アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 自主臨床研究 > 新生児研究グループ:臨床研究|

教授挨拶

研究課題:早期低体重児出産を経験した母親における歯周状態の評価と唾液中の歯周病原性細菌の分布に関する研究

実施期間 2015年3月31日まで
研究機関 大阪大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター 
大阪大学歯学部小児歯科
主任研究者 和田和子
研究目的 近年,歯周病と早期低体重児出産との関連が取りざたされているが,統一した見解は得られていない.また,我が国における分析はあまり行われていない.そこで,本研究では,早期低体重児出産を経験した母親の歯周状態を評価するとともに,唾液の提供を受け,その中に含まれている歯周病原性細菌種について分析したいと考えている。そして,これらの結果と早期低体重児出産との関連を統計学的に検討していきたいと考えている。
対象 当院で出産された妊婦(正期産および早産)約100例
プライバシーの保護 本研究で得られたデータを当該医療機関外へ提供する際には、対応表は提供せず、連結不可能匿名化されたデータのみを提供する。また、学会や論文等で研究成果を発表する場合も、個人を特定できる情報を明らかにすることは決して行わない。
本研究に関する問い合わせ先 大阪大学大学院医学医系研究科
総合周産期母子医療センター 和田和子