新着情報


大阪大学大学院/医学系研究科/薬理学講座/分子・細胞薬理学教室に興味を持ってくれてありがとう!

倉智嘉久が研究室を主宰しています。

我々の研究室では、カリウムイオンチャネルという、どの細胞にもある蛋白質の機能を調べています。この蛋白質は細胞膜を介したカリウムイオン輸送を担っています。生体内には非常にたくさんの種類のカリウムイオンチャネルがあり、多彩な機能をもっています。例えば、心拍のリズムの制御や脳内における情報の伝達、ホルモンの分泌などがあげられます。現在では、そのいくつかに関しては、どのような形をしているのかまで調べられてきました。しかしながら、よく研究されてきたからこそ、生じた問題がまだまだあるのです。カリウムイオンチャネルはどのように制御されるのか、どのようにして細胞や組織の機能にかかわるのか?私たち自身の手で、残された大きな疑問を解き明かしていこうと考えています。

もう少し話を聞いてみたい方、とりあえず少し研究室を覗いてみたい方、もちろんどっぷりと医学部の基礎研究にはまってみたい方、是非ご連絡ください。


【倉智研スタッフによるウェブログはこちら研究室HP更新履歴も兼ねています)】
【研究成果はこちら
【メンバーはこちら


研究室のキーワード(いずれ一般向けに解説をしていきたいと考えています):
心臓リズム
不整脈
【現在試用運転中の致死性不整脈の危険性予測シミュレーションシステム
ArrhythmoPredictorの紹介はこちら
カリウムイオンチャネル
カルシウムイオンチャネル
G
蛋白質
パッチクランプ法
結晶構造解析

システムズバイオロジー
フィジオーム  など