アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 研究紹介 > 研究グループ > 栄養発育研究グループ|

教授挨拶

1、小児の栄養発育の異常をきたす疾患の病態解明
 ①成長障害・甲状腺・思春期の異常など内分泌疾患の発症機構・治療に関する研究を行っています。また、肝臓移植患者や経管・経静脈栄養児の成長および栄養評価を通して、健常な発育を支援する研究を行っています。
 ②人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた骨系統疾患における成長障害の病態解明に取り組んでいます。
 ③小児がん経験者(CCS)の晩期合併症である内分泌異常に関する研究を行っています。血液腫瘍・免疫グループ、内分泌グループおよび他の診療科と連携して包括的なフォローアップを行っています。
 ④小児・若年がん患者の妊孕性温存に関する研究を通して、がん・生殖医療(oncofertility)の発展に取り組んでいます。

2、小児の消化器・肝臓疾患の病態解明
 ①胆道閉鎖症、アラジール症候群、進行性家族性肝内胆汁うっ滞症(PFIC)1~4型などの小児胆汁うっ滞性肝障害に対する診断・治療を行うとともに、これらの疾患に関する病態解明や新薬開発に関する基礎研究・臨床研究を行っています。また、胆汁うっ滞の病態において、胆汁酸代謝制御の変化が肝臓の糖・脂質代謝に与える影響についても研究を行っています。
 ②乳児・小児の急性肝不全・慢性肝疾患および小腸機能不全に対し小児外科と移植チームを立ち上げ、移植前から移植後も含めた診療に従事しており、肝移植・小腸移植後の遠隔期グラフト障害の免疫学的検討や成長障害に関する研究を行っています。
 ③小児期のウイルス性肝炎に対する治療法の標準化に関して、日本医療研究開発研究機構 肝炎等克服実用化研究事業「小児期のウイルス性肝炎の病態解明と治療の標準化に関する研究」として、多施設共同で臨床研究を行っています。

栄養発育研究グループ紹介はこちら