アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 当科の紹介 > 業績 |平成27年度|

教授挨拶

◆平成27年度◆
| 総説(書籍) | 総説(雑誌) | 原著(邦文) | 原著(英文) | 講演 | 学位取得者 | 目次へ戻る |
総説(書籍)

1)基質石灰化 大薗恵一
 日本骨代謝学会 編,骨ペディア,羊土社,p.79-81,2015.

2)くる病・骨軟化症 大薗恵一
 日本骨代謝学会 編,骨ペディア,羊土社,p.239-241,2015.

3)骨の石灰化メカニズムについて教えてください 大薗恵一
 太田博明 編,骨を知る53の質問~ウェルエイジングをサポートするために~,医薬ジャーナル社,p.31-33,2015.

4)ビタミンD依存性くる病/骨軟化症 大薗恵一
 成瀬光栄,平田結嬉緒,田辺晶代 編,難治性内分泌代謝疾患Update,診断と治療社,p.51-53,2015.

5)軟骨無形成症 大薗恵一
 成瀬光栄,平田結嬉緒,田辺晶代 編,難治性内分泌代謝疾患Update,診断と治療社,p.149-151,2015.

6)くる病・骨軟化症の診断マニュアル 大薗恵一
 竹内靖博 編,骨粗鬆症,最新医学社,p.218-224,2015.

7)くる病 大薗恵一
 福井次矢,高木 誠,小室一成 編,今日の治療指針,医学書院,p.1447-1448,2015.

8)ビタミンD欠乏性くる病・低カルシウム血症の診断の手引き  
  -くる病・骨軟化症の診断マニュアル 大薗恵一
 福本誠二 編,CLINICAL CALCIUM,医薬ジャーナル社,p.32-44,2016.

9)副甲状腺機能低下症  大薗恵一
 五十嵐 隆 編,小児科診療ガイドライン 第3版,総合医学社,p.447-450,2016.

10)その人らしい、その家族らしい、納得のいく選択と適応を助ける  
 -臨床遺伝専門医の立場から- 和田和子
 周産期精神保健への誘い 堀内 勁 監修,メディカ出版,p.109-112,2015.

11)選択的中絶と障害者差別 和田和子
 少子超高齢化社会の「幸福」と「正義」 浅井篤 編著 日本看護協会出版社,p.82-87,2016.

12)内臓錯位症候群 小垣滋豊
 水口 雅,市橋 光,崎山 弘 編,今日の小児治療指針 第16版,医学書院,p.518-519,2015.

13)心疾患をもつ乳幼児の日常生活の管理と指導 小垣滋豊
 山口徹,北原光夫 監修,今日の治療指針 2016年版,医学書院,p.1409-1410,2016.

14)次世代シーケンサーを用いた小児期心筋症,先天性心疾患の最新遺伝子診断 小垣滋豊,馬殿洋樹
 小室一成,佐地 勉,坂田隆造,赤阪隆史 編,Annual Review 循環器 2016,中外医学,p.232-238,2016.

15)甲状腺疾患 高桑 聖
 安次嶺馨,我那覇仁 編,小児科レジデントマニュアル,医学書院,p.273-282,2015.

16)副腎皮質機能不全 高桑 聖
 安次嶺馨,我那覇仁 編,小児科レジデントマニュアル,医学書院,p.295-301,2015.

17)思春期早発症 高桑 聖安次嶺馨,我那覇仁 編,小児科レジデントマニュアル,医学書院,p.302-307,2015.

18)初経前後の骨発育のスパートについて教えてください 高桑 聖
 太田博明 編,「骨」を知る53の質問~ウェルエイジングをサポートするために~,医薬ジャーナル社,p.56-58,2015.

19)思春期における男女の骨発育スパート時期の差について教えてください 高桑 聖
 太田博明 編,「骨」を知る53の質問~ウェルエイジングをサポートするために~,医薬ジャーナル社,p.59-62,2015.

20)出生後より易刺激性を有する低カルシウム血症の7ヶ月女児 大薗恵一,窪田拓生
 肥塚直美 編,内分泌疾患 第3版,日本医事新報社,p.136-146,2016.

21)急性呼吸困難で救急外来受診氏診断されたゴーシェ病Ⅱ型の1症例 酒井規夫
 ゴーシェ病症例集,井田博幸編,Medical Tribune,p.18-21,2015.

22)肝脾腫の特徴 酒井規夫
 ニーマンピック病C型の診断と治療,大野耕策編,医療ジャーナル,p.44-45,2015.

23)カタプレキシー 酒井規夫
 ニーマンピック病C型の診断と治療,大野耕策編,p.50-51,2015.

24)組織障害の軽症な時期からERTを開始することの重要性を示唆する1症例 酒井規夫
 ファブリー病症例集vol2,衛藤義勝編,Medical Tribune,p.18-21,2015.

25)先天奇形 1.総論 下野九理子,永井利三郎
 兼本浩祐,丸 栄一,小国弘量,池田昭夫,川合謙介 編,臨床てんかん学,医学書院,p.195-199,2015.

26)先天奇形 2.皮質形成異常 青天目 信,永井利三郎
 兼本浩祐,丸 栄一,小国弘量,池田昭夫,川合謙介 編,臨床てんかん学,医学書院,p.200-203,2015.

27)先天奇形 3.神経皮膚症候群 渡辺陽和,永井利三郎
 兼本浩祐,丸 栄一,小国弘量,池田昭夫,川合謙介 編,臨床てんかん学,医学書院,p.203-205,2015.

28)特発性全般てんかん 1.小児欠神てんかん 岩谷祥子,永井利三郎
 兼本浩祐,丸 栄一,小国弘量,池田昭夫,川合謙介 編,臨床てんかん学,医学書院,p.329-333,2015.

 

総説(雑誌) ↑上へ戻る

1)小児骨疾患の新規治療薬 大薗恵一
  腎と骨代謝,28(3):249-256,2015.

2)2歳1ヶ月女児。下肢変形、跛行。 窪田拓生,大薗恵一
 日経メディカル,July(572):77-78,2015.

3)低ホスファーターゼ症およびFGFR3異常症 大薗恵一
 日本周産期・新生児医学会雑誌,51(2):629,2015.

4)多発性骨軟骨腫 大薗恵一
 臨床画像,10(31):207-208,2015.

5)ビタミンDの作用と臨床的課題—過去から未来へ- 大薗恵一
 日本小児科学会雑誌,119(9):1604-1613,2015.

6)低ホスファターゼ症 大薗恵一
 小児科,57(3):225-261,2016.

7)がん治療における妊孕性温存の最前線 小児がんと妊孕性温存 三善陽子
 医学のあゆみ,253(4):299-302,2015.

8)トピックス小児がん患者の性腺機能と妊孕性温存 三善陽子
 日本生殖内分泌学会雑誌,20:63-64,2015.

9)小児科医リレーエッセイ Where there is a liver,there is a way. 別所一彦
 肝臓,56(8):448-449,2015.

10)内分泌疾患 SIADHとCSWS 橘 真紀子,三善陽子
 小児疾患診療のための病態生理2,47(588):351-357,2015.

11)Wilson病診療ガイドライン2015
 児玉浩子※,近藤宏樹,清水教一※,藤澤知雄※,水落建輝※,別所一彦
 日本小児栄養消化器肝臓学会,2(2):63-107,2015.

12)小児の症候群 Frasier症候群 三善陽子
 小児科診療,79(増刊号):244,2016.

13)小児の症候群 Denys-Drash症候群 三善陽子
 小児科診療,79(増刊号):295,2016.

14)世界の小児医療 How Can I Help You? 別所一彦
 小児内科,47(10)1838-1840,2015.

15)小児の輸液・栄養管理の基礎と実践 急性肝炎・肝不全 別所一彦
 小児科診療,78(6):785-791,2015.

16)ヒトiPS細胞におけるゲノム編集技術;その基本と応用 北畠康司
 エヌ・ティー・エス 「進化するゲノム編集技術」253-263,2015.

17)新しいゲノム編集技術(TALENおよびCRISPR/Cas9システム)とその可能性 北畠康司
 診断と治療社 再生医療シリーズ「脳神経の再生医学 -発生と再生の融合的新展開-」155-160,2015.

18)周産期救急システム-現状とその対応 災害発生時 新生児科  和田和子
 周産期医学,45(9) 1249-1251,2015.

19)病院と違うミルクにしたら全然飲んでくれないのですが 和田和子
 周産期の電話相談~テレフォントリアージ 周産期医学,45(11):1594,2015.

20)体重と体温は毎日測ったほうがよいですか 和田和子
 周産期の電話相談~テレフォントリアージ 周産期医学,45(11):1667,2015.

21)【出生直後・2時間まで・24時間まで・48時間まで 時系列でみる正期産児の観察ポイント】  
 嘔吐・腹部膨満(解説/特集) 荒堀仁美,村上聖女
 ペリネイタルケア,34(7):698,2015.

22)気管・気管支軟化症 岡崎容子,藤原美由紀
 ペリネイタルケア,28(9):42-49,2015.

23)【画像診断-はじめに何をどう読むか?】 胸部 心拡大 小垣滋豊
 小児内科,47(6):953-959,2015.

24)小児特発性肺動脈性肺高血圧の理解と治療および管理における進歩 小垣滋豊
 Pulmonary Hypertension Update,1(Suppl.):108-115,2015.

25)【希少な心血管疾患を見直す】拘束型心筋症 高橋邦彦,小垣滋豊
 循環器内科,78(4):349-353,2015.

26)成人先天性心疾患シャント性肺動脈性肺高血圧症 小垣滋豊
 内科,117(3):407-412,2016.

27)循環器学2015年の進歩 小児循環器学研究の進歩 小垣滋豊
 日本循環器学会専門医誌 循環器専門医,24(1):94-99,2016.

28)クラッべ病 酒井規夫
 日本臨床新領域別症候群シリーズNo28 神経症候群III,766-769,2014.

29)急性呼吸困難で救急外来受診氏診断されたゴーシェ病Ⅱ型の1症例 酒井規夫
 ゴーシェ病症例集,井田博幸編,Medical Tribune,18-21,2015.

30)肝脾腫の特徴 酒井規夫
 ニーマンピック病C型の診断と治療,大野耕策編,医薬ジャーナル,44-45,2015

31)カタプレキシー 酒井規夫
 ニーマンピック病C型の診断と治療,大野耕策編,医薬ジャーナル,50-51,2015

32)組織障害の軽症な時期からERTを開始することの重要性を示唆する1症例 酒井規夫
 ファブリー病症例集Vol2,衛藤義勝編,Medical Tribune,18-21,2015.

33)【けいれん性疾患の最新の治療】 急性期 けいれんを呈する代謝異常増悪期の治療 青天目 信
 小児科診療,78(2):183-189,2015.

 

原著(邦文) ↑上へ戻る

1)東日本大震災(2011)の被災地におけるロタウイルスワクチン無料接種事業の効果
 渕向透※,大木智春※,和田和子他
 日本小児科学会雑誌,119(7)1087-1094,2015.

2)致死性窒息の小児症例に体外式模型人工肺が有効であった一例
 中倉晴香※,細見早苗※,小川新史※,青天目 信,上野高義※,小倉裕司※,嶋津岳士※
 日本救急医学会雑誌,26:183-188,2015.

3)常染色体優性夜間前頭葉てんかん(ADNFLE)の家族例
 中野さやか,岸本加奈子,谷河純平,山崎早苗,岩谷祥子,富永康仁,青天目 信,神尾範子,
 下野九理子,永井利三郎,菅原貴征※,兼子 直※,大薗恵一
 大阪てんかん研究会雑誌,26(1):7-11,2015.

 

原著(英文) ↑上へ戻る

1)Chemical chaperone treatment for galactosialidosis:effect of NOEV onβgalactosidase activities in fibroblasts.
Hossain MA,Higaki K※,Shinpo M,Nanba E※,Suzuki Y※,Ozono K,Sakai N.
Brain Dev,38(2):175-180,2016.

2)Pathogenesis and diagnostic criteria for rickets and osteomalacia-proposal by an expert panel supported by the ministry of health,labour and welfare,Japan,the Japanese Society for Bone and Mineral Research,and the Japan Endocrine Society.
Fukumoto S※,Ozono K,Michigami T※,Minagawa M※,Okazaki R※,Sugimoto T※,Takeuchi Y※,Matsumoto T※.
J Bone Miner Metab,33(5):467-473,2015.

3)Detection of hereditary 1,25-hydroxyvitamin D-resistant rickets caused by uniparental disomy of Chromosome 12 using Genome-Wide Single Nucleotide Polymorphism Array.
Tamura M※,Isojima T※,Kawashima M※,Yoshida H※,Yamamoto K,Kitaoka T,Namba N,Oka A※,Ozono K,Tokunaga K※,Kitanaka S※.
PLoS One,10(7):e0131157,2015.

4)Nationwide survey of fibroblast growth factor 23 (FGF23)-related hypophosphatemic diseases in Japan:prevalence,biochemical data and treatment.
Endo I※,Fukumoto※,Ozono K,Namba N,Inoue D※,Okazaki R※,Yamauchi M※,Sugimoto T※,Minagawa M※,Michigami T※,Nagai M※,Matsumoto T※.
Endocr J,62(9):811-816,2016.

5)Chaperone therapy for Krabbe disease:potential for late-onset GALC mutations.
Hossain MA,Higaki K※,Saito S※,Ohno K※,Sakuraba H※,Nanba E※,Suzuki Y※,Ozono K,Sakai N.
J Hum Genet,60(9):539-545, 2015.

6)Rare pseudoautosomal copy-number variations involving SHOX and/or its flanking regions in individuals with and without short stature.
Fukami M※,Naiki Y※,Muroya K※,Hamajima T※,Soneda S※,Horikawa R※,Jinno T※,Katsumi M※,Nakamura A※,Asakura Y※,Adachi M※,Ogata T※,Kanzaki S※,Japanese SHOX study group.
J Hum Genet,60(9):553-556,2015.

7)Treatment situation of male hypogonadotropic hypogonadism in pediatrics and proposal of testosterone and gonadotropins replacement therapy protocols.
Sato N※,Hasegawa T※,Hasegawa Y※,Arisaka O※,Ozono K,Amemiya S※,Kikuchi T※,Tanaka H※,Harada S※,Miyata I※,Tanaka T※.
Clin Pediatr Endocrinol,24(2):37-49,2015.

8)Prognostic factors for acute encephalopathy with bright tree appearance.
Azuma J※,Nabatame S,Nakano S※,Iwatani Y※,Kitai Y※,Tominaga K,Kagitani-Shimono K,Okinaga T,Yamamoto T※,Nagai T※, Ozono K.
Brain Dev,37(2):191-199,2015.

9)Interleukin-1-induced acute bone resorption facilitates the secretion of fibroblast growth factor 23 into the circulation.
Yamazaki M※,Kawai M※,Miyagawa K※,Ohata Y,Tachikawa K※,Kinoshita S※,Nishino J※,Ozono K,Michigami T※.
J Bone Miner Metab,33(3):342-354,2015.

₁₀)Problems during the long-term follow-up after surgery for pediatric solid malignancies.
Oue T※,Miyoshi Y,Hashii Y,Uehara S※,Ueno T※,Nara K※,Usui N※, Ozono K.
Eur J Pediatr Surg,25(1):123-127,2015.

11)Negative feedback loop of cholesterol regulation is impaired in the livers of patients with Alagille syndrome.
Miyahara Y,Bessho K,Kondou H,Hasegawa Y,Yasuda K,Ida S※,Ihara Y※,Mizuta K※,Miyoshi Y,Ozono K.
Clin Chim Acta,440:49-54,2015.

12)A fatal case of infantile malignant osteopetrosis complicated by pulmonary arterial hypertension after hematopoietic stem cell transplantation.
Kuroyanagi Y※,Kawasaki H※,Noda Y※,Ohmachi T※,Sekiya S※,Yoshimura K※,Ohe C※,Michigami T※,Ozono K,Kaneko K※.
Tohoku J Exp Med, 234(4):309-312,2014.

13)Skeletal overgrowth syndrome caused by overexpression of C-type natriuretic peptide in a girl with balanced chromosomal translocation,t (1;2) (q41;q37.1).
Ko JM※,Bae JS※,Choi JS※,Miura K※,Lee HR※,Kim OH※,Kim NK※,Oh SK※,Ozono K,Lee CK※,Choi IH※,Park WY※,Cho TJ※.
Am J Med Genet A,167A(5):1033-1038,2015.

14)Pathological examination of the placenta in small for gestational age (SGA) children with or without postnatal catch-up growth.
Tachibana M,Nakayama M,Ida S,Kitajima H,Mitsuda N, Ozono K,Miyoshi Y.
J Matern Fetal Neonatal Med,29(6):982-986, 2016.

15)Global consensus recommendations on prevention and management of nutritional rickets.
Munns CF※,Shaw N※,Kiely M※,Specker BL※,Thacher TD※,Ozono K,Michigami T※,Tiosano D※,Mughal M. Zulf※,Mäkitie O※,Ramos-Abad L※,Ward L※,DiMeglio Linda A※,Atapattu N※,Cassinelli H※,Braegger C※,Pettifor JM※,Seth A※,Idris H W※,Bhatia V※,Fu J※,Goldberg G※,Sävendahl L※,Khadgawat R※,Pludowski P※,Maddock J※,Hyppönen E※,Oduwole A※,Frew E※,Aguiar M※,Tulchinsky T※,Butler G※,Högler W※.
J Clin Endocrinol Metab,10(2):394-415,2016.

16)Frequencies of spontaneous breast development and spontaneous menarche in Turner syndrome in Japan.
Tanaka T※,Igarashi Y※,Ozono K,Ohyama K※,Ogawa M※,Osada H※,Onigata K※,Kanzaki S※,Kohno H※,Seino Y※,Takahashi H※,Tajima T※,Tachibana K※,Tanaka H※,Nishi Y※,Hasegawa T※,Fujita K※,Yorifuji T※,Horikawa R※,Yokoya S※.
Clin Pediatr Endocrinol,24(4):167-173,2015.

17)Mutations in MECOM,Encoding Oncoprotein EVI1,Cause Radioulnar Synostosis with Amegakaryocytic Thrombocytopenia.
Niihori T※,Ouchi-Uchiyama M※,Sasahara Y※,Kaneko T※,Hashii Y,Irie M※,Sato A※,Saito-Nanjo Y※,Funayama R※,Nagashima T※,Inoue S※,Nakayama K※,Ozono K,Kure S※,Matsubara Y※,Imaizumi M※,Aoki Y※.
Am J Hum Genet. 97(6):848-854,2015.

18)Acromesomelic dysplasia,type Maroteaux caused by novel loss-of-function mutations of the NPR2 gene:Three case reports.
Wang W,Song MH※,Miura K,Fujiwara M,Nawa N,Ohata Y,Kitaoka T,Kubota T,Namba N,Jin DK※,Kim OH※,Ozono K,Cho TJ※.
Am J Med Genet A. 170A(2):434,2016.

19)Asfotase alfa treatment improves survival for perinatal and infantile hypophosphatasia.
Whyte MP※,Rockman-Greenberg C※,Ozono K,Riese R※,Moseley S※,Melian A※,Thompson D※,Bishop N※,Hofmann C※.
J Clin Endocrinol Metab, 10(1):334-342,2016.

20)Successful induction of sclerastin in human-derived fibroblasts by 4 transcription factors and its regulation by parathyroid hormone hypoxia and prostaglandin E2
Fujiwara M,Kubota T,Wang W,Ohata Y,Miura K,Kitaoka T,Okuzaki D※,Namba N※,Michigami T※,Kitabatake Y,Ozono K.
Bone,85:91-98,2016.

21)Serum NT-proCNP levels increased after initiation of GH treatment in patients with achondroplasia/hypochondroplasia.
Kubota T,Wang W,Miura K,Nakayama H,Yamamoto K,Fujiwara M,Ohata Y,Tachibana M,Kitaoka T,Takakuwa S,Miyoshi Y,Namba N,Ozono K.
Clin Endocrinol (Oxf), 84(6):845-850,2016.

22)Inorganic phosphate activates the AKT/mTORC1 pathway and shortens the life span of an a-Klotho-deficient model.
Kawai M※,Kinoshita S※,Ozono K,Michigami T※.
J Am Soc Nephrol,2016 [Epub ahead of print]

23)Identification of novel kinase fusion transcripts in paediatric B cell precursor acute lymphoblastic leukaemia with IKZF1 deletion.
Yano M※,Imamura ※T,Asai D※,Kiyokawa N※,Nakabayashi K※,Matsumoto K※,Deguchi T※,Hashii Y,Honda YK※,Hasegawa D※,Sasahara Y※,Ishii M※,Kosaka Y※,Kato K※,Shima M※,Hori H※,Yumura-Yagi K※,Hara J※,Oda M※,Horibe K※,Ichikawa H※,Sato A※.
Br J Haematol,171(5):813‒817,2015.

24)Protracted Administration of L-Asparaginase in Maintenance Phase Is the Risk Factor for Hyperglycemia in Older Patients with Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia.
Yoshida H※,Imamura T※,Saito AM※,Takahashi Y※,Suenobu S※,Hasegawa D※,Deguchi T※,Hashii Y,Kawasaki H※,Endo M※,Hori H※,Suzuki N※,Kosaka Y※,Kato K※,Yumura-Yagi K※,Hara J※,Oda M※,Sato A※,Horibe K※;
Japan Association of Childhood Leukemia Study. PLoS One,10(8):e0136428,2015.

25)Comparison of chemotherapeutic agents as a myeloablative conditioning with total body irradiation for pediatric acute lymphoblastic leukemia:A study from the pediatric ALL working group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation.
Kato M※,Ishida H※,Koh K※,Inagaki J※,Kato K※,Goto H※,Kaneko T※,Cho Y※,Hashii Y,Kurosawa H※,Takita J※,Hamamoto K※,Inoue M※,Sawada A※,Suzuki R※,Kato K※.
Pediatr Blood Cancer,62(10):1844-1850,2015.

26)Second allogeneic hematopoietic stem cell transplantation in children with severe aplastic anemia.
Kudo K※,Muramatsu H※,Yoshida N※,Kobayashi R※,Yabe H※,Tabuchi K※,Kato K※,Koh K※,Takahashi Y※,Hashii Y,Kawano Y※,Inoue M※,Cho Y※,Sakamaki H※,Kawa K※,Kato K※,Suzuki R※,Kojima S※.
Bone Marrow Transplant,50(10):1312-1315,2015.

27)Respiratory syncytial virus infection in infants with acute leukemia:a retrospective survey of the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group.
Hatanaka M※,Miyamura T,Koh K※,Taga T※,Tawa A※,Hasegawa D※,Kajihara R※,Adachi S※,Ishii E※,Tomizawa D※.
Int J Hematol. 102(6):697-701,2015.

28)Comparison of Outcomes for Pediatric Patients With Acute Myeloid Leukemia in Remission and Undergoing Allogeneic Hematopoietic Cell Transplantation With Myeloablative Conditioning Regimens Based on Either Intravenous Busulfan or Total Body Irradiation:A Report From the Japanese Society for Hematopoietic Cell Transplantation
.Ishida H※,Kato M※,Kudo K※,Taga T※,Tomizawa D※,Miyamura T,Goto H※,Inagaki J※,Koh K※,Terui K※,Ogawa A※,Kawano Y※,Inoue M※,Sawada A※,Kato K※,Atsuta Y※,Yamashita T※,Adachi S※.
Biol Blood Marrow Transplant,21(12):2141-7,2015.

29)Persistent clonal chromosomal abnormalities in a chronic myeloid leukemia patient.
Muraoka M※,Washio K※,Kanamitu K※,Kanazawa Y※,Ishida T※,Miyamura T,Chayama K※,Nishiuchi R※,Oda M※,Shimada A※.
Pediatr Int. 58(1):53-56, 2016.

30)Primary renal neuroblastoma with metastasis and matrix metalloproteinase-14 expression.
Zenitani M※,Uehara S※,Miyashita E※,Hashii Y,Oue T※,Okuyama H※.
Pediatr Int,58(2):161-164,2016.

31)Hematopoietic stem cell transplantation for inborn errors of metabolism:A report from the Research Committee on Transplantation for Inborn Errors of Metabolism of the Japanese Ministry of Health,Labour and Welfare and the Working Group of the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation.
Kato S※,Yabe H※,Takakura H※,Mugishima H※,Ishige M※,Tanaka A※,Kato K※,Yoshida N※,Adachi S※,Sakai N※,Hashii Y,Ohashi T※,Sasahara Y※,Suzuki Y※,Tabuchi K※.
Pediatr Transplant,20(2):203-214,2016.

32)Donor cell-derived hematological malignancy:a survey by the Japan Society for Hematopoietic Cell Transplantation.
Kato M※,Yamashita T※,Suzuki R※,Matsumoto K※,Nishimori H※,Takahashi S※,Iwato K※,Nakaseko C※,Kondo T※,Imada K※,Kimura F※,Ichinohe T※,Hashii Y,Kato K※,Atsuta Y※,Taniguchi S※,Fukuda T※.
Leukemia( 12.February 2016)( doi:10.1038/leu.2016.23.)

33)Gonadal function,fertility,and reproductive medicine in childhood and adolescent cancer patients:a national survey of Japanese pediatric endocrinologists.
Miyoshi Y,Yorifuji T※,Horikawa R※,Takahashi I※,Nagasaki K※,Ishiguro H※,Fujiwara I※,Ito J※,Oba M※,Kawamoto H※,Fujisaki H※,Kato M※,Shimizu C※,Kato T※,Matsumoto K※,Sago N※,Takimoto T※,Okada H※,Suzuki※,Yokoya S※,Ogata T※,and Ozono K.
Clini Pediatric Endocrinology,25(27):46-57,2016.

34)Natural history of chronic hepatitis B virus infection in childhood and efficacy of interferon therapy
Takano T※,Tajiri H※,Etani Y※,Miyoshi Y,Tanaka Y※,Brooks S※.
Scandinavian Fournal of Gastroenterology,50(7):892-899,2015.

35)Placental examination:prognosis after delivery of the growth restricted fetus.
Tachibana M,Nakayama M,Miyoshi Y.
Current Opinion in Obstetrics and Gynecology,28(2):95-100,2016.4

36)Peginterferon therapy in children with chronic hepatitis C:A nationwide,multi-center study in Japan,2004-2013.
Suzuki M※,Tajiri H※,Tanaka Y※,Takano T※,Miyoshi Y,Murakami J※,Shimizu T※,Brooks S※.
J Pediatr Gastroenterol Nutr,63(1):88-93,2016.

37)Complications and Quality of Life in Long-Term Survivors of Biliary Atresia with Their Native Livers.
Bessho K.
J Pediatr,167(6):1202-1206,2015.

38)Natural killer cells promote long-term hepatobiliary inflammation in a low-dose rotavirus model of experimental biliary atresia.
Squires JE※,Shivakumar P※,Mourya R※,Bessho K,Walters S※,Bezerra JA※.
PLoS One, 10(5):e0127191,2015.

39)Analysis of public concerns about influenza vaccinations by mining a massive online question dataset in Japan.
Nawa N,Kogaki S※,Takahashi K,Ishida H,Baden H,Katsuragi S,Narita J,Tanaka-Taya K,Ozono K.
Vaccine,2016. In press. doi:10.1016/j.vaccine.2016.01.008.

40)Generation of induced pluripotent stem cells from patients with muscular dystrophy and their induction to cardiomyocytes.
Hashimoto A※,Naito AT※,Lee JK※,Kitazume-Taneike R※,Ito M※,Yamaguchi T※,Nakata R※,Sumida T※,Okada K※,Nakagawa A※,Higo T※,Kuramoto Y※,Sakai T※,Tominaga K,Okinaga T※,Kogaki S,Ozono K,Miyagawa S※,Sawa Y※,Sakata Y※,Morita H※,Umezawa A※,Komuro I.
※Int Heart J,57(1):112-117,2016.

41)Single-cell expression profiling reveals a dynamic state of cardiac precursor cells in the early mouse embryo.
Kokkinopoulos I※,Ishida H,Saba R※,Ruchaya P※,Cabrera C※,Struebig M※,Barnes M※,Terry A※,Kaneko M※,Shintani Y※,Coppen S※,Shiratori H※,Ameen T※,Mein C※,Hamada H※,Suzuki K※,Yashiro K※.
PLoS One,10(10):e0140831,2015.

42)Cardiomyocyte differentiation from mouse embryonic stem cells using a simple and defined protocol.
Kokkinopoulos I※,Ishida H,Saba R※,Coppen S※,Suzuki K※,Yashiro K※.
Dev Dyn. 245(2):157-165,2015.

43)SPTAN1 encephalopathy:distinct phenotypes and genotypes.
Tohyama J※,Nakashima M※,Nabatame S,Gaik-Siew C※,Miyata R※,Rener-Primec Z※,Kato M※,Matsumoto N※,Saitsu H※.
J Hum Genet,60(4):167-173,2015.

44)De novo KCNT1 mutations in early-onset epileptic encephalopathy.
Ohba C※,Kato M※,Takahashi N,Osaka H※,Shiihara T※,Tohyama J※,Nabatame S,Azuma J※,Fujii Y※,Hara M※,Tsurusawa R※,Inoue T※,Ogata R※,Watanabe Y※,Togashi N※,Kodera H※,Nakashima M※,Tsurusaki Y※,Miyake N※,Tanaka F※,Saitsu H※,Matsumoto N※.
Epilepsia,56(9):e121-e128,2015.

45)Sleep problems are more frequent and associated with problematic behaviors in preschoolers with autism spectrum disorder.
Hirata I,Mohri I,Kato-Nishimura K※,Tachibana M※,Kuwada A,Kagitani-Shimono K,Ohno Y※,Ozono K,Taniike M.
Res Dev Disabil,49(50):86-99,2015.

46)Nationwide survey of glucose transporter-1 deficiency syndrome (GLUT-1DS) in Japan.
Ito Y※,Takahashi S※,Kagitani-Shimono K,Natsume J※,Yanagihara K※,Fujii T※,Oguni H※.
Brain Dev,37(8):780-789,2015.

47)Semi-quantitative analyses of antibodies to N-methyl-d-aspartate type glutamate receptor subunits (GluN2B & GluN1) in the clinical course of Rasmussen syndrome.
Fukuyama T※,Takahashi Y※,Kubota Y※,Mogami Y※,Imai K※,Kondo Y※,Sakuma H※,Tominaga K,Oguni H※,Nishimura S※.
Epilepsy Res,113:34-43,2015.

48)Trinucleotide insertion in the SMN2 promoter may not be related to the clinical phenotype of SMA.
Harahap NI※,Takeuchi A※,Yusoff S※,Tominaga K,Okinaga T※,Kitai Y※,Takarada T※,Kubo Y※,Saito K※,Sa’adah N※,Nurputra DK※,Nishimura N※,Saito T※,Nishio H※.
Brain Dev,37(7):669-676,2015.

49)White matter volume in the brainstem and inferior parietal lobule is related to motor performance in children with autism spectrum disorder:A voxel-based morphometry study.
Hanaie R※,Mohri I,Kagitani-Shimono K,Tachibana M,Matsuzaki J※,Hirata I,Nagatani F※,Watanabe Y※,Fujita N※,Taniike M.
Autism Res,2016.

50)Atomoxetine reverses locomotor hyperactivity,impaired novel object recognition,and prepulse inhibition impairment in mice lacking pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide (PACAP).
Shibasaki Y※,Hayata-Takano A※,Hazama K※,Nakazawa T※,Shintani N※,Kasai A※,Nagayasu K※,Hashimoto R※,Tanida M※,Katayama T※,Matsuzaki S※,Yamada K※,Taniike M,Onaka Y※,Ago Y※,Waschek JA※,Köves K※,Reglődi D※,Tamas A※,Matsuda T※,Baba A※,Hashimoto H※.
Neuroscience,297:95-104,2015.

51)Gap effect abnormalities during a visually guided pro-saccade task in children with attention deficit hyperactivity disorder.
Matsuo Y※,Watanabe M※,Taniike M,Mohri I,Kobashi S※,Tachibana M,Kobayashi Y※,Kitamura Y※.
Plos one,10(5):e0125573,2015.

52)The effects of behavior support targeting self-injurious behavior through promotion of task engagement on problem behavior in ASD children.
Tani,K※,Sakai S,Okuno H,Takagi S※,Fujiwara,Y※.
School Health 12,1-12,2016.

 

講演↑上へ戻る

第118回 日本小児科学会学術集会:15. 04. 17-19,大阪(会頭講演)
1)ビタミンDの作用と臨床的課題-過去から未来へ- 大薗恵一

第118回 日本小児科学会学術集会:15. 04. 19,大阪(教育講演)
2)地域に生かす発達障害研究 谷池雅子

第118回 日本小児科学会学術集会:15. 04. 17-19,大阪(モーニング教育セミナー)
3)8歳女児 昨日より発熱、頻回の嘔吐と顔色不良? 高橋邦彦

第118回 日本小児科学会学術集会:15. 04. 17-19,大阪(教育セミナー)
4)乳幼児期のビタミンD欠乏症 窪田拓夫
5)治療可能な疾患,ニーマンピック病C型の診断と治療の実際  
 ―肝脾腫,発達遅滞,眼球運動障害からの気づき― 酒井規夫

第118回 日本小児科学会学術集会:15. 04. 17-19,大阪(シンポジウム)
6)小児・小児科疾患への肺移植の現況
 南 正人※,井上匡美※,川村知裕※,舟木壮一郎※,新谷 康※, 奥村明之進※,
 福嶌教偉※,澤 芳樹※,小垣滋豊,大薗恵一
7)小児がん免疫療法開発の現状と展望 橋井佳子
8)小児心臓移植の現状と課題 福嶌教偉※,小垣滋豊
9)先天代謝異常症への酵素補充療法,分野別シンポジウム 酒井規夫

The 11th Asian Society for Pediatric Research:15. 04. 18,Osaka
10)Current status of pulmonary arterial hypertension associated with congenital heart disease in Japan. Kogaki S

CHD-PH 薬物治療IN大阪南部講演会:15. 04. 22,大阪
11)成人先天性心疾患診療の実際 小垣滋豊

第88回 日本内分泌学会学術総会:15. 04. 23-25,東京
12)骨系統疾患の新たな成因と治療 大薗恵一
13)くる病・骨軟化症の診断マニュアルの作成 大薗恵一
14)くる病 窪田拓生

第88回 日本内分泌学会学術総会 :15. 04. 23-25,東京(シンポジウム)
15)女性医師専門医育成・再教育委員会企画:思春期の内分泌的課題  
  小児がん患者における性腺機能と妊孕性 三善陽子

第3回 広島キッズハート&ラングフォーラム:15. 04. 24,広島
16)“肺循環障害̶他臓器連関”を考える 小垣滋豊

茨城TSC診療連携セミナー:16. 05. 09,つくば
17)小児神経科医からみたTSCの診断と治療―院内連携の取り組みなど― 富永康仁

Korean Society of Pediatric Endocrinology:15. 05. 12,韓国 (特別講演)
18)Rickets and rickets-like disease:revisited Ozono K

第57回 日本小児神経学会学術集会:15. 05. 28-30,大阪(シンポジウム)
19)発達障害の先端的研究 子どものこころのセンターの取り組み  
  自閉症スペクトラム 障害児の感覚特異性 下野九理子
20)髄注による酵素補充療法の開発 酒井規夫

第20回 発達支援地域ネットワーク研究会:15. 06. 14,大阪
21)自閉症の脳科学 谷池雅子

RSV JAPAN Global Expertsʼ Meeting 2015:15. 6. 20,東京
22)当院における免疫不全を伴う患児に対するパリブズマブの使用経験 和田和子

東京医科歯科大学 大学院特別講義:15. 06. 24,東京
23)ヒトiPS細胞とゲノム編集技術による新たな病態解析 北畠康司

成人先天性心疾患と肺高血圧症を考える会:15. 07. 01,長崎
24)Eisenmenger症候群の治療経験 小垣滋豊

第9回 なにわ周産期フォーラム:15. 07. 04,大阪
25)ダウン症候群の胎児期から成人期までをとらえる 北畠康司

2nd Academic Forum in Pulmonary Hypertension:15. 07. 05,東京
26)Lessons from the peri-/post-operative management of PAH associated with congenital heart disease Kogaki S

第145回 お茶の水木曜会:15. 07. 09,東京(特別講演)
27)ビタミンD欠乏症-仮面に隠されたビタミンDのもう1つの顔- 大薗恵一

難病フォーラム2015:15. 07. 11,東京28)ライソゾーム病の治療戦略 酒井規夫

第51回 日本小児循環器学会総会・学術集会,15. 07. 16-18,東京(モーニングレクチャー)
29)次世代シーケンサーを用いた小児心筋疾患の新規診断法 小垣滋豊

第51回 日本小児循環器学会総会・学術集会,15. 07. 16-18,東京(ランチョンセミナー)
30)ACHDに伴うPAHの診断と治療に臨む 小垣滋豊

第51回 日本小児循環器学会総会・学術集会,15. 07. 16-18,東京(シンポジウム)
31)小児期心筋症に対する再生治療の現状と課題 小垣滋豊,澤 芳樹※
32)ACHDに伴うPAHの診断と治療に臨む 小垣滋豊
33)小児重症心不全診療における施設間連携に関する検討 ~搬送例の経験から~ 成田 淳
34)Single Cell cDNAと次世代シークエンサーを用いた心筋前駆細胞特異的表面マーカーの同定
 石田秀和,小垣滋豊,大薗恵一,八代健太※

第11回 ALPS研究会:15. 07. 18,東京
35)低ホスファターゼ症 Update-治療法の進歩- 大薗恵一

第11回 日本先天代謝異常学会セミナー:15. 07. 18-19,大阪
36)症状からの鑑別 循環器 小垣滋豊

第33回 日本骨代謝学会学術集会:15. 07. 23-25,東京
37)骨系統疾患診療の展望 窪田拓生
38)軟骨無形成症の診断と治療 北岡太一

【白木賞受賞】第32回 小児肝臓研究会:15. 07. 25-26, 鳥取 (白木賞受賞講演)
39)「Gene Expression Signature for Biliary Atresia and a Role for IL-8 in the Pathogenesis of Experimental Disease」 別所一彦

2015年度 病気療養児の教育研修会:15. 07. 30,大阪
40)こどもの腎炎とネフローゼ 北岡太一

特別支援教育セミナーin「関西」2015:15. 07. 31-08. 01,大阪
41)学校で配慮すべき心疾患とそのポイント 小垣滋豊

第11回 小児内分泌入門セミナー:15. 08. 01-02,大阪
42)すべての小児科医が理解しておきたいCa・P・骨代謝入門 窪田拓生

第48回 Sleep Apneaカンファレンス:15. 08. 08,東京
43)小児の閉塞性無呼吸症候群 現状と課題 谷池雅子

第3回 新生児科指導医教育セミナー:15. 8. 29,仙台
44)出生前診断と遺伝カウンセリング -新生児科医の役割とは- 和田和子

第16回 泉州小児科懇話会:15. 08. 29,大阪
45)ダウン症候群の胎児期から成人期までをとらえる 北畠康司

医師主導治験開始のためのキックオフ講演会:15. 09. 05,大阪
46)小児慢性胆汁うっ滞性疾患に対するMCT投与の経験とMCTカプセルへの期待 別所一彦

大阪自閉症研究会:15. 09. 10,大阪
47)子どもカウンセリングで『ぼくについて知りたい』に応えるとき  
 ~小学生が自閉症特性を理解するために~ 山本知加,吉崎亜里香

第17回 日本骨粗鬆症学会:15. 09. 17-19,広島
48)成長期の骨密度と骨形成の変化 大薗恵一

第4回 Glut-1異常症患者会総会:15. 09. 19,大阪
49)思春期前後の経過について 青天目 信

第21回 JBICバイオ関連基盤技術研究会:15. 09. 29,東京
50)疾患特異的ヒトiPS細胞とゲノム編集技術による新たな難病研究 北畠康司

第21回 JBICバイオ関連基盤技術研究会:15. 09. 29,東京(シンポジウム)
51)【大学病院・研究室が担うべき新生児医療への貢献とは?】  
 攻めの教育で次世代を集める -私たちのブルー・オーシャン戦略- 北畠康司

第20回 日本ライソゾーム病研究会:15. 10. 02,東京
52)ゴーシェ病の病態と治療法に関する今後の展望」 酒井規夫

第1回 先天性GPI欠損症家族会:15. 10. 03,大阪
53)先天性GPI欠損症の臨床研究について 青天目 信

第49回 日本小児内分泌学会学術集会:15. 10. 8-10,東京
54)低ホスファターゼ症に対する新規治療法 大薗恵一

第49回 日本小児内分泌学会学術集会:15. 10. 8-10,東京
55)過成長症例から学ぶ新規原因遺伝子異常の同定と展開研究 窪田拓生,大薗恵一

東京HOCMフォーラム2015:15. 10. 10,東京
56)基調講演 小児領域における肥大型心筋症重症例への対策の現状 小垣滋豊

第7回 日本小児循環器学会教育セミナーAdvance Course:15. 10. 17-18,京都
重症心疾患の管理と治療:多臓器に対する/多臓器からの影響をどう克服するか?
57)循環不全における臓器連関の基礎(総論) 小垣滋豊
58)利尿薬 vs. ACE-I 小垣滋豊,大崎真樹

第60回 日本新生児成育医学会:15. 10. 23-25,盛岡(シンポジウム)
59)大学病院・研究室が担うべき新生児医療への貢献とは?  
 「攻めの教育で次世代を集める -私たちのブルー・オーシャン戦略」 北畠康司

YOUNG RESEARCHERS CONFERENCE:15. 10. 24,神戸
60)症例から入る骨カルシウム代謝疾患-希少症例から学ぼう- 大薗恵一

第53回 日本癌治療学会学術集会:15. 10. 29-31,京都
61)国際シンポジウム小児がん患者における妊孕性温存への取り組み 三善陽子

第53回 日本癌治療学会:15. 10. 30,京都 (臓器別シンポジウム)
62)「小児がんのゲノム解析と新治療法開発」小児がんに対するWT1ペプチドワクチンを用いた免疫療法:新しい集学的治療の開発 橋井佳子

2015 Nordiscience Ach workshop:15. 10. 31,札幌
63)成長軟骨の増殖・分化制御を踏まえた軟骨無形成症の発症機序の理解 大薗恵一
64)軟骨低形成症診療上の課題~神経関連合併症を中心に~ 北岡太一

遺伝性疾患入門セミナー2015:15. 10. 31,大阪
65)大阪大学遺伝子診療部の取り組みについて 酒井規夫

First Sino-US-Japan Pediatric Translational Medicine Forum and Third International Pediatric Hematology and Oncology:15. 11. 14 Shanghai China
66)WT1 vaccination for pediatric malignancies. 橋井佳子

高槻病院特別セミナー:15. 11. 16,大阪
67)ダウン症候群の胎児期から成人期までをとらえる 北畠康司

岐阜ファブリー病セミナー:15. 11. 26,岐阜
68)ファブリー病の多彩な病態と診療上の課題, 酒井規夫

第57回 日本小児血液・がん学会学術集会:15. 11. 27-29,甲府(ランチョンセミナー)
69)小児がんにおける免疫療法の現状と今後の展望~免疫制御抗体の先を見据えて~ 橋井佳子

第25回 臨床内分泌代謝Update:15. 11. 28,東京
70)子どもの栄養とビタミンDの不足 大薗恵一

The second joint meeting of Japan-Taiwan-Korean Pediatric Societies of Pediatric Gastroenterology,Hepatology and Nutrition:15. 11. 28,東京
71)「Phenotyping of patients with biliary atresia towards personalized therapy」 別所一彦

第16回 臨床CPAP研究会:15. 11. 28,京都
72)小児アテンドポリソムノグラフィーの重要性 谷池雅子

第3回 ゴーシェ病フォーラム:15. 11. 28,東京
73)遺伝カウンセリングの役割―成人型ゴーシェ病が疑われた時に― 酒井規夫

小児発達障害の会:15. 12. 08,京都
74)発達障害と睡眠 毛利育子

第3回 大阪大学医学部全国教授の会:15. 12. 24,大阪
75)染色体異常症候群における「合併症の発症メカニズムの解明」 北畠康司

平成27年度重症心不全移植専攻医育成プログラム:16. 01. 12,大阪
76)先天性心疾患における心不全 小垣滋豊

和光純薬工業特別セミナー:16. 01. 18,大阪
77)ゲノム編集技術とヒトiPS細胞 新しい技術、新しい切り口 北畠康司

エーザイ社内MR実践研修(てんかん領域):16. 01. 19,大阪
78)てんかん診療の実際について 青天目 信

広島ファブリー病セミナー:16. 01. 21,岐阜
79)ファブリー病の診療と遺伝カウンセリング 酒井規夫

日本小児栄養消化器肝臓学会 第7回卒後教育セミナー:16. 01. 23,大阪
80)「NASHに関連した症例」 長谷川泰浩

若手育成セミナー:16. 01. 23,東京
81)ライソゾーム病の基礎 酒井規夫

北河内学校保健研究大会 :16. 01. 27,寝屋川
82)子どもの発達と睡眠 谷池雅子

大阪府池田保健所こころの健康講座:16. 01. 27,大阪
83)小児期の発達障がいの理解と対応について 下野九理子

第151回 阪大病院フォーラム:16. 01. 28,
84)小児慢性特定疾患と未診断疾病イニシアチブ 窪田拓生

愛媛遺伝性疾患講演会:16. 01. 29,松山
85)ライソゾーム病の病態と診療のポイント 酒井規夫

防府ファブリー病セミナー:16. 02. 05,防府
86)ファブリー病の診療と遺伝カウンセリング 酒井規夫

母子愛育会周産期医療研修会:16. 02. 10,大阪
87)低出生体重児の成長と支援 和田和子

第15回 静岡県小児糖尿病・代謝内分泌研究会:16. 02. 13,浜松(特別講演)
88)ビタミンD欠乏症診断の手引きを使いこなす 大薗恵一

福井ファブリー病セミナー:16. 02. 18,福井
89)ファブリー病の診療と遺伝カウンセリング 酒井規夫

第22回 日本胎児心臓病学会学術集会:16. 02. 20,東京
90)小児科医と産婦人科医が遭遇する肺高血圧症 小垣滋豊

鹿児島ファブリー病セミナー:16. 02. 22,鹿児島
91)ファブリー病の診療と遺伝カウンセリングの課題 酒井規夫

第10回 倫理委員会公開フォーラム:16. 02. 28,大阪
92)在宅医療と子どもの人権 酒井規夫

第29回 近畿小児科学会アフタヌーンセミナー:16. 03. 06,大阪
93)思春期の子どもの診かた 三善陽子

第10回 ファブリー病シンポジウム:16. 03. 12,東京
94)家系図の書き方 酒井規夫

第24回 神奈川県小児内分泌懇話会:16. 03. 19,横浜(特別講演)
95)ビタミンD欠乏症~正しい診断治療のために何が必要か~ 大薗恵一



学位取得者↑上へ戻る

中西真理子 
Investigation of autistic features among individuals with mild to moderate Cornelia de Lange syndrome.
Am J Med Genet A. 2012 Aug;158A(8):1841-7.
学位取得日;平成27年4月28日

王 薇 Wei Wang
Acromesomelic dysplasia, type maroteaux caused by novel loss-of-function mutations of the NPR2 gene: Three case reports.
Am J Med Genet A. 2016 Feb;170A(2):426-34.
学位取得日;平成27年3月28日