yoshida H,Kuroda S※,Kusuki S※,Sato E,Tokimasa S※,Ohta H※,Matsubara Y※,Kinoshita S※,Nakagawa N※,Imai K※,Nonoyama S※,Oshima K※,Ohara O※,Ozono K
Pediatr Transplantation,14:E105-E109,2010.

18.Generalized Lichen Nitidus In Russell-Silver Syndrome.
Nakai C※,Terao M※,Tanemura A※,Miyoshi Y,Ozono K,Katayama I※
Pediatric Dermatology:1-2,2011,in press.

19.Prospective isolation and characterization of bi-potent progenitor cells in early mouse liver development.
Okada K※, Kamiya A※, Ito K※,Yanagida A※,Ito H※,Kondou H,Nishina H※,Nakauchi H※
Stem Cells Dev,18,2011,Epub ahead of print.

20.Importance of evaluating for cow's milk allergy in pediatric surgical patients with functional bowel symptoms.
Ikeda K,Ida S※,Kawahara H※,Kawamoto K※,Etani Y※,Kubota A※
J Pediatr Surg,46(12):2332-2335,2011.

21.Function of prostaglandin E2 EP receptors in the acute outcome of rodent hypoxic ischemic encephalopathy.
Taniguchi H,Anacker C※,Suarez-Mier GB※,Wang Q※,Andreasson K※
Dept of Neurology and Neurological Sciences,Stanford University School of Medicine Neurosci Lett. Oct 31:504(3):185-190,2011.

22.Serum concentrations of bevacizumab(avastin) and vascular endothelial growth factor in infants with Retinopathy of prematurity.
Sato T※,Wada K,Arahori H,Kuno N※,Imoto K※,Iwahashi-Shima C※,Kusaka S※
Am J Ophthalmol,153(2):327-333,2011.

23.Fetal and neonatal anemia associated with anti-Jr(a) : a case report showing a poorly hemolytic mechanism.
Sasamoto N※,Tomimatsu T※,Nagamine K※,Oshida M※,Kashiwagi H※,Koyama S※,Kanagawa T※,Arahori H,Tomiyama Y※,Kimura T※
J Obstet Gynaecol Res,37(8):1132-1136,2011.

24.The prognostic factors and the outcome of primary isolated fetal ascites.
Nose S※,Usui N※,Soh H※,Kamiyama M※,Tani G※,Kanagawa T※,Kimura T※,Arahori H,Nose K※,Kubota A※,Fukuzawa M※
Pediatr Surg Int,27(8):799-804,2011.

25.Linear nevus sebaceous syndrome with hypophosphatemic rickets with elevated FGF-23.
Narazaki R※,Ihara K※,Namba N,Matsuzaki H※,Ozono K,Hara T※
Pediatr Nephrol,Epub ahead of print,2011.

26.Skeletal unloading-induced insulin-like growth factor 1 (IGF-1) nonresponsiveness is not shared by platelet-derived growth factor: the selective role of integrins in IGF-1 signaling.
Long RK※,Nishida S※,Kubota T,Wang Y※,Sakata T※,Elalieh HZ※,HalloranBP※,Bikle DD※
J Bone Miner Res,26(12):2948-2958,2011.

27.Lysosomal storage causes cellular dysfunction In mucolipidosisⅡskin fibroblasts.
【大阪小児先進医療優秀学術論文賞】
Otomo T,Higaki K※,Nanba E※, Ozono K,Sakai N
J Biol Chem,286(40):35283-35290,2011.

28.Genistein reduces heparan sulfate accumulation in human mucolipidosisⅡskin fibroblasts.
Otomo T,Hossain MA,Ozono K,Sakai N
Mol Genet Metab,105(2):266-269,2012.

29.Pathology of the first autopsy case diagnosed as mucolipidosis typeⅢα/β suggesting autophagic dysfunction.
Kobayashi H※,Takahashi-Fujigasaki J※,Fukuda T※,Sakurai K※,Shimada Y※,Nomura K※,Ariga M※,Ohashi T※, Eto Y※,Otomo T,Sakai N,Ida H※.
Mol Genet Metab,102(2):170-175,2011.

30.Retrospective review of Japanese sudden unexpected death in infancy: The importance of metabolic autopsy and expanded newborn screening.
Yamamoto T※,Tanaka H※,Kobayashi H※,Okamura K※,Tanaka T※,Emoto Y※,Sugimoto K※,Nakatome M※,Sakai N,Kuroki H※,Yamaguchi S※,Matoba R※
Mol Genet Metab,102(4):399-406,2011.

31.Diagnostic accuracy of blood and CSF lactate in identifying children with mitochondrial diseases affecting the central nervous system.
Yamada K※,Toribe Y※,Yanagihara K※,ManoT※,Akagi M,Suzuki Y※
BrainDev,34(2):92-97,2011.

32.Coexistence of TDP-43 and tau pathology in neurodegeneration with brain iron accumulation type 1(NBIA-1,formally Hallervorden-Spatz syndrome).
Haraguchi T※,Terada S※,Ishizu H※,Yokota O※,Yoshida H※,Takeda N※,Kishimoto Y※,Katayama N※,Takata H※,Akagi M,Kuroda S※,Ihara Y※,Uchitomi Y※
Neuropathology.31(5):531-539,2011.

33.Differential responses of primary auditory cortex in autistic spectrum disorder with auditory hypersensitivity.
Matsuzaki J※,Kagitani-Shimono K,Goto T※,Sanefuji W※,Yamamoto T※,Sakai S,Uchida H※,Hirata M※,Mohri I,Yorifuji S※,Taniike M
Neuroreport:23(2),113-118,2012.

34.Variations in early gross motor milestones and in the age of walking in Japanese children.
Kimura-Ohba S,Sawada A※,Shiotani Y※,Matsuzawa S※,Awaya T※,Ikeda H※,Okada M※,Tomiwa K※
Pediatr Int:53(6):950-955,2011.

35.Late delirious behavior with 2009 H1N1 Influenza; mild autoimmune-mediated encephalitis?
Takanashi J※,Takahashi Y※,Imamura A※,Kodama K※,Watanabe A※,Tominaga K,Muramatsu K※,Barkovich AJ※.
Pediatrics:March 12,2012.

36.Sleep problems in physically disabled children and burden on caregivers.
Ikeda T※,Nagai T,Kato-Nishimura K※, Mohri I, Taniike M
Brain Dev:Epub ahead of print,2011.

37.Survey of Japanese pediatricians on vaccination of children with neurological disorders.
Tanabe T※,Tagawa T※,Arai H※,Imaishi H※,Uno R※,Tanaka J※,Nagai T,Nishida M※,Awaya Y※,Maekawa K※
Pediatr Int,53(5):626-629,2011.

38.Evaluation of Oral Iron Treatment in Pediatric Restless Legs Syndrome (RLS).
Mohri I,Kato-Nishimura K※,Kagitani-Shimono K,Kimura-Ohba S,Ozono K,Tachibana N※,Taniike M
Sleep Medicine,in press.

39.Directing and maintaining infants’ attention in mother infant interaction on infants with and without autism.
Shizawa M※,Sanefuji W※,Mohri I
Jpn J Spec Educ,in press.

40.Ostensive cues in mother-infant interaction: Comparing infants with and without autism.
Shizawa M※,Sanefuji W※,Mohri I
Jpn J Spec Educ,in press.

41.Development and Preliminary Evaluation of Video Analysis for Detecting Gross Movement during Sleep in Children.
Okada S※,Ohno Y※,Shimizu S※,Kato-Nishimura K※,Mohri I,Taniike M,Makikawa M※
BMEL,1:220-225,2011.

42.Differential responses of primary auditory cortex in Autism Spectrum Disorder with auditory hypersensitivity: A magnetoencephalographic study.
Matsuzaki J※,Kagitani-Shimono K,Goto T※,Sanefuji W※,Yamamoto T※,Sakai S※,Hirata M※,Mohri I,Yorifuji S※,Taniike M
NeuroReport,23(2):113-118,2012.

43.I first recognize myself by my face: Uneven self-understanding at four months of age.
Sanefuji W※,Yamamoto T※,Mohri I,Taniike M
Jpn J Psychon Sci,30(1):143-144,2011.

44.nCPAP improves the quality of life of siblings with mandibuloacral dysplasia.
Kato-Nishimura K※,Mohri I,Nabatame S※,Akagi M,Sakai N,Miyoshi Y,Ozono K,Tachibana N※,Taniike M
Open Sleep J,4:26-28,2011.

45.One-month-old infants show visual preference for human-like feature.
Sanefuji W※,Yamamoto T※,Mohri I,Taniike M
LEBS,2(1):5-8,2011.

46.Gene expression analysis in lymphoblasts derived from patients with autism spectrum disorder.
Yasuda Y※, Hashimoto R※,Yamamori H※,Ohi K※,Fukumoto M※,Umeda-Yano S※,Mohri I,Ito A※,Taniike M,Takeda M※
Mol Autism,26:2(1):9,2011.

47.Expression and Detrimental Role of Hematopoietic Prostaglandin D Synthase in Spinal Cord Contusion Injury.
Redensek A※,Rathore K※,Berard J※,Lopez-Vales R※,Swayne L※,Bennett SAL※,Mohri I,Taniike M,Urade Y※,David S※
GLIA,59(4):603-614,2011.

講演↑上へ戻る

日本ビタミン学会第63回大会:11.06.04-05,広島
1. 現代の栄養欠乏としてのビタミンD欠乏  大薗恵一

2011 GeNeSIS Investigators Meeting:11.06.24-26,Vienna,Austria
2. Tall stature and macrodactyly due to a gain-of-function mutation of NPR-B Ozono K

IOF Regionals - 2nd Asia-Pacific Osteoporosis and Bone Meeting held in conjunction with the ANZBMS Annual Scientific Meeting and JSBMR
:11.09.04-08,Gold Coast,Australia
3. OSTEOPOROSIS AND OSTEOPETROSIS IN THE YOUNG Ozono K

第23回 奈良小児内分泌研究会 特別講演:11.10.27,橿原
4. 小児科医が知っておくべき骨系統疾患 大薗恵一

第19回 Bone Research Joint Meeting:11.11.08,吹田
5. 周産期のカルシウムリン代謝 大薗恵一

the Research Center for Rare Disease(Invited lecture):11.11.23,Seoul,Korea
6. Recent advances in research and clinical practice for rickets Ozono K

大阪府立母子保健総合医療センター 設立30周年記念事業 研究所20周年記念
平成23年度母と子のすこやか基金シンポジウム「母子医療センターと医学研究」招待講演:12.03.06,和泉
7. 成長の不思議を科学する 大薗恵一

スリーサム2011京都眼炎症学会:11.07.09,京都
8. 若年性特発性関節炎にまなぶ 橋井佳子

平成23年度第4回 周産期医療研修会:11.03.17,大阪
9. 新生児科から見た出生前診断の問題点 和田和子

小児科学会緊急フォーラム:この大災害に小児科医はどう立ち向かうか:11.04.17,東京
10. 震災時の新生児医療支援の難しさ 和田和子

第47回 周産期・新生児学会:11.07.10-12,札幌
11. モバイルアンサーシンポジウム 治療拒否は不幸な選択か 和田和子
12. 合同シンポジウム 東日本大震災において我々はどう行動し何を学んだか? NICUの防災対策 和田和子

京都大学医学系研究科 生体情報科学セミナー:11.08.02,京都
13. 染色体異常症候群における合併症の発症メカニズムの解明 北畠康司

第56回 未熟児新生児学会 シンポジウム 東日本大震災報告:11.11.13-15,東京
14. 大震災への対応0新生児医療連絡会と学会と 和田和子

メディカ看護師セミナー:11.11.20,東京,11.12.03,神戸,11.02.05,東京
15. 正期産児の観察ポイント 荒堀仁美

第34回 日本分子生物学会シンポジウム(オーガナイザ-) :11.12.13,横浜
16. ZFN(Zinc finger nuclease) :Emerging technology for versatile genome modification 北畠康司

第1回 ゲノム編集技術研究会:12.02.28,広島
17. ヒトiPS細胞におけるジーンターゲティング ―TALENをもちいた染色体異常症の病態メカニズムの解析― 北畠康司

平成23年度第1回 東大阪市小児慢性特定疾患療養指導講演会:11.07.27,東大阪
18. 先天性心疾患 術前・術後の生活 ―心臓疾患児の日常生活を考える― 小垣滋豊

北陸小児PAH講演会特別講演:11.09.16,金沢
19. 多様なPAH病態に対する治療薬の使用経験 小垣滋豊

第5回 全国PH大会 NPO法人PAHの会 パネルディスカッション:11.10.23,大阪
20. Hを克服していくために 小垣滋豊

第20回 日本小児心筋疾患学会学術集会 シンポジウム「小児心臓移植をめぐって」:11.11.19,東京
21. 小児心臓移植後の管理 小垣滋豊

第2回 HEATR FAILUREサミット2011 市民公開講座:11.12.17,大阪
22. 小児の重症心不全:過去・現在・未来 小垣滋豊

第6回 未来医療市民公開シンポジウム(第15回未来医療交流会)講演:11.12.17,大阪
23. 小児の重症心不全:過去・現在・未来 小垣滋豊

第1回 東海小児肺高血圧研究会 特別講演:12.02.11,名古屋
24. 多様な肺循環動態に対する肺高血圧治療薬の使用経験 小垣滋豊

第16回 小児内分泌専門セミナー:11.08.19-21,東京
25. 病態生理からみたカルシウム・リン代謝の考え方 難波範行

KIGS/KIMS Japan National Conference 2011:11.09.10,豊中
26. GH投与時におけるリン代謝の検討(第二報) 難波範行

宮崎小児内分泌講演会 特別講演:11.10.28,宮崎
27. 成長と骨 難波範行

The 6th Bone Research Seminar:12.02.17-18,東京
28. ナトリウム利尿ペプチド受容体Bの機能獲得型変異に伴う高身長家系 三浦弘司

第16回 日本ライソゾーム病研究会:11.09.29-30,東京
【日本ライソゾーム病研究会賞(鈴木邦彦研究奨励賞)受賞講演】
29. MucolipidosisⅡ:Pathophysiology to Therapy 大友孝信

第16回 日本神経感染症学術集会 シンポジウム:11.11.04-05,東京
30. ワクチン接種後脳症について ~疫学~ 永井利三郎

第53回 大阪小児保健研究会 大阪府小児研究会:11.05.07,大阪
31. 食物アレルギーをめぐって,保育園における食物アレルギーの実態調査 永井利三郎

神戸市立住吉小学校PTA講演会 神戸市立住吉小学校PTA文化施設委員:11.05.29,神戸
32. 「子育てに使えるペアレントトレーニング」とはなんでしょう ~子育てを楽しむには?~ 永井利三郎

発達障害療育等支援事業所合同実践報告会 大阪府発達障がい療育拠点施設連絡会:11.06.12,大阪
33. 大阪府における発達障がい児支援の今とこれから 永井利三郎

第20回 専門職・患者・家族のためのてんかん医学連続講座 社団法人日本てんかん協会 京都府支部:11.07.17,京都
34. てんかんの治療と生活支援について 永井利三郎

大阪府教育センター支援学校初任者研修:11.07.25,大阪
35. 個に応じた授業の展開 ―障がいの理解と関係機関との連携― 永井利三郎

病弱・身体虚弱教育における個に応じた指導支援 高知県高知江の口養護学校:11.07.30,高知
36. 発達障害の考え方 永井利三郎

平成23年度大阪大谷大学免許状更新講演会 大阪大谷大学:11.08.02,大阪
37. 個に応じた授業の展開 ―障がいの理解と関係機関との連携― 永井利三郎

第1回 支援教育コーディネーター養成講座 NPO法人特別支援教育ネットワーク『がじゅまる』:11.08.25,大阪
38. 医療からみた発達障がい 永井利三郎

箕面支援学校講演会 箕面支援学校 医療的ケア委員会:11.09.05,箕面
39. 箕面支援学校における特殊な神経疾患の理解 永井利三郎

茨木市立畑田小学校:11.09.20,茨木
40. 軽度発達障害の基礎と対応 ~より良い学校生活と将来のために~ 下野九理子

大阪府守口支援学校 教職員研修 大阪府守口支援学校:11.10.24,守口
41. 支援学校における医療的ケアについて 永井利三郎

第17回 日本保育園学会 シンポジウム:11.11.12-13,岡山
42. 療育が必要な子どもたちと保育 永井利三郎

第2学年 第2回進路ガイダンス(模擬授業)兵庫県立尼崎小田高等学校:11.11.16,尼崎
43. 看護「医療は誰のものか」 ~子どもの健康と命~ 永井利三郎

茨木市立保育所長・看護師研修 茨城市こども育成部 保育課:11.11.28,茨木
44. 保育所における医療行為・医療ケアについて 永井利三郎

浪工学園 清祥高等学校 校内研修 浪工学園 清祥高等学校:11.12.12,摂津
45. 発達障がいをもった生徒への対応 永井利三郎

気仙沼向洋高校:12.01.25,気仙沼
46. 医師の立場から発達に支援を要する生徒支援のポイント 永井利三郎

第68回 東海てんかん集談会 特別講演:12.02.04,浜松
47. 難治てんかんを持つ子どもへの包括的支援について 永井利三郎

紀南圏域障害者総合相談支援センター:12.02.11,熊野
48. 発達障害の考え方と支援の実際 ~ペアレントトレーニングなどを用いて~ 永井利三郎

漢方医学講座研究会:12.02.25,大阪
49. ケトン食療法の実際 下野九理子

第63回 神戸小児てんかん懇話会 特別講演:12.03.05,神戸
50. 難治てんかんを持つ子どもへの包括的支援について 永井利三郎

吹田保健所:12.03.15,吹田
51. 在宅医療が必要な子どものてんかんとその留意点 永井利三郎

第127回 メンタルケア・スペシャリスト養成講座:11.06.11,大阪
52. 子どもにおける睡眠と発達 谷池雅子

第191回 大阪小児科学会:11.09.25,大阪
53. 自閉症の薬物治療 毛利育子
54. 自閉症の睡眠障害 谷池雅子

池田市障害保育全体研修会:11.09.29,池田
55. 子どもにおける睡眠と発達 谷池雅子

高知県小児科医会秋季研修会・高知県医師会学校医部会合同研修会:11.10.22,高知
56. 子どもの睡眠臨床における課題 谷池雅子

堺市教職員研修会:11.10.25,堺
57. 気になる子どもへの対応の仕方について 毛利育子

第21回 日本臨床精神神経薬理学会・第41回日本神経精神薬理学会 合同年会:11.10.27-29,東京
58. シンポジウム 自閉症研究の進歩 ―自閉症に対する小児科的治療― 毛利育子

第128回 メンタルケア・スペシャリスト養成講座:11.12.03,大阪
59. 子どもにおける睡眠と発達 谷池雅子

第42回 大阪小児呼吸器談話会:12.03.24,大阪
60. 小児の睡眠時無呼吸症候群について 谷池雅子

小児呼吸器談話会: 12.03.24,大阪
61. 小児の睡眠障害 谷池雅子

学位取得者↑上へ戻る

1.山﨑美和
Both FGF23 and Extracellular Phosphate Activate Raf/MEK/ERK Pathway via FGF Receptors in HEK293 Cells.
J Cell Biochem, 111(5):1210-1221,2010.
取得年月日:2011年3月25日 (大阪府立母子保健総合医療センター)

2.村上真理
Major role of apolipoprotein B in cycloheximide-induced acute hepatic steatosis in mice.
Hepatol Res,41(5):446-454,2011.
取得年月日:2011年6月20日 (大阪大学大学院医学研究科 小児科)

3.石田秀和
LEOPARD-type SHP2 mutant Gln510Glu attenuates cardiomyocyte differentiation and promotes cardiac hypertrophy via dysregulation of Akt/GSK-3β/β-catenin signaling.
Am J Physiol Heart Circ Physiol,301(4):H1531-1539,2011.
取得年月日:2012年1月24日 (大阪大学大学院医学系研究科 小児科)

4.大友孝信
Lysosomal Storage Causes Cellular Dysfunction in MucolipidosisⅡSkin Fibroblasts.
J Biol Chem,286(40):5283-35290,2011.
取得年月日:2012年3月22日 (大阪大学大学院医学系研究科 小児科)