会則

第一条(名称)

本会は小児ビタミンD欠乏症研究会と称する。

第二条(目的)

小児ビタミンD欠乏症の診断基準の作成に必要な基礎的なデータを集計・解析し、小児ビタミンD欠乏症を早期に的確に診断することを目的とする。

第三条(事業)

本会は第二条の目的を達成するための次の事業を行う。
 (1)学術集会
 (2)その他本研究会の目的達成に必要な事業

第四条(会員)

  1. 世話人、運営委員、監事は会員の中から選出される。
  2. 本会の会員は小児ビタミンD欠乏症に関する治療あるいは治療に携わるもので、本研究会の目的に賛同し、本研究会の事業に参加・協力する者とする。

第五条(役員)

本会には次の役員を置く。
 (1)代表世話人
 (2)世話人
 (3)監事

第六条(役員の職務)

  1. 代表世話人は、会務を総括し、本会を代表して運営にあたる。
  2. 世話人は、代表世話人と共に世話人会を組織し、この会則に定める事項の他、本会の維持と運営に関する重要事項を審議する。
  3. 監事は、本会の会計及び資産を監査する。

第八条(世話人会)

  1. 世話人会は、本会の評決機関である。
  2. 世話人会は、代表世話人の要請により開催する。
  3. 役員の任期は、それぞれ3年とする。但し、再任を妨げない。

第九条(経費・会計)

  1. 本会の経費は世話人会を行う際に徴収した会費をもって運営する。
  2. 本研究会の会計年度は毎年1月1日に始まり、12月31日をもって終わる。
  3. 本会の事業計画及びそれに伴う予算・決算は、世話人会の承認と監事の監査を経て、第三条に定める学術集会において報告する。
  4. 会計は、事務局が管理する。

第十条(事務局)

本会の事務局は大阪大学大学院医学系研究科小児科学内に置く。
  〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-2
  大阪大学大学院医学系研究科小児科学 企画室内
  『小児ビタミンD欠乏症研究会』事務局
  担当:難波 範行、三浦 弘司
  TEL:06-6879-3932 FAX:06-6879-3939
  e-mail: jsvtddc@ped.med.osaka-u.ac.jp

第十一条(付則)

  1. 本会の会則は、世話人会の議を経て変更できる。
  2. 本会則は平成21年1月1日より施行する。
  3. 本会の活動期間は5年間とし、活動の延長に関しては活動終了の前年の世話人会で決定する。

ページトップに戻る