アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 自主臨床研究 > 血液腫瘍・免疫グループ:臨床研究|

教授挨拶

研究課題:一過性骨髄異常増殖症(TAM)に対する多施設共同観察研究TAM-10

実施期間 2019年2月28日
研究機関 全国150 施設
主任研究者 橋井佳子
研究目的 生後90 日未満に一過性骨髄異常増殖症(TAM)と診断された症例を対象とし前方視的観察研究をおこない短期および長期予後を把握することである。
対象 生後90 日未満に一過性骨髄異常増殖症(TAM)と診断された症例
プライバシーの保護 連結可能匿名化を行い、個人情報を保護する。ネットワークから切り離されたコンピューターを使用して、外部記憶媒体(USBなど)に記録され、それは鍵をかけて厳重に保管する。
本研究に関する問い合わせ先 大阪大学大学院医学系研究科 小児科学 
橋井佳子