アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 当科の紹介 > 業績 |平成24年度|

教授挨拶

◆平成24年度◆
| 総説(書籍) | 総説(雑誌) | 原著(邦文) | 原著(英文) | 講演 | 学位取得者 | 目次へ戻る |
総説(書籍)

1.Growth hormone deficiency in childhood and adolescence Schnabel D※,Ozono K
Growth hormone therapy in children and adults,Watermeadow Medical plc,p. 1-11,2011.

2.小児内分泌疾患および骨系統疾患における骨粗鬆症 大薗恵一
中村利孝,松本俊夫 編,骨粗鬆症診療ハンドブック 改訂5版,医薬ジャーナル社,p. 91-103,2012.

3.くる病 大薗恵一
永井良三,大田 健 編,疾患・症状別 今日の治療と看護(改訂第3版),p. 1333-1334,2013.

4.内分泌疾患 三善陽子,大薗恵一
原 寿郎 編,小児の発熱 A to Z ―診断・治療のTipsとPitfalls―,診断と治療社,p. 118-122,2012.

5.小児消化器疾患 臨床・病理カンファレンス
編  集:大阪府立母子保健総合医療センター
編集主幹:位田 忍※,中山雅弘※,虫明聡太郎※
編集協力:惠谷ゆり※,窪田昭男※,北島博之※,田尻 仁※,近藤宏樹,橘 真紀子
執  筆:
池田佳世,位田 忍※,惠谷ゆり※,川井正信※,川原央好※,河本浩二※,
北島博之※,木村貞美※,木村武司,宮原(清原)由起,窪田昭男※,桑江優子※,
近藤宏樹,庄司保子※,白石 淳※,高野智子※,高柳恭子※,竹内 真※,
田尻 仁※,橘 真紀子,中尾紀恵,別所(中長)摩利子※,中山雅弘※,中山佳子※,
奈良啓悟※,西川正則※,長谷川泰浩,別所一彦,松岡圭子※,三善陽子,
虫明聡太郎※,村上真理,望月成隆※,山田寛之※,吉村文一※,米田光宏※
(50音順)
診断と治療社,2012.

6.総合周産期母子医療センターと新生児搬送 松浪 桂
藤村正哲,白石 淳 編,新生児緊急搬送ハンドブック,メディカ出版,p. 14-15,2012.

7.循環器系疾患の医療ニーズ―拘束型心筋症 小垣滋豊
安保公介,矢内雅人,水野朝子 編,希少疾患/難病の診断・治療と製品開発,技術情報協会,p. 1050-1060,2012.

8.Skeletal dysplasias Tanaka H※,Namba N
Anne-Marie Kappelgaard ed.,Growth hormone therapy in children and adults,Watermeadow Medical plc,p. 1-12,2011.

9.先天異常と遺伝カウンセリング 酒井規夫
細谷亮太 編,ジェネラル診療シリーズ,小児診療のコツ,羊土社,p. 217-222,2012.

10.フコシドーシス 赤木幹弘
遠藤文夫 編,先天代謝異常ハンドブック,中山書店,p. 202-203,2013.

11.Glut1異常症 下野九理子,酒井規夫
遠藤文夫 編,先天代謝異常ハンドブック,中山書店,p. 186-187,2013.

12.Glut2異常症 濱田悠介,酒井規夫
遠藤文夫 編,先天代謝異常ハンドブック,中山書店,p. 188-189,2013.

13.αマンノシドーシス 酒井規夫
遠藤文夫 編,先天代謝異常ハンドブック,中山書店,p. 204-205,2013.

14.βマンノシドーシス 酒井規夫
遠藤文夫 編,先天代謝異常ハンドブック,中山書店,p. 206-207,2013.

15.Krabbe病 酒井規夫,Mohammad Arif Hossain
遠藤文夫 編,先天代謝異常ハンドブック,中山書店,p. 228-229,2013.

16.ムコリピドーシスⅡ/Ⅲ型 大友孝信
遠藤文夫 編,先天代謝異常ハンドブック,中山書店,p. 206-207,2013.

17.特発性全般てんかん ―CAE, JAE, JME, EGMA 沖永剛志
奥村彰久,浜野晋一郎 編,子どものけいれん・てんかん見つけ方・見分け方から治療戦略へ,中山書店,p. 201-205,2013.

総説(雑誌) ↑上へ戻る

1.低ホスファターゼ症 大薗恵一
先天代謝異常症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:695-699,2012.

2.骨の健康のために―小児科医の観点から 大薗恵一
O.li.v.e. ―骨代謝と生活習慣病の連関―,2(4):47-49,2012.

3.小児科領域における感染症 その特性と治療 宮村能子
岡山医学会雑誌,124:255-257,2012.

4.やせ ―小児疾患の診断治基準第4版― 橘 真紀子,三善陽子
小児内科,44(増):90-91,2012.

5.小児がん経験者(CCS)のための内分泌フォローアップガイド
横谷 進※,西 美和※,河野 斉※,安達昌功※,石黒寛之※,大竹 明※,田島敏広※,
藤原幾磨※,堀川玲子※,有瀧健太郎※,三善陽子,依藤 亨※
(日本小児内分泌学会CCS委員会)
日本小児科学会雑誌,116(12):1976-1977,2012.

6.性腺機能検査 橘 真紀子,三善陽子
小児科診療増刊号:90-96,2013.

7.栄養カテーテル管理術 山本美和※,谷口英俊
Neonatal Care,25(7):704-711(40-47),2012.

8.Zinc Finger Nuclease/TALEN  ―生物・細胞種をこえる次世代遺伝子改変技術― 北畠康司
実験医学,30:1956-1961,2012.

9.Wnt阻害タンパク質sFRP3は成体の海馬におけるニューロンの新生を神経活動に依存して制御している
北畠康司 ライフサイエンス 新着論文レビュー http://first.lifesciencedb.jp/archives/6608,2013.

10.産後1ヵ月健診での会話例とアクセスポイントを学ぶ! お母さんと赤ちゃんのトラブル&お悩み解決実践集 ―母体のトラブル 育児書のようにいかず,子育てに不安があります.パートナーや祖父母とも育児方針が違い,困っています― 荒堀仁美
ペリネイタルケア,31(6):562-565,2012.

11.知りたい数値がさっと引けるぱっと分かる 新生児の臨床検査基準値ディクショナリー
―検査所見の見方・取り方・理解の仕方 生理検査 中枢神経系の検査 頭部CT・MRI検査―
荒堀仁美
Neonatal care,秋季増刊:158-165, 2012.

12.知りたい数値がさっと引けるぱっと分かる 新生児の臨床検査基準値ディクショナリー
―検査所見の見方・取り方・理解の仕方 生理検査 中枢神経系の検査 頭部超音波検査―
荒堀仁美
Neonatal Care,秋季増刊:173-180,2012.

13.「赤ちゃんがこわい」なんてもう言わない! 迷いどころをズバリ解決! 新生児の見方Q&A
―おむつ交換のときに血便が少し混じっていた.母親は「授乳で乳首に傷ができている」と話していたし,母体の出血を飲み込んだだけなのだろうか?― 荒堀仁美
ペリネイタルケア,31(11):1133-1136,2012.

14.新生児医療up to date新生児科医の育成 和田和子
小児科診療,75(9):1471-1474,2012.

15.正期産新生児の望ましい診療・ケア
佐藤和夫※,林 時仲※,網塚貴介※,板橋家頭夫※,大木 茂※,加部一彦※,楠田 聡※,
田村正徳※,中尾秀人※,渡部晋一※,和田和子
日未熟児新生児会誌,24(3):791-813,2012

16.小児疾患の診断治療基準(第4版)―(第2部)疾患 循環器疾患 心筋症― 小垣滋豊
小児内科,44(増刊号):516-517,2012.

17.注目のTopics 再生医療 ―小児循環器における再生医療― 小垣滋豊
Fetal & Neonatal Medicine,4(2):84-88,2012.

18.心血管病の性差医療 ―性ホルモンと肺高血圧症― 小垣滋豊,大薗恵一
Heart View,16(4):385-389,2012.

19.電解質異常をきたす内分泌疾患の診断アルゴリズム 難波範行
小児内科,44(4):550-556,2012.

20.腎性くる病 難波範行
腎と透析,72(増刊号):400-405,2012.

21.ビタミンDと健康 窪田拓生,大薗恵一
Medical Practice,29(11):1929-1931,2012.

22.ビタミンD・カルシウム代謝マーカーに関する動向 窪田拓生,大薗恵一
THE BONE,26(4):75-79,2012.

23.低リン血症性(ビタミンD抵抗性)くる病 窪田拓生,大薗恵一
小児内科,44(増刊号):184-185,2012.

24.軽度ビタミンD欠乏症 窪田拓生,大薗恵一
ホルモンと臨床,59(10):59-61,2011.

25.白質ジストロフィー 酒井規夫
BRAIN MEDICAL 24(3):255-258,2012.

26.鑑別診断 ―疼痛の治療― ファブリー病UpDate 酒井規夫
診断と治療社,1:2013.

27.金属代謝異常 ―パントテン酸キナーゼ関連神経変性症(鉄沈着性脳神経変性症)― 赤木幹弘
先天代謝症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:248-251,2012.

28.フコシドーシス 赤木幹弘
先天代謝症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:564-567,2012.

29.ファーバー病 濱田悠介
先天代謝症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:476-477,2012.

30.GM2ガングリオシドーシス 新寳理子
先天代謝症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:486-490,2012.

31.クラッベ病 酒井規夫
先天代謝症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:500-502,2012.

32.αマンノシドーシスとβマンノシドーシス 酒井規夫
先天代謝症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:561-563,2012.

33.ムコリピドーシスⅡ型Ⅲ型 大友孝信
先天代謝症候群(第2版)下 ―病因・病態研究,診断・治療の進歩―,
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ,20:571-575,2012.

34.肝型糖原病 ―小児疾患の診断治療基準第4版― 酒井規夫
小児内科,44(増刊号):154-155,2012.

35.専門医に確定診断を依頼するポイント ―ライソゾーム病― 酒井規夫
小児科診療,76(1):45-50,2013.

36.リステリア菌による髄膜炎 沖永剛志
小児内科,45(2):318-320,2013.

37.けいれん重積の治療と再発防止 青天目 信
小児内科,45(2):219-223,2013.

38.小児・思春期診療 最新マニュアル ―(3章)気になる主訴・症状と鑑別診断 けいれん―
富永康仁,永井利三郎
日本医師会雑誌,141(特別号1):100-102,2012.

39.小児・思春期診療 最新マニュアル ―(3章)気になる主訴・症状と鑑別診断 失神―
木村志保子,永井利三郎
日本医師会雑誌,141(特別号1):102-104,2012.

40.病理解剖マニュアル ―(第1部)病理解剖の進め方,切り出し方法など 特殊な部位,手技,検体保存末梢神経,筋― 齊藤祐子※,塩谷彩子※,池田謙輔※,青天目 信,三橋里美※
病理と臨床,30(臨増):69-76,2012.

41.子どもの発達と心の問題Q&A ―健診から思春期までの評価と指導の実際― 
知っておきたい発達の評価とアドバイス 【学童期】ペアレントトレーニング(Q&A/特集)
奥野裕子※,永井利三郎,谷池雅子
小児科学レクチャー,2(6):1325-1328,2012.

42.ワクチン接種後脳症について ワクチン接種と副反応の現状(解説) 永井利三郎
NEUROINFECTION,7(1):67-69,2012.

43.児童・小児および発達障害児の不眠 毛利育子,谷池雅子
精神科治療学,27(9):1167-1174,2012.

44.子どもの発達と心の問題Q&A ―健診から思春期までの評価と指導の実際― 
Q22ペアレントトレーニング 奥野裕子※,永井利三郎,谷池雅子
小児科学レクチャー,2(6):1325,2012.

45.小児の臨床検査 ―病態生理に基づく選び方・考え方― 編集:大薗恵一
小児科学レクチャー,3(2):2013.

原著(邦文) ↑上へ戻る

1.低フォスファターゼ症の一部は低身長の精査を契機に診断される
河野智敬※,会津克哉※,高橋康男※,立川加奈子※,道上敏美※,大薗恵一,望月 弘※
ホルモンと臨床,59(3),69-73,2011.

2.日本の小児科学研究の現況
吉川徳茂※,遠藤文夫※,香美祥二※,加藤光広※,小崎健次郎※,白石 公※,高木正稔※,中村秀文※,野口篤子※,森 臨太郎※,高橋孝雄※,井田博幸※,大薗恵一,小島勢二※,五十嵐 隆※
日本小児科学会雑誌,116(12),1973-1975,2012.

3.Frontal Horn Cystsの1例
三宅 進※,宮村能子
岡山医学会雑誌,124(3),239-241,2012.

4.血清抗ミュラー管ホルモン(AMH)測定は小児の性腺機能評価に有用である
三善陽子,難波範行,橘 真紀子,宮下恵実子,橋井佳子,太田秀明※,大薗恵一
ホルモンと臨床,59(12),2011.

5.幼児期発症の難治な多発性硬化症に対しcyclophosphamideパルス療法が有効であった1例
池田 妙※,下野九理子,岩谷祥子,北井征宏※,橘 雅弥,富永康仁,沖永剛志,永井利三郎,大薗恵一
脳と発達,45(1):49-52,2013.

6.Band Heterotopia2例におけるLevetiracetam使用前後の脳波解析
青木保典※,石井良平※,Pascual-Marqui Roberto D※,栗本 龍※,池田俊一郎※,畑 真弘※,下野九理子,岩瀬真生※,武田雅俊※
大阪てんかん研究会雑誌,23(1):15-24,2012.

7.精神科訪問看護指導におけるペアレントトレーニングの影響に関する事例検討 注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の子どもをもつ母親への支援
奥野裕子※,荒木田美香子※,永井利三郎,奥野正景※
発達障害研究,34(2):179-194,2012.

8.広汎性発達障害に対するペアレントトレーニング(少人数・短縮型)の有効性に関する研究
奥野裕子※,永井利三郎,毛利育子,吉崎亜里香※,山本知加※,酒井佐枝子※,岩坂英巳※,谷池雅子
脳と発達,45(1):26-32,2013.

9.日本の幼児の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼす要因について
三星喬史※,加藤久美※,清水佐知子※,松本小百合※,鳫野雪保※,井上悦子※,毛利育子,下野九理子,大野ゆう子※,谷池雅子
小児保健研究,71(6):808-816,2012.

原著(英文) ↑上へ戻る

1.Linear nevus sebaceous syndrome with hypophosphatemic rickets with elevated FGF-23.
Narazaki R※,Ihara K※,Namba N,Matsuzaki H※,Ozono K,Hara T※
Pediatr Nephrol,27(5):861-863,2012.

2.Lichen planus-type chronic graft-versus-host disease complicated by mucous membrane pemphigoid with positive anti-BP180/230 and scleroderma-related autoantibodies followed by reduced regulatory T cell frequency.
Hanafusa T※,Azukizawa H※,Nishioka M※,Tanemura A※,Murota H※,Yoshida H,Sato E,Hashii Y,Ozono K,Koga H※,Hashimoto T※,Katayama I※
Eur J Dermatol,22(1):140-142,2012.

3.WT1 peptide vaccination following allogeneic stem cell transplantation in pediatric leukemic patients with high risk for relapse: successful maintenance of durable remission.
Hashii Y,Sato-Miyashita E,Matsumura R,Kusuki S※,Yoshida H,Ohta H※,Hosen N※,Tsuboi A※,Oji Y※,Oka Y※,Sugiyama H※,Ozono K
Leukemia,26(3):530-532,2012.

4.Activation of Akt is associated with poor prognosis and chemotherapeutic resistance in pediatric B-precursor acute lymphoblastic leukemia.
Morishita N※,Tsukahara H※,Chayama K※,Ishida T※,Washio K※,Miyamura T,Yamashita N※,Oda M※,Morishima T※
Pediatr Blood Cancer,15;59(1):83-89,2012.

5.Pediatric aspects of skeletal dysplasia.
Ozono K,Namba N,Kubota T,Kitaoka T,Miura K,Ohata Y,Fujiwara M,Miyoshi Y,Michigami T※
Pediatr Endocrinol Rev,10(1):35-43,2012.;review

6.Generalized Lichen Nitidus in Russell-Silver Syndrome.
Kanai C※,Terao M※,Tanemura A※,Miyoshi Y,Ozono K,Katayama I※
Pediatr Dermatol,30(1):150-151,2013.

7.An observational study of the effectiveness and safety of growth hormone (Humatrope®) treatment in Japanese children with growth hormone deficiency or Turner syndrome.
Tai S※,Tanaka T※,Hasegawa T※,Ozono K,Tanaka H※,Kanzaki S※,Yokoya S※,Fujieda K※,Chihara K※,Seino Y※
Endocr J,60(1):57-64,2013.

8.FGF23 suppresses chondrocyte proliferation in the presence of soluble α-klotho both in vitro and in vivo.
Kawai M※,Kinoshita S※,Kimoto A※,Hasegawa Y,Miyagawa K※,Yamazaki M※,Ohata Y,Ozono K,Michigami T※
J Biol Chem,288(4):2414-2427,2013.

9.Humoral immunity is involved in the development of pericentral fibrosis after pediatric live donor liver transplantation.
Yamada H※,Kondou H,Kimura T,Ikeda K,Tachibana M,Hasegawa Y,Kiyohara Y,Ueno T※,Miyoshi Y,Mushiake S※,Ozono K
Pediatr Transplant,16(18):858-865,2012.

10.Low serum concentration of anti-müllerian hormone are common in 53 female childhood cancer survivors.
Miyoshi Y,Ohta H※,Namba N,Tachibana M,Miyamura T,Miyashita E,Hashii Y,Oue T※,Isobe A※,Tsutsui T※,Kimura T※,Ozono K
Horm Res Pediatr,79(1):17-21,2013.

11.Ecto-nucleoside triphosphate diphosphohydrolase 7 controls Th17 cell responses through regulation of luminal ATP in the small intestine.
Kusu T※,Kayama H※,Kinoshita M※,Jeon S G※,Ueda Y※,Goto Y※,Okumura R※,Saiga H※,Kurakawa T※,Ikeda K,Maeda Y※,Nishimura J※,Arima Y※,Atarashi K※,Honda K※,Murakami M※,Kunisawa J※,Kiyono H※,Okumura M※,Yamamoto M※,Takeda K※
J Immunol,190(2):774-83,2012.

12.Prospective isolation and characterization of bipotent progenitor cells in early mouse liver development.
Okada K※,Kamiya A※,Ito K※,Yanagida A※,Ito H※,Kondou H,Nishina H※,Nakauchi H※
Stem Cells Dev,21(7):1124-33,2012.

13.Frequent somatic mosaicism of NEMO in T cells of patients with X-linked anhidrotic ectodermal dysplasia with immunodeficiency.
Kawai T※,Nishikomori R※,Izawa K※,Murata Y※,Tanaka N※,Sakai H※,Saito M※,Yasumi T※,Takaoka Y※,Nakahata T※,Mizukami T※,Nunoi H※,Kiyohara Y,Yoden A※,Murata T※,Sasaki S※,Ito E※,Akutagawa H※,Kawai T※,Imai C※,Okada S※,Kobayashi M※,Heike T※
Blood,119(23):5458-66,2012.

14.Sodium-coupled neutral amino acid transporter 4 functions as a regulator of protein synthesis during liver development.
Kondou H,Kawai M※,Tachikawa K※,Kimoto A※,Yamagata M※,Koinuma T※,Yamazaki M※,Nakayama M※,Mushiake S※,Ozono K,Michigami T※
Hepatol Res,2013.[Epub ahead of print]

15.Molecular and clinical studies in 138 japanese patients with silver-russell syndrome.
Fuke T※,Mizuno S※,Nagai T※,Hasegawa T※,Horikawa R※,Miyoshi Y,Muroya K※,Kondoh T※,Numakura C※,Sato S※,Nakabayashi K※,Tayama C※,Hata K※,Sano S※,Matsubara K※,Kagami M※,Yamazawa K※,Ogata T※
PLoS One,10(1371):e0060105,2013.

16.Trends in morbidity and mortality among very-low-birth-weight infants from 2003 to 2008 in Japan.
Kusuda S※,Fujimura M※,Uchiyama A※,Totsu S※,Matsunami K
Neonatal Research Network,Japan. Pediatr Res,72(5):531-538,2012.

17.Secreted frizzled-related protein 3 regulates activity-dependent adult hippocampal neurogenesis.
Jang M-H*※,Bonaguidi M*※,Kitabatake Y*, Sun J*※,Song J※,Kang E※,Jun H※,Zhong C※,Su Y※,Guo J※,Wang M※,Sailor K※,Kim J-Y※,Gao Y※,Christian K※,Ming G-l※,Song H※(*These authors equally contributed to this work)
Cell Stem Cell,7:12(2):215-223 ,2013.

18.Attenuation of bone morphogenetic protein receptor type 2 expression in the pulmonary arteries of patients with failed Fontan circulation.
Ishida H,Kogaki S,Takahashi K,Ozono K
J Thorac Cardiovasc Surg,143(4):24-6,2012.

19.14-3-3εGene variants in a Japanese patient with left ventricular noncompaction and hypoplasia of the corpus callosum.
Chang B※,Gorbea C※,Lezin G※,Li L※,Shan L※,Sakai N,Kogaki S,Otomo T,Okinaga T,Hamaoka A※,Yu X※,Hata Y※,Nishida N※,Yost HJ※,Bowles NE※,Brunelli L※,Ichida F※
Gene,515(1):173-180,2013.

20.The use of cell-sheet technique eliminates arrhythmogenicity of skeletal myoblast-based therapy to the heart with enhanced therapeutic effects.
Narita T※,Shintani Y※,Ikebe C※,Kaneko M※,Harada N※,Tshuma N※,Takahashi K,Campbell NG※,Coppen SR※,Yashiro K※,Sawa Y※,Suzuki K※
Int J Cardiol,2012.[Epub ahead of print]

21.Monocarboxylate transporter 10 functions as a thyroid hormone transporter in chondrocytes.
Abe S※,Namba N,Abe M※,Fujiwara M,Aikawa T※,Kogo M※,Ozono K
Endocrinology,153(8):4049-4058,2012.

22.An overgrowth disorder associated with excessive production of cGMP due to a gain-of-function mutation of the natriuretic peptide receptor 2 gene.
Miura K,Namba N,Fujiwara M,Ohata Y,Ishida H,Kitaoka T,Kubota T,Hirai H※,Higuchi C※,Tsumaki N※,Yoshikawa H※,Sakai N,Michigami T※,Ozono K
PLoS One,7(8):e42180,2012.

23.Treatment of hypophosphatemic rickets with phosphate and active vitamin D in Japan: A questionnaire-based survey.
Fujiwara M,Namba N,Ozono K,Arisaka O※,Yokoya S※,Committee on Drugs,Japanese Society for Pediatric Endocrinology※
Clin Pediatr Endocrinol,22(1):9-14,2013.

24.Insulin-like growth factor-1 receptor in mature osteoblasts is required for periosteal bone formation induced by reloading.
Kubota T,Elalieh HZ※,Saless N※,Fong C※,Wang Y※,Babey M※,Cheng Z※,Bikle DD※
Acta Astronautica,2012.[Epub ahead of print]

25.Detection and characterization of two novel mutations in the HNF4A gene in maturity-onset diabetes of the young 1 in two Japanese families.
Fujiwara M,Namba N,Miura K,Kitaoka T,Hirai H※,Kondou H,Shimotsuji T※,Numakura C※,Ozono K
Horm Res Paediatr,79(4):220-226,2013.

26.Genistein reduces heparan sulfate accumulation in human mucolipidosisⅡskin fibroblasts.
Otomo T,Hossain MA,Ozono K,Sakai N
Mol Genet Metab,105(2):266-269,2012.

27.Vinculin functions as regulator of chondrogenesis.
Koshimizu T※,Kawai M※,Kondou H※,Tachikawa K※,Sakai N,Ozono K,Michigami T※
J Biol Chem,287(19):15760-15775,2012.

28.An adult patient with mucolipidosisⅢalpha/beta presenting with parkinsonism.
Hara M※,Inokuchi T※,Taniwaki T※,Otomo T,Sakai N,Matsuishi T※,Yoshino M※
Brain Dev,2012.[Epub ahead of print]

29.Isolated pyramidal tract impairment in the central nervous system of adult-onset Krabbe disease with novel mutations in the GALC gene.
Tokushige SI※,Sonoo T※,Maekawa R※,Shirota Y※,Hanajima R※,Terao Y※,Matsumoto H※,Hossain MA,Sakai N,Shiio Y※
Brain Dev,2012.[Epub ahead of print]

30.Long-term efficacy of hematopoietic stem cell transplantation on brain involvement in patients with mucopolysaccharidosis typeⅡ: A nationwide survey in Japan.
Tanaka A※,Okuyama T※,Suzuki Y※,Sakai N,Takakura H※,Sawada T※,Tanaka T※,Otomo T,Ohashi T※,Ishige-Wada M※,Yabe H※,Ohura T※,Suzuki N※,Kato K※,Adachi S※,Kobayashi R※,Mugishima H※,Kato S※
Mol Genet Metab,107(3):513-520,2012.

31.A Japanese child with geleophysic dysplasia caused by a novel mutation of FBN1.
Lee T※,Takeshima Y※,Okizuka Y※,Hamahira K※,Kusunoki N※,Awano H※,Yagi M※,Sakai N,Matsuo M※,Iijima K※
Gene,512(2):456-459,2013.

32.A novel homozygous GALC mutation: Very early onset and rapidly progressive Krabbe disease.
Kardas F※,Uzak AS※,Hossain MA,Sakai N,Canpolat M※,Y1k1lmaz A※
Gene,2012.[Epub ahead of print]

33.Ictal high-frequency oscillations on scalp EEG recordings in symptomatic West syndrome.
Iwatani Y,Kagitani-Shimono K,Tominaga K,Okinaga T,Kishima H※,Kato A※,Nagai T,Ozono K
Epilepsy Res,102(1-2):60-70,2012.

34.Long-term developmental outcome in patients with West syndrome after epilepsy surgery.
Iwatani Y,Kagitani-Shimono K,Tominaga K,Okinaga T,Mohri I,Kishima H※,Kato A※,Sanefuji W※,Yamamoto T※,Tatsumi A※,Murata E※,Taniike M,Nagai T,Ozono K
Brain Dev,34(9):731-738,2012.

35.A Case of cerebral hypomyelination with spondylo-epi-metaphyseal dysplasia.
Kimura-Ohba S,Kagitani-Shimono K,Hashimoto N※,Nabatame S,Okinaga T,Murakami A※,Miyake N※,Matsumoto N※,Osaka H※,Hojo K※,Tomika R※,Taniike M,Ozono K
Am J Med Genet A,161(1):203-207,2013.

36.Late delirious behavior with 2009 H1N1 Influenza; mild autoimmune-mediated encephalitis.
Takanashi J※,Takahashi Y※,Imamura A※,Kodama K※,Watanabe A※,Tominaga K,Muramatsu K※,Barkovich AJ※
Pediatrics,129(4):e1068-1071,2012.

37.Hyperinsulinemic hypoglycemia of infancy in Sotos syndrome.
Matsuo T※,Ihara K※,Ochiai M※,Kinjo T※,Yoshikawa Y※,Kojima-Ishii K※,Noda M※,Mizumoto H※,Misaki M※,Minagawa K※,Tominaga K,Hara T※
Am J Med Genet A,161(1):34-7,2013.

38.Development and verification of child observation sheet for 5-year-old children.
Fujimoto K※,Nagai T,Okazaki S※,Kawajiri M※,Tomiwa K※
Brain Dev,2013.[Epub ahead of print]

39.A case of severe progressive early-onset epileptic encephalopathy: Unique GABAergic interneuron distribution and imaging.
Inoue T※,Kawawaki H※,Kuki I※,Nabatame S,Tomonoh Y※,Sukigara S※,Horino A※,Nukui M※,Okazaki S※,Tomiwa K※,Kimura-Ohba S,Inoue T※,Hirose S※,Shiomi M※,Itoh M※
J Neurol Sci,327:65-72,2013.

40.8p deletion and 9p duplication in two children with electrical status epilepticus in sleep syndrome.
Nakayama T※,Nabatame S,Saito Y※,Nakagawa E※,Shimojima K※,Yamamoto T※,Kaneko Y※,Okumura K※,Fujie H※,Uematsu M※,Komaki H※,Sugai K※,Sasaki M※
Seizure,21(4):295-299,2012.

41.Abnormal maturation and differentiation of neocortical neurons in epileptogenic cortical malformation: Unique distribution of layer-specific marker cells of focal cortical dysplasia and hemimegalencephaly.
Arai A※,Saito T※,Hanai S※,Sukigara S※,Nabatame S,Otsuki T※,Nakagawa E※,Takahashi A※,Kaneko Y※,Kaido T※,Saito Y※,Sugai K※,Sasaki M※,Goto YI※,Itoh M※
Brain Res,1470:89-97,2012.

42.Proposal of sleep stage estimation method for children using body movement.
Okada S※,Shimizu S※,Ohno Y※,Mohri I,Taniike M,Makikawa M※
J Public Health Frontier,in press.

43.Long-term administration of intranasal oxytocin is a safe and promising therapy for early adolescent boys with autism spectrum disorders.
Tachibana M,Kagitani-Shimono K,Mohri I,Yamamoto T※,Sanefuji W※,Nakamura A※,Oishi M※,Kimura T※,Onaka T※,Ozono K,Taniike M
J Child Adolesc Psychopharmacol,23(2):123-127,2013.

44.Directing and maintaining infants’ attention in mother-infant interaction on infants with and without autism spectrum disorder.
Shizawa M※,Sanefuji W※,Mohri I
J Special Education Research,in press.

45.Ostensive cues in mother-infant interaction: Comparing infants with and without autism.
Shizawa M※,Sanefuji W※,Mohri I
J Special Education Research,49(6):745-754,2012.

46.Evaluation of oral iron treatment in pediatric restless legs syndrome (RLS).
Mohri I,Kato-Nishimura K※,Kagitani-Shimono K,Kimura-Ohba S,Ozono K,Tachibana N※,Taniike M
Seep Med,13(4):429-432,2012.

47.Assessment of executive function using the Behavior Rating Inventory of Executive Function (BRIEF) and the Cambridge Neuropsychological Test Automated Battery (CANTAB) in young children with attention deficit/hyperactivity disorder, inattention type.
Nagatani F※,Matsuzaki J※,Eto M※,Kagitani-Shimono K,Mohri I,Taniike M
J Brain Science,39:5-21,2012.

講演↑上へ戻る

2012年度 スプリングセミナー:12.06.15-17,大阪
1) 染色体微小欠失 and beyond 大薗恵一

第30回 日本骨代謝学会学術集会:12.07.19-21,東京
2) 骨系統疾患 大薗恵一

第28回 小児成長研究会:12.07.28,東京
3) 骨系統疾患の基礎と臨床 ―小児科医の立場から― 大薗恵一

51st Annual Meeting of the European Society for Paediatric Endocrinology:12.09.20-23,Leipzig,Germany
4) Height determination and chondrocyte development-JSPE/ESPE Ozono K

第10回 日本胎児治療学会・第5回 胎児骨系統疾患フォーラム併催:12.12.02,仙台
5) 骨系統疾患の新たな治療法 大薗恵一

第2回 徳島骨カルシウム懇話会:13.02.28,徳島
6) 骨系統疾患の新たな地平線 ―治療法の新展開― 大薗恵一

Lilly Web Streaming:13.03.07,web seminar
7) 軟骨低形成症の診断のポイントと診療のコツ 大薗恵一

7th OMC Pediatric Open Meeting:12.09.14,岡山
8) 小児の血液疾患 ―日常遭遇する疾患から悪性疾患まで― 宮村能子

第46回 日本小児内分泌学会学術集会:12.09.27-29,大阪
9) がんになっても笑顔で育つ! ―内分泌学の観点から― 楠木重範※,橋井佳子

第21回高知県小児神経疾患研究会:13.03.01,高知
10) 小児科における血液腫瘍・免疫の役割 ―悪性腫瘍,感染症治療戦略と免疫治療について― 橋井佳子

第2回 高知県東部感染症懇話会:13.03.12,高知
11) 日常診療における感染対策と感染症治療 吉田寿雄

近畿看護師勉強会:12.06.16,大阪
12) 成長ホルモン治療における医療従事者のかかわり 三善陽子

第39回 日本小児栄養消化器肝臓学会・第29回 日本小児肝臓研究会(合同開催):12.07.13-15,大阪
13) 原発性硬化症胆管炎・自己免疫性肝炎 ―小児期発症原発性硬化症胆管炎の臨床的特徴と経過の検討―
高野智子※,田尻 仁※,三善陽子,長谷川康浩,近藤宏樹,虫明聡太郎※
14) CIPS(Chronic intestinal pseudo-obstruction syndrome)をめぐる諸問題
―わが国の小児CIPSの現状   ―Hirschsprung病類縁疾患研究班の全国調査結果から―
田口智章※,家入里志※,位田 忍※,池田佳世,窪田昭男※,川原央好※,友政 剛※,松藤 凡※,
増本幸二※,牛島高介※,松井 陽※
15) CIPS(Chronic intestinal pseudo-obstruction syndrome)をめぐる諸問題 
―慢性偽性腸閉塞症(CIPS)22例の臨床的検討―
池田佳世,惠谷ゆり※,位田 忍※,川原央好※,窪田昭男※
16) 小児の在宅栄養支援の問題点と今後の展開 ―在宅栄養管理(HPN, HEN)小児腸管不全症例にたいする在宅静脈栄養の現状と問題点 ―30年の経験より―
曺 英樹※,上原秀一郎※,上野豪久※,和佐勝史※,山田寛之,近藤宏樹

西宮市難病団体連絡協議会 平成24年度難病医療相談会:12.08.26,西宮
17) 胆道閉鎖症と肝移植の諸問題 近藤宏樹

KIGS/KIMS Japan National Conference 12:12.09.08,東京
18) 「CCSを考える」小児科の立場から 三善陽子

第54回 日本先天代謝異常学会総会・第11回 アジア先天代謝異常症シンポジウム:12.11.15-17,岐阜
19) 副腎白質ジストロフィー診療の現状と提案 ―診療ガイドラインの作成に向けて―
副腎機能の評価,補充療法の現状と診療指針 三善陽子,酒井規夫,大薗恵一

第39回 日本小児栄養消化器肝臓学会:12.07.15,大阪
20) iPS細胞をもちいた小児難治性疾患への取り組み 北畠康司

第27回 日本母乳哺育学会:12.09.08-09,東京
21) 医療者のための母乳育児教育のあり方について考える「医学生への教育」 荒堀仁美

第31回 周産期学シンポジウム ―成熟児のasphyxiaとcerebral pals?―:13.01.25-26,大阪
22) プロスタグランジン受容体作動薬による脳血管内皮細胞保護療法
―低酸素虚血受傷後の脳へのライフライン確保を目指す薬物治療アプローチ― 谷口英俊

第46回 大阪大学阪神地区小児科勉強会:13.03.21, 尼崎
23) ヒトiPS細胞は小児医療をどう変えるのか ―これからの展望と当科での取り組み― 北畠康司

みんなの笑顔を肺高血圧症に:12.06.03,大阪
24) みんなで知ろう! PHあれこれ ―小児期肺高血圧症の診断― 小垣滋豊

Abbott研修講演会:12.07.04,滋賀
25) 小児循環器疾患の理解を深める第一歩 小垣滋豊

The 9th Scientific Symposium:12.07.08,東京
26) Current status in the treatment for Eisenmenger syndrome.
―what we have known and what we do not know― Takahashi K

第46回 日本小児内分泌学会学術集会:12.09.27,大阪
イブニングセミナー:GH分泌不全を伴うヌーナン症候群を含む遺伝性疾患の臨床
27) ヌーナン症候群の心病変 小垣滋豊

全国心臓病の子どもを守る会大阪支部 医療講演会:12.11.25,大阪
28) 心臓病とつきあうということ ―よりよい子育てのヒントと自分自身のこと― 小垣滋豊

市民公開講座 ここまできた最新医療:12.12.08,大阪
29) 最新医療における小児科の取り組み 小垣滋豊

第15回 東京循環器小児科治療Agora:13.03.02,東京
Keynote Lecture
31) 小児心臓移植前後の管理の実際 高橋邦彦

第2回 阪奈小児肺循環セミナー:13.03.09,大阪
32) 5th World Symposium Pulmonary Hypertension 小垣滋豊

第85回 日本内分泌学会学術総会:12.04.19-21,名古屋
33) MCT8異常症と細胞・組織特異的甲状腺ホルモン輸送 難波範行
34) カルシウム感知受容体異常症 難波範行

第115回 日本小児科学会学術集会:12.04.20-22,福岡
35) 成長障害―診断と治療の実際 難波範行

New Insights of Molecular Genetics on Growth Disorders:12.07.14,東京
36) 骨におけるIGF-Iシグナルの役割 窪田拓生

第30回 日本骨代謝学会学術集会:12.07.19-21,東京
37) くる病の病因と病態 難波範行

第17回 小児内分泌専門セミナー:12.08.24,神戸
38) 小児内分泌科医が理解しておくべき骨系統疾患 難波範行

第46回 日本小児内分泌学会学術集会:12.09.27-29,大阪
39) MCT8異常症の臨床症状からみた甲状腺ホルモンの局所作用 難波範行
40) 小児がん経験者の内分泌学的問題点 ―長期フォローアップ外来に行こう!― 難波範行

AGHD Advisory Board Meeting in OSAKA:12.11.26,大阪
41) 骨系統疾患診療の実際 難波範行

宮崎小児内分泌講演会:12.12.07,宮崎
42) カルシウム,リンの代謝 難波範行

平成24年度 大阪府医師会 第1(豊能)ブロック
女性医師支援シンポジウム ―Gender Equality のための女性医師支援の実践―:13.02.09,豊中
43) Gender Equalityを見据えた女性医師支援 ―活躍する女性医師 ~her-storyを聴く~ 三浦弘司

第3回 熊本内分泌ベーシックカンファレンス:13.02.22,熊本
44) 小児の骨ミネラル代謝異常 窪田拓生

Lilly Web Streaming:13.03.07,web seminar
45) 軟骨低形成症診断ガイドと患者家族向け冊子の活用のしかた 北岡太一

GH 分泌刺激試験 勉強会:13.03.09,大阪
46) 成長障害診療入門 ―GH分泌刺激試験の実際― 難波範行

第16回 日本ライソゾーム病研究会:11.09.29-30,東京
【日本ライソゾーム病研究会賞(鈴木邦彦研究奨励賞)受賞講演】
47) MucolipidosisⅡ:Pathophysiology to Therapy 大友孝信

第194回 大阪小児科学会 教育講演:12.06.23,大阪
48) 発達障がいの子どもの早期発見と早期対応について 永井利三郎

第20回 阪神小児神経筋疾患研究会:12.07.21,大阪
49) 筋病理入門セミナー,小児の神経筋疾患を中心に 沖永剛志

大阪府池田保健所地域保健課母子チーム 小児慢性特定疾患講演会:12.08.22,池田
50) てんかんをもつ子どもの理解と生活支援 永井利三郎

大阪府立箕面支援学校地域連携研修会:12.09.05,箕面
51) てんかんをもつ子どもの理解と対応 永井利三郎

第46回 日本てんかん学会 教育講演:12.10.11-12,東京
52) てんかん総論 診断と分類 永井利三郎

第17回 日本神経感染症学会総会学術総会 イブニングセミナー1:12.10.19,京都
53) 疾患別予防ワクチンの選択 永井利三郎

一般社団法人日本脳神経外科学会・第71回 学術総会併設 市民公開講座 親子のための「脳のしくみとはたらき」:  12.10.21,大阪
54) 脳の成長の不思議 ―赤ちゃんから大人まで― 下野九理子

豊中支援学校 教職員校内講演:12.10.24,豊中
55) 最新の脳科学からみた自閉症 永井利三郎

NPO法人 ALDの未来を考える会:12.11.03,大阪
56) ALDの筋緊張の治療 ―ボツリヌス療法の適応と実際― 下野九理子

社団法人大阪府医師会 第37回 大阪府医師会社会保険指導者講習会:12.11.28,大阪
57) 子どものけいれん・意識障害の診断と治療 永井利三郎

第34回 吹田市小児医療談話会:12.12.01,吹田
58) 小児皮膚筋炎に対する低用量ステロイドとメソトレキセートの併用療法 富永康仁

高知県立高岡高等学校 教職員校内研修:12.12.05,土佐
59) 「発達障害の理解と適切な指導・支援のあり方」について 永井利三郎

箕面精神障害者理解促進事業「ハートパーク ―こころとこころのふれあい広場―」:13.01.19,箕面
60) 発達障害って何だろう ―発達障害の基礎知識― 下野九理子

Tuberous Sclerosis Complex Conference:13.02.04,大阪
61) 各診療科で診られる結節性硬化症患者の病変/症状について 沖永剛志

第59回 日本小児保健協会学術集会:12.09.27-29,岡山
62) 科学的視点をもって発達障害児を支援する 谷池雅子

学位取得者↑上へ戻る

1.岩谷祥子
Ictal high-frequency oscillations on scalp EEG recordings in symptomatic West syndrome.
Epilepsy Res,102(1-2):60-70,2012.
取得年月日:2012年09月25日 (大阪大学大学院医学系研究科 小児科)

2.山田寛之
Humoral immunity is involved in the development of pericentral fibrosis after pediatric live donor liver transplantation.
Pediatric Transplantation,16:858-865,2012.
取得年月日:2012年10月16日 (大阪大学大学院医学系研究科 小児科)

3.大森早也佳
TALEヌクレアーゼを用いたヒトiPS細胞での遺伝子改変技術の確立
取得年月日: 2013年03月31日(医学系研究科修士) (大阪大学大学院医学系研究科 小児科)