アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 研究紹介 > 研究グループ > 栄養発育研究グループ|

教授挨拶

1、小児の栄養発育の異常をきたす疾患の病態解明
 ①成長障害、思春期の異常などの内分泌疾患の発症機構に関する研究を行っています。また、肝移植患者の成長障害や、SGA児の発育予後と胎盤組織所見との関連に関する研究を行っています。
 ②核蛋白質ラミン代謝異常による早老症に対する治療的介入の研究を行っています。
 ③小児がん経験者の主要な晩期合併症である内分泌学異常に関する研究を、血液腫瘍・免疫グループ、内分泌グループおよび他の診療科(小児外科・脳神経外科・産婦人科、泌尿器科)と連携して行っています。

2、小児の消化器・肝臓疾患の病態解明
 ①当科にて専門的に診療を行っている胆道閉鎖症、アラジール症候群、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC)などの小児胆汁うっ滞性肝障害に対する診断・治療を行うとともに、これらの疾患に関する診断技術の向上や新薬開発に関する研究を行っています。また、胆汁うっ滞の病態において、胆汁酸代謝制御の変化が肝臓の糖・脂質代謝に与える影響についても研究を行っています。
 ②肝臓移植において当初の段階から小児外科と移植チームを立ち上げ、移植前から移植後も含めた診療に従事しており、肝移植後の遠隔期肝障害の免疫学的検討や成長障害に関する研究を行っています。また、日本小児肝臓研究会小児劇症肝不全ワーキンググループの一員として、小児の劇症肝不全に関して、調査研究を行っています。
 ③小児期のウイルス性肝炎に対する治療法の標準化に関して、厚生労働科学研究費補助金「小児期のウイルス性肝炎に対する治療法の標準化に関する研究」として、多施設共同で臨床研究を行っています。
 ④小児消化管疾患に関して、消化管アレルギーの発症機序の解明、小児炎症性腸疾患のバイオマーカーに関する研究や、腸内細菌に関する研究を行っています。

栄養発育研究グループ紹介はこちら