アクセス トップページ

当科の紹介 患者の皆様へ 医療関係の皆様へ 研究紹介 自主臨床研究
学生および研修医の皆様へ
| 自主臨床研究 > 血液腫瘍・免疫グループ:臨床研究|

教授挨拶

研究課題:国際的多施設共同臨床第III相試験「ALCL99プロトコール」への参加による小児Anaplastic Large Cell Lymphomaに対する治療法の確立

研究期間 2015年06月11日 ~ 2018年03月31日
実施機関 JPLSG参加機関
主任研究者 橋井佳子
研究の目的 新規診断 高リスクの ALCL 症例においてMTX投与量で EFS が改善するかどうかを検討する。
対象 新規診断された ALCL 症例
方法 新規診断 高リスクの ALCL 症例の EFS が改善するかどうかを検討する。
意義 新規診断 高リスクの ALCL 症例に対するより良い治療法の確立をおこなうことができる。
プライバシーの保護
「連結可能匿名化」を行い、個人情報を保護する。
本研究に関する問い合わせ先 大阪大学大学院医学系研究科 小児科学 
橋井佳子